神戸「ダエンからマル施術院」院長ブログ

神戸「ダエンからマル施術院」院長ブログ

神戸「ダエンからマル施術院」院長の丸山です。

「3か所以上の治療院、病院を巡ってもなかなか治らず
不安をかかえている人の希望となるブログ」
これをコンセプトにしたブログです。
鍼灸・整体治療の事はもちろん、日々の事についても書いていきます^^

ダエンからマル施術院

院長の丸山です^^

 

 

 

 

 

 

 

 

さぁ、今年もきましたね!

ポン・デ・ショコラの季節がキラキラ

 

この季節になると、

ミスドに行く頻度が高くなります^ ^

 

まぁ、でも季節限定ですしね照れ

 

 

 

 

ブログを見なおしたら、

去年も全く同じ事を書いてました。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、

今回のテーマはこちら!

 

「慢性腰痛は『腰』を治療しても絶対に治らない」

 

 

 

 

もし、

あなたがマッサージやストレッチなど、

何をしても慢性腰痛が治らない状態なら、

この記事を最後まで読んでみて下さい。

 

きっと希望がもてるはずです^^

 

 

 

 

私が

慢性腰痛の方にお伝えしたいことは、

まさにタイトル通りの事です。

 

 

ズバリ!

性腰痛は腰を治療しても治らない

 

 

腰痛があると、

腰をマッサージしたり、

ストレッチをしたくなりますよね。

 

 

もしも、

これがリラクゼーション目的であれば、

特に問題はありません。

 

 

 

ですが、

「本当に腰痛を治したい!」

という治療目的であるなら…、

 

腰だけを治療していても、

痛みはなくならないのです。

 

 

 

 

それは、

慢性腰痛の多くが、

「股関節」「内臓疲労」

「腹膜の硬さ」「自律神経の乱れ」など、

 

腰そのものと一見関係なさそな所が原因で、

痛みが出ているためです。

 

 

 

 

今回、

患者さんの口コミを書いて頂いた北谷さんも、

腰のマッサージ、ストレッチ、

整体、カイロなど…

あらゆる『腰』の治療を受けてきました。

 

 

ですが、

一向に改善せず4年が経過。

 

 

「自分の腰はもう、こんなもんなのだろう」

と半ば諦めの境地で当院に来院されました。

 

 

さて、

そんな北谷さんが、

今現在、どのような状態か?

を率直な言葉で書いて下さったので紹介していきます!

 

 

同じ慢性腰痛にお悩みの方は、

是非、ご覧になってみてください^^

Q1、どのような症状でお困りでしたか?
またお困りの症状を治すために

今までどのような治療を受けてこられましたか?

 

腰痛

カイロ、整体、整形外科


Q2、鍼灸治療など

当院来院にあたって心配はなかったですか?
またその心配はどうやって解消しましたか?

 

心配はなかった。

最初の説明で安心した。

 

Q3、当院の施術を受けたときの印象・感想を教えてください。

 

回数を追うごとに良くなった。


Q4、症状が改善した現在の想いをメッセージ下さい。
担当が最高に喜びます!

 

 

3、4年くらい、病院や色々な整体、マッサージ等に行ったが、

ここまで良くならなかった、今は心配なく過ごせています。

 

 

お名前:北谷秀法

ご年齢:54

 

 

 

 

北谷さん、ご協力ありがとうございました!

これからは腰を気にせず毎日を過ごせますねニコニコ

本当に良かったです^^

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

慢性腰痛の方にとって

希望が持てる内容だったのはないでしょうか^^

 

 

 

北谷さんのように

4年間も治らない慢性腰痛でも

ちゃんと痛みをなくす事ができるのです。

 

 

そういう可能性があるってことを

知るだけでも救われませんか?

 

 

慢性腰痛は適切な治療をする事で、

ちゃんと治るものなんです^^

 

 

 

初診時、

触診や検査、問診をしっかりと行った結果、

北谷さんが今までいくら腰を治療をしても

治らなかった理由が分かりました。

 

 

北谷さんの場合も、

やっぱり『腰』に原因はなかったのです。

 

 

実は、

4年以上治らない腰痛の原因は、

「腹膜の硬さ」でした。

 

 

腹膜とは、

内臓を覆っている筋膜の一種で、

その一部は、腰椎の前方にも繋がっています。

 

そのため、

腹膜が緊張すると、

腰椎に大きな負担がかかってしまうのです。

 

 

北谷さんは、

この腹膜が異常に緊張しており、

腰椎に過度な負担がかかることで、

痛みが出ていたのでした。

 

 

 

北谷さんの治療は、腰を一切触らずに、

腹部の調整を徹底的に行っただけ。

 

 

 

腹膜の緊張がゆるむ事で、

腰椎にかかっていた負担が解消され、

痛みはもちろん、

姿勢もどんどん良くなっていきました。

 

 

 

これにより、

4年間も日常生活や仕事で感じていた痛みが

ウソのようになくなったというわけです。

 

 

 

北谷さんは、

「なんで全く腰を触っていないのに、

痛みがなくなるんだろう??」

と、すごく不思議に思われていました^^

 

 

確かに不思議ですよね。

 

でも、体は全てが連動しているので、

一つの部分だけが悪い状態はあまりないのです。

 

特に、慢性化しているなら尚更です。

 

 

だからこそ、

痛い部分だけを触ってもあまり効果がない。

 

 

 

 

患者さんからすると、

痛い所を触ってほしい方もいると思います。

 

 

その気持ち、

よ~く分かりますよ!

 

 

確かに

痛みが出ている腰を押したり揉んだりすると、

気持ちいですし、

なんだか効いている感じがしますよね。

 

 

 

 

でもですね、

根本の原因さえ治療すれば、

無理に痛い所を触らなくても痛みは取れるんです。

 

 

 

腰のマッサージ

腰の整体

腰に鍼・灸

腰に電気

腰にブロック注射…

 

慢性腰痛の方、

もうそろそろ腰だけの治療をやめませんか?

 

 

根本原因を解決して、

早く痛みがない生活を送りましょう!

 

 

 

 

私がそのお力になれるので、

是非、私を頼ってきてくださいなニコニコ

 

 

 

 

 

ご予約状況については

LINEでもお問い合わせする事が出来るので、
こちらをご利用ください^^
 

友だち追加

 

ダエンからマル施術院ホームページ

 

 

 

 

【 グループ院紹介 】

奈良院:なかたに鍼灸整骨院

東生駒院:鍼灸王国

 

 

初心者はじめての方へ   /  著名演奏家からの推薦文  

 プロサッカー選手からの推薦分

ダエンからマル施術院

院長の丸山です^^

 

 

 

 

 

 

シーバー病にお悩みの方、

まずはこのセルフケアを試してみて下さい^ ^

 

 

 

すごく簡単な体操なので、

シーバー病でお困りの方は

是非お役立てください^^

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

ご予約状況については

LINEでもお問い合わせする事が出来るので、
こちらをご利用ください^^
 

友だち追加

 

ダエンからマル施術院ホームページ

 

 

 

 

【 グループ院紹介 】

奈良院:なかたに鍼灸整骨院

東生駒院:鍼灸王国

 

 

初心者はじめての方へ   /  著名演奏家からの推薦文  

 プロサッカー選手からの推薦分

 

ダエンからマル施術院

院長の丸山です^^

 

 

 

 

今回のテーマはこちら!

「小学生・中学生の子が1か月以上

かかとの痛みが続いている場合どうするべきか?」

 

 

もし、

あなたのお子さんが「かかとの痛み」で

歩く事や走る事さえ出来ない状態なら、

この記事を最後まで読んでみて下さい。

 

 

きっと、

「やっと、この子の痛みの原因が分かった!」

「痛みが何とかなるかもしれない!」

と、安心してもらえるはずです。

 

 

この「かかとの痛み」はどういう疾患なのか?

その原因と対処法についても記していきます。

 

 

まず、

あなたのお子さんが歩いたり走ったりする時に、

かかとの裏側~アキレス腱のあたりに

痛みが出ていませんか?

 

 

痛みで歩き方がおかしくなってしまい、

スポーツが満足に出来ないのではないでしょうか?

 

 

それは、

おそらく『シーバー病』

という疾患で間違いないでしょう。

 

 

シーバー病とは、

成長期で脆さがある

「かかと」に炎症が出る疾患です。

 

 

何度も繰り返し、

かかとに負荷をかけたり、

アキレス腱や足底筋膜が緊張する事でも痛みが出ます。

 

 

 

さて、

このシーバー病という疾患ですが、

適切な治療がどこでも受けられるというわけではありません。

 

 

 

なぜならば、

このシーバー病は医療従事者の中で

認知度が低い疾患なのです。

 

 

病院に行っても、

「かかとの炎症だね」と言われ、

疾患名さえ付けてもらえない事もよくあるのです。

 

 

整骨院や鍼灸院に行っても、

シーバー病の治療経験がない先生も少なくありません。

 

 

そういった場合、

「湿布を貼って、安静にしておきましょう」

「かかとに電気を流しますね。」

「ふくらはぎのストレッチやマッサージをしましょう。」

 

 

と言われ、

かかとやふくらはぎの処置が大半となるはずです。

 

 

このブログを読んでいる方の中には、

すでに整形外科や整骨院を受診した方もいるでしょう。

 

 

これらの治療を受けて、

痛みが治まるのを待ってみたものの、

一向に改善しない状態にお悩みではありませんか?

 

 

そう、

シーバー病は、

適切な治療をしないかぎり、

一向に痛みが改善しない疾患なのです。

 

 

でも、

だいじょうぶ。

 

 

 

私は

今まで「かかとの痛み(シーバー病)」に

悩んでいる子供達を沢山診てきました。

 

 

 

この多くの経験から言えること。

 

それは、

シーバー病は適切な施術プロセスさえ踏めば、

早期に改善する疾患

であるということ。

 

 

 

だいたい5回もあれば、

たいていの子供達は

スポーツ復帰できるようになります。

 

 

まれに、

5回以上かかる事もあるけれど、

そういう場合はシーバー病以外にも

他の疾患を併発している事がほとんどです。

 

 

 

お子さんによって

痛みの原因は多少異なるのですが、

基本的にシーバー病を発症している子供達には共通点があります。

 

 

あなたのお子さんは

このような状態ではありませんか?

 

  • 股関節の動きが悪くないですか?
  • ドシドシと歩いていたり、よく躓いたりしませんか?

 

 

 

かかとに痛みが出ている子は、

この2つの共通点があります。

 

 

 

この共通点がなにを指しているか?

というと、

 

 

①「股関節の可動域低下」

 

 

②「上半身と下半身の連動性が悪い」

この2つの異常があるという事なんです。

 

 

この2つの異常がある事で、

かかとに負担がかかってしまい、

シーバー病を発症してしまうのです。

 

 

 

 

なので、

シーバー病を根本から解消するには、

股関節の可動域を改善させ、

身体の連動性を高める必要があるのです。

 

 

逆に、

これさえ治してあげたら、

短期間に痛みを解消する事も可能なのです。

 

 

 

いかがですか?

 

今まで湿布や安静にしていても

なかなか改善しない理由が分かったのではないでしょうか。

 

 

 

 

シーバー病は、

「かかとの炎症」と単純に考えるのでなく、

身体全身を見て治療していく事で、

早期に痛みを改善させられるのです。

 

 

 

あなたのお子さんが

かかとの痛みで悩んでいるなら、

私が何とかしてみせるので、

安心して連れてきてもらって大丈夫です。

 

 

 

もし、

あなたのお住まいの場所が、

遠方だとしても諦める必要はありません。

 

こちら「遠方からお越しの方へ」

ページを読んできていただければ、

短期間で改善する可能性がある事を

知っていただけるはずなのでお気軽にご相談ください。

 

 

 

ちなみに、

明日の19:00に

「自分でできるシーバー病のセルフケア」

を公開する予定です。

 

シーバー病にお悩みまら、

こちらの動画も是非、チェックしてみてください^^

 

 

 

 

感謝。

 

 

ご予約状況については

LINEでもお問い合わせする事が出来るので、
こちらをご利用ください^^
 

友だち追加

 

ダエンからマル施術院ホームページ

 

 

 

 

【 グループ院紹介 】

奈良院:なかたに鍼灸整骨院

東生駒院:鍼灸王国

 

 

初心者はじめての方へ   /  著名演奏家からの推薦文  

 プロサッカー選手からの推薦分

 

 

ダエンからマル施術院

院長の丸山です^^

 

 

 

 

 

こんなの作ってみました爆笑

 

「治療家の1日ルーティン」

 

 

アメブロの仕様で

1分しか動画を投稿出来ず、

途中で切れちゃってます笑い泣き

 

 

ちなみに、

これはイキって作ったのではなく笑い泣き

本院のinsta用に作ったものです^ ^

 

 

もし続きを見たい方がいるのであれば

(そんな人いるのかな?笑)

本院のinstaをチェックしてみてください

 

 

本院と鍼灸王国のルーティン動画も

公開してますよ~^^

 

 

 

 

 

 

 

さて、
今回のテーマはこちら!
 
「病院3か所、整骨院2か所で治らない
三角骨障害が9回の施術で完治した話」
 
 
 
三角骨障害に悩んでいるバレエダンサーは、
この記事を最後まで読んでみて下さい。
 
きっと希望が持てるはずです。
 
 
 
三角骨障害とは、
つま先たちをすると足首に激痛が走る疾患です。
 
 
バレエ用語で言うと
「ポワント」で痛みを感じます。
 
 
 
遠方から当院に来院される患者さんのうち、
一番多いのがこの三角骨障害。
 
 
そして、
そのうちの8割以上がバレエダンサーです。
 
 
当院は、
三角骨障害に悩むバレエダンサーの
来院数が圧倒的に多いんです。
 
 
 
きっとそれは、
私が三角骨障害の治療がかなーり得意である事と、
 
「三角骨障害を治せる」
と、発信している治療院が
ほとんどない事も理由だと思います。
 
 
 
まず、
そもそも三角骨障害自体がマイナーな疾患です。
 
 
 
バレエダンサーを専門的に見る病院でなければ、
似た疾患である「アキレス腱炎」や「捻挫」と
診断をされる事もしばしばあります。
 
 
 
 
そして、
やっと「三角骨障害」と診断を受けて、
いざ治療!となった時、
三角骨障害を治せる治療院はそうそうないのです。
 
 
 
 
 
三角骨障害は、
電気やマッサージでは絶対に治らないし、
サポーターやテーピングでは
気休め程度の効果しかありません。
 
 
 
 
いろんな治療をしても治らない結果、
最終的に病院で「手術」と言われてしまうのです。
 
 
 
バレエダンサーにとって、
手術は出来るだけしたくない選択肢です。
 
 
 
このことから、
「遠方でもいいから一度来院してみよう!」
と、沢山のバレエダンサーが当院にやってくるのです。
 
 
 
 
先日も、
車で片道2時間の距離から
13歳のバレエダンサーY・Mちゃんが来院しました。
 
 
 
Y・Mちゃんの場合も
病院を3か所以上受診しても治らず、
2か所の整骨院に通院したけども治らず、
病院で「手術」の最終通告を受けてしまったのです。
 
 
 
 
それでは、
今からY・Mちゃんの感想を紹介します。
 
 
率直な感想を書いてくれているので、
同じように三角骨障害に悩んでいる子は是非ご覧ください^^
 
 
 

Q1、どのような症状でお困りでしたか?
またお困りの症状を治すために

今までどのような治療を受けてこられましたか?

 

足首のいたみ、

電気・マッサージ


Q2、鍼灸治療など当院来院にあたって心配はなかったですか?
またその心配はどうやって解消しましたか?

 

はじめて行く前、治らないと言われていて心配だったけど、

はじめて受けた後、痛くなくてすぐに解消されました。

 

Q3、当院の施術を受けたときの印象・感想を教えてください。

 

はじめてうけた時「治る!」と思い確信したことがありました。


Q4、症状が改善した現在の想いをメッセージ下さい。
担当が最高に喜びます!

 

 

これから思いっきりレッスンが出来ると思うと

すごく気が楽になって楽しみです。

セルフケアも忘れず、バレエをしていきます!

 

お名前 Y・M

ご住所 大阪府岸和田市

年齢 13

 
 
 
 
Y・Mちゃん、ご協力ありがとう!
バレエを思いっきり楽しんでね!
 
 
 
 
さて、
彼女は半年以上も
トゥシューズが履けない程の痛みと戦ってきたわけですが、
つい先日にはトゥシューズでコンクールにも出場でき、
今では思いきり踊る事が出来ています^^
 
 
 
なぜ、
どこの病院でも治らなかった三角骨障害が
あっという間に改善したのでしょう?
 
 
それは、
痛みの根本を取り除いたからです。
 
 

病院では、

三角骨を取り除くための手術を勧められますが、

実は三角骨があっても痛みが出ないようにする事は可能なのです。

 

 

足首に痛みが出るのは、

三角骨だけが理由でない事がよくあるのです。

 
 
実は彼女、
三角骨障害に加えて、
股関節のアライメント(骨の配列)異常がありました。
 
 
 
きっと病院などでは、
「異常なし」と言われてしまう程度のもの。
 
 
ですが、
トゥシューズを履いて飛んだり跳ねたりするバレエでは、
致命的な問題となるのです。
 
 
Y・Mちゃんはこの異常によって、
三角骨障害の痛みを悪化していたのです。
 
 
初回、
股関節のアライメント異常を解消する事によって、
ポワントでの痛みが「10」→「5」に半減。
 
 
 
Y・Mちゃんも、そしてお母さんも
「え、ウソ!!」と驚かれていました^^
 
 

そうですよね^^

まさか股関節を整えるだけで、

痛みが半減するとは思ってもみなかったと思います。

 

 

しかも、

股関節のアライメントが整える事で、

より嬉しい効果があるのです。

 

 

それは、

股関節の異常によって

足首に必要以上にかかっていた負荷がなくなり、

三角骨周囲の炎症が引きやすい状態を作れる事です。

 

 

 

後は、

ひたすら三角骨周囲を徹底的に調整するだけ。

 
 

これにより、

あとの「4」の痛みが「0」になったのです。

 
 
 
彼女は今まで
足首周辺の治療を続けてきましたが、
実はもっと根本的な原因から解消する必要があったのです。
 
 
 
 
このように、
三角骨障害は痛みと全く違う部位をアプローチする事で
大きく解消する事がよくあります。
 
 
もし、
あなたが三角骨障害に悩んでいて、
いくら治療をしても改善しない場合は
もしかすると治療している箇所が間違っているかもしれません。
 
 
三角骨障害の治療で一番重要な事は
痛みの原因を知る事。
 
 
それにより、
「手術しかない」と言われた三角骨障害であっても
何とか出来る事が沢山あります。
 
 
 
今現在、
三角骨障害で不安に感じている方もいると思いますが、
安心してくださいね。
 

 

三角骨障害の治療は得意なので、

是非私にお任せくださいなニコニコ

 
 
希望を持っていただいて大丈夫です^^
 
 
 
 
感謝。

ご予約状況については

LINEでもお問い合わせする事が出来るので、
こちらをご利用ください^^
 

友だち追加

 

ダエンからマル施術院ホームページ

 

 

 

 

【 グループ院紹介 】

奈良院:なかたに鍼灸整骨院

東生駒院:鍼灸王国

 

 

初心者はじめての方へ   /  著名演奏家からの推薦文  

 プロサッカー選手からの推薦分

ダエンからマル施術院

院長の丸山です^^

 

 

 

 

 

 

有痛性外脛骨にお悩みの方、

まずはこのセルフケアを試してみて下さい^ ^


 

 

 

 

内容は、

有痛性外脛骨

根本から解消する体操です。

 

 

 

 

すごく簡単な体操なので、

有痛性外脛骨でお困りの方は

是非お役立てください^^

 

 

 

 

 

 

 


 

 

ご予約状況については

LINEでもお問い合わせする事が出来るので、
こちらをご利用ください^^
 

友だち追加

 

ダエンからマル施術院ホームページ

 

 

 

 

【 グループ院紹介 】

奈良院:なかたに鍼灸整骨院

東生駒院:鍼灸王国

 

グループ代表 仲谷健吾Twitter

初心者はじめての方へ   /  著名演奏家からの推薦文  

 プロサッカー選手からの推薦分

 

ダエンからマル施術院

院長の丸山です^^

 

 

 

 

 

 

 

紅葉の絨毯。

すごくキレイラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回のテーマはこちら!

 

「手術しかないと言われた有痛性外脛骨でも

片っ端から治せる理由」

 

 

 

もし君が、

今回”患者さんの声”をくれたSチャンのように、
病院で「外脛骨は手術しかない」

と言われているなら、

このブログを最後まで読んでほしいです。

 

 

 

 

 

読み終わるころには、

きっと希望が持てるはずですニコニコ

 

 

 

 

 

うちには、

有痛性外脛骨に悩んでいる子供達が

よく来院します。

 

 

 

みんな、

整形外科や整骨院、鍼灸院などで

治療しても治らず、中には

”手術”の話が出てしまう子も…。

 

 

 

 

 

Sチャンもまさにこの状況でした。

 

 

「手術はしたくない」

とSチャンは怖がっており、

 

親御さんも

「12歳で手術なんて、出来ればさせたくない」

という事で当院に来院されました。

 

 

 

まだ中学1年生で

しかも部活を始めたばっかり。

 

 

”手術”を避けたいのは当然の話ですよね。

 

 

 

 

 

 

一般的に「有痛性外脛骨」は、

超難治性疾患のひとつに挙げられる

青年期の疾患です。

 

 

 

難治性のために、

幼くても手術の選択を取られる場合もあります。

 

 

 

 

ですが、

私はこの疾患を「難治性」と捉えていません。

 

 

 

それは、

病院で「手術」と言われた外脛骨の子でも

施術次第で十分改善する事を知っているからです。

 

 

 

 

今までも

Sチャンのような子を沢山診てきましたが、

みんな無事に当院を卒業しています。

 

 

 

今では、

『外脛骨は片っ端から治せる疾患である』

と言えるくらい

外脛骨の施術に自信を持っています。

 

 

 

 

もちろん、

Sチャンの場合も

しっかり治せる自信がありました。

 

 

 

さぁ、

今からSチャンの感想を紹介していきます。

率直な気持ちを書いてくれているので、

是非ご覧くださいニコニコ

 

 

 

 

Q1、どのような症状でお困りでしたか?
またお困りの症状を治すために

今までどのような治療を受けてこられましたか?

