コーチング1グループ発達障害ブログ

コーチング1グループ発達障害ブログ

LD、ADHD、自閉症スペクトラムなどの発達障害に関するブログです。

発達障害のお子さんの中には抽象的な概念の
理解が苦手なお子さんがいますショボーン
 
特に、算数に出てくる「=」の意味を理解できていないお子さんが多く、
このことが中学校に入ってからの数学の理解に影響してしまいますあせる
 
今回は抽象的な概念の理解が苦手なBくん(中1)への数学の授業の様子をご紹介します。
 
花ポイント花
 
Bくんは、小学校の頃から算数に苦手意識がありましたが、
計算問題だけは問題なくこなすことができていました。
しかし、中学校に入り方程式の理解ができず、
そこから授業についていくことができなくなってしまいましたぐすん
実際に一緒に方程式の問題に取り組んでみると、
Bくんの中に=の左辺と右辺を同じ値にしなければならないという意識がなく、
そのせいで方程式の仕組み自体が理解しきれていないということが分かりましたびっくりマーク
 
Bくんには=の意味を説明しましたが、「右辺と左辺の値が同じになるようにする」
ということのイメージがし辛いようで、なかなか理解してもらえませんでした赤ちゃん泣き
そこで、こんどは「=」を天秤に例えて、常に水平を保ったまま
xの値を求めるためにはどうすればよいのかを考えてもらいましたびっくりマーク
天秤に例えることで、左右の値が同じである必要性が理解しやすくなり、
また、難しい方程式からパズルのような問題に変わったことで、
それまでよりも楽しく取り組むことが出来ましたお願い
 
また、天秤で答えを求めることが出来るようになってからは、
普通の方程式でも問題なく取り組むことが出来、
今まで納得できなかった移項の意味も理解することが出来ました!!
 
コーチング1ではお子様一人一人の特性に合わせた指導を行っています
あなたのお子様にぴったりな指導はこちらから
 

発達障害のお子さんの中には、計算の意味の理解が苦手なお子さんがいますあせる

そういったお子さんは、計算問題は解くことができ爆  笑ても、

文章問題になると、何算を使うのかということの判断ができず解くことができませんガーン

 

今回は、計算の意味の理解に苦手のあるお子さんへの

掛け算の指導のご様子をご紹介しますびっくりマーク

Aくん(2年生)は、計算式を解くときに頭の中で行う作業と、

文章問題の内容とを結びつけることができず

文章問題を理解するまでにかなり苦労しましたあせる

2年生になり、今度は新しく掛け算を習うことになりますが、

このままでは掛け算の意味の理解ができるかどうか不安だったため

コーチング1で学校の授業よりも少し早めに掛け算の学習を始めることにしましたニコニコ

 

通常、かけ算の指導は『九九の暗記』から入ることが多いですが、

今回は意味をしっかりと理解してもらうため、九九の暗記は後回しにして、

まずは足し算で式を作ってもらい、その式を掛け算の表記に直すという

練習をおこないましたルンルン

また、掛け算の式を作ってもらう際には、毎回必ず「○個の塊が×□個あるよ」

と意味を確認しながら式を書いてもらうようにし、

問題の内容と式の意味が正しく結びついているかどうか確認を行いましたキラキラ

 

この方法をとることで、Aくんには掛け算の意味を

しっかりと理解してもらうことができましたラブラブ

それだけでなく、問題文の内容に合わせてかける数とかけられる数を正しく選び、

問題文の内容に合った式を立てることができるようになりました100点

 

コーチング1ではこのようにお子さんお一人お一人の特性に合わせた指導を行っています。

あなたのお子さんに合った指導はこちらから!

いつもお世話になっております、コーチング1ですニコニコ

 

早いもので今年も年末のご挨拶をさせていただく時期となりました。

本年は当ブログをご愛読いただきありがとうございましたニコキラキラ

 

少しでも参考になっておりましたら幸いでございます。

 

来年は1月4日より指導を再開させていただきますキラキラ

またお子様の学習面でお悩みがございましたら、ぜひご相談ください音譜

 

よろしくお願いいたします。