コーチング1グループ発達障害ブログ

コーチング1グループ発達障害ブログ

LD、ADHD、自閉症スペクトラムなどの発達障害に関するブログです。


テーマ:

発達障害をお持ちのお子様にはこだわりが強さも相まって特定の分野に秀でている場合がよくございます。この特定分野に秀でていることを活かすために、中学校から高専に通うという選択肢がございます。そこで今回は発達障害のお子様の進路選択肢の一つとして高専をご紹介したいと思います。

まずこの「高専」という単語ですが、日本では高等専門学校と高等専修学校の二つが混ざったまま指していることが多いです。そこで今回は高等専門学校と高等専修学校の二つを区別してご紹介したいと思います。


①高等専門学校について

高等専門学校は法律上、中学・高校・大学と同じ区分に分類される5年一貫(商船学科は5年6ヶ月)の専門学校になります。中学・高校・大学と同じ分類のため、高専3年生を修了すれば大学への入学資格が、高専5年生を修了(卒業)すれば大学3年生への編入資格が与えられます。学科は大きく工業系と商船系の学科に分かれ、工業系、商船系以外にも経営情報学科、情報デザイン学科、コミュニケーション情報学科、国際流通学科を設置している学校もございます。現在高等専門学校は57校あり、設置者別の内訳は、国立51校、公立3校、私立3校となります。国立高専・私立高専全校には教育寮として学生寮が設置されていることも大きな特徴です。全寮制の学校は少なくなっていますが、通常の高校より寮生の割合が高いです。

また入試は学力がある程度要求されます。そして高専は若年次から実践的な工業、船舶等の専門教育を行い、レポートや課題が多く課されます。この課題がこなせずに留年をしてしまう生徒も発生しますが、5年間鍛え上げられるために卒業生は産業界からは即戦力として高い評価を受けています。求人倍率と就職(内定)率が非常に高いことも高等専門学校の特徴です。

②高等専修学校について

一方、高等専修学校は高等専門学校と異なり学校教育法第124条の「専修学校」という区分に分類されます。中卒程度の人を募集対象にしており、通常は修業年限が3年以上となります。高専が「学校」という特色が強いのに対して、高等専修学校は「職業訓練所」としての特色が強いです分野は工業、医療、衛生、農業、教育・社会福祉、商業事務、服飾・家政、文化・教養の8つとなり、非常に幅広いことも特徴です

また高等専修学校の入試は学校ごとに様々な形式で行われることが大きな特徴になります。高等専修学校の入試は科目数が大幅に少なく難易度が抑えられていることが多いため、学校の勉強についていけないお子様でも入学が可能となりますただし高等専修学校によっては卒業をしても大学入学資格である「高卒」の資格が得られない場合があります。その場合連携している通信制高校の授業を履修して、通信制高校の卒業に必要な単位を取得する等の対応が必要となってきます。



via 発達障害あんちょこ
Your own website,
Ameba Ownd

テーマ:

みなさんこんにちはニコニコ

 

暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうかスイカ_01?

 

本日は、発達障害のお子様へ向けた指示の出し方や、

注意を行う際のポイントをいくつかご紹介します!!

 

①注意内容を見える化する虫眼鏡

 

発達障害のお子様の中には、

耳で聞いてもなかなか覚えられない

お子様もいらっしゃいます。

そんな時は、文字で表したり、

簡単な絵をかいてあげると覚えやすくなります。

 

②否定ではなく、肯定的な言葉を選ぶニコマル

 

例えば、「xxをやめなさい。」や、

「xxをしてはいけない!」等のように、

否定的な言葉を使って注意をしていませんか?

