CroquettePunchの “ 呑んでたまるか!”
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2019年05月22日(水)

壱番

テーマ:アナザー・ライフ

ただでさえね,アレですよ.

 

ただでさえ寂しいアナザー・ライフのお話です.

 

 

なんのこっちゃ.

 

この塩ラーメン旨いんだ,特製なんだ.

 

 

ただでさえ薄暗い街の路地に佇む魔宮的物件.

 

もはやこの佇まいには身震いさえ覚えるを禁じ得ない.

 

こういう機会発掘もアナザー・ライフの妙味と心得ている.

 

 

看板に灯が点いておりません.

 

それだけでなくサンプルケースもことごとく空虚です.

 

ここが営業中か否かという判断に窮するのにも存分な趣きです.

 

 

薄暗い店内を覗くと辛うじてお品書きが見えます.

 

なるほど,ご営業中のようですね,では入る,入ります.

 

 

う〜む,いいねいいねえ.

 

外観から予想した通りの枯れ具合です.

 

私はこういう風情をこよなく愛する体質です.

 

 

壁にもいい感じに時代が染みています.

 

赤いカウンターも積年の油で光沢を放っている.

 

こういう一朝一夕には得難い風趣が私は好きです.

 

 

付だしのお新香は自家製の糠漬け,無料です.

 

お酒類は麦酒しかありませんが,そこは構わぬこととします.

 

アナザー・ライフにおいてはままある事なので,ご寛容が必要なのです.

 

 

これも年季の入ったお品書きですなあ.

 

鹿島アントラーズの色紙がたくさん貼ってありますね.

 

 

「味壱番」なのか「壱番」なのか.

 

どちらが正しい店名なのか不明ですがまあいいでしょう.

 

こういう曖昧さもアナザー・ライフに特有のテイストなのです.

 

 

看板に手作りギョーザの店とありますのでね.

 

ギョーザをいただくわけでギョーザいます,のほほい.

 

 

 

キツネ色に香ばしく焼き上げられています.

 

アナザー・ライフの餃子事情()ともまた違ったタイプですが.

 

ほう,なるほど,餡が実に丁寧に作られておりますね,美味ちいです.

 

 

ちなみにアレです,うっふふふ.

 

隣のプラ容器に入った謎の液体には言及しないのです.

 

ご想像にお任せするという点で外道の如何は問わないのです.

 

 

自然天日塩使用とありますね.

 

これは是非いただいてみとうござります.

 

 

ご主人にお願いいたしましてよ.

 

塩チャーシューメンとしていただきました.

 

 

ちなみにアレです,うっひひひ.

 

併立するペットボトルに関しては言及いたしません,いたしません.

 

ご想像にお任せするという点で,どはは,外道の如何は問いません,問いません.

 

 

これが自然天日塩使用のスープなのね.

 

あっさり味ですがしっかりと出汁が利いている,美味ちい〜.

 

 

というわけであんしましてよ,うほほい.

 

このところちょくちょく通っちゃっておるのです.

 

これはまた別の日です,この日は看板が点いてますね.

 

 

是非とも今日はねアレですよ.

 

肉ダンゴなぞを喫する意向なんですがね.

 

 

現在はやってないとの由,残念です.

 

他にも休眠中のメニュウがあるそうです.

 

こういうところもアナザー・ライフの曖昧気質です.

 

 

代わりと言っちゃなんですが.

 

肉カラ揚をお願いいたしましょうや.

 

からりとキツネ色に上がって趣きの深い仕上がりです.

 

 

1000円とやや高額商品ですが.

 

野菜炒めも付いております,お得です.

 

こうして肉で巻いて食べるのもおすすめです.

 

 

さて,気になるよ.

 

気になねえ,うっひっひ.

 

 

ご明察です.

 

カレライスです,わっはっきゃっ.

 

 

うむ,これは.

 

ラーメンの出汁が濃厚な中華式ですね.

 

アナザー・ライフでもこれが愉しめるのは吉報ですね.

 

 

何度も申し上げますがよ,うひょほい〜♪

 

この場面では外道()の如何は問わないのです.

 

これに関して批判的に考えてくれる意見は面倒臭いのです.

 

 

看板が点いていてもいなくても.

 

この自転車が停まっている時は営業中です.

 

私がアナザー・ライフで発見したことの一つです,うふふ.

 

 

2019年05月20日(月)

めっきりと.

テーマ:自宅 酒と食卓

めっきりと夏めいてまいりやしたのでね.

 

 

夕餉の食卓もですね,うふ,ふふふ.

 

めっきりと初夏の趣きとなるわけです.

 

 

 

私といたしましてはよ.

 

煮染めにはサヤインゲンをあしらって.

 

大鉢にたっぷりと盛るのを佳しといたします.

 

 

加えまして私といたしましてはよ.

 

初夏の膳には鯛の刺身が欠かせない,欠かせない.

 

 

あとは茗荷奴の一つでもあればですよ.

 

私の夏の風趣はすっかりと満たされることになる.

 

 

今年初物の蚕豆はね,是非ともアレですよ.

 

豆茶飯で愉しみたいと思うのですが,いかがでしょうか.

 

 

空には下弦の月.

 

これからの季節が一番好き.

 

 

 

2019年05月17日(金)

翁庵 @ 上野(JR京浜東北線)

テーマ:JR京浜東北線

黄昏の上野ステイション.

 

 

ちょいと時間もお早いですが.

 

足は迷わずに向いてしまうのです.

 

 

《 翁庵 》

 

 

創業から120年を経た本格老舗です.

 

改装はされておりますが,江戸の余熱が存分な風情です.

 

 

実は何年も前からですね,こちらのお店.

 

めっちゃお気に入りで10回以上もお邪魔しているんです.

 

 

上野に来ると必ずといっていいほど寄っていた.

 

否,ここが目的で上野に来ていた,そんな感じでした.

 

 

ではありますが,とある事情からですね.

 

記事にアップするのは今回が初めてなんですな.

 

 

例によりましてアレです,ご明察です.

 

そのジジョーはここでは書かないんすけどね,ぐっははは.

 

 

肴はきまって油揚甘辛煮,実にいいんだ.

 

こういう江戸が香るようなのがいいんだよね.

 

 

清酒は菊正宗樽酒の1品目,それだけ.

 

ますますいいぞ,それだけっていう潔さが江戸の気風.

 

 

甘辛さに樽酒の香りが寄り添いますとね,むふふ.

 

口中ことごとく江戸の余韻が後を引くのです,ごぞんじ.

 

 

常連のお客さんが多い時間帯.

 

静かにこのひとときを愉しむ方ばかり.

 

文庫本めくりながら猪口を舐める至福の時間.

 

 

蕎麦,ご飯物,酒・肴が一面にすっきりと収まる.

 

裏面はなし,この鯔背なお品書きも老舗の余裕です.

 

 

カツ丼もいい,カレーライスもいい.

 

飾らない自然体の老舗ってのはそうなんだ.

 

でもね,うっふふ,こちらでは是非もんの名物がある.

 

 

これっす,どうです,よくないっすか.

 

ねぎせいろっつー逸品ですねん,わっはっきゃっ.

 

 

蕎麦はほんのりと緑色を帯びています.

 

並でもたっぷりな盛り,これが老舗の心意気です.

 

 

このね,温かいつけ汁が出色なんです.

 

かえしの色濃い汁にイカのかき揚げが沈潜しているのです.

 

 

つゆに崩れてイカを芯としたたぬきの如し.

 

短冊に切った葱の歯応えよろしく風味格別なり.

 

これだけで呑めちゃうよ,呑めちゃうねえ,うっひっひ.

 

 

蕎麦はエッジの利いた機械打ちです.

 

温かいつゆに冷たい蕎麦の相性がいいね,美味ちい〜♪

 

 

すこしぬるくなった頃合いにはね.

 

粉山椒を加えてみるのも風味なお一層である.

 

 

これは当然の成り行きではありますが,むふふふ.

 

蕎麦湯でも菊正宗を追進してしまうこと,言うを俟たないのです.

 

 

ひとしきり寛いで表に出る.

 

上野ステイションもとっぷりと暮れている.

 

 

 

 

2019年05月15日(水)

昨日のアクセス解析 ” 更科 @ 北鎌倉 ”

テーマ:湘南ライフTiempo libre

見事にまっ黄っ黄な和風カレー丼でしたなあ.

 

 

見かけによらず,けだしスパイシーでしてな.

 

和風と銘打つだけあって,奥底に出汁の香りが主張してます.


昨日はなぜかこの記事にアクセスが集中しておりました.

 

 

サーヴィスで出してくれた地産の茗荷も美味なり.

 

 

すっかりと堪能して外に出ると蝉しぐれ.

 

抜けるような紺碧の空に昼の汗が拭われる思いがする.

 

 

今年の夏も愉しみだねえ,うっふふふ.

 

 

 

 

 

 

2019年05月13日(月)

寿美よし @ 糀谷(京浜急行空港線)

テーマ:京浜急行線

昼下がりのウーロン割り.

 

 

グラスの琥珀色の輝きに,うふ,ふふふ.

 

例えようもない安堵を覚えるのは私だけでしょうか.

 

 

《 寿美よし 》

 

 

 

休日の午後も早い時間.

 

店内は程よくお客さんが入っている.

 

心地よく緩い時間が流れている,いいねえ.

 

 

 

朗らかな女将さんお一人の仕切りです.

 

常連の方々とのコミュニケーションも万全です.

 

お客さん達は皆心から寛いでいる,そんな感じです.

 

 

メニュウは中華・定食・一品と穏当に揃います.

 

小さなホワイトボードには日替わり品が書いてありますね.

 

 

その中からシャケを焼いていただきます.

 

私はシャケには目がないのです,実際のハナシ.

 

 

いい香り,これはアレですね.

 

見るからに脂がのったいいシャケですねえ.

 

 

 

もちろん清酒も併進するわけですが.

 

お銚子よりも40円廉価なコップをチョイスする.

 

なんでって私は大層にケチだからです,わははは.

 

 

大ぶりなシャケの切り身を贅沢に頬張る.

 

ケチな私ですがこれくらいの奮発は許されるのです.

 

 

口中ほろほろとその身が崩れぬうちに清酒をひと口.

 

これで安堵はなお一層のものになるのです,いかがでしょうか.

 

 

長い時間,入り口近くに座っていた常連のご老人.

 

黙然と1本の缶コーヒーだけを飲んで,お店を出ていかれた.

 

 

「奥さん,ごちそうさんでした」

 

「ありがとうございました〜,お大事にね〜」

 

出がけのそのやり取りを見て,なぜかとても温かい気持ちになった.

 

 

お店のロゴ入りの焼酎です.

 

これを缶コーヒーで割って呑んでるお客さんがいた.

 

それもいいなあ,今度は私もやってみよう,そう思った.

 

 

でね,アレです,よほほい.

 

オムライスなんてーの,いかがでしょうか.

 

 

玉子には存分な「焼き」が入っている,いいぞいいぞ.

 

大衆食堂のオムライスてのはこうでなっくちゃいけないのだ.

 

 

中華おまけスープが付いてくる.

 

浮きつ沈みつする葱の数片も趣き深し.

 

 

ふわとろとは次元を異にするタイプです.

 

ケチャップライスがみっしりと詰められた式です.

 

 

いかにも手切りふうのキャベツの歯ごたえが美味ちい.

 

安堵のオムライスはこういうドメスティックなのに限る,そう思う.

 

 

糀谷の萩中通り商店街なかほどにお店があります.

 

この界隈の下町ともまた違った趣きの活況が大好きです.

 

 

2019年04月30日(火)

丸万食堂 @ 中洲川端(福岡市地下鉄空港線)

テーマ:福岡

もはや抗う術(すべ)を知らない.

 

 

きゃあ〜っ,知りません知りません.

 

これを目迎えて看過する所以を私は知らねえのです.

 

 

《 丸万食堂 》

 

 

過日詠懐.

 

博多で入った昭和な食堂.

 

 

櫛田神社南門前という厳かな立地です.

 

ご来店の際には是非ともご参拝を,うっふふ.

 

 

壁貼りのメニュウ,いいねえ.

 

食堂として過不足のない穏当品目が並びます.

 

 

お店は縦長の造作になっちょります.

 

奥にある絨毯敷きの小部屋も豪華です.

 

 

私といたしましてはよ,食堂の潜在力というのはよ.

 

こういうサイドものにあると思うのですが,いかがでしょうか.

 

 

かしわの唐揚げですばい.

 

鶏をかしわと呼ぶのが土地情緒たい.

 

 

ジューシーな鶏むね肉が香ばしく揚げられている.

 

さくさくで大層に美味ちい〜,でもアッチッチにご注意です.

 

 

であるので,でありますので,うっひっひ.

 

速攻無条件で冷却用清酒の併進となるわけです.

 

 

さて,ヤキメシ,チキンライス.

 

カツカレーなんぞにも大いに惹かれるわけですが.

 

 

 

ランチ(みそ汁付)850円.

 

これにねこれに,ぐわっはっきゃっ!

 

間違いなくこれに決まりでっしょうが〜.

 

豪勢な皿上布陣はランチ業界のお手本と言えましょう.

 

 

半熟目玉焼きがオンしてます.

 

それをまずカツの上方やや中央寄りに安置いたします.

 

 

お約束の割礼儀式,うひい.

 

 

ひいぃぃ〜〜っ!!

 

 

肝要なのはアレです.

 

カツに黄身を存分に纏わすのは当然ですが.

 

 

焼肉も入念にホンデュいたしましてよ,ぬひひひ.

 

心おきなく堪能しちまうっつーの,いかがでしょうか.

 

 

ライスに浸潤した部分はですよ,おほほい.

 

上等な卵かけご飯になるっつー寸法です,いかがでしょうか〜.

 

 

創業八十一年ってすごいなあ.

 

あと少しで名実ともに百年食堂だね,うふ,ふふふ.

 

 

2019年04月28日(日)

毒吐きパンチ,ぶはは!

テーマ:ブログ

めっきりといいお日柄になってめえりやした.

 

 

4年前の今頃は,うふふ.

 

こんな毒を吐いてたんすねえ.

 

なにこれ,ぶははは!

 

我ながら相当にムカついておりますね.

 

 

ほんにエエ陽気になりましたなあ.

 

 

 

 

2019年04月24日(水)

中華 大連@下神明...の閉店

テーマ:追憶の酒場・忘却の食堂

このお方()からコメントを頂いて遺憾なお一層.

 

そうでした...そうでしたねえ,このお店.

 

私の記憶では確か昨年の夏前には廃業されてたんですよね.

 

 

ザッツ・ザ・街中華,押し出しの強い壁貼りメニュウ.

 

すぐ頭上の高架を通る大井町線の効果音がいかにも風流でした.

 

 

2011年の記事()ではね,うふふ.

 

改札を出て徒歩15秒と申し上げましたがね.

 

 

実測値では6秒でした().

 

謹んで訂正をばさせていただきました.

 

 

中華屋さんでしたがね.

 

ここのカツランチは出色でした.

 

 

これは中華の真骨頂.

 

スブタランチは舌上の至福.

 

 

そういえば,ウマニランチはとうとう.

 

とうとう食べず終いでしたなあ,無念である.

 

 

下神明の中華大連,ここは実際の話アレです.

 

私が大学2年生の頃からお世話になったお店なのです.

 

 

今年もそろそろ冷しの季節がやってまいりますがね.

 

 

ここで手繰ることが出来ないのが誠に残念です.

 

 

ただでさえ寂しい雰囲気の下神明駅ガード下.

 

大連のない風景は切なすぎると感じるのは私だけでしょうか.

 

 

 

2019年04月22日(月)

喜久庵(㐂久庵) @ 新川崎(JR横須賀線)

テーマ:JR横須賀線

このね,このですよ.

 

 

蕎麦屋で清酒の瓶徳利,などという風趣はね.

 

私といたしましては日常欠くべからざるもののひとつなのです.

 

 

《 喜久庵(㐂久庵) 》

 

 

いやなに,アレですなあ,まったく.

 

どこから見ても非の打ちどころのない店構えですね.

 

こういう真正昭和風情のお蕎麦やさんが残るのが悦ばしい.

 

 

 

ね,ねえ〜,堪らんでげしょ.

 

店内造作もマヂでリアル昭和しとるでしょ.

 

昔のお蕎麦屋さんの空気感が少しも損なわれていない感じ.

 

 

懐かしい趣きのある店内.

 

出汁とかえしの香りが濃厚に漂います.

 

 

その香りだけでお酒の美味しさがなお一層.

 

いくらでも呑めちゃうのが蕎麦屋の魔法と言えましょう.

 

 

嬉しいじゃあ〜りませんか.

 

気の利いた肴も万端準備,いいねいいねえ.

 

こういう街蕎麦屋さんを私は愛して止まないわけです.

 

 

お新香の量もプリタツです.

 

自家製の糠漬け,漬かり加減もチリバツです.

 

 

蕎麦屋の親子煮に三つ葉は不要.

 

揉み海苔の踊るを観るが佳しと心得る.

 

 

よくないっすか,うひひうひひ.

 

こういう豪勢な布陣を取り揃えましてよ.

 

 

 

親子の出汁を味わいまして.

 

口中にその余韻醒めやらぬ間髪に.

 

おもむろに清酒を口に運べば,あーた.

 

 

それこそ1本や2本じゃよ,ぐははは.

 

金輪際足りるわけがねえって話でっしょうが.

 

 

バス通りに面した立地です,であるので.

 

時おりピンポン,ピンポンと路線バスが通行する.

 

 

通り過ぎると途端に店内に静寂が戻る.

 

そんな時,ここで呑んでいるのをことさらに愉しく思う.

 

 

蕎麦屋のかやくごはん,これはアレですね.

 

本能的に美味しいと思わせる潜在力がありますよね.

 

 

でも私はこれにしる,うほほい.

 

カレー丼,私は断然これにしっちゃうのです.

 

 

カレー丼にはカレーに出汁が見え隠れするタイプ.

 

一方で,出汁が全面に出てカレーが控えめに主張するタイプ.

 

 

その2種があると思うのですが.

 

私といたしましては断然に後者です.

 

必ずや七味をプリタツと振るのも私の好み.

 

 

まず,出汁とかえしが際立って.

 

その後をカレーの風味が追いかけてくる.

 

 

餡仕立てだから余熱が存分に内包されている.

 

口中の灼熱を清酒で冷却する幸せを感じるのは,私だけでしょうか.

 

 

もうすぐに元号が変わりますがね.

 

内装の随所に見られる昭和の名残が愛おしい.

 

 

ザッツ・街蕎麦な造作のパイプ椅子とテーブル.

 

3時代目を迎えていまだまだ現役というのが心強い.

 

 

時代が変わっても,元号が変わっても.

 

いいものはいい,うっふふ,そういうことです.

 

 

 

2019年04月15日(月)

だう呑みでコロッケパンチカレー @ 山田うどん蒲田店

テーマ:東急池上線

こちらのお店ではですね.

 

 

もつ煮込みをパンチと称するのです.

 

であるので,ありまするので,うっほほい〜!

 

 

これよくないっすか,わっはっきゃっ.

 

カレーにコロッケとパンチ(もつ煮込み)をトッピング.

 

これぞ正真正銘のコロッケパンチカレーというわけですな.

 

 

《 山田うどん蒲田店 》

 

 

山田うどん呑み,通称「 だう呑み 」.

 

そんな素ん晴らすぃ企画が進行中なのです.

 

こういう発案をするだうどん企画部は秀逸に違いない.

 

 

以前より吉呑みってのがありますが.

 

ありゃダメだな,腰が引けている,不完全業態である.

 

標榜しておきながら清酒を置いてない店があるのには閉口した().

 

 

その点こちらでは,うふ,ふふふ.

 

酒も肴も万端選り取り見取りな取り揃え.

 

朝酒・昼酒にも余裕対応のパラダイス営業です.

 

 

であるので,うひょほい.

 

だう呑みおつまみセットです.

 

こういうので粛々と開始するのです.

 

 

ハイボールと清酒は当初より併進です.

 

燗・常温・冷に対応可能な白鶴瓶徳利もかわいい〜♪.

 

 

さて,誠に残念ですが,現在のところ.

 

コロッケパンチカレーはデフォルトメニュウではありません.

 

 

であるので,ご明察とは存じますが.

 

かかしカレー,コロッケ,パンチをそれぞれ別注するのです.

 

 

実を申しますとアレです.

 

コロッケとパンチの併注という安直手法.

 

この企画は数年前からの懸案だったのです().

 

 

この手法を用いればですね.

 

コロッケパンチうどん,コロッケパンチラーメン.

 

さまざまなバリエーションが展開しますが,いかがでしょうか.

 

 

いずれこの原案をですね.

 

だうどん企画部に提言しようと思うのですが.

 

いかがでしょうか,ダメか,やっぱり,どっははは.

 

 

つゆだくご飯が美味ちい〜.

 

パンチ部分はもつ煮丼の趣きです.

 

七味ぷりたつでお召し上がりくださいませ.

 

 

私といたしましてはよ.

 

このカレーとコラボした混沌部分.

 

ここが最高に美味ちいと思うのですが,いかがでしょうか.

 

 

山田呑み.

 

意外とイケる,というか私といたしましてはよ.

 

相当にイケる,と思うのですがいかがでしょうか.

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