「ニッポン城めぐり」運営ブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

思い違い

 

ごく個人的な話です。

つい最近、ショッキングな出来事がありました。

 

中世風の建物が並び公園として整備されている、茨城県坂東市にある逆井城。これずっと、“さかいじょう” だと思ってたんですが、実は “さかさいじょう” だった( ̄ロ ̄lll)、ということを知ったんです。

 

何十年も、“さかい”だと信じて疑わなかったし、現地にももちろん行ってるし、絶対何度も人前で読みを口にしてるはずだし、“さかさい”だと知った時は、ショックのあまり大地に突っ伏しました。

 

10年以上も城のアプリを偉そうに運営しておきながら、こんな恥ずかしいことはありません。そして、他にも同じく思い込みで間違って覚えてる城がありそうでもうトラウマです。

 

慌ててアプリに登録されている情報を見直しましたが、幸いにもそちらは正しく “さかさい”になっていました。一命はとりとめました。

 

それにしても、なんでかように単純な思い違いをしていたのか。

「俺がそんなケアレスミスをするはずがない!これにはきっと理由があるはずだ!」

そう叫びながら、ネットや本を漁り回ってその原因となる記述がないか探しました。が、それらしい情報は見つかりません…。

 

しかーし! 諦めるのはまだ早い。僕には最近強い味方ができたんですよ(* ̄∇ ̄)ニヤリ

 

前にここで紹介した「国立国会図書館デジタルコレクション」の新サービス。これを駆使すれば“無実”が証明されるかもしれない。

 

そして…、その執念は実りました。たどりついた『下総国逆井城址(茨城県猿島町城址調査委員会報告書)』という1983年の書籍、その「歴史編」の項で足利高基の書状が紹介されており

酒井宗四郎とは逆井宗四郎であろうと推定される。逆井を酒井と記している例は、後述する「喜連川家料所記」の「さか井」「酒井郷」からみても明らかであり、中世において逆井は「さかい」と読まれ、酒井と記されていたことが判かる。

という解説があるではないですか!

 

ということは、僕は決して読み間違えてたわけではなく、中世風の読み方の方で覚えちゃってただけだったんですね、きっと(´・∀・`)

 

※素直に間違いを認めようとしない、悪い大人の一例です。良い子は真似してはいけません。

 

以上、国立国会図書館の新サービスが、早くも運営としての面目を保つのに役立った、という話でした。

 

ともあれ、アプリの中で間違いを発見された際には、引き続き[間違い報告]の方からお知らせ頂けると助かります。

 


【拡散】《店舗一覧》新型コロナ助け合いプロジェクト


ニッポン城めぐり まとめ記事

 

凸 無料で全国3,000城をスタンプラリー!!
ニッポン城めぐり」 はここからGET↓



凸 足軽くんがアニメーションLINEスタンプになった!
「足軽くんコレクション」 はここからGET↓

足軽くんコレクション

 

のぼう武将、3年ぶりに登場!

毎年7月といえば、第1回合戦イベント「のぼうの城~忍城の戦い~」に部隊長として登場した限定武将が、期間限定で現地発見できるようになる時期です。

 

ただ、残念なことに一昨年と昨年は、新型コロナの影響で2年連続実施を見送っていました。

 

が、今年それが3年ぶりに復活することになりました!

 

 

具体的には、この合戦イベントの参戦者全員が登用できた、成田長親甲斐姫柴崎和泉守正木丹波酒巻靱負(ゆきえ)の5人の武将が、忍城周辺で[城攻め]すると発見できるようになります。
※発見できるのは、忍城周辺の非常に狭い範囲のみです。
※限定武将のため、通常は現地でも遠国探索でも発見不可能な武将です。


期間は、2022年7月1日~7月31日まで。2019年以来の実施となるため、特にここ3年ほどの間にアプリを始めた方には大いなるチャンスです。 続日本100名城のスタンプついでに忍城に行ってみるのもいいかもしれません。

そしてこれも恒例だった、この期間に忍城に行けない人のために、協賛楽座には、この5人それぞれの“臣従の起請文”特典が登場します(期間中のみ)。“臣従の起請文”を使うと、武将が登用ができるようになる特別な特典です。

※こちらは、2020~21年も実施していた企画です。

 

前回告知した各種イベントの話もしかりですが、コロナが落ち着いている今、アプリの方でもさまざまな企画を、徐々に通常運転に戻していければと思っています。リバウンドが来ないことを祈って。

 

《追記》

ちなみに、コロナ前は上記の企画とほぼ同時期に開催されていた、埼玉県行田市(忍城の所在地)の「行田浮き城まつり」。こちらの祭は、“中止”の発表がされていました。最近になって覆ってないか市に確認してみましたが、やっぱり中止だそうです。残念です。

 


【拡散】《店舗一覧》新型コロナ助け合いプロジェクト


ニッポン城めぐり まとめ記事

 

凸 無料で全国3,000城をスタンプラリー!!
ニッポン城めぐり」 はここからGET↓



凸 足軽くんがアニメーションLINEスタンプになった!
「足軽くんコレクション」 はここからGET↓

足軽くんコレクション

 

9月以降のイベント出展超速報!

出張!お城EXPO in 滋賀・びわ湖 公式サイト スクリーンショット

 

先日情報解禁されたばかりですが、2022年も「出張!お城EXPO」が滋賀県にて開催されます!

 

昨年は、10月に湖北・長浜市において開催されました。今年はというと、場所を変えて甲賀市が舞台となります。講演情報や出展情報は、今後順次公式サイトの方で更新されていくと思いますので、ちょいちょいチェックしてみて下さい。

 

そして…、「ニッポン城めぐり」ブース、今年も出陣します(゚ロ゚)!!

 

基本的な出展ブースの構成は昨年を踏襲したものとなるかと思いますが、詳細については決定次第、この運営ブログの方で発表させてもらいます。しばしお待ち下さいませ!!

※昨年のような連動する地域限定城めぐりはありません。

 

甲賀市といえば、2019年(もう3年も前の話!)にオフィシャルツアーの忍びの城ツアーで訪れた思い出の地。冒頭のキービジュアルは、まさに忍者をイメージしたものになっていますが、果たしてどのようなイベントとなるのか、個人的にも再訪できることを楽しみにしています。

 

なお、この「出張!お城EXPO in 滋賀・びわ湖」は、開催が9月18日となっています。およそ3ヶ月後の話となります。今年は、コロナの状況が落ち着いてきていることもあってか、既に秋から冬にかけてのイベント出展のお話を複数頂いていて、さまざまな物事が徐々に決まってきています。

 

10月、11月、12月とみなさんにも馴染みのあるイベントに、「ニッポン城めぐり」ブースが出展するかもしれませんので、一応、頭の片隅、または手帳の欄外にでも入れておいて頂ければと思います。発表できる情報から、順次公開してまいりますので!!

 


【拡散】《店舗一覧》新型コロナ助け合いプロジェクト


ニッポン城めぐり まとめ記事

 

凸 無料で全国3,000城をスタンプラリー!!
ニッポン城めぐり」 はここからGET↓



凸 足軽くんがアニメーションLINEスタンプになった!
「足軽くんコレクション」 はここからGET↓

足軽くんコレクション

 

【上月合戦(2022年06月)】ついに決着!!

 

本日11時、合戦イベント「上月合戦」の勝敗がついに決しました。

 

その前に、昨日と今日、石川県で大きな地震が発生しました。被災された皆様にはお見舞い申し上げるとともに、お近くにお住まいのユーザーの皆様は引き続き余震等にお気をつけ下さい。

 

 

合戦イベントの結果は…、

史実を覆しての尼子軍の勝利となりました!

 

本イベントでは、スタート時から毛利軍が少しづつ人数差を広げる展開となりました。そして、恐らく今までの合戦イベント史上でも最も早いと思われる、開戦3日目にして両軍同時の総攻撃へ突入。

 

この総攻撃では、やはり人数に勝る毛利軍がより多くの軍功を稼ぎ、総攻撃中に逆転して、その後一進一退となります。しかし、総攻撃翌日13日に、尼子軍が1日の獲得軍功(※)では最も多い、約330万軍功を稼いで逆転に成功しました。

 

と思ったら、翌14日には今度は毛利軍が1日の獲得軍功(※)では最も多い、約327万軍功を獲って再逆転するという胸が熱くなる展開が続きます。15日の日中も抜きつ抜かれつの激戦が繰り広げられました。

※大手柄武将追加の16日以前のデータ。総攻撃日は除く。

 

16日と17日は、尼子軍がジワリと押す流れとなり、毛利軍最後の総攻撃前に、尼子軍が約30万軍功リードしている状況となるものの、総攻撃となれば毛利軍が有利、現に200万近い軍功差を付けて総攻撃を終えました。

 

しかし、尼子軍の総攻撃が想像より遥かに凄かったのです。200万の差を夕方前には追いつき、終わってみれば70万強リードを奪う状況となっていました。さらに、大手柄温存効果か、最終日だけで50万強差を広げ、最終的に勝利をものにしました。

 

本当に合戦ごとに我々の予想など全く及ばない展開となり、目が離せません...。

改めて、参戦頂いた皆様、誠にありがとうございました!そして、勝利した尼子軍の皆様、おめでとうございます。敗北とはなりましたが、毛利軍の皆様にも、心より敬意を表したいと思います。

 

 

それでは、以下に今後のスケジュールをお知らせします。

(6/20の論功行賞は完了しています。貫高履歴にて確認できます。)

 

・2022/06/20 11:00 終戦
・2022/06/20 論功行賞(参戦者全員、ランキング上位者)
・2022/06/21 11:00 「注進(申し上げます!)」終了
・2022/06/21 論功行賞(勝利軍、両軍通して軍功第一の部隊)
・2022/06/23 11:00 合戦イベント特設画面終了

 

※上記の各日時については、多少前後する場合があります。
※終戦後の注進の「実戦活用情報チェック」の使い方はみなさんに委ねます。
※特設画面終了後も、結果は「自分年表→合戦戦歴」からご確認頂けます。
※名前を変更していた羽柴秀吉・秀長については、豊臣に戻っています。

 

最後に、昨日午前9時から30分ほど、アクセス障害にてアプリに非常に接続しづらい状況となっておりました。ご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございませんm(_ _)m

 

至らぬ点も多々ございますが、引き続き合戦イベント及びニッポン城めぐりをよろしくお願い申し上げます!!

 


【拡散】《店舗一覧》新型コロナ助け合いプロジェクト


ニッポン城めぐり まとめ記事

 

凸 無料で全国3,000城をスタンプラリー!!
ニッポン城めぐり」 はここからGET↓



凸 足軽くんがアニメーションLINEスタンプになった!
「足軽くんコレクション」 はここからGET↓

足軽くんコレクション

 

国立国会図書館の新サービス

国立国会図書館デジタルコレクション スクリーンショット

 

「ニッポン城めぐり」のサービス開始前には、調べ物のために足繁く通い、その後も、地域イベントや城郭変更などのタイミングでも、たびたびお世話になっている国立国会図書館。

 

国会図書館へ行ったら、まず館内の端末で必要な情報を検索し、膨大な蔵書の中からピッキングしてもらった書籍群をデスクに広げ、必要な箇所をことごとく複写サービスでコピーしてもらって持ち帰る、というのがだいたいいつものルーチンでした。が…、そんなルーチンは過去の懐かしい思い出になるかもしれません。

 

すでにご存知の方もいるかと思いますが、国会図書館が、2022年5月19日から「個人向けデジタル化資料送信サービス」というサービスを新たに開始しました。

これは、著作権法の一部が改正されたことにより、国会図書館がデジタル化した資料のうち、絶版等資料をインターネット経由で個人に送信できるようになったことで実現したものです。

 

従来は、著作権など権利状況に問題がないものだけがインターネットで公開されている状況でしたが、当サービスの開始によって、インターネット公開していない資料のうち、絶版などの理由で入手が困難な資料約153万点(!)が、なんと自宅から見られるようになったのです。

 

これは鼻血が噴出しそうなほどの便利サービスです。オールジャンルで昔の本が見られるし、こと歴史・城郭関係でいえば、古い書籍にしか情報がないことがままあるので、このブログをご覧のみなさんにとっても間違いなく有益なサービスといえます。

 

使い方を簡単にみておきましょう。

 

「国立国会図書館デジタルコレクション」TOPに検索窓があるので、そこに任意のキーワードを入力します。使ってる感じだと、さすがに本文までは検索対象ではないものの、書籍のタイトルはもちろん、各章の見出しあたりは検索対象となっています。

 

検索窓の下に「インターネット公開」、「図書館・個人送信資料」、「国立国会図書館内限定」の3つのチェックボックスがあります。1つ目が前述の元々公開されていた資料。2つ目が今回新たに閲覧可能となった資料。3つ目は図書館に行かないと見られない、蔵書の検索です。なので、前者2つにチェックを入れるのが良いでしょう。

 

例えば、今まさに熱い“上月城”とキーワードに入れて検索すると、全部で76件ヒットしますが、そのうち47件が「図書館・個人送信資料」に該当します。すなわち、これらは当サービスが始まるまではオンラインで見られなかった資料ということになります。

 

一般的な検索エンジンには出て来ない独自の検索なので、今後、市史や論文、事典などの古い文献を探したい時に、この新サービスは大いに役立ってくれるでしょう。また、対象となる資料は順次追加され、2023年1月をめどに印刷機能の提供も行われる予定だそうです。みなさんも調べ物の際に使ってみてはいかがでしょうか?

