田舎のデント屋さん デントリペア福井 DENT LABO U1
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2017-10-21

カワサキ Z1100R バイクタンクリペア

テーマ:ブログ

先日 見かけたトラック。

カスタムされていて カッコ良かったです。何度も購入しかけているタミヤから発売されているビックトラックシリーズのラジコンのスカニアが またほしくなりました。

 

 
今日のバイクタンクリペア
Z1100R
岐阜市から自走でのご来店です。
地元のデントリペア店で数件依頼をお願いしたらしいのですが 全店できないと言われたみたいで ネット検索にて当店に来ていただけました。
 
 
ヘコミは2箇所です。まず 上面付近のヘコミです。見た目よりかなり深めのヘコミです。
 
 
ヘコミの中心は残りますが わかりにくいように肌調整させていただきました。
 
ヘコミ②
難題のヘコミです。お客様がご自身でヘコミを触ってしまって イビツなヘコミになっております。
そして 大変ツールアクセスの悪い箇所で ヘコミに簡単には触れません。
 
 
いろいろツールを替えて しっかりと力の掛かる物を選び 最終的にはツールの角度をプレスにて加工してヘコミに届く事ができました。
 
 
ブツブツに見えるのは お客様が押した部分です。ブツブツの数だけ押しております。
まずこの部分を 表より叩いて ブツブツを戻していきます。そしてリペアスタートになります。
 
 
仕上がりです。ブツブツを消しきれない部分はありますが わかりにくいようにさせていただき 自分のできる範囲の技術でリペアさせていただきました。
 
 
お客様にも喜んでいただき事ができました。
遠い所 当店を選んで頂きありがとうございました。
 
2017-09-29

 ウエイクのボンネットは鉄板でした。

テーマ:ブログ

 

 
車載用温冷ドリンクホルダー と言う物を購入してみました。
どれほどの性能があるか試してみた所 かなりの能力がありまして
冷やすとかなりキンキンにまで冷えて 温めると程よく温かくなりました。
車のカップホルダーに入るサイズなので オススメの商品です。
価格は3000円程です。
ただ、デカいです。。
 

今日のヘコミ
ウエイク
もう 常連様のお客様です。
 
 
コミはボンネット先端
今のダイハツ車のボンネットは樹脂だと思っておりましたがウエイクは鉄板なんですね。
 
 
 
ピンぼけしてしまっていますが いくつかのヘコミがある イビツなヘコミです。
 
 
 
ボンネットを開けた写真です。
丁度、大きな穴があって 問題なくツールアクセスができました。
この位置は 二重構造、三重構造 になっていることも多々あります。
 
 
 
アクセス良好で短時間で 確実にヘコミを押す事ができました。
 
 
 
 
今回もご依頼ありがとうございました。
 
 
2017-09-22

今日も楽しく仕事させていただいております

テーマ:デントリペア フロントフェンダー

 
今日はたくさんのご依頼がありました。焦りはありますが とても楽しく仕事させていただいております。
 
 
 
今日のヘコミ
福井市からお越しのお客様
単身赴任で県外から福井に来ていると言う事ですが 以前に県外でデントリペアで直してもらって すごく感動して ネットで調べて こちら方面に来る用事のついでに寄っていただけました。
 
 
お時間もあまりないという事でしたが 1時間以内で終わります とお伝えして そのままリペアさせていただく事にになりました。
 
 
ヘコミは意外に複雑なヘコミ方でしたが
 
 
30分程でリペア完了です。
 
 
仕上がりも問題なく お客様にも喜んでいただく事ができました。
ご依頼ありがとうございました。
 
2017-09-21

スクラッチシールド塗装のヘコミ

テーマ:ブログ

 
約20年前 ディラーメカとして新人だった頃、初めて買った スナップオンの工具。
ラチェットドライバーが そろそろ寿命で 愛着があるので だましだまし使用してきましたが 思い切って新品に入替ました。 
 
 
日のヘコミ
エルグランド
 
 
ヘコミはボンネットに刺さったような ピンポイントのヘコミです。
小さくて目立つヘコミは 深いヘコミです。
 
 
ヘコミの芯がスジ状に見えますね。
 


このお車は スクラッチシールド塗装のお車です。
デントリペアではスクラッチ塗装でも 関係なく作業は可能です。
 
 
ボンネット裏にはシュラウドカバーがあります。
 
 
カバーを外して ボンネットの骨があります。
ヘコミは 丁度 この骨の中にありました。
よく勘違いされるのですが デントリペアはボンネットの骨の位置や ドアであればビームの位置は 作業できないと思われている事も多いのですが
 
 
ほぼ 作業する上では関係なくリペアできます。
ヘコミの位置にさえ 専用ツールが届けばOKです。
 
 
慎重にヘコミを上げていき キズ部がハッキリと出てきます。
よくある事ですが 作業依頼前に 頑張って磨いて来て頂ける事もありますが ヘコミを上げてから磨いた方が 調整分も含めて しっかりと磨く事もできますので リペア前に磨かれる場合は 汚れ落としぐらいの磨きで止めるのがベストです。
 
 
今回のヘコミはキズが深いので 磨きも頑張れるところまでで仕上げてみました。
仕上り全体写真を撮り忘れましたが キズもあら捜ししないとわからない状態にできました。
ご依頼ありがとうございました。
2017-09-17

リジカラ 誰でもわかるぐらい変わりますよ

テーマ:こんなの直ないよ シリーズ

 
巷で噂の リジカラ を仕事用の車に取付しました。
取付後の車の動きは予想できていたので 取付をかなり迷っていましたが気になるフラツキが良くなればと思っておりましたが 取付後は予想通りの しっかりボディの感覚になってしまい 取り外そうか迷い中です。足廻りがノーマルであればすごく良い商品なんですが 仕事車は 過積載の車なので 求めるイメージが違っておりまして 感覚的には取付前は段差がトントンって感じが 取付後は ドンドンって感じです。
でも リジカラ、オススメできる商品ですよ。ボディがシャキとします。
 
 
今日のヘコミ
N BOX
新型が出ましたね。価格帯がかなり高めの設定ですが おそらく売れますね。
 
 
ヘコミはリヤゲート。ご覧のようにガッツリとヘコンでいます。
当然、デントリペアでは直せません。
お客様としっかりと仕上がりをご説明させていただいてのリペアになります。
 
 
板金塗装、またはリヤゲート取替が理想ですが ご予算的な相談で このようなヘコミのご相談も大変多く、自分の技術向上も目的で できる限りは対応させていただいております。
 
 
写真はリヤゲート下の部分になります。端のラインが曲がっています。
この部分は表面のパネルを入れると3枚の鉄板が重なっています。
デントリペアではこの部分は 触れない部分になります。(最近では裏面の塗装キズを許していただければ 触る事も可能な方法もあります)
 
 
ラインを出して 調整しながら全体的に直していきます。板金塗装もデントリペアもラインを最初に出すのは同じです。
 
 
パネル全体の歪み調整の繰り返しで 気にならない状態になりました。
端の部分は スジ状の箇所は残ってしまいます。
 
 
このようなヘコミは難しいですが 大変勉強になる事もたくさんあります。デントリペアには作業の限界はありますが 自分の技術が上がれば 直せる領域も大きくなります。お客様のおかげで日々、技術向上させていただいております。
ご依頼ありがとうございました。
 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス