前回のブログ「 暴落したレオパレスの反発を狙って、何度も仕掛けましたが。。。 」に引き続いて、先週も【8848 レオパレス21】の反発を狙って、何度もエントリーを試みました。

最終的に、6月7日(金)に大陽線が出て、ようやく利益を得ることができました(^^)



5月28日(火)にストップ安まで暴落してから、7回目のエントリーにして、ようやく勝ちました。
勝率で言えば、1勝6敗、勝率14%です。

私のトレード手法は、こんな感じで、勝率はかなり悪いですが、勝った時の利益が大きいので、トータルでプラスになる、というスタイルです(^^)

■6月5日(水) 300円の節目を超えそうで超えずに、撤退

6月に入って、3日(月)、4日(火)と下落していましたが、6月5日(水)は反発しそうでした。

朝の気配は、前日とほぼ変わらない様子でしたが、売り板が薄く、ちょっと買いが続けば急上昇して、三角持ち合いを上にブレイクしそうでした。

9:00の寄り付きの直前になって、急に297円におよそ4万株の買い板が出たりして、上昇しそうな雰囲気でした。
300円の節目の売り板も薄いので、300円台に戻せば反発の勢いが出そうに思って、買いました。

ところが、300円を付けましたが、301円は付けずに、寄り付きから急落してしまったので、すぐに撤退しました(^^;





■6月6日(木) ほぼ最高値で買って、最安値で売ることに。。。

翌日の6月6日(木)は、寄り付き直後に278円の前日安値を割りましたが、すぐに急反発してきました。
急上昇の勢いがかなり強かったので、ジャンピングキャッチしました(笑)

ところが、わずか6分で上昇は止まってしまいました。
しばらく揉み合っていましたが、前場が引ける直前に下落に勢いがついて、277円の当日安値を割りそうだったので、撤退しました。

結局、277円を割ることは無く、結果的には、選りに選って一番の大底で売ってしまいました(汗)





■6月7日(金) 懲りずにまた飛びついて、ようやく大陽線

翌日の6月7日(金)も、寄り付きの直後に急上昇しました。
ここ2日ほど「引かされる」ことが続いていましたが、懲りずにまた、ジャンピングキャッチしました(笑)

ところが、この日はこれまでと違って、上昇の勢いは止まらずに、前場のうちに311円まで一気に上昇!
その後も反落することなく、大引けの直前にはまたも急上昇して、一気に328円まで上昇し、大陽線となりました。






結局、最後の6月7日(金)の大陽線の利益で、それまでの細かく撤退した損失をすべて取り返し、トータルは利益となりました。

直近に2日連続で「引かされた」上に、前日は選りに選って最悪のところで売ってしまったので、メンタル的に躊躇してしまいやすい状況でした。
そこで、懲りずにまた買えたことが、今回の一連のトレードのポイントでした。

 

 

お読み頂きましてありがとうございますm(__)m
よろしければボタン押して頂けると嬉しいです(^^)


5月は、【8848 レオパレス21】がトレーダーの注目を集めましたね。

連日、「旧村上ファンド関係者が運営する投資会社レノの株式保有比率が増加」というニュースが出て、株価は急上昇!
連休明けの5月7日(火)には187円でスタートした【8848 レオパレス21】は、5月27日(月)には438円と、わずか3週間後でおよそ2.3倍にもなりました。



ところが、翌日の5月28日(火)には、突如として大ギャップダウンして、そのまま一気にストップ安まで暴落しました。



わずか2日で438円から323円へと、およそ26%も急落したので、先週は【8848 レオパレス21】の反発を狙ってみました。


■5月28日(火) 夜間のPTSで買うも、翌日の寄り付き直後の下落で撤退

5月28日(火)は、300万株以上の膨大な売り注文が出て、323円のストップ安に張り付いたまま引けました。

ですが、大引けではおよそ67万株もの買い注文が出て、売買が成立していました。
大引けの直前には、買い注文が20万株を切るまで減っていたのですが、大引けで大きな買い注文が出たみたいです。
この67万株という出来高は、およそ300万株の売り注文に対して、そこそこ大きな割合です。

その夜のPTS(私設取引)は、310円と高い値段でスタートしました。
この辺りで下げ止まりそう、と判断して、PTSで買いました。

その後、いったん300円の節目を割りましたが、夜中には308円くらいまで戻して引けてくれました。



翌日の5月29日(水)は、316円でスタートしました。
前日の終値からはギャップダウンながらも、前日夜のPTSからはギャップアップになってくれました。

しかし、そこからの上昇が弱く、1分足で下落してきたので、いったん撤退しました。



■5月29日(水) 寄り付き直後の急上昇に乗るも、すぐに急落して撤退

ですが、302円まで下落した後は、300円の節目を割らずに、急反発しました。
一気に316円の始値も超えてきたので、買い直しました。



そのまま、すごい勢いで上昇し続けて、一気に360円に達しました。
ですが、そこから一転して、すごい勢いで急落して、あっという間に元に戻ってしまいました。

元に戻った時点で、いったん撤退しました。



■5月29日(水) 300円を割ってからの反発で買うも、翌日の引けに垂れて撤退

その後も下落が続き、遂に300円の節目を割ってしまいましたが、そのまま急落することはなく、300円台に戻してきました。
300円割れがクライマックスだったと見て、また買いました。



その後は乱高下しつつも、この日は311円で引け。
翌日の5月30日(木)は319円までギャップアップしました。

ですが、たびたび上昇しかけるも、328円が上値抵抗線となって、すぐに反落してしまいます。
結局、大引けの直前に垂れてきて、300円を割ってしまいましたので、撤退しました。



■5月31日(金) 前場の急上昇に乗って、週末を持ち越すも、月曜日に撤退

5月31日(金)は、朝から続落傾向で、週末ということもあり、そのまま下落して終わると思っていました。

ところが、前場の半ばに、また300円台に戻ってきたと思ったら、急上昇しました。
上昇の勢いが強いので、また買いました。



この日は319円で引け。
週末でしたが、陽線になったので、そのまま持ち越しました。

週明けの6月3日(月)は、寄り付き直後に上昇しかけましたが、またも327円の上値抵抗線で跳ね返されてしまいました。
そのまま急落したので、またも、いったん撤退しました。



今日は、かなり出来高も減ってしまいましたね。
【8848 レオパレス21】は、このまま終わってしまうのでしょうか。

 

 

お読み頂きましてありがとうございますm(__)m
よろしければボタン押して頂けると嬉しいです(^^)


日経平均は、先週の火曜日、5月14日に大底をつけて、大陽線になりました。

しかしその後は、アメリカ市場や先物に振り回されて、ギャップアップ・ギャップダウンを繰り返してばかりで、やりにくいです(^^;

5月15日(水)には、ギャップアップして、下降トレンドラインを明確にブレイクしました。
今後は上昇しそうに思えます。



しかし、翌日5月16日(木)は反落し、陰線でした。
しかも、前日の安値を割っており、今後は下降しそうに思えます。



しかし、5月17日(金)はギャップアップ。
翌日5月20日(月)には、高値・安値ともに切り上げて、今後は上昇しそうに思えます。



しかし、5月21日(火)はギャップダウンして、過去2日間の安値も割ってしまいました。
前場を終えた時点では、反発も弱く、今後は下降しそうに思えます。



ところが、5月21日(火)の昼休みに突如として大きくギャップアップ。
翌日5月22日(水)もギャップアップしました。
前場を終えた時点では、今後は上昇しそうに思えます。



しかし、後場は下落し続けて、大きな陰線で引けました。
ダウ平均も、下落で始まっています。


過去4日間を振り返ってみると、結局、21200円から21400円までのレンジ内での動きだったようです(^^;



過去4日間のうち、半分の2日も、昼休みに大きくギャップを空けていて、日中のトレードもやりづらいです(^^;

 

 

お読み頂きましてありがとうございますm(__)m
よろしければボタン押して頂けると嬉しいです(^^)


ストップ安が多発!あのアンジェスも。。。

テーマ:

今日5月14日(火)は、日本株はようやく大きく反発しました!

日経平均は、ETFの【1570    (NEXT FUNDS)日経平均レバレッジ上場投信】を見るとほぼ丸坊主の大陽線と、ほぼ1日を通して上昇しました。



マザーズ指数も、寄り付きから30分ほどは下落しましたが、9時半頃からは急反発して、結局、長い下ヒゲとなりました。



これを見ると、今日はほとんどの銘柄が反発したように思えるのですが、何故か、昨日に引き続いて、今日もストップ安の銘柄がたくさんありました。

5月13日(月) ストップ安 19銘柄
5月14日(火) ストップ安 12銘柄


昨日5月13日(月)は、世界同時株安が下げ止まらない雰囲気だったので、たくさんの銘柄がストップ安をつけても、おかしくありませんでした。
逆に、セリング・クライマックスの印象もありました。

ですが、今日は相場全体が反発したのに、ストップ安の銘柄がたくさんあったのは、不思議な感じです。

もちろん、ストップ安から反発して、陽線で引けた銘柄もあります。
しかし、ストップ安で引けた銘柄が、7銘柄もありました。

特に目立ったのは、昼休みに「遺伝子治療用製品の販売開始を延期」のニュースで、突然にストップ安になった【4563 アンジェス】でした。
 

アンジェスは後場ウリ気配スタート、遺伝子治療用製品の販売開始を延期


昼休みに悪いニュースが出ると、まずPTS(私設取引)で700円まで急落しました。

12時すぎには、まだ売り注文が出ず、784円あたりで寄り付きそうな気配だったので、PTSでも765円あたりまで値を戻しました。
しかし、12:30の後場スタートが近づくと、およそ70万株もの大量の売り注文が出て、結局、後場は寄り付かずに、688円のストップ安で引けました。

大引けでは、およそ400万株もの膨大な売り注文が出ていましたが、買い注文もおよそ55万株が出て、688円で約定しました。

夜間のPTS(私設取引)では、588円のストップ安までは下落せず、およそ615円あたりで推移していました。
この値段は、2月21日にストップ高を付けて急騰し始めたスタート地点まで戻ってしまったことになりますね。



ですが、PTSでは最終的に644.9円まで上昇して引けました。
ダウ平均も上昇しており、明日5月15日(水)は、そこそこ高い値段で寄り付きそうです。

 

 

お読み頂きましてありがとうございますm(__)m
よろしければボタン押して頂けると嬉しいです(^^)


令和の日経平均はギャップダウンが連発。。。

テーマ:

令和になってから、日経平均は下落しっ放しですね。

さすがに下落し過ぎ、だとか、中国への関税引き上げで材料出尽くし、などと言われて、買いも入るのですが、結局は下落し続けています。

しかも、ザラ場では買いが入って反発しかけても、相場が閉まっている間にダウ平均や日経先物が急落し、大きくギャップダウンしてしまうケースが続いていて、買い方には辛い状況ですね。



5月7日(火)の引け後は、ダウ平均が一時648ドル安と大きく下落して、翌日はギャップダウン。。。

5月10日(金)は、午前中に反発・上昇していたのに、昼休みに先物が急落して、午後は大きくギャップダウンしてスタート。。。

先週末のダウ平均は114ドル高と反発していましたが、今週の日経平均は、やっぱり大きくギャップダウンしてスタート。。。

今日5月13日(月)も、引けた後にダウ平均が500ドル以上も下落して、明日の日経平均も、またもや大ギャップダウンしてしまいそうです。。。

 

 

お読み頂きましてありがとうございますm(__)m
よろしければボタン押して頂けると嬉しいです(^^)