 

有痛性外脛骨


Q2、鍼灸治療など当院来院にあたって心配はなかったですか?
またその心配はどうやって解消しましたか?

 

なし

 

Q3、当院の施術を受けたときの印象・感想を教えてください。

 

治らないと思っていた外脛骨が来るたび痛みがひいてきた!


Q4、症状が改善した現在の想いをメッセージ下さい。
担当が最高に喜びます!

 

手術なしで治ったのでとてもうれしいです。

ありがとうございました!

 

お名前 S

ご住所 神戸

年齢 12才

 

 

 

 

 

Sチャン、ご協力ありがとう!

これからは思いきり部活頑張ってね^^

 

 

 

 

さて、

Sチャンは3か月以上も

この痛みと戦ってきたわけですが、

7回の施術で完治となりましたニコニコ

 

 

 

 

これだけ早く外脛骨が治った理由は、

当院が根本原因を知っており、

外脛骨に特化した治療法を確立しているからです。

 

 

 

 

今までもブログで書いてきましたが、

外脛骨は”患部だけ”を

アプローチしても治らないのです。

 

 

 

外脛骨は「身体全身」を調整する事で

改善していく疾患なのです。

 

 

 

Sチャンも今まで、

外脛骨周辺のマッサージや

ふくらはぎのストレッチを続けてきました。

 

 

でも、

改善が見られず、3か月経過…。

 

 

 

そうなんです。

これらの方法で治らないのも当然なんです。

 

 

Sチャンの外脛骨は

「下半身の捻じれ」

が原因だったからです。

 

 

 

 

 

股関節が内に捻じれ、

膝関節が外に捻じれている状態。

 

 

これによって外脛骨に痛みが出ていたのでした

 

 

 

 

なので、

これをサクッと解決したことで、

3か月治らず「手術しかない」と言われた外脛骨が

たったの7回で解消したというわけです^^

 

 

 

このように外脛骨は、

「患部」に原因がない場合がよくあるので

まずは根本の原因を見つける事が治療の第一歩です。

 

 

 

 

「もしかしたら自分の外脛骨も

下半身の捻じれが原因かも…?」

と思った君、

 

有痛性外脛骨のセルフケア動画を

下に載せているので、

まずはこれを試してみてくださいね。

 

 

 

この動画は

「下半身のねじれを整える簡単な方法」です。

 

 

これを試してみて、

少しでも外脛骨が改善する場合、

下半身のねじれがある可能性が大です!

 

 

 

この場合、

”手術”でなくても

改善する見込みが十分あるので、

不安に思わないで大丈夫ですよ^^

 

 

 

 

もし、

これで痛みが改善しない方は

違う部分に原因がある可能性があります。

 

 

 

 

そういう時は、

身体のプロである私たちが

しっかりと君の原因を見つけるので、

当院にご相談くださいね!

 

 

 

 

有痛性外脛骨は片っ端から治せる疾患なので、

是非私にお任せくださいなニコニコ

 

 

 

 

 

 

ちなみに、

有痛性外脛骨のpart2を

明日19:00に公開予定です。

 

 

外脛骨にお悩みの方は、

こちらの動画も合わせて実践してみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

ご予約状況については

LINEでもお問い合わせする事が出来るので、
こちらをご利用ください^^
 

友だち追加

 

ダエンからマル施術院ホームページ

 

 

 

 

【 グループ院紹介 】

奈良院:なかたに鍼灸整骨院

東生駒院:鍼灸王国

 

グループ代表 仲谷健吾Twitter

初心者はじめての方へ   /  著名演奏家からの推薦文  

 プロサッカー選手からの推薦分

ダエンからマル施術院

院長の丸山です^^

 

 

 

 

youtubeでオススメに出てきた

「ナンダカンダ」の動画。

 

 

私、ナンダカンダを歌っていたのが

藤井隆だったなんて全然知らなかった!

 

 

 

当時は全く気にせず、

この歌を聴いていましたびっくり

 

 

「ホットホット!」の藤井隆が

動画ではあんなにカッコいい笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、

本日のテーマはこちら!

 

「アキレス腱炎と足底筋膜炎の

ダブルパンチでも、1か月後には

思いきり走れるようになる理由」

 

 

 

 

もし、

あなたがアキレス腱やかかとの痛みに悩んでいるなら、

このブログを最後まで読んでほしい。

 

 

きっと希望が持てるはずです^^

 

 

 

今回、

患者さんの声を書いてくれたのは、

大学の陸上部に所属しているA・Sちゃんです。

 

 

 

彼女が来院当初、

「どのような状態だったか?」

「今現在はどんな状態か?」

 

を書いてくれているので、

まずはこの感想を読んでみてください^^

 

Q1、どのような症状でお困りでしたか?
またお困りの症状を治すために

今までどのような治療を受けてこられましたか?

 

かかとが歩く時、すごく痛かった。

足首の熱、痛み

 


Q2、鍼灸治療など当院来院にあたって心配はなかったですか?
またその心配はどうやって解消しましたか?

 

とくになし。

 

Q3、当院の施術を受けたときの印象・感想を教えてください。

 

日に日にひどい症状がやわらいで、痛みが減っていきました!

 


Q4、症状が改善した現在の想いをメッセージ下さい。
担当が最高に喜びます!

 

歩けないくらいの痛みがあっという間に治りました!

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

A・Sちゃん協力ありがとう!

これからは思いっきり陸上の練習をしてね!

 

 

 

 

初診時、A・Sちゃんは

つま先立ちでヒョコヒョコと歩いて当院を訪れました。

 

 

少しの距離でも

かかとを地面に付けにないようにして、

膝も曲げずに慎重に歩いていました。

 

 

それは彼女が

”アキレス腱炎”と”足底筋膜炎”

2つの疾患を抱えていたからです。

 

 

かかとを地面につけると”足裏”に激痛が走り、

そして屈伸をすると”アキレス腱”に激痛が…。

 

 

彼女のそんな歩き方は、

少しでも痛みを和らげるための苦肉の策だったのです。

 

 

 

 

4か月前にアキレス腱炎を発症してから、

痛みは改善するどころか悪化していき、

ついには、足底筋膜炎も併発してしまったそうです。

 

 

当然、陸上の練習は出来ず、

日常生活でも思うように動けない状態でした。

 

 

 

 

足底筋膜炎、アキレス腱炎単体でも

かなり痛みがある疾患なのに、

それが併発しているなんて…相当痛かったと思います。

 

 

私も今までスポーツ疾患を沢山診てきましたが、

こんな状態の子はなかなかいません。

 

いや、はじめてだと思います。

 

 

 

でもですね、

どちらの疾患も原因は明確に分かっていたので、

特に焦ることもなく治療開始。

 

 

 

結論、

A・Sちゃんは3週間後には無事、部活に復帰。

1か月後には試合にも出場できました!(^^)!

 

 

 

あれだけ痛かった「屈伸」や「かかと歩き」

2週間で出来るようになり、

ヒョコヒョコ歩きをしなくて済むようになっていたのです。

 

 

「普通に歩けるのが、こんなに嬉しいなんて(;'∀')」

と、すごく喜んでくれました。

 

 

 

 

今回のような

アキレス腱炎も足底筋膜炎も

通常、「足の使い過ぎ」が原因と考えられています。

 

 

そのため、

筋肉や腱の緊張を緩めるような

処置が取られることから、

当院に来るまでA・Sちゃんも

ふくらはぎのマッサージやストレッチを行っていました。

 

 

ですが、

それでも改善せず4か月が経過。

 

痛みは増すばかり。

その結果、当院に来たわけです。

 

 

そう、

これらの処置で治る程、

どちらも簡単な疾患ではないんです。

 

 

もし、症状が軽度であれば、

これらで治る可能性が少しはあるでしょう。

 

 

ですが、

慢性化した状態で症状が重度の場合、

残念ながらその見込みは少ないです。

 

 

特に、

A・Sちゃんの場合は、

アキレス腱の熱感は酷く、

筋肉や腱を緩めようとマッサージなんてしようものなら、

痛みがより悪化してしまう状態でした。

 

 

これは、足底筋膜炎も同じです。

 

かかとに腫脹がある状態で、

マッサージやストレッチをするのは逆効果です。

 

 

熱感や腫れがある部位を

安易に触ると、症状が悪化してしまう可能性は大なんです。

 

 

 

 

それでは、

4か月も改善しなかった症状を

どのように改善させたのでしょうか?

 

 

 

 

それは、

痛みの根本原因である

「2つの異常」を解消したからです。

 

 

 

1つ目は、

「自律神経の乱れ」

 

2つ目は、

「下肢のねじれ」です。

 

 

 

実は、この2つの異常によって、

アキレス腱炎と足底筋膜炎を併発していたのです。

 

 

「自律神経の乱れ」は、

免疫力や回復力の低下に繋がります。

アキレス腱やかかとの炎症が長引くのは、

自律神経の乱れによるものです。

 

 

「下肢の捻じれ」は、

筋肉や靭帯の緊張を強めており、

痛みを悪化させていました。

 

 

そのため、

この2つを整える事をメインに

施術したというわけです。

 

 

 

これにより、

4か月も治らない症状が改善したのです。

 

 

 

もし、
あなたがアキレス腱やかかとの痛みで、

「どれだけ治療をしても治らない。」
と悩んでいたならご連絡ください。



どんな状態・状況でも
意外と「治し方」はあるものです。 

 


 

私があなたの症状を良くするために、

全力でお手伝いさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

感謝。

 

 

予約状況については

LINEでもお問い合わせする事が出来るので、
こちらをご利用ください^^
 

友だち追加

 

ダエンからマル施術院ホームページ

 

 

 

 

【 グループ院紹介 】

奈良院:なかたに鍼灸整骨院

東生駒院:鍼灸王国

 

 

初心者はじめての方へ   /  著名演奏家からの推薦文  

 プロサッカー選手からの推薦分

こんにちは、

ダエンからマル施術院の丸山ですニコニコ
 
 
 
さっそくですが、
後鼻漏にお悩みの方は
まずこの動画をご覧下さい!
 
 
 
「鼻」の治療でも
なかなか治らないという方にこそ
見ていただき内容です。
 
 

 

 


 
 
 
 

ご予約状況については

LINEでもお問い合わせする事が出来るので、
こちらをご利用ください^^
 

友だち追加

 

ダエンからマル施術院ホームページ

 

 

 

 

【 グループ院紹介 】

奈良院:なかたに鍼灸整骨院

東生駒院:鍼灸王国

 

 

初心者はじめての方へ   /  著名演奏家からの推薦文  

 プロサッカー選手からの推薦分

ダエンからマル施術院

院長の丸山です^^

 

 

 

 

今回のテーマはこちら。

「当院で改善する後鼻漏と

改善しない後鼻漏の違い」

 

 

今回のブログは、

後鼻漏でお悩みの方にとって

今後の治療の参考になる内容です。

 

 

是非、最後までご覧になってみてください^^

 

 

 

 

最近、

当院には”後鼻漏”の患者さんがよく来院されます。

 

 

当院の後鼻漏の8割の患者さんは、

副鼻腔炎(ちくのう)によって後鼻漏を引き起こしています。

 

 

中には、

アレルギー性鼻炎や上咽頭炎による後鼻漏の方もいますが、

副鼻腔炎の割合は圧倒的に多いです。

 

 

・痰がよく出る

・咳が止まらない

・吐き気がする

・全く眠れない

・食欲がない

 

などの不快な症状を訴えられますが、

副鼻腔炎を解消する事で、

多くの後鼻漏の方が改善している状況です。

 

 

 

ですが、

そんな当院の治療であっても

改善しない後鼻漏の方がいます。

 

 

 

「改善する後鼻漏と

改善しない後鼻漏の違いは何なのか?」

と、気になりますよね。

 

 

ズバリそれは、

”鼻からくる副鼻腔炎”と

”歯からくる副鼻腔炎”の違いです。

 

 

 

一般的に、

副鼻腔炎は「鼻」が原因と思われがちですが、

実は、歯の異常によっても引き起こされるんです。

 

 

 

歯からくる副鼻腔炎は、

歯の治療をしないと改善しないため、

いくら当院の治療であっても改善は難しいのです。

 

先日、

初診で後鼻漏の患者さんが来院されたのですが、

結論から言うと、

その方は「歯からくる副鼻腔炎」でした。

 

 

去年から急性の副鼻腔炎を

何度も繰り替えしており、

その度に耳鼻科に通院していました。

 

 

抗生剤を服用して、

やっと鼻の症状が落ち着いたと思ったら、

また副鼻腔炎になり、後鼻漏が酷くなる…

 

 

今回、また副鼻腔炎を再発し、

「耳鼻科の治療の他に、何か方法はないか?」

という事で当院を受診されたのです。

 

 

よくよく話を聞くと、

 

・物を噛むと右の歯が少し痛い

・右目の奥や右頬も痛い

・頭痛がよくする

 

という症状があったのです。

 

 

これはまさに、

歯の異常が考えらる状態です。

 

 

そう、

この方は、右の奥歯の”虫歯”を放置した事で

副鼻腔炎を引き起こしていたのです。

 

 

 

お話を聞いている時から、

「その疑いが高いな~…」と思い、

患者さんにはすぐに歯医者さんに行くように勧めました。

 

 

その後、その方から

「歯医者さんで親知らずの虫歯が見つかり

抜歯してもらったところ、

後鼻漏の症状も落ち着いてきました」

という連絡をいただきました。

 

 

 

上顎の奥歯は、

副鼻腔(上顎洞)と接しているため、

歯の細菌が副鼻腔に入りやすいのです。

 

これによって、

副鼻腔炎を繰り返しており、

後鼻漏がなかなか改善しなかったのです。

 

 

 

この方は、

耳鼻科でなく歯医者の治療が必要だったのです。

 

 

結構、驚きの内容ですよね。

 

 

このように、

歯からくる副鼻腔炎の方の場合、

当院での治療はもちろん、

耳鼻科でも改善しないので注意が必要です。

 

 

もし、

このブログを見ている方の中に、

「自分もその可能性があるかも?」

と思った方もいるでしょう。

 

その時は、

口全体を確認できるパノラマレントゲン写真や

副鼻腔のCT撮影をしてみてください。

 

 

後鼻漏の治療の突破口になるかもしれません^^

 

 

 

もし、その期待が外れてしまい、

「やっぱり鼻からくる副鼻腔炎だった…」

とガックリしてしまった方がいれば、

当院を頼ってきてください。

 

 

慢性化している副鼻腔炎でも、

適切な施術さえすれば改善するケースがよくあります。

 

 

なので、

まだ諦めないでくださいね。

 

私が全力でお力になってみせます^^

 

あなたのご来院をお待ちしております。

 

 

 

 

ちなみに、

明日の19時に「後鼻漏のセルフケア」を公開予定です。

 

後鼻漏の方は、

是非、この動画をご覧になってみてください^^

 

 

感謝。

 

 

ご予約状況については

LINEでもお問い合わせする事が出来るので、
こちらをご利用ください^^
 

友だち追加

 

ダエンからマル施術院ホームページ

 

 

 

 

【 グループ院紹介 】

奈良院:なかたに鍼灸整骨院

東生駒院:鍼灸王国

 

 

初心者はじめての方へ   /  著名演奏家からの推薦文  

 プロサッカー選手からの推薦分

ダエンからマル施術院

院長の丸山です^^

 

 

 

 

 

ビンテージショップで

出会ったランプおねがい

 


ミッドセンチュリーな

2重シェードが素敵ですよね…。
 
 
 
 
と、店員さんに勧められたのですが、
「そうですよね~^^」
と分かってるふりをして購入。
 
 
でも、デザインが素敵な事はよく分かる!笑
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、

本日のテーマはこちら。

 

「1年以上続く後鼻漏は、

骨格を整える事で改善する」

 

 

 

このタイトルを見て、

「そんなわけないでしょ」

と思われる方もいるかもしれません。

 

 

今まで沢山の耳鼻科に通院されている方であれば、

なおさらそう思うはず。

 

 

 

「後鼻漏は鼻の異常である」

 

 

これは、ネットで調べれば、

すぐ出てくる内容ですよね。

 

きっと耳鼻科でもよく聞く話だと思います。

 

 

このため、後鼻漏に対する治療は、

鼻の炎症を取り除く事を目的としています。

 

 

これが急性の後鼻漏であれば、

鼻の治療がすごく有効でしょう。

 

 

ですが、

このブログを見ている方の多くは、

これらの治療でも症状が改善せず、

長年、不快感に悩んでいるのではないでしょうか?

 

 

そう、

慢性化している後鼻漏は、

鼻だけの治療では改善しない状態

に陥っている事があります。

 


 

鼻の治療だけに囚われすぎてしまうと、

不快感のループから抜け出せなくなってしまいます。

 

 

 

 

ですが、安心してください。

 

 

当院では、

あなたのような状態であっても、

改善するケースがあるのです。

 

 

 

 

 

本題に入る前に、

まずは実際に後鼻漏に

悩まれていた患者さんの感想をご紹介します。

 

 

今回、患者さんの声を書いていただいたAさんは、

2年間も後鼻漏の症状に悩まれていました。

 

 

病院の治療でも改善しないため、

藁にもすがる思いで来院したのです。

 

 

 

後鼻漏の症状にお悩みの方は、

Aさんが書いて頂いた感想を是非、読んでみてください。

 

きっと希望が持てるはずです。

 

 

Q1.どんな症状をお持ちでしたか?

またお困りの症状を治すために、

今までどのような治療を受けてこられましたか?

 

・鼻水が喉に流れる(後鼻漏)

・逆流性食道炎

→内科、耳鼻科の治療、薬など…

 

Q2.鍼灸治療など、当院来院にあたって心配はなかったですか?

またその心配はどうやって解消しましたか?

 

鍼灸治療で治るか少し不安はありました。

ですが、先生が丁寧に話を聞いてくださり、疑問にも答えていただいたので、

不安が少なくなりました。

 

Q3.当院の施術を受けたときの印象・感想を教えてください。

 

すごく不思議な治療でした…。

今まで触られた事のない部分を触ったり、鍼をしたり、

ですが、それで症状が徐々に軽くなったので驚きました。

 

 

Q4.症状が改善した現在の想いをメッセージ下さい。

担当が最高に喜びます!

 

私は後鼻漏と同時に逆流性食道炎もあり、

寝る時や食事の時はいつも不快感があり、

薬でも治らずにいました。

気持ちまで落ち込んでいましたが、

丸山先生のおかげで今では外に出る元気もあります!

今後もよろしくお願いいたします!!

 

 

お名前:A

お住まい:神戸市

ご年齢:40代

ご職業:主婦

 

 

 

 

来院当初、

Aさんは上向きに寝る事が出来ませんでした。

 

 

上向きの状態だと

鼻水で喉が詰まってしまうからです。

 

 

これは、

後鼻漏の方であれば共感できる事でしょう。

 

 

 

寝ている時に喉が詰まり、咳き込んでしまうんです。

当然、熟睡できなくなります。

 

 

Aさんはいつも決まって、

3時間起きに目が覚めてしまい、

そこからまた朝まで浅い睡眠を繰り返す…

 

 

これが2年間も続いていました。

本当に、相当お辛かったと思います。

 

 

ですが、

そんな状態だったAさんですが、

今では6時間きっちりと睡眠がとれるように。

 

いつも感じていた鼻・喉の不快感もなくなりました^^

 

 

 

いや~、本当に良かったです。

感想にもありましたが、

これからは外にどんどん出かけ、毎日を楽しんでいただきたいです!

 

 

 

 

それでは、さっそく本題です。

 

 

病院でも治らない後鼻漏を

どのようにして改善させたのでしょうか?

 

 

 

 

それは「骨格の調整」です。

 

 

 

 

「後鼻漏と骨格って何の関係があるの?」

と疑問に思う方も多いでしょう。

 

 

一見無関係のように思えますが、

実は、関係大ありなんです。

 

 

 

 

まず、この画像をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

当院に来院される後鼻漏の方は、

このような姿勢である事がほとんどです。

 

 

慢性化している後鼻漏の方であれば、

100%この姿勢になっています。

 

 

顎が前に出て、

肩が内に入り、

背中が丸まっている状態。

 

 

この姿勢の悪い点はいくつもありますが、

後鼻漏の方にとって、もっとも悪い点。

 

 

 

それは「首の異常」を引き起こす事。

 

 

姿勢が悪い事で、

頸椎の変形(ストレートネックなど)や

首周囲の緊張が生じます。

 

 

 

 

 

首を流れる血管や神経は

顔面にも繋がっているため、

首が緊張する事で顔回りの血管や神経にも影響を及ぼします。

 

 

 

特に、三叉神経や副交感神経は

鼻水の量をコントロールしており、

首の異常によって過剰に鼻水が分泌されてしまうのです。

 

 

骨格が歪む→首の緊張→

血管・神経の流れを阻害→

鼻水が大量に分泌→後鼻漏悪化

 

と、いうわけです。

 

 

そうなると、

後鼻漏の症状がますます悪化していきます。

 

慢性化している方は、

まさにこの負のループに陥っているのです。

 

そのため、

いくら鼻の治療をしても改善しないのです。

 

 

 

後鼻漏の方の多くは、
「あ、私こんな姿勢になってるわ」

と驚いた方も多いでしょう。

 

 

全く「鼻」とは関係のない部分が、

後鼻漏の症状を悪化させていたのです。

 

 

 

そして、タイトルに戻ります。

 

「1年以上続く後鼻漏を治すには、

骨格の調整が必要である。」

 

 

これが結論です。

 

骨格の歪みによって、

後鼻漏が悪化しているため、

骨格の調整が必要なのです。

 

 

今回のAさんも、

骨格を正しく調整する事で、

2年間も治らない後鼻漏が改善したのです。

 

 

ちなみに、

骨格調整とは、

単純に骨盤矯正や首の矯正をするという事ではありません。

 

 

骨格が歪むのは

内臓疲労や内臓下垂などの影響もあります。

 

人によってそれは異なるため、

後鼻漏の方は安易にマッサージ屋さんやほねつぎ屋さんには行かず、

当院にお越しください。

 

きっと、体が良い方向に変わるはずです。

 

 

 

 

最後に、

このブログを読んでいる方は、

病院の治療でも治らず、

毎日毎日、不快な症状に悩んでいると思います。

 

ですが、そんな状態だからこそ、

当院を頼ってきていただきたいです。

 

 

当院のコンセプトは

「どこに行っても治らない方の最後の砦」。

 

 

ここで病院巡りを終わらせましょう。

 

私があなたの症状を良くするために、

全力でお手伝いさせていただきます。

 

 

 

 

感謝。