DEN

DEN

「田」俳句会のブログ

月刊俳誌「田」発行人、水田光雄主宰の俳句結社「田」のブログです。

※田俳句会のブログで公開している文章や画像は著作権を放棄してはおりません。無断での転載、転用、複製は禁止しております。

ようやく秋の空気となった銀座の街を抜け、9月26日土曜日に今年度3回目の勉強句会を行いました。

実りの秋。参加者の発表内容もそれにまつわる意見交換も、充実したものとなりました。

 

以下、発表内容の一部をご紹介いたします。

 

【富安風生】

・山本健吉『新版現代俳句』、宇多喜代子『私の名句ノート』より富安風生の句を抽出。

・山本健吉の風生に対する作家評は辛口。

・二名の抽出句には重なる句がひとつもなかった。

・風生は逓信省の機関紙『大逓信』の俳句の選者をしていた。

・戦時でも自分の俳句を貫く姿勢を忘れなかった。

 

【岸風三樓】

・〈金亀子うたれし直後とも見えず〉〈兜虫いまさら逃ぐる意志もなし〉〈露まみれなるこほろぎのもう跳べぬ〉など小さなものに対する眼差しが独特。

・実に冷静に見ており、もののあはれを咀嚼している。

・「若葉」へ入会した頃のことのまとめ。

・通信局の陸上部に籍を置き、短距離が得意だった。体育会系?

・〈脚あげてスケートダンスちよと跳びぬ〉の句があるが、風三樓はスケートが出来たのか? ←スケート選手のことを詠んだ句だった。

 

【山崎ひさを】

・『富安風生』(蝸牛俳句文庫)における一句鑑賞の文を鑑賞した。

・非常に読みやすく、うまい文章。

・うまい文章とは。自己主張をしなくとも、書き手がどんな人間であるかが伝わるもの。

 

主宰からは、岸風三楼の一句を採り上げ、「俳句は履歴書である」という言葉についてお話をいただきました。

 

水中花明日あるために美しく   風三樓

 

・中七が仮に「明日のために」であったならば、昨日今日がダメでも明日が美しければよい、という意味になる。

・「明日あるために」とすることで、昨日も今日も明日もという連続した時間の流れが見えてくる。

・それは「俳句は履歴書である」という自身の「軌跡の累積」ということに通ずる。

 

 

第二部の席題は「水」「中」「花」「明」「日」でした。

 

小学校低学年で習うような簡単な字ばかりでしたが、俳句に織り込もうとするとこれがなかなか難しく。

しかし同時に、一字の可能性を見出し、席題の楽しさも感じられた第二部でした。

 

今まで私は、自分の師系を辿っていくことは、過去を掘り返して過去に学ぶ行為だと思っていました。

しかし、今日の勉強句会に参加して、師系を知ることは未来を耕していくことなのだなとふと感じました。

師系を辿ることで、自分の俳句も見つめていけたらと思います。

 

(秋の田。天高し。懐かしく、大好きな風景です。)

 

笠原小百合 記

残暑を乗り切り、コロナ情報にも慣れてしまったこの頃です。この秋彼岸、シルバーウィークをいかがお過ごしになられましたか。

「どこかへ行きたい虫」がうずうずしてきたので、秋晴れの9月20日、奥能登定期観光バス「わじま号」に飛び乗りました。


●白米千枚田

鎌で稲を刈り、稲束を藁で縛り、稲架に掛けて干す地方は少なくなりました。稲架は五、六段掛けの頑丈なもの。中学生ぐらいまでは私もこの作業を手伝い、台風が来る前には稲架から稲束を抜いて風に備えた経験もあります。千枚田の景色に胸がキューンとなりました。


山際の稲架と稲田


すぐそこに海のある稲架



●秋の海

千枚田からは水平線の上に七つ島が見え、青海原が広がっていました。帰路は、最初の勤務地の近く、富来増穂海岸の穏やかな秋の海を見、観光バスは千里浜なぎさドライブウェイを走りました。


千里浜なぎさドライブウェイ



●彼岸花

21日、敬老の日のお赤飯とお饅頭をありがたく頂戴し、近くの香林寺へ。白花の彼岸花を見にでかけました。檀徒の方が15年かけて増やされたそうです。十六羅漢を囲んで咲いています。彼岸花の傍にサフランも咲いていました。


白花彼岸花


サフラン


朱雀記

 

都心は雨の土曜日。蒸し暑い中を9月最初の句会に三々五々句友が集まる。

余人の句集に続き… との話もあり、田は豊の秋の様相を呈している。これも、句会の灯を消さず精進してきた賜物か。俳句は一人で出来るものではなく、句会に集まることができる有り難さをしみじみ感じる昨今である。

