Daichiのブログ 盆栽
  • 20Sep
    • 楓の植え替え

      今年は暑い年だったせいか、根が過剰に発達して持ち上がってしまってた楓を植え替えました。昨年秋に植え替えてから、まだ1年足らずですが、根が発達し過ぎて持ち上がってきてしまってました。別角度から底根がグルグルしてました、解してみると、仙人のあご髭みたいです!笑バッツリ切り詰めて、本鉢を探しました。丁度良い木瓜鉢があったのですが、鉢底ネットを止めるのに苦戦しました。ゴツイ幹の樹だったので、荒々しい雰囲気を醸し出してる緑釉梅花皮の鉢にしました。鉢底までしっかり釉薬が施されているので、底砂の天城砂を少し多めに敷き詰めてます。植え替え後は七輪で秋の味覚を堪能しました。ホタテも旬に入ったのでカルピスバターで焼いたり。やっぱり秋は脂ののった秋刀魚ですね。醤油とカボスで美味しく頂きました。秋はブドウに秋刀魚にその他も旬を迎える物が豊富でワクワクです。今年の気候は2週間くらい色んな物の旬が早いように思うのですが、盆栽の様子もまたしかりかと。

      38
      4
      テーマ:
  • 08Jul
    • 待つのも技術

      ご無沙汰しています。いきなりの梅雨明けで暑さマックス不快な日々が続いてますが、なんとか生きてます。最近は、公私ともにサイクルが乱れて、盆栽の手入れをしていると、仕事をしないといけないなんて言う脅迫観念みたいなものがこみ上げて来て、中々手入れも怠けています。黒松以外は施肥も程々に、棚場の消毒も、億劫になり、オーガニックや有機農法が有る時代だからとサボり気味です、、、汗人間の都合に合わせてくれる事なく樹樹は勢いを増してきていますが、黒松なんかもいい加減に芽切りをしたくなる姿になってきてますが、湘南の黒松長老に教わった時期や、葉の長さの調整の為に未だ芽切りをしないで堪えてます。以下の画像どの樹もイガ栗状態です。幹模様も枝棚も見えない程にイガ栗です。極端に落ちてる枝棚がある変わり樹形の樹は、二度芽切りをするのですが、我が家の黒松は数鉢を除いて、殆んどが通常の模様樹なので、一度芽切りを今月25日目処でしちゃいます。↓寄せて植えてあるミニミニ模様樹用の黒松も春の暴走が落ち着いたと思ったらまた先端が動き出してました。早いとこ芽切りを終わらせて仕事に打ち込みたいと思います。仕事仕事とか言いながら、先日は、仕事の移動途中にもう1つの趣味の富貴蘭の展示会を覗きに行ってました。富貴蘭は、盆栽とはまた違う楽しみがあり、手間がかからないのですが、盆栽と違うから物足りなさもありますね。また近いうちにブログを書こうと思います。ご笑覧頂き有難う御座いました。大地

      72
      テーマ:
  • 03May
    • 出張!!なんでも剪定団

      先日ですが、手入れをサボってる樹たちの剪定にいつもの成木園の爽やか若旦那が応援に来てくれました。ボサボサになってた桜と格闘していただきました。枝を抜いて針金掛けたりして、なんとかまとめてました。その横で自分は、銀杏の樹を適当に切り戻してから、引っ張り針金で遊んでました。左側の幹を鉢底からの針金で少し広げました。他にも、小田原性の楓の部分葉刈りも手でむしりとって完了したり。普通葉の楓は、手で刈る雑な葉刈りは出来ないのですが、小田原性なので楽が出来ました。中の枝が見えるくらいにしました。数回、部分葉刈りをしたら全葉刈りなのですが、全葉刈りからほんの2週間くらいですぐに葉が茂り過ぎるくらい旺盛に葉が出て来るので楓の葉刈りにこれから明け暮れそうです。一方で成木園の爽やか若旦那はリンゴの森の切り戻し、針金掛けをしてました。↓こちらは出猩々モミジの手入れ中爽やか若旦那が切っても切っても自分が次から次へと作業台に運ぶので、エンドレス状態でした。昼は、250gX2のハンバーグでもてなしたのですが、爽やか若旦那は一瞬でペロリでした。宮崎郷土料理の冷汁も午後は長寿梅や野梅、花梨、etc、、、剪定、針金掛けをして頂きました。このボサボサ花梨も剪定、針金掛けでかなり男前になりました。幹も大きく剥けてきたので、そろそろモザイク模様の古い幹味になりそうです。オヤツには、果物が好きとの事だったので、赤い爆弾を見舞ってみました。ONE PIECEの麦わらの一味みたいな格好して、悪魔の実みたいなのを食べてました。このあとも日没くらいまで手入れを手伝ってくれて自分の棚の樹も少しは落ち着きました。かなりの数の雑多な樹を減らしたのですが、良い樹ほど手入れに時間がかかるので、結局は手入れの軽減なんて出来ないみたいです。↓ポチ頂けるとブログ励みになります。にほんブログ村

      68
      テーマ:
  • 28Apr
    • 黒松のみどり摘み

      形が整ってる作り途中の黒松のみどり摘みをしました。形は整ってるのですが、根が悪過ぎるて根に当て接ぎをしていたり、枝構成が細く部分的に太らせたい樹です。↓意図的に二本みどりを走らせてますが、その他の芽は樹冠部から下枝までバランス良く上がってます。↓今年植え替えし、無肥料の中、みどりが結構伸びてたヤツ。植え替え後の肥培開始を失敗して、二〜三本枯らした事があるので、肥培開始はGW明けを厳守してます。頭の方で一本強く伸びていた者を折りとりました。ピンセットでこれくらい折りました。↓折った後あまり短くすると、芽切りみたいになり、二番芽が出て来てしまうのでゆとりを持って折りました。ある程度の芽数で年中手入れをしていると、みどり摘みの作業が不要になるのですが、落ち枝があったり、芽数がそこそこ多いと、みどり摘み以外の作業に神経を使います。↓枝が見えるくらいの芽数の樹。間伸び気味の樹を棚入れして、2年くらい胴吹きさせながら追い込んで作ってますが、そろそろ芽が混んで、手入れが面倒な樹になって来ます。↓この位の感じの樹が一番維持しやすいのですが、結局芽が詰まって来てしまうので立て替え立て替えてなります。↓の二本になると、芽切り、芽欠き、葉抜き、立て替え、切り戻し、追い込みと作業てんこ盛りになります。エンドレスな黒松盆栽ですが、何故か樹が増えてます。↓ポチ頂けるとブログの励みになります。にほんブログ村

      39
      4
      テーマ:
  • 22Apr
    • 超ミニ黒松模様樹の植え替え

      なんだかいきなり酷暑の様な暑さの中、黒松の植え替えをしました。肥料汚れと湿性の苔が生えてる加湿気味の1はちです。加湿気味のせいで新芽がへんに間伸び気味です。鉢から抜いて見て加湿の原因がわかりました。幸いに根腐れはなかったのでサクサク崩しました。ザル→駄温鉢に入って2年くらいの樹だったのですが、根捌きも曖昧だったので、今回、根の前後を少し整えて長方駄温に植えました。一曲目の上で樹高4センチなので、二曲目、樹冠部を作って7センチ以内で収まるのですが、樹高に見合う本鉢に植えられる様に根を処理していくのが大変そうな予感が、現在は余裕を持った鉢で、奥行きが8.5cmですが、本鉢になると奥行き6cm位でしょうか?幹の太さで3cmあるので、根作りが絶対苦戦しそうです。今日は暑いので、家の中でゴロゴロしながらネコをモフッてだらだらしてます。このネコ達は近くの保護団体さんからやって来ました。ご興味ある方は↓https://ameblo.jp/kedamanodoubutuen/↓ポチ頂けるとブログ励みになります。にほんブログ村

      42
      テーマ:
  • 21Apr
    • マートル(銀梅花)の植え替え

      昨年の夏頃に水切れで痛めてしまったマートル(銀梅花)を植え替えました。春から新芽がかなり伸びてきたので、樹勢は良くなってきてますが、部分的に枝が飛んだ箇所も見受けられました。↓所々枝が飛んだ様です。鉢から抜くと、昨年の夏の水切れからの根腐れが少し有りました。根鉢自体は1年でかなり出来てましたが、水切れが痛かったです。↓竹串でサクサク崩していったのですが、上根がかなり発達する発根をしていて、上根を崩すのにかなり苦労しました。根洗いして、少し太めのツルツル長い根もプツプツ切りました。ちょっと斜めな根捌きでしたが、こんな感じにして植えました。このマートル(銀梅花)は食べれる盆栽なので、切った新芽は夕飯用に避けておきました。笑植え替え後の活力が出るようにとメネデール水槽に暫し浸して植え替え終了です。一本だけでメネデールを捨てるのも勿体無いので、他の少し元気が無い樹なんかにも再利用しました。ここからは、先ほどの避けておいたマートル(銀梅花)の新芽の事です。いつも行く、刺身がめちゃ美味いお店の店主に電話をして、刺身用の白身魚を頂きました!↓その店の店主今回は、天然真鯛を頂いてきてマートル(銀梅花)の香草焼きと刺身にしました。マートル(銀梅花)の新葉のみをハサミで切ったり包丁で叩いて、料理へ使う準備をしときます。マートル(銀梅花)のバターライスも作ったり、真鯛は、クレイジーソルトとマートル(銀梅花)で味付けしてからオリーブ油とバターで焼きました。食べれる盆栽。普通の盆栽の楽しみαでした。↓ポチ頂けるとブログ励みになります。にほんブログ村

      19
      テーマ:
  • 19Apr
    • チリメンカズラの植え替え前剪定

      今日は、作り直してる途上のどーでも良いチリメンカズラの植え替え前剪定をしました。このチリメンカズラ、植え替えと剪定とを同時にやると枯れると噂の樹で、あまりにも手入れを知らない樹種です。今年の寒かった冬も温室に入れてなかったのですが、中々の勢いがついてきてました。樹勢が良いかどうかの判断の1つとして、切口から乳液が出る!と聞いていたので、伸び出してた蔓を切って確認しました。乳液がバッチリ出たので、勢い良くバリカン刈りしました。この樹は葉が小さく良い性のようです。ひこ生えも激しくどんな樹かも解らなくなっていたので、ひこ生えも全て切りました。BeforeAfterこんがらがってた枝なんかも綺麗に解しておきました。これで新芽が動いてきて少ししたら植え替えが出来るようになりました。ミニサイズだったチリメンカズラも勢いが乗って来ていたので、太い枝とかも構わず輪郭でバリバリとバリカン刈りしました。BeforeAfter展示会御三家と呼ばれるチリメンカズラ、長寿梅、キンズ。クセがある樹達で、培養し難い面もありますが、早いとこ培養のコツを掴めればと思います。話題は変わり、先日の刈り取ったローズマリーの新芽は、無事に夕食へと変化しました。笑ラムチョップの香草焼き。生ローズマリーが香り高く、良いアクセントでした。ローストビーフにも少し入れて味わったりと。盆栽手入れしたり、盆栽を味わったりと、満喫してます。↓ポチ頂けるとブログ励みになります。にほんブログ村

      36
      テーマ:
  • 18Apr
    • 久しぶりに近くの園芸センター行きました。

      今日は朝から雨が強く降ったり霧雨になったりとしていて澱んだ天気でしたが、近くの園芸センターに行ってきました。屋根があるところからセンター内を見ると、雨に濡れた新緑の葉の青々とした色や、藤の花が綺麗でした。狙いは、仕入れ後数年放置してある黒松の苗樹だったのですが、ぬかるんでいて見る気になりませんでした。たまに、足元に奇跡の1曲がりが有るものがあって、お宝みたいな種樹があるんですが、、、↓昨年だかに先程の園芸センターより持ち帰ってザル作りしてる樹です。↓これなんかも適当な園芸屋さんの、細い黒松苗を買ってきて、作っていってるのですが、足元からの曲がりと、2曲目、裏枝、1の枝と作りやすい位置に全て芽があります。黒松は、低い位置から良く曲がった太い樹が良いので、アホみたいに頭を走らせて一気に太くするんですが、昨年に引き続き今年も伸ばしてるものは凄い事になってきてます。↓も昨年一本づつ植えた物です。↓これもですが、棚の2段目よりも上まで伸びてきてしまってます。ザル作り中のも今年のうちに盆栽棚の天井に当たるので、どうしようか悩みます。今日みたいな霧雨日和で肌寒い日は熱々な味噌ラーメンが美味し買ったです。↓ポチ頂けるとブログ励みになります。にほんブログ村

      29
      テーマ:
  • 17Apr
    • 今週末は茅ヶ崎盆栽会の展示会

      今週末は茅ヶ崎盆栽会の展示会が茅ヶ崎駅近くのJAで開催されます。茅ヶ崎盆栽会と言えば、湘南作りの黒松のメッカなので、黒松の即売狙いで行っても楽しめるかと思います。湘南作りの腰低く曲がりの良い模様樹の黒松を狙ってる方は初日の即売狙いで出掛けてみてはいかがでしょうか?即売も魅力的ですが、展示も見応えあるので是非寄って見て下さい。↓ポチ頂けるとブログ励みになります。にほんブログ村

      30
      テーマ:
  • 15Apr
    • ローズマリーの植え替え

      昨年に棚入れ、刈り込んだ食盆栽のローズマリーを植え替えてみました。昨年の葉の一部が黄ばんでいたので軽く掃除しておきました。昨年の葉は、樹高が30センチくらいあったこともあり、小鉢で締めて出て来た葉と比較するとかなりサイズが違ってました。新芽もしっかり伸び始めてました。今回は、ラム肉の香草パン粉に使おうと思い、新芽はしっかりとお皿に取っておきました。引っ張り下げてる銅線も切り、鉢から抜きます。わりと細い根が、一年足らずでグルグルしてました。大きめの天城砂で水捌け良く植えていたので、崩れることなく簡単に根捌き完了です。洋物のひんしゆを盆栽に仕立てているので、ここは盆栽らしく泥物の雲足長方に植えてやろうと企み、鉢探しに家横へ向かいました。いろんなサイズがあるのですが、通常サイズよりも半端に小さく、中々鉢が見つかりませんでした。何とか数枚見つけてあててみましたが、、、あまりしっくりこない大きさです。妥協して↓の鉢に植えましたが、ブカブカですね。話はかわり、新芽の伸びで、黒松の新芽は今現在、約30センチです。今年は春の動き出しが色々と早いように思います。↓ポチ頂けるとブログ励みになります。にほんブログ村

      39
      2
      テーマ:

プロフィール

Daichi

性別:
男性
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
盆栽ブログです。国風展に出す事を企みながら良いホネの樹と完成樹、鉢を密かに蒐集しています。ピンキリな...

続きを見る >

フォロー

月別

一覧を見る

このブログのフォロワー

フォロワー: 50

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス