「8ミリ宣言」オオノ隊員のブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

サザエさんシンポジウム

 今朝のTVニュースを見ていたら,昨日,西南学院大学でサザエさんシンポジウムが行われ,過去の映画の映写会も行われたことが報じられていた。
 
 何という!このサザエさんシンポジウムはいつも参加して,35ミリフィルムによる映写会も過去,2回観ているのに今回は見逃してしまった。
というのは,会場は私の勤務地の近くであるが,いつも通勤途中にある掲示板にシンポジウムのポスターが貼ってあり,これで情報を得ていたのである。今年はこのポスターが目に入らなかったのだろうか?

 今朝,改めてこの掲示板を見て見たが,町内行事のポスターがびっしりと貼ってある。サザエさんのものはなかった。貼り付け具合からして,サザエさんのものは終了したから直ちにはがしたというわけでもなさそうである。今年は運悪くこの掲示板は一杯で,貼り付けられなかったのだろう。

 実に残念!シンポジウムも楽しいが,35ミリフィルムによる映写会はなかなか機会がないのである。

 今後はもっと情報収集に気を付けよう。

オプタサウンドシステムを解明する その4

 実際に発売されたオプタサウンドシステムは,パーフォレーションのあるカセットテープを利用する方式ではなかったようである。これは,ある意味,幸いである。レコーダーを手に入れても,この特殊なカセットテープが手に入らなければ,使用できないからである。
 それと,この特殊なカセットテープは,1巻がフィルム1巻分しかない。フィルム10本に対応するためにはカセットが10本必要と言うことになり,利点より不都合が多そうである。

月刊「小型映画」1973年2月号62頁の記事から


 では,実際に発売されたオプタサウンドレコーダーは,単なるパルスレコーダーなのかというと,それは全く違う。


 まず,第一に,ストロボ接点がある撮影機なら,すべて使用可能と言うことである。これは,最大の強みである。ストロボ接点にアダプターを取り付けて,ステレオタイプのカセットテープレコーダーで同時録音する方法はあるが,単にストロボ接点にコードをつなぐだけのオプタサウンド方式は,格段に使い勝手が良い。

 

オプタサウンドレコーダーとストロボ端子をつなぐだけ。試作品と違って,リモコンジャックも使用しない。

 


 それと,オプタサウンドレコーダーは,録音特性が,段違いに良い。カセットデッキ並みである。これは,他のパルスシンク用のカセットテープレコーダーにない特長である。

 

 

ネコに学ぶ

 最近は,気温の変化が著しい。寒いのか暑いのか分からなくなってしまうことがある。加えて,インフルエンザも流行し始めており,体調管理が重要である。


 そんなときに役立つのが,飼っているネコの行動である。


 ネコは気温によって,寝る場所が異なる。一般的に暑くなるほど,低い位置,床に接するような状態で寝る。気温が下がってくると,敷物の上,そして寝る高さも上がってくる。ここ数日は,ケージの上に置いてある,寝床1号の上で寝るようになった。 冬になると,最終的には人間と一緒に寝るようになるのだが,気温の変化が著しいのに,人間の感覚が今一付いていけない今の時期,ネコの行動は非常に参考になる。


 そこでネコの寝る位置が変化した場合,感覚的に寒さを感じなくとも,パジャマや布団の調整を行うことにしているのである。

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>