DAICONへの憧れ。

テーマ:

実は1冊出版を目論んだ本の企画があった。


いつか実現したい夢の一つだった。


その企画とは岡田斗司夫さんと武田康廣さんが立ち上げた
素人の映像集団「Daicon Film」
日本初のSFショップ「ゼネラルプロダクツ」
さらに後のアニメ製作会社「GAINAX」
に特化したインタビュー集の出版もしくはその小説化、マンガ化、アニメ化企画だ。



僕はDAICON FILMが大好きだ。
ダイエットや文化人としての岡田斗司夫さんしか知らない人は
是非観て欲しい映像なのでリンクを張っておく。


あわせてその歴史も知ってもらいたい。
きっと心の底からマグマが噴出すが如くの感動と情熱を感じるだろう。
そして自分もこんな作品を作れたら・・・と憧れを抱くに違いない。


DAICONFILMのwiki http://ja.wikipedia.org/wiki/DAICON_FILM

DAICON 3 http://www.nicovideo.jp/watch/sm232453

DAICON 4 http://www.nicovideo.jp/watch/sm6101377

人気ドラマ「電車男」との関係 http://www.nicovideo.jp/watch/sm734536




僕はこのDAICON FILMの影響で岡田斗司夫さんの事を
プロデューサーとして大変尊敬している。
そして1980年代を熱く駆け抜けたDAICON FILMのメンバーと
その功績にとてつもない憧れを抱いている。


当時自分は4.5歳の幼稚園児。

こんな伝説が繰り広げられているなど、知る由も無かった。

後追いファンゆえのコンプレックスもある。


だから僕がDAICONFILMのTシャツに岡田さんのサインを貰った喜びと言うのは

言葉に表す事が出来ないほどの喜びだった事は
アニメファンだったら、分かって頂けるのではないだろうか。



分かる範囲でDAICON関連の事を書かれた記事や出版物を蒐集している。


武田康廣さんの著書「のーてんき通信」


ガイナックス主要メンバーのインタビュー集「GAINAXインタビューズ」


庵野秀明さんのインタビュームック「スキゾ・パラノ・エヴァンゲリオン」


村濱章司さんの「オタクバカ一代」


ゼネプロを題材にしたと思われるアニメ「おたくのビデオ」


島本和彦「アオイホノオ」


当然「ま、金ならあるし」


等等その他、雑誌記事や映像でのインタビューの様子。

岡田さんがひとり夜話で語ったDAICONの様子などを少しずつ蒐集。

その昔、岡田武田両氏が雑誌に連載を持っていたと知り
古いアニメ雑誌を捜し求め、まんだらけ大阪店の店員さんにも相談したが、

「ジ アニメ」と言う雑誌は取り扱いしていないと言われ
絶望した事もあった。


岡田さんが当時の事を語るイベント「遺言」に参加できなかったのは一生後悔するだろう。



DAICONFILMの事をもっと知りたい。
ゼネプロってどんな感じだったの?
GAINAXの現場の空気を吸いたい!
出来る事ならタイムスリップしてDAICON3.4を体験したい。
お客ではなくスタッフとして!
あと10年早く生まれていたら俺だって!



そんな思いを埋めるがごとくDAICON関連情報を集めている。
だが、いくら情報を集めても集めても、ぜんぜん満足できない。

なぜか?


① DAICONからGAINAXへ至る過程を、時系列に沿って語られた物が少ないから。

② 関係者各位の証言が断片的で全容をつかめない。

③ 各作品毎の詳細な出来事まで知りたい!

③ 何より、こんなにアニメファンを虜にして止まないDAICONFILMに関しての書籍が決定的に少ない。



以上の理由から、だったら俺が作っちゃる!!
とこの企画を考えた。


この企画を師匠の小説家の先生に相談した所
こう言う固定ファンのあるテーマは、必ず特定の売上が期待できるので、出版社も許可するだろう。
とのお墨付きを得て得意満面だった。



だが、DAICON関係者に全くコネが無い。


ならば、とにかく誰よりもDAICONに詳しくなって
その情熱をDAICON主要メンバーの誰かにぶつけて突破口を開こう!
とさらに情報を集めていた。



もし、本当に本気だったらもう動いていただろう。
情報が足りなくても、DAICON関係者に連絡を取り
相談を持ちかけるくらいしていただろう。



もたもたしてる間に、生活の環境が変わりこう言った夢に
時間を割くことが減り、とりあえずこの夢は棚に上げていた。



そんな中、岡田さんのブログで岡田さん自身が
DAICONFILMからGAINAXまでの出来事を1冊の本にすると知った時
全身に電撃が走った。


そして今日参加したひとり夜話6で、その出版物に対する
岡田さんの想いを聞く事が出来た。


「今までDAICON関連の事を話して来た人たちは、その面白さを全然表現し切れていない。」
「本当はもっともっと面白い出来事なのに!」
「僕のこの本は面白いよ!」



と今までのDAICON関連情報に対しての不満と
ご自身の著書に対する自信を力強く話して下さった。


僕はその言葉に鳥肌を立てながら聞いていた。


早ければ今年の9月に出版予定のその本を読んでも
まだDAICONへの欲求が満たされないなら
今度こそ自分でその欲求を満たすしかないだろう。

依存から共存へ

テーマ:


2009年は僕にとって岡田斗司夫さんの年だった。
その考え方の合理性と論理性。
つねに効率を考えた作業手順。
物事をみる視点の多様さ。


今までの岡田さんに対する憧れとは別の憧れが産まれた年だった。
それまでは、ガイナックス創始者:岡田斗司夫に憧れていた。



小学6年生の時「ふしぎの海のナディア」にどっぷりはまり込み
、90年(?)のお正月読売テレビで夜中からぶっ通しで放送された
「トップをねらえ!」を観て言い知れぬ興奮とノスタルジーに飲み込まれ

この感動をどこにぶつけたら良いのか!と
1月1日の早朝を行く当ても無く彷徨ったあの日。



あの日から僕はずっとガイナックスのファンだった。
僕がこんなにアニメが好きなのは、紛れも無くガイナックスのせいなのだ!



自分にこれほどまでに影響を与えた、ガイナックスの前身に
DAICONがあり、ゼネプロがあったと知ったとき
岡田斗司夫という人間に物凄く憧れた。
オタク:岡田斗司夫に対しての憧れと言っても良い。



もともと、憧れていた人が
「論理的に物事を考えると、人生楽しくなるよ」
と教えてくれた。
自分の中で、ちょっと論理的に物事を考えるようになったら
本当に人生が楽しくなった。



いままで後悔ばかりだった毎日が、うその様に充実した毎日になった。
だからもう一段階、憧れが増した。
毎日岡田斗司夫さんの言った事ばかり考えていた。
このブログも岡田斗司夫さんのことばかりだ。



しかし、最近そんな自分が気持ち悪くなってきた。
憧れるから盲信する。
とっても自然な事だけど
「岡田」と「自分」のバランスが不自然だと感じだしたからだ。
もっと「自分の意見」と言う物が欲しくなって来たのだ。



これからは、このブログで僕の感じた感動を綴りたい。

もちろん今まで通り、岡田斗司夫さんへの想いは変わらない。
変わったのは僕のスタンスだ。



今までの「岡田斗司夫への依存」みたいな物から脱却して
「岡田斗司夫との共存」へシフトチェンジしようと思う。



岡田斗司夫という現象が、僕の中で自然な物になるように。



今後は僕の仕事の事や、今後の夢などを書いていきたいと思います。
もちろん岡田さんの事も。


実はレコーディングダイエットしています。

昨日から離陸の段階です。

「いつまでもデブと思うなよ」が発売された当時、身長178cm体重100キロでしたが

レコーディングダイエットで80キロまで落としました。

3ヶ月くらいかかったと思います。

もともと柔道をやっていたため、現役当時のベスト体重になったので

ダイエットを止めてしまいました。


止めてからじわじわと太りだし、96キロになったのと

「レコーディングダイエット決定版」の発売が重なったので

再びレコーディングダイエットを開始しました。


リバウンドすると言う事は、レコーディングダイエットを正しく把握、実践していない証拠です。

今度は失敗しないレコダイを実践しようと、再チャレンジです。


同時発売の手帳の出来が非常に良くて、手帳をつける事が楽しみになっています。


レコダイを再開して気付いたのは、自分の中でカロリー暗算が出来なくなっていた事。

昔はどの食材を見ても、おおよそのカロリーを予測できたのにすっかり忘れてしまっている。

ちゃんと離陸の段階で勉強しなおさなきゃ。


また離陸の段階に入って、意識してしまうのが、総摂取カロリー。

助走は1週間続けて、何の制限も無く好きなように食べたけど

離陸でカロリーを調べだすと、食べるのを躊躇してしまう。

我慢しなくていいんだけど、つい控えてしまう。

たぶん以前にレコダイしていた影響だと思う。


控える事はいい事だろうけど我慢しない事も大事だと思うので

ちょっとジレンマに陥ってます。

一昨日のカロリーを1700で押さえたら、翌日1.3キロも体重が減って驚きました。

こうやって自分のデータを把握しながら進んでいくんでしょうね。


それと、体の反応を凄く気にするようになりました。

空腹感のレベルや、食事中に満たされてゆく胃袋の感覚。

他にも頭痛や気だるさ、集中力の差、肩こり、めまい等、体調と言うものを

意識するようになり、今までは体のサインに対して無頓着だった事を自覚。

正直楽しいです。


あとレコダイを応用して、自分の時間の使い方を見直しています。

30分単位で何をしていたのかメモしてるんですが

パソコンの前に座ってる時間が長すぎるので、何とか調整できないか

考えている最中です。

無駄な時間もダイエットできたら良いな。

レコーディング・ダイエット決定版 (文春文庫)/岡田 斗司夫
¥500
Amazon.co.jp

いつまでもデブと思うなよ (新潮新書)/岡田 斗司夫
¥735
Amazon.co.jp