それにつけても、マスクと手洗、三密を避けることでこれからも安全な句会を継続してゆきたいものです。

主宰より、俳句を身近に置いただけでは不充分、暮らしのなかに俳句がある、生活の厚みが俳句に表れる、まず生活の基盤を整えることが肝要! とのことでしたが、田では皆さん及第ですね。

二次会終われば雨も上り、西銀座は新涼の夜の街となっておりました。



渡良瀬遊水地を流れる渡良瀬川。高い空の下、すっかり秋の川となっておりました。

清水余人 報

 

 

白露だというのに、毎日毎日、鉄板の上にいるようだ。

吾輩の飼主が大昔、勤めていたレコード会社で、

たいやきのレコードが大売れしたらしいが、

まだ吾輩は、たいやきになりたくない。

世の中、どこもかしこもステイホームなどと元気がないが、

吾輩はこのまま飼主のところにホームステイだ。

 

飼主代書 おつみたずみ

厳しい残暑と新型コロナウイルスと共存しつつ、ようやく九月を迎えました。東京、金沢ともに予定通り句会が開催されました。

熱中症に負けないように毎朝、庭の朝顔に元気をもらっています。

雨樋を上る朝顔



●松手入

9月1日、兼六園の松手入が始まりました。初日は唐崎松からです。小舟を松に寄せ、水面すれすれの枝より葉むしり剪定が始まりました。総勢七人。水分補給の水筒を枝にぶら下げ、ふかぶかと松葉に潜りながらの作業です。


唐崎松の松手入



●二百十日

この日は、友達吟行句会がありました。兼六園を吟行中、朔日詣の太鼓が神社から響いてきました。吟行の帰路、石浦神社の絵馬と風鈴の掛かる径を通り抜け、厄日のお祓いをしました。


厄日の神社詣



●戦争の遺跡

8月15日、戦後75年を記して『いしかわの戦争と平和』が刊行されました。かつて金沢は「軍都」と呼ばれ、戦争関係の施設が沢山ありました。空襲を免れたことにより、戦争の遺跡が今も数多く遺っています。金沢城址、兼六園周辺の遺跡を訪ねました。


弾薬庫に通じるトンネル(金沢城の石垣を利用)


航空機燃料としての松脂採集の松(兼六園)


第九師団兵器庫(旧金沢美大校舎、現歴史博物館)


朱雀記

 

秋を感じさせない暴力的な暑さの8月22日土曜日に、第2回勉強句会を行いました。

句会場に辿り着いた面々は「暑いね!」と声を掛け合い、励まし合っていました。

 

以下、参加者の発表内容です。

 

『富安風生』

・「竈猫」を季語にしたのは風生。

・「何もかも知ってをるなり竈猫」の句は前書に「竈猫を新季語として詠む」とある。

・「まさをなる空よりしだれざくらかな」の風生ざくらを実際に見に行った。

・作者が心が広くやさしい人物であったから詠めた句。

・ぜひ春にまた訪れたい。田で吟行に行くのもよいかもしれない。

・風生『俳句読本』の「鑑賞」の章が勉強になった。

・鑑賞に近道はなく、必要なのはたゆまぬ地道な努力のみ。

・俳句結社「若葉」について。

 

『岸風三樓』

・俳人にはその人にまつわるフレーズがよく聞かれる。

・「向日性」「俳句は履歴書」など。

・これらは自分たちが日頃主宰から教えられていることと同じ。

・「夕日より朝日」という言葉で、向日性というものがより理解できたように思う。

・風三樓は仕事にも家庭にも疲れていたのではないだろうか。

・俳句への情熱で、真面目に多くの役割をこなし続けた。

・風三樓は努力の人、耐える人だった。

 

主宰は、山中湖にある風生庵を訪れた際のことをお話になられました。

 

吟行プランが次々とあがりました。

山中湖だけでなく富士五湖を巡ったり、忍野八海へ足を伸ばしたり。

わたしも田のみなさまとぜひ風生庵へ行ってみたくなりました。

 

第二部の席題は「富」「士」「百」「若」「葉」でした。

 

難しい題が多かったように個人的には思いました。

けれどみなさんは素敵な句を詠まれていて、どんな席題でも自分の句として詠むためには、自分の世界をしっかり持っていなければいけないなと感じました。

 

句会終了後、わたしは暑さに負けてすぐに帰路につきました。

句会を振り返りながらの帰り道は、とても好きな時間です。

やはり句会に出席することは非常に得るものが多く、意義のあることだと感じた一日でした。

 

(家族三人で西瓜を一玉食べました。殆ど夫が食べていました。)

 

笠原小百合 記

コロナの影響で長らくアウェイを余儀なくされていた東京句会が1月以来、7ヶ月振りに京橋で開催された。

今日も残暑厳しきなか、早くも秋の句会となる。金沢から勇気ある会員の参加で盛り上がるも、二次会には参加せずまっしぐらの帰宅ということで、ゆっくりおもてなしも出来ず誠に残念! 次回はゆっくり歓談しましょう。

主宰から、金沢の会員は、皆さん基本ができているので新味のある俳句を詠んでも破綻がない。基本が分かっていれば、調子が落ちたときでも軌道修正ができます、と心強いエールがおくられました。

また、取り合わせの句の注意として、とかく季語がつきすぎになりがち。思い込みにならぬよう、よく考えて配合するようにとのことでした。他にも色々ありますが、やはり句会は勉強になります。

二次会の鹿児島料理も美味しかった!


桜堤で有名な権現堂堤の向日葵の迷路です。俳句で迷子にならないように!  


清水余人報

 

今日は立秋です。

梅雨が明けたばかりで、もう秋だなんて!

でもまだまだ夏を感じることはあるでしょうし、しばらくは夏の歳時記も出したままになりそうです。

 

先日、育てていた朝顔が咲きました。

蔓と葉ばかりが生い茂っていて花が咲く気配が全くなかったのですが、夜に被せものをして暗くしてあげたら翌々日には蕾が出来ました。

 

朝顔は短日性植物で、夜の長さが一定以上ないと花が咲かないとのこと。

そしてどうやら、向かいのアパートの廊下の灯りが明るすぎて、うちの朝顔は夜だと思っていなかったみたいです。

暗くしてあげてから3日ほどで花が咲き、朝顔のその性質の正確さには驚かされました。

光をちゃんと感じているのだと思うと、生きているのだなあ、と余計愛しく思えてきます。

 

毎日、次々と咲く朝顔。

朝、息子と一緒に今日はいくつ咲いたと数えるのが日課になりました。

最近は夫も参加して、家族みんなで季語との暮らしを楽しんでいます。

 

暑い日が続きます。みなさまウイルス&熱中症対策はしっかりと、どうかご自愛くださいませ。

 

(朝顔がはじめて咲いた日は、用もないのに庭に出てはうろうろしていました)

 

笠原小百合 記

滂沱の雨あり、真夏日あり、相変わらずコロナ情報に翻弄される日々ですが、元気な田誌8月号が届きました。読み応えある内容満載。熟読したいと思います。

今回は、わが寺町界隈を彷徨しました。特に「歳時記にしひがし」で採用した季語の現場を日を替え、場所を変えて歩き廻りました。



●病葉

加賀句会の兼題の一つは「病葉」でした。昭和歌謡「川は流れる」(歌 仲宗根美樹)を会員の皆が知っており

♪病葉を 今日も 浮かべて 街の谷 川は流れる~♪

を口遊み、しばし懐かしさに浸りました。


庭の病葉を浮かべて



●茗荷

相棒犬の信玄と散歩して「花茗荷」の咲く庭を3カ所見つけました。茶花になる花茗荷が庭隅に静かに咲くさまは風情があります。


花茗荷


わが家の近くに放置された茗荷畑を発見(隣家の亡くなられたお父さまの畑でした)。お願いして葉茎付きの茗荷を根こそぎ頂きました。食べられないと思っていた「茗荷の花」のレシピが沢山あることを知りました。


茗荷


茗荷の花


茗荷の酢の物



●木槿

底紅がいち早く咲くようです。40年前に住んでいた家に、そのまま生長した底紅が咲いていたのに感動しました。次々に純白、紫、薄紅などの木槿が民家の庭先を彩っています。校庭など生垣の木槿を綺麗に咲かせるには手入れが大切と思いました。


底紅


朱雀記


 

7月25日(土)の勉強句会は現在の情勢を鑑み、休止となりました。

残念ですが、自宅にて大人しくしていようと思います。

みなさまもどうかご自愛ください。

 

連休中、家でただじっとしているのもつまらないので、浴衣を着てみました。

友人のひとりが普段から着物を着る人で、わたしも昔から着物に憧れていたので、まずは浴衣から挑戦しています。

決して「俳人=着物」というイメージから挑戦してみたわけではないのですが、浴衣を着るとなんとなく作句も捗る気がします(笑)

 

(今年、新しく購入した浴衣。世の中が落ち着く頃には外でも歩けるように、現在は着付けの特訓中です)

 

笠原小百合 記