 

なお、当サービスを利用するには、オンラインで利用者登録が必要です。そして今、めちゃくちゃ混み合ってるみたいなので、登録完了まで数週間かかると思われます。登録さえ完了すれば、すぐにサービスが利用できます。

 

国立国会図書館の利用者登録(個人)について:本登録

 


【拡散】《店舗一覧》新型コロナ助け合いプロジェクト


ニッポン城めぐり まとめ記事

 

凸 無料で全国3,000城をスタンプラリー!!
ニッポン城めぐり」 はここからGET↓



凸 足軽くんがアニメーションLINEスタンプになった!
「足軽くんコレクション」 はここからGET↓

足軽くんコレクション

 

【上月合戦(2022年06月)】よくある質問編

小早川隆景像(左)と山中鹿介像(右)

 

本日10時、ついに参戦期限を迎え、ここから終盤の勝負どころを迎える「上月合戦」

 

合戦中恒例ではありますが、増加するお問い合わせに対応するため、本合戦における“よくある質問”をまとめました。歴戦の方も初陣の方も、お時間ある時にご覧頂ければと思いますm(_ _)m

 

 

Q.35km移動したのに、15人しか救援できないんだけど?

 

A.過去数回の合戦イベントでは、“新しい合戦様式”として、同じ部隊で救援できる仲間の人数を、35人(35km)から5人(5km)に制限していました。本合戦では、それが少し緩和され、15人(15km)が上限となっています。

 

Q.「戦国のすべて」などのサービスに登録したのに、貫高が入らないんだけど?

 

A.協賛楽座で〔弊社運営〕と表示されている3つのサービスは、それぞれ2種類の決済方法があります。“クレジットカード決済”については、即日貫高が獲得できますが、“キャリア決済”については、獲得目安日数は「5日」となります。

 

Q.大手柄武将は毎回違う武将なの?

 

A.大手柄武将は、合戦イベントごとに変わります。「上月合戦」の大手柄武将も事前に発表していますので、詳しくは過去の記事をご確認下さい。

 

また、合戦イベントによっては、途中で大手柄武将が追加となることもあります。その場合は、“基本的に” このブログでは詳細を発表しないので、アプリ内で総大将のお言葉をよくチェックしましょう。

 

 

今回は以上となります。ぜひお問い合わせ前にもろもろご確認下さいませ。

 

そして、こちらも恒例、以下に過去の合戦イベントのリンクを貼っておきますので、併せて活用してみて下さい。

あ、今回は、こちらの記事にもリンクを貼っておくか(・∀・)

 

 

▼ 過去の合戦FAQリンク集

 

道明寺・誉田の戦い第二次 川中島の戦い神流川の戦い姉川の戦い金ヶ崎の退き口今山の戦い永禄四年 小田原城の戦い雑賀合戦三方ヶ原の戦い手取川の戦い根白坂の戦い桶狭間の戦い豊薩合戦天正壬午の乱慶長出羽合戦小牧・長久手の戦い川中島の戦い

 

▼ 上月合戦リンク集

  1. 陣触れ
  2. スケジュールとシステム
  3. 部隊長と陣中見舞い
  4. 論功行賞と最低必要軍功
  5. 大手柄武将と陣中見舞い

 


【拡散】《店舗一覧》新型コロナ助け合いプロジェクト


ニッポン城めぐり まとめ記事

 

凸 無料で全国3,000城をスタンプラリー!!
ニッポン城めぐり」 はここからGET↓



凸 足軽くんがアニメーションLINEスタンプになった!
「足軽くんコレクション」 はここからGET↓

足軽くんコレクション

 

【新商品予告】46Tシャツニューカラー!

熱闘が繰り広げられている合戦イベントのさなかに失礼致します...。

 

本日は、46 Storeの新商品のお知らせです。

 

ストアのオープン当初から定番商品としてご愛顧頂いている、「46(城)Tシャツ」に、待望のニューカラーが登場します( °0°)!!!

 

これまで、バーガンディ(えんじ)とチョコレート(茶)の2色で展開してきましたが、それらが現在ほぼ完売状態となっているため、いったん終売とし、新たに3つの新色を発売することとなりました。

 

新作は、「スモークブラック」、「インディゴ」、「アッシュ」の3商品となります!

 

 

胸には城ロゴ、背中に背番号「46」という従来の仕様は変わりません。「アッシュ」のみロゴと背番号が黒文字となります。

※上記画像では、形状を明瞭するため縫目をグレーで表現していますが、実際には線はありません。

 

いずれのベースカラーも、「黒」「紺」「グレー」とは少し違う、独特の色合いとなっていて、実際手にしてみると、ほんと良い色です。

 

 

サイズ展開(M/L/XL)や生地(戦国武将×城シリーズより少し厚手)についても、既存カラーから変更はありません。

 

 

何にでも合わせやすい今回のニューカラー、梅雨明けの夏本番に備えて、ぜひ1枚お側に置いて頂けると嬉しく思います_(._.)_

 

 

こちらの新商品、発売日は…

 

2022年6月16日(木)お昼12時~

 

を予定しています。

 

合戦も佳境となっているタイミングですみません。サイズ、色ともに揃っているうちに、ぜひストアの方へアクセスして下さいませ!!

 


【拡散】《店舗一覧》新型コロナ助け合いプロジェクト


ニッポン城めぐり まとめ記事

 

凸 無料で全国3,000城をスタンプラリー!!
ニッポン城めぐり」 はここからGET↓



凸 足軽くんがアニメーションLINEスタンプになった!
「足軽くんコレクション」 はここからGET↓

足軽くんコレクション

 

【上月合戦(2022年06月)】いよいよ開戦!!

上月城本丸跡

 

ついさっきの本日17時、本年2戦目となる合戦イベント「上月合戦」が、いよいよスタートしました(*゚0゚)!!!

 

17時に始まって、18時公開のこのブログに間に合うように書いてるので、書きたてほやほやの記事となります。湯気立ってます。

 

それにしても、今回はずいぶんと遅い時間の開始です。過去、最も遅い時間の開戦で、17時というのは2016年の「天正壬午の乱」で一度あったのみです。なんでこんな時間にしたんでしょう。

 

 

さて、戦況はと言いますと、緒戦から熱戦が展開されていますが、我々の予想とは違って、“あちらの軍”の方が人数が多くなっているようです。全体の参戦スピードも非常にハイペースなように思えます。

 

本合戦は、6月15日10時まで参戦ができますが、お早めに参戦していた方がなにかと良いと思われます。果たして、湯気、じゃなくて混戦模様が晴れた時、どのような戦況となっているのか、ドキドキの展開であります。

 

 

毎度恒例ではありますが、今までの「上月合戦」の各種予告をリンク集として貼り付けておきます。お役立て下さい。

 

▼ 上月合戦リンク集

  1. 陣触れ
  2. スケジュールとシステム
  3. 部隊長と陣中見舞い
  4. 論功行賞と最低必要軍功
  5. 大手柄武将と陣中見舞い

 

それでは、6月20日まで、みなさんの奮戦を期待しております!!

 


【拡散】《店舗一覧》新型コロナ助け合いプロジェクト


ニッポン城めぐり まとめ記事

 

凸 無料で全国3,000城をスタンプラリー!!
ニッポン城めぐり」 はここからGET↓



凸 足軽くんがアニメーションLINEスタンプになった!
「足軽くんコレクション」 はここからGET↓

足軽くんコレクション

 

【上月合戦(2022年06月)】大手柄武将と総攻撃

 

いよいよ今週金曜日に迫ってきた合戦イベント「上月合戦」。すでに、アプリの方にも、TOP画面にバナーが出ているかと思います。

※本合戦から、TOP画面でのバナーの位置が変わっています。

 

前回までに色々と告知をしてきましたが、最後、大手柄武将の面々も決定したので、本日はそちらの予告をさせてもらいます!

 

それではさっそく見てみましょう(*´∀`)↓

※ルビは武将検索用です。

 

 

┃尼子軍の大手柄武将

羽柴秀長(はしば ひでなが)
蜂須賀小六(はちすか ころく)
亀井茲矩(かめい これのり)
黒田官兵衛(くろだ かんべえ)
竹中半兵衛(たけなか はんべえ)
生駒親正(いこま ちかまさ)

 

┃毛利軍の大手柄武将

吉川元長(きっかわ もとなが)
益田元祥(ますだ もとよし)
宍戸隆家(ししど たかいえ)
天野隆重(あまの たかしげ)
杉原盛重(すぎはら もりしげ)
熊谷信直(くまがい のぶなお)

 

以上の通り、両軍ともに6名ずつと決定しました!

 

ここ最近の合戦イベントでは、だいたい5名ずつというのが相場だったので、最初から多いということは、追加の大手柄がなくっても不思議じゃありませんね。

 

毛利軍は、配下の錚々たるメンバーが名を連ね、一方の尼子軍は、上月城の救援に来た秀吉の家臣がメインです。たまたま秀吉に同行していた亀井茲矩のみ尼子旧臣です。

部隊長の秀吉と大手柄の秀長は、それぞれ合戦期間中のみ羽柴姓になります。

 

余談ながら、当時は上月城のみならず、秀吉の陣の麓でも羽柴軍と毛利軍が実際に戦っていて、上月周辺の山々に敵味方の陣がひしめき合っていた状況です。そのこともあって、今回のタイトルは「上月城の戦い」ではなく「上月合戦」となっています。

 

そして、最後の最後に総攻撃の予告を。「上月合戦」では、両軍ともに2回ずつの総攻撃を予定しています。こちらは相場通りといえましょうか。

それでは、開始まであと2日。尼子軍・毛利軍のどちらに属して戦うか、じっくりとご検討下さい!!

 


【拡散】《店舗一覧》新型コロナ助け合いプロジェクト


ニッポン城めぐり まとめ記事

 

凸 無料で全国3,000城をスタンプラリー!!
ニッポン城めぐり」 はここからGET↓



凸 足軽くんがアニメーションLINEスタンプになった!
「足軽くんコレクション」 はここからGET↓

足軽くんコレクション

 

【上月合戦(2022年06月)】論功行賞と最低必要軍功

本日、こちら関東甲信地方は梅雨入りしたそうです。あれ?もうちょっと先ってTVで言ってたような…。

 

とはいえ、どれだけ「聞いてた話より早いじゃないか( `ω´*)/」と叫んだところで、お天道様は1人なので、その決定は受け入れざるを得ません。

 

一方、合戦イベントではお屋形様を選ぶことができます。どちらの軍に付くか、本日は「上月合戦」の論功行賞を発表します!

 


全参加者

参戦者全員に、協賛楽座特典「龍勢・物見・袖印」を贈呈!

 

勝利軍

勝利軍全員に、限定異名「山陰の麒麟児」を贈呈!(尼子軍勝利の場合)

勝利軍全員に、限定異名「毛利両川」を贈呈!(毛利軍勝利の場合)

 

軍功第一の部隊 

両軍通して軍功第一の部隊全員に、「30,000貫」を贈呈!

 

個人の軍功ランキング

各軍軍功上位1~50位までの方へそれぞれ所定の大分銅金他を贈呈!

 

最低必要軍功

1,800以上到達で上記の論功行賞を獲得!

 


 

以上の通りとなります(;゚ ロ゚ )//


勝利軍の論功行賞は、どちらの軍が勝利するかによって変動します。「山陰の麒麟児」は、山中鹿介の異名で、江戸時代の漢学者・頼山陽の漢詩に“麒麟”とうたわれたことが由来とされます。 

「毛利両川」は、毛利元就の2人の息子、吉“川”元春と小早“川”隆景を指す言葉です。宗家を継いだ甥の輝元を、吉川・小早川の2家が結束して支えたシステムは、「毛利両川体制」とも呼ばれます。

 

こちら、それぞれの限定異名も、ひとつ軍を選ぶポイントにしてみて下さい。

 

また、前回の合戦で、個人の軍功ランキングが従来の1~20位までから、1~50位までに拡大されましたが、これは「上月合戦」においてもそのまま踏襲されます。

 

最低必要軍功も、前回合戦と同じ“1,800”となっています。

 

 

それでは、論功行賞獲得を目指して、そろそろウォーミングアップのほど、よろしくお願いします!!

 


【拡散】《店舗一覧》新型コロナ助け合いプロジェクト


ニッポン城めぐり まとめ記事

 

凸 無料で全国3,000城をスタンプラリー!!
ニッポン城めぐり」 はここからGET↓



凸 足軽くんがアニメーションLINEスタンプになった!
「足軽くんコレクション」 はここからGET↓

足軽くんコレクション

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>