続・ここはひとつ、高齢出産で!〜子育てモノ語り〜

40代で初出産のワーキングマザーの子育て。忙しくても、高齢でも、楽しく育児できるように助けてくれるモノ、コトの紹介。


テーマ:
まもなく生後8ヶ月のプーさん。7ヶ月の時点ですでにつかまり立ちをし、年明けにはもう伝い歩きを始めてしまった。もちろん、何か気になるものがあれば、猛ダッシュでハイハイしてくる。
本当に1分たりとも目が離せない。
トイレに行くにも、台所仕事をするにも、しょっちゅう「よし、オモチャで遊んでいるな」と確認しながらだ。
こちらがちょっと気を抜くと、いつの間にかティッシュをしゃぶっていたり、窓枠に頭をぶつけていたりする。また、部屋の襖を自力で開けて、私がいる台所まで自慢げにハイハイしてくる。

今体重は8キロ半ほどあるが、「あーー、そこはダメ~」と言いながら、しょっちゅう抱っこして引き離す。これがけっこう重労働だ。

そこで、そろそろセーフティゲートを買わないと、ということになったのだが、サークル式のはとても狭い感じがするし、プーさんの遊びを妨げそうで今ひとつ。突っ張りドアでエリアを区切るタイプは、突っ張りをかけられるしっかりした壁がない。うーーん、どうしたものか。

そこで、夫が調べてくれたのが、ビニールプール。
私が、「こんな風に大きな赤ちゃんをずっと抱っこって大変~。双子のママさんとかどうしているんだろう」と話したら、検索してきたのだ。双子のママさんのブログ をいくつかチェックすると、みな共通したグッズを使っていた。
それが特大ビニールプールだ。畳み2畳分くらいあるのだが、これだと赤ちゃんが外に出ず、またぶつかってもフワフワなので安全だという。

「これはいいアイデアだ!」と私たちは感心した。
それでさっそく双子ママさんと同じプールを買おうとしたが、真冬のことで在庫なし。そこで在庫があり、家の部屋にも置けるサイズのプールを買った。

プーさんを入れてみる。
すごくご機嫌だ。
プールの縁のポヨポヨ感が楽しいらしい。



しかし、すぐに縁に寄りかかって、プールの外に手を伸ばし出した。
次の瞬間。

ドッターーン!!

頭頂部を支点にして、ダイナミックな前方宙返り


はぁ~~。せっかく夫が、筋肉痛になりながら空気を入れて膨らませたのに、ものの10分で脱出してしまった。それも危険な体勢で。
一瞬「首折れたか!?」とぎょっとなった。

プーさんがまだハイハイ段階だったら、とてもいいセーフティグッズだったのにな。つかまり立ちをしてしまう子にとっては、高さ60センチあっても乗り越えてしまうのだった。

ということで、残念ながらビニールプールはお蔵入りした。
夏になったら水を入れて遊ぼう。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
産後8ヶ月が経っているが、考えてみるに一昨年の夏の妊娠以来丸1年半の間、私の体は常の状態ではない。妊娠中と出産直後の笑っちゃうくらい劇的な変化に比べると、産後半年以降の変化は外目にはあまりないようだが、自分的にはいろいろ感じている。それも妊娠中のような「めでたい変化」というよりは、「うーーん、やっぱ高齢だからか?」「私の体ってこんなにヤワだったっけ?」と思うような喜ばしくない変化だ。
めまい、腰痛、頭痛、耳鳴り、集中力のなさ、老眼(手元の本が読めなくなった!)・・・その上、話には聞いていたが、産後6ヶ月くらいの頃からごっそりと髪の毛が抜けるようになった。妊娠中からカラー、パーマをしなかったので、髪の毛にはきれいな色艶もなく、パサパサまとまらない上に、はらはらと顔に髪の毛が落ちてきて気持ち悪かった。「髪は女の命」とまでは言わないが、やっぱりヘアコンディションが悪いのって、自分が女を捨てたようでちょっと悲しい。

とはいえ、しょっちゅうサロンに行くことはできないし。プーさんと一緒に入るので、普段の入浴でゆっくりコンディショナーをつけて蒸らす時間すらない。

普段のお手入れで髪の毛を健康に保つことはできないか? と考えていたときに思い出したのが「ブラッシング」の重要性。
昔の女優さんは夜寝る前に、必ず100回髪の毛をブラッシングしたというじゃぁないか。
それに、昔、学生時代に友人が「ママからもらったの」と言って使っていたヘアブラシを貸してもらったとき、ひとなでで髪の毛がきれいに流れたのに驚いた記憶がある。

毎朝晩数回ブラッシングするときのブラシの善し悪しで、切れ毛枝毛は影響を受けるそうだ。1日100回は絶対できないが、数回はブラッシングする。それだって、いいブラシでやれば少しはマシか?

ということで、クリスマスプレゼントにパパサンタさんにお願いしたのが、メイソンピアソン
のヘアブラシだった。


さっそく使ってみた。
想像以上に毛が硬い。
初めは「これが天然毛?プラスチックなんじゃ?」と思ったくらいだ。しかし夫(散髪に行く暇がなくて、その日は頭が盛り上がっていた)の頭をひとなでしてみると、おお!! 本当に髪の毛がきれいに寝た。すごいぞ。これなら朝の寝癖も一発できれいになる。

メイソンピアソンのブラシはイギリス人に昔から愛用されている高級ブラシだそうで、硬い猪毛で作られている。猪毛というのは豚毛よりはるかに硬く、適度に水分があるので髪の静電気を防ぎ、どんなトラブル髪もしっとりとまとめるらしい。髪の毛が多くてすぐ爆発するという人にはとてもいい。私はむしろ毛が少ない方なので、髪のまとまりという点ではあまり効果を感じないが、髪通りがなめらかなのはとても気持ちいい。

なにより、これまで使っていた安いブラシに比べて、寝起きの髪(私はセミロングだ)をすくときに髪の裾のほうでプチプチ鳴っていた、毛が切れる音がしなくなったのが嬉しい。ブラシひとなで、髪の毛サララ、である。あと、毛の硬さが地肌に適度なマッサージ効果を与えるらしく、何となく頭がすっきりする。

うーーん、あとは時間を見つけてサロンに行き、ゆったり縦太巻きの女優ウエーブでもかけてくれば、このブラシを使う意義はもっと上がるのだろうなぁ。(きれいなセレブママは、サロンに行く間は赤ちゃんはどうしているのだ?)
私にその時間が来るのはいつだろう・・・とりあえず、今はブラッシングした髪を堪能する間もなく、すぐにゴムでひっつめてしまっている。
ああ、日本のかーちゃんの頭だ。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
7ヶ月になる頃に既につかまり立ちを始めていたプーさん。部屋のテーブルの角に手を置いて立ち上がり、ご機嫌で踊り、そのままバランスをくずして尻餅をつく、なんてことを繰り返していた。その時にテーブルの縁に顎をごつんとやることが時々あり、いつも手でガードしたりクッションを立てかけておいたりと、怪我しないようにしていた。

しかし、四六時中そんなことをしていられない。そこでテーブルの角につけるゴムのガードを買ってはみたものの、天板の厚みがあわなかったのと、プーさんはテーブルの下に潜り込んで頭を上に上げるときにごつんとやったり、ハイハイしていてテーブルの角でなく辺にもごつんとよくしていたので、ガードするなら天板の四方を全てくるむ形でないといけなかった。

で、また探した。

お、あった!
リトルプリンセスのテーブルガード。
これはクッションが全体に入っていて天板の四方を全てくるむ形で、イメージ通りだ。

お値段は、1万円ちょっと・・・うーーん、ちとお高いが、常に片手でガードしていることを考えれば、あれば楽になるか。と思い買った。
テーブルガード


今、我が家ではこのテーブルガード&一番プーさんが立ち上がりに使う角にシロクマの縫いぐるみ(ニトリで購入)を挟んで2重にガードしている。


これでもたまに、クッションがずれている場所に運悪くゴツンとやって「うえ~~~!!」と泣くことはあるが。

ここまでしなくても、子どもは怪我してたくましくなるものだ!と踏ん切ることもできなくはないのだろうが、やっぱり女の子の顔に傷がついたりしたら可哀想だな、なんて過保護ママになっている。

欲を言えば、テーブルの色に合わせて何色か選べればいいのにな。
まぁこれもいかにも「赤ちゃんがいる家」ということで。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。