このような注意の仕方をしてしまうと、

お子様によっては、その後何をしたらいいのかが分からず、

混乱してしまいます。

何かを辞めさせたい時には、否定的な言葉を使うのではなく、

具体的な指示を出す方が効果的です。

 

例)「授業中は立ち歩いてはいけません。」

→「今は授業中です。席につきましょう。

(困ったことがあったら、

手を挙げて先生を呼びましょう。)」

 

③怒るのではなく、改善する方法を伝えるウインクポイント

 

②とよく似ていますが、こちらは、

失敗をしてしまったお子さんへの声掛けです。

例えば、テストで分からない問題をずーっと

考えていたせいで、最後まで解くことができなかった。

という場合ならば、「分からない問題は飛ばして、

分かる問題から先にやりましょう。」

というように、改善策を教えてあげましょうニコ

 

 

いかがでしたか?

 

全てに共通するポイントは、指示や注意を行う際は

具体的な言葉を使用するということです。

できるだけ簡単でわかりやすい言葉を使い、

想像しやすいような例や、絵などを足してあげると、

指示や注意の内容を理解しやすくなり、

指示や注意に従ってくれるようになります。

 

 

お子さんの発達障害でお悩みの方はこちらまで


テーマ:

以前記事にて発達障害のお子様が最も不得意とする分野でも有る行動の切り替えについて、切り替えが難しい原因についてご紹介させて頂きました。そこで今回は行動の切り替えの対応法をご紹介したいのですが、大前提として切り替えを行うにはお子様本人に理解と納得してもらう必要があります納得が出来ないと不安になったりパニックになってしまいます。ですのでこれからご紹介する切り替えをスムーズにする方法は「お子様に理解と納得させやすくする方法」にもなります。


◇見通しをつけさせる

物事の見通しが付かないと、「今行っている事はいつまでやっていいのか」「次は何を行うのか」がわからなくなってしまいます。あらかじめ見通しをつけてあげると、今後の行動を理解して動きやすくなります。見通しをつける方法にはスケジュールや予定表を使ったり、頭で説明や予告する方法などが有ります。見通しが変わった場合は早めに教えてあげるのも必要になります。予定表やスケジュール表も文字だけではなく、行う場所や行うことの絵や写真をつけたり、時計を読める場合には時間も書いてあげると効果的です。

◇タイマーや時計を使う

時間の感覚や概念が分からない場合には、時計やタイマーなどを使う方法が効果的です。タイマーは「ブザーが鳴ったら終了」、時計では「針がこの位置になったら終わり」「表示が何時になったらおしまい」など約束をすると良いでしょう。時計やタイマーは目に見えない時間というものを形にしたものなので、視界からの情報として時間を意識して行動しやすくなります。

◇予定表やスケジュールを使う

毎日決まった行動を行う場合には一日の予定表やスケジュール表を使うのも効果的です。予定表やスケジュールを使うことで、その日に行う事を視界から確認することが出来ます。予定表には文字以外にもイラストを添えたり、実際にその物事を行う時間も書き入れると効果が有ります。なお、予定表どおりの生活を行いすぎると突発的に普段の流れが崩れてしまった場合に混乱したりパニックになったりする事もあるので注意が必要です。「食事」「入浴」「睡眠」などの毎日行う行動の場合にはルールとして時間を決めてしまうのも良いと思います。集団での活動の場合はお友達が次の行動を行っている様子を見せて、本人にも今は次の行動をしなければならないのだなと思わせるのも良いでしょう。


行動の切り替えは時間はかかりますが、本人が納得できる行動の切り替え方法を行うことで徐々に対応も出来るようになっていきます。発達障害のお子様は最も不得意とする分野の一つでもあるため、他の子より更に時間がかかります。特性上こだわりが多いお子様も多いため、他の子以上に受け入れやすい形に工夫する必要があります。例えばスケジュールを教える時を直前ではなく前日に行う等があります。また時間に余裕の有る場合には本人が納得するまで行動に付き合ってあげることで、「自分の行動を受け入れてもらった」と満足し納得して次の行動に移せる場合も有りますただし本人のわがままや他人を巻き込んでしまう行為で有る場合には、しっかりとした態度で「それは出来ません」と否定することも大事です


via 発達障害あんちょこ
Your own website,
Ameba Ownd

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス