悩みの根源成仏!思い通りの現実を創る潜在意識の調え方

悩みの根源成仏!思い通りの現実を創る潜在意識の調え方

夫婦、親子、恋愛、お金、仕事。
悩みは100%自分の潜在意識を映す鏡です。
心理学と宇宙の正負の法則を味方につけて悩みの根源を成仏させ、潜在意識を調えて望み通りの現実を創りましょう。
心のブロック解消法、望む現実の実現法なども書いています。

こんにちは。高橋ゆりこです。

 

先日、長男(14才)が借りて来た映画を一緒に観ました。

 

 

 

先天性の病気で突然視力の95%を失うも、残り5%の弱視と仲間の協力を得ながら、5つ星ホテルで働きたい夢を持った青年の実話を映画化したものです。

 

 

(この先ネタバレ注意です)

 

 

 

突然95%の視覚を失った青年サリーは、「5つ星ホテルで働きたい」という夢を叶えるため、目が見えないことを隠して一流ホテルの研修生になります。

 

 

サリーは、友人の力を借りて何とか研修を頑張りますが、ホテルマンの仕事は「見えない」と難しいことも多く、教官のサリーに対する印象や評価は最悪。


そりゃそうですよね。

教官はサリーは目か見えると思っているので、見落としミスが多いサリーのことを、注意力がない雑な人間だと思ってしまいます。


 

なんとか認めてもらいたいサリーは、休む暇なく研修とバイトを続け、疲労困憊して行きます。

 

サリーの頑張りはどんどん空回りして行き、サリーの行動や態度が、周囲の人々には、独りよがりで自分勝手な自己満足にしか見えなくなっていき、どんどん悪循環になっていきます。

 

 

好意を寄せている女性とも距離が縮まっていきますが、目が見えないことを隠して子どもを預かったことで、子どもを危険にさらしてしまい亀裂が入ります。

 

 

ホテルでも、最終研修のホテルでのウェディングパーティでケーキを倒し台無しにしてしまい、研修生をクビになります。

 

 

どん底まで落ち込んだサリーは、やはり夢を諦めたくないと奮起し、目が見えないことを隠していたことを告白して謝罪し、改めて挑戦させてほしい旨を伝えに行きます。

 

 

サリーの熱意に押され、研修の最終試験を受験させてもらえることになり、見事合格!

 

 

亀裂が入った彼女にも真実と本音を打ち明け、関係は修復されます。

 

というハッピーエンドなお話でした。

 

 

この物語は実話だそうです。

 

宇宙の法則のプラスとマイナスが、本当に分かりやすく描かれているな~と思いました。

 

 

【目が見えないことがバレると】自分の価値が下がる、夢が達成できなくなる、という恐怖から、サリーは目が見えないことを隠して履歴書を送り面接を受け、研修生になりました。

 

動機は【恐れ】です。

 

だから、研修ですごく頑張っても、うまく行かず評価もされない。

 

 

では、恐れが動機だとダメなのか?というと、そうではなく、

 

「目が見えないことがバレないくらい努力してやり遂げてやる」

 

という強い気持ちが原動力となり、サリーは様々な課題に何度でもチャレンジすることができています。

 

 

負けてたまるか!

なにくそ!

絶対にやり遂げてやる!

 

マイナスな気持ちが強い原動力になり、サリーは、過酷な忍耐と努力を続けることができたんです。

 

 

どんなに罵倒されても、

どんなにバカにされても、

 

サリーは挑戦をやめなかった。

 

それは、この強いマイナスな気持ちのおかげです。

 

 

しかし、マイナスなので、どうしても空回りしてしまう結果となり、プラスの結果にはなりにくいです。

 

 

「本当は目が見えない」と告白するタイミングは、何度も訪れていました。

 

でも、サリーは隠し続けた。

バレたら見捨てられてしまうことが怖かったから。

 

 

告白するチャンスを何度も何度もスルーし続けた結果、

天のいかづちのような、

 

いい加減気づけ!!!

 

という大きなマイナスの事件が起きることになりました。

 

 

もう逃げられない。

本当のことを言わなきゃ収集がつかない。

 

そういう出来事が起きたんです。

 

(これは本当によくある現象です)

 

 

そしてそれは、サリーが自分の障害を真正面から受け入れ、腹を括るきっかけにもなりました。

 

 

そして、「目が見えない」ことを正直に告白し、

 

「できないことは手を借りて感謝する」

「自分でできることはしっかり丁寧にやる」

 

という行動をするようになったサリーの人生は大きく好転します。

 

 

自分の欠点(マイナス)をなかったことにせず、

それも自分なんだと受け入れて、

そういう自分として生きて行く。

 

 

これこそが、人生が大きくプラスに転じる秘訣です。

 

 

自分の欠点だと思っている部分はありますか?

 

 

もしある場合は、

 

その欠点だと思っている部分を、

隠したり、なかったことにしたりせず、

 

できないことに降参して受け入れて、

素直に人を頼って助けてもらう。

 

 

ちょっと勇気を出して、そんな挑戦をしてみてください。

 

必ず人生が好転しますよ(^^)

 

 

しかし、我が息子ながら、良い映画を選んできたな~。

 

名前も知らない映画でしたが、とても素晴らしい映画でした。

 

 

 

まじかるクラウンユリコバ★オンラインサロン

 

表に書いてないこと・書けないことをサロン内でシェアしてます。

動画コンテンツ、コラム、お話会やランチ会 などなど。

 

+‥‥‥‥‥‥‥+

 

《10月以降の予定》

 

オンラインお話会・オンライン飲み会

 

11月あたりにまたランチ会しようと思う~。

 

+‥‥‥‥‥‥‥+

 

サロン内容の詳細はこちらをどうぞ♡

↓↓↓↓↓

 

ユリコばなし(ユリコバ)オンラインコミュニティ

 

テーマは「高橋ゆりこの人生から学ぶ」

私の実体験をひたすらシェアしまくる場です。

 

★無料メールセミナー
「大切にされる妻になる魔法の言葉(全10通)」1週間に1回メールが届きます。
【現在1709名ご登録頂いています 】  

 

LINE

ご質問やご感想など、お気軽にメッセージ下さい(^^)

友だち追加

 

今の状況を紐解き打開する個人コンサル(ZOOM)
 募集は不定期です。次回募集時期は未定です。

 

こんにちは。高橋ゆりこです。

 

台風19号による甚大な被害が全国各地で起きています。

みなさま、ご無事ですか?

 

被害を受けている皆さまに、早くいつも通りの日常が訪れますよう、心より祈っています。

 

 

私は、築56年木造の自宅が耐え抜けるかをとても心配していたのですが、自宅はハギビスを耐え抜いてくれて無事でした!
 

家族も従業員もみーんな無事でした。
ほんとうにホッとしました。
 
 

が。しかし。


経営している各事業所では事件が次々に発生。

現在、全ての事業所の設備に問題が発生し、営業できない状態です。


昨日は朝6時から、ひとつひとつ対応していきました。

 

 

お昼頃、「疲れたな~」とスマホに目を向けたら、
 
12:12
 

というスマホの時計表示が目に入りました。

 


 

「おお、ゾロ目!」と思い、意味を調べてみたところ、

 

楽観的に受け止めることが大切です。
肩の力を抜くことで、全ては好転していくのです。
何とかなる。

 

 

(笑)
 

 

これを読んだ瞬間、フッて笑ってしまいました。

肩の力抜けましたよ~。

 

はーい。わかりましたー。

って感じ。

 


生きてれば、何とかなりますよね(^^)

 

 

その後、一旦自宅に戻り、PC作業をして、ふとこのブログの管理ページに入ったら、今度はこれ。

 

 

 

またゾロ目!

 

444の意味を調べてみたら、

 

全てうまく行きます。
今のあなたは何も恐れることはありません。
全てがうまくいく状態になっていますので、あなたの望むことを叶え、ほしいものを手に入れることができるときです。
今までと少し違うことは、少し肩の力を緩めて楽観的な考えを持ち、あなたの直感とアイディアを聴き取るようにしてください。

 

 

わーお!!! 
さっきの1212と意味が繋がっている!!!

 

 

肩の力を抜いて楽観的に考えて行動をしていけば、望む形の未来に繋がるということですね。

 


これを読んで、なんだかすごく

 

 

見えない力に応援してもらえている。

 

という感覚を感じて、心から感謝が湧き上がりました。



今回の問題の数々は、営業できない程の大きなダメージだけど、でも人的被害はゼロでした。

 

大きな人的被害に繋がりかねない事故もあったのですが、人的被害は一切なし!

 

本当に本当にありがたい。

本当に本当に守られている。

 

と感じています。

 

 

ピンチはチャンス。

 

 

今私にできること。

今私がする必要があること。

 

ひとつひとつ誠実に、淡々と取り組んでいきます。

 

 

そんな決意を新たにして、午後はまたひとつひとつ対応しました。

 

 

昨日私にできる対応はすべて終わり、スーパーへ直行。

 

前日は、台風で緊急に動くこともあるかもとビールを一滴も飲めなかったので、

 

「ビール買って帰るど~~~!!!」

とルンルンでスーパーに向かいました。

 

 

いつも行くスーパーは営業していて、本当にありがたかったです。

 

 

ビールや色々お買い物をして、出た支払金額を見て何の気なしにお金を出してお支払いして、おつりが出たらこれ。

 


 
 

5555

 

 

またゾロ目!!!

今日はゾロ目DAY~ハート

 

 

なんて思いながら、自宅に戻ってから意味を調べました。

 

あなたの人生が好転するために、大きな変化の波が訪れようとしています。
あなたが驚くほどの人生の大きな変化が待ち受けていますが、決して恐れるものではありません。
あなたの本当望みは何なのか、いつも心に問いかけて、自分が進むべき道を見失わないようにしてください。


あなたの努力は、いま実り収穫の時期がやってきましたが、最後まで気を抜かないように今の行動を継続してください。
結果が見えるのはもうすぐなので、途中で諦めずに進んでいってくださいね。
 

あなたを縛りつけるものからの解放も意味しています。
あなたの周囲に、お務めを終えてもうあなたの役には立たないものがあり、天使たちはそれらを手放しあなたが解放されることを望んでいます。
必要なくなったものや考え方を手放し、あなたは昔のあなたから卒業して、新しい自分になるときが来ました。

 

 

まさに大きな変化の波が来てる、てかずっと渦中にいます。

 

渦中にいたんですけど、この台風で更に渦が追加された感じ(笑)

 

 

だけど、このまま行動を続けて行けば、道は拓けるということね。

 

 

到達できるまで諦めずに続けることが、成功の秘訣だものね。

 

続けます。もちろん。

それしか道はないし、それしか私にはできない。

 

 

天に祈りを捧げたり、自分を信じたり、そういう目に見えない力もとても大切です。

 

 

だけど、現実を変える力があるのは「行動」だけ。

 

 

じっと座って祈り続けても、目の前の現実は1ミリも動かない。

 

 

祈るのは、必要な行動をしたあと。です。

 

 

わたしの中にある闇が浄化され、
わたしの中にある光が大きく輝く未来を手に入れるために。

 

 

私は、誠実に淡々と、これからも行動を続けていきます。

 

 

たぶん、傍から見たらすごい逆境なのかもしれないけど、

 

自宅無事だったし、生きてるし、何とかなります。

 

 

てか、行動して何とかします!

 

 

皆さまの日々が、いつも通りの当たり前の日々になるときが、1日でも早く訪れますよう、心より祈っております。

 

 

私は、私と私の大切な人のために、自分が今できること、今必要なことをやっていきます。

 

 

一緒に頑張ろうね(^^)

 

 

 

ふんわり風船星お知らせ

 

宇宙の法則&ブロック解消(UMI)マスターコース11期

 

「マスターコースの講師はもうしないのですか?」というお問合せを多数お寄せ頂くので、11期を担当することに決めました(^^)

 

詳細については、改めてご案内しますね。

 

 

 

まじかるクラウンユリコバ★オンラインサロン

 

表に書いてないこと・書けないことをサロン内でシェアしてます。

動画コンテンツ、コラム、お話会やランチ会 などなど。

 

+‥‥‥‥‥‥‥+

 

《10月以降の予定》

 

オンラインお話会・オンライン飲み会

 

11月あたりにまたランチ会しようと思う~。

 

+‥‥‥‥‥‥‥+

 

サロン内容の詳細はこちらをどうぞ♡

↓↓↓↓↓

 

ユリコばなし(ユリコバ)オンラインコミュニティ

 

テーマは「高橋ゆりこの人生から学ぶ」

私の実体験をひたすらシェアしまくる場です。

 

★無料メールセミナー
「大切にされる妻になる魔法の言葉(全10通)」1週間に1回メールが届きます。
【現在1709名ご登録頂いています 】  

 

LINE

ご質問やご感想など、お気軽にメッセージ下さい(^^)

友だち追加

 

今の状況を紐解き打開する個人コンサル(ZOOM)
 募集は不定期です。次回募集時期は未定です。

 

こんにちは。高橋ゆりこです。

 

ご要望にお応えして、

 

「凪のお暇」心理学的分析記事を書き始めました~。

 

 

前回の記事から、我聞慎二くんに注目しています。

 

 

 

慎二は典型的なモラハラ彼氏で、

自分の欲求に応えるよう凪に空気を読ませて自分に従わせ、

ときに凪に暴言を吐きます。

 

 

凪と慎二が付き合っているときの描写や、

凪が話す慎二とのエピソードからも、

 

凪が消えたあと、

慎二が凪を見つけてからの凪への態度や言動からも、

 

 

慎二は、

 

「凪のことを自分にとって都合の良い女としか思っていない。」

 

ようにしか見えません。

 

 

凪に対する愛情とか優しさとかが、ひとつも見えない。

凪にも伝わっていない。

 

 

だけど、

1話の最後、スナックバブルで慎二は号泣してこう話すのです。

 

見ちゃったんだよ。

付き合い始めの頃、俺にバレないようにスゲー早く起きて、1時間以上かけて…(髪の毛をまっすぐにしてた)。
あいつのそれめっちゃケナゲで…。

俺そん時思っちゃったんだよね。
こいつのこと一生守る!って。

俺そいつのことめっちゃ好きだったー。

 

 

 

 

1話のこの場面を観て、私には2つ疑問が湧きました。

 

・なぜ慎二は、
凪のこの様子を見て「こいつのこと一生守る」と思ったのか。

 

・なぜ慎二は、
一生守ると思うくらい大好きな凪のことを大切に扱えないのか。

 

 

今回は、

 

なぜ慎二は、
一生守ると思うくらい大好きな凪のことを大切に扱えないのか。

 

について、考察してみます。

 

 

1つ目の疑問については、前回の記事をどうぞ。

 

 

7話で慎二はゴンちゃんに、家族についてこう話しています。

 

コイツ(兄 ぎゃもん慎一 3分で3億稼ぐライフスタイルコンサルタントyoutuber)、親戚の間ではアメリカでバリバリ働いてることになってるし。
 

小学生までは勉強できて両親の自慢で、でも中学受験失敗して母ちゃんヒスって、それからしばらくしておかしくなった。

 

自転車で日本一周するって言って大宮で帰ってきたり、筆で書いた詩を路上で高値で売ったり、いい年して就職もしねえでクラブでDJやってイベントして、いつの間にか消えた。

 

とにかく、周りにバレねえうちに何とかしないと。

うちの親父官僚なんだよ。超保守的なの。親戚も周りも。

親父の立場もあるし。母さんの立場もあるし。

 

 

慎二は、父親の立場を守るため、母親の立場を守るため、兄の顔出し本名出しの活動を止めさせようと奔走していました。

 

 

兄に対して、父親に対して、母親に対して、

慎二自身は沢山の思いや感情を抱えているはずなのに、

そこには1ミリも目を向けず、

自分の気持ちを蔑ろにして、

 

ただただひたすら奔走します。

 

 

親の立場を守るために。

 

 

そして、ようやく兄を見つけて再会したとき、

慎二は兄に心の奥底までえぐられる言葉を言われます。

 

 

相変わらず仮面かぶって生きてんだ?反吐出るわ。

 

お前いくつよ?
お前が明るく笑顔で冗談飛ばして、いい空気かもしだして、いくらごまかそうとしたって、あの家根っこから腐ってんじゃん。

なのに今でも空気読んで生きてんだ?

家でも?職場でも?女の前でも?

何をそんなに守りたいの?

 

俺は、好きな名前で、やりたいときにやりたいことをやる。

お前もさ、1人でもいいから本当の顔を晒せる相手がいたら、もう少し楽に生きられんじゃね?

 

 

兄はお見通し、なんですね。

 

 

慎二は、誰にも本当の顔を晒さずに生きて来た。

 

親にも。親戚にも。友達にも。職場でも。

 

そして凪ちゃんにも。

 

 

慎二が、自分の気持ちを蔑ろにしてずっと守ってきたのは、

 

自分自身の心。

 

 

心が強くて、何でもスムーズにできる自分。

そういう自分であり続けなければならない。

 

 

弱さがバレたら、

本当は必死に空気読んで立ち回っていることがバレたら、

 

見捨てられてしまう。

 

 

だから、

 

自分の弱さには意識的に目を向けず、

家族が崩壊していることにも目を向けず、

 

理想の自分であろうと振舞い続けた。

 

 

慎二は、自分のことを全く大事にしていないんです。

 

自分の気持ちを無視して、一切大切にしていない。

 

 

自分のことを大切にできない人は、他者のことも大切にできない。

 

 

自分を扱うのと同じようにしか他者を扱えない。

 

自分が自分を扱っているのと同じように他者に扱われてしまう。

 

 

これは、宇宙の法則ですが、鏡の法則とも言われていますね。

 

 

慎二には、人から愛される自信がありません。

 

空気読んで、良い空気出して、問題を解決して、結果出して、

そうやって頑張り続けても、母親は自分に興味を示さない。

 

 

こんなに頑張っても、ここまでやっても、認めてもらえない。

自分を見てもらえない。

愛してもらえない。

 

 

だから、

 

初めて自分の気持ちを分かろうとしてくれた、

慎二のためにいつも頑張ってくれる、

 

そんな凪ちゃんから、

自分が愛されてるかどうか、試して確認したかったんだろう。

 

 

傍若無人に振舞って、

凪ちゃんを振り回しても、

凪ちゃんを傷つけても、

凪ちゃんは慎二の欲求や要望に応えてくれる。

離れて行かない。

 

慎二の気持ちを分かろうとしてくれる。

 

 

そういう凪ちゃんを見て、

慎二は、自分が凪ちゃんから愛されていると確認していたんです。


試して確認して安心を得ようとしていたんです。


でもこれは、

 

凪ちゃんをコントロールして、

凪ちゃんに自分を満たしてもらおうとする行為です。


凪ちゃんからエネルギーを奪ってる。
マイナスエネルギーの行為です。


マイナスだから、愛は伝わりません。

 

 

「一生守る!と思うくらい凪ちゃんが大好きだ!」

 

という慎二の愛は、凪ちゃんには1ミリも伝わってませんでした。

 

 

その証拠に、凪ちゃんの周囲の人たちが、

 

「慎二が凪ちゃんのことを大大大好きだ」

 

と言うことを何度伝えても、凪ちゃんは一切信じなかった。

 

 

慎二本人が、号泣しながら凪ちゃんに直接告白するまでは。

 

 

 

 

そして慎二は、

 

傍若無人に自分の欲求や要望を凪に押しつけ押し通すことで、

 

自分の強さを凪に見せようとしていたのかもしれません。

 

 

強くて頼れる人間に見てもらえると思ったのかもね。

 

 

おそらく、慎二の父親が、

「傍若無人に自分の欲求や要望を妻に押しつけ押し通す人」

 

なのではないかな。
 

 

父親みたいになりたくない!と、強く思えば思うほど、

 

父親と同じことをしてしまうんだよね。

 

 

 

不安が現実化する仕組みはこちら

 

 

慎二は、

 

凪から自分が愛されているかを試して確認して安心したかった。

 

自分が強くて頼れる人間だと、凪に見てもらいたかった。

 

 

だけど、そういう慎二の思いが元になった行動の数々は、

 

凪ちゃんを追い詰め、傷つけた。

 

 

モラハラする人って、自信がなくて愛されたいが強い人なんです。

 

 

慎二は、

 

凪ちゃんが大好きだった。

凪ちゃんにずっとそばに居て欲しかった。

 

 

だけど、素直にその気持ちを表現できなかった。

 

 

愛する方法を、愛を伝える方法を、愛される方法を、

 

知らなかったから。

教えてもらってないから。

 

 

慎二と凪ちゃんは、似た者同士。

 

 

ふたりとも、自分が愛されている自信がなくて、

愛する方法も、愛を伝える方法も、愛される方法も、知らない。

 

 

モラハラの加害者と被害者は、根っこは同じなんです。

 

 

相手に認めてもらうことで安心を得たい。

 

 

認めてもらいたくて、

傍若無人に自分の欲求や要望を押し付けるのが加害者。

 

認めてもらいたくて、

傍若無人な相手の欲求や要望に応えてしまうのが被害者。

 

 

モラハラは、

お互いが相手に自分を認めてもらおうと、

マイナス意識のやり取りを続けていくうちに、

マイナススパイラルにはまってしまった状態なんです。

 

 

このスパイラルは、

どちらかがマイナスを出すのをやめれば終わります。

 

 

凪ちゃんが自分の気持ちを大切にして、

慎二に認めてもらおうとするのをやめたことで、

 

2人のマイナススパイラルは終わりました。

 

 

凪ちゃんが、慎二から「私のことを認めて!」というコントロールの意識を手放した(奪うことをやめた)からです。

 

 

人間同士の関係性は、お互いのやり取りで作られます。

 

 

片方のエネルギーの出し方が変わったら、

相手も影響されて関係性を変えざるを得ない。

 

 

慎二が告白したあと、

 

「自分を相手に認めてもらう」ことにしか興味がなった2人が、純粋に相手の気持ちを分かろうと興味を持ち、それを素直な言葉で伝える、という練習をし始めます。

 

 

 

そういう練習を積み重ねて行った慎二と凪ちゃんは、

自分の本当の姿を、相手にさらけ出せるようになります。

 

 

 

 

慎二も凪ちゃんも、

 

人生の長い年月をかけて、

 

本当の自分を隠し、

 

相手に認めてもらうことで安心を得ようとする生き方を、

 

ずーっと続けてきました。

 

 

だから、

 

この先の人生でも、その生き方のクセは何度も出ちゃいます。

 

 

だけど、でも、

 

相手に本当の自分をさらけ出せるようになった2人なら、

 

自分の評価のためじゃなく、本当に相手に興味を持って接することができるようになった2人なら、

 

クセが出たってすぐに気づける。

 

気づいたら修正すればいい。

 

 

そうやって練習していくうちに、

 

いつの間にか、

 

「そういえば、そんなクセあったっけ?」

 

ってくらい生き方が大きく変わってる自分になってるから。

 

 

ふんわり風船星お知らせ

 

宇宙の法則&ブロック解消(UMI)マスターコース11期

 

「マスターコースの講師はもうしないのですか?」というお問合せを多数お寄せ頂くので、11期を担当することに決めました(^^)

 

詳細については、改めてご案内しますね。

 

 

 

まじかるクラウンユリコバ★オンラインサロン

 

表に書いてないこと・書けないことをサロン内でシェアしてます。

動画コンテンツ、コラム、お話会やランチ会 などなど。

 

+‥‥‥‥‥‥‥+

 

《10月以降の予定》

 

オンラインお話会・オンライン飲み会

 

11月あたりにまたランチ会しようと思う~。

 

+‥‥‥‥‥‥‥+

 

サロン内容の詳細はこちらをどうぞ♡

↓↓↓↓↓

 

ユリコばなし(ユリコバ)オンラインコミュニティ

 

テーマは「高橋ゆりこの人生から学ぶ」

私の実体験をひたすらシェアしまくる場です。

 

★無料メールセミナー
「大切にされる妻になる魔法の言葉(全10通)」1週間に1回メールが届きます。
【現在1709名ご登録頂いています 】  

 

LINE

ご質問やご感想など、お気軽にメッセージ下さい(^^)

友だち追加

 

今の状況を紐解き打開する個人コンサル(ZOOM)
 募集は不定期です。次回募集時期は未定です。

 

こんにちは。高橋ゆりこです。

 

ご要望にお応えして、

 

「凪のお暇」心理学的分析記事を書き始めました~。

 

 

1話で、会社を辞めた凪ちゃんは図書館に行き、ウィッシュリスト(やりたいことリスト)を書こうとしたけれど…。

 

 

 

 

「やりたいこと…? 何も思い浮かばない!!?」

 

 

 

 

1日ノートを前に考えたけど、何ひとつ思い浮かばなかった。

 

 

という場面がありました。

 

 

今回は、この、

 

「自分のやりたいことが分からない」状態から脱却する方法。

 

についてお伝えしますね。

 

 

凪ちゃんは、今までの人生を、

 

「自分がどう評価されるか?」を一番大事に、

 

「自分が評価される」と思える行動を良しとして生きてきました。

 

 

それが、

 

自分にとても嫌な思いをさせることであっても、

 

自分の心をないがしろにすることであっても、

 

一切関係ない。

 

 

「自分が評価されること」なら、

 

どんなことであっても、自分に無理やりやらせる。

 

 

それが当然。

当たり前。

他の選択肢はない。

 

 

そういう生き方をしてきたので、凪ちゃんの日常は、

 

 

やりたくないことだらけ。

関り合いたくない人だらけ。

言いたいのに言えないことだらけ。

 

 

苦しくて苦しくて息が詰まりそう。

 

 

 

そして限界が来て、凪ちゃんはすべてを捨てます。

 

 

会社も、

彼氏も、

住んでいたところも、

これまでの人間関係も、

 

今まで持っていたモノ全て捨てた。

(布団と自転車以外)

 

 

 

全てを捨てた凪ちゃんは、ウィッシュリストに何も書けず、

 

「もしや、早まった!?」

 

 

 

と、絶望していましたが、凪ちゃんのこの行動、ちょっと極端だけど正解です。

 

 

やりたいことが分からない場合に、1番最初にやる必要があること。

 

 

それは、

 

「やりたくないことをやめる」

 

 

 

〇〇をしなきゃダメ、とか、

〇〇をしてはダメ、とか、

お母さんにどう思われるか?とか、

彼氏にどう思われるか?とか、

同僚にどう思われるか?とか、

 

心と頭の中を支配して埋め尽くしているこういう沢山の思いが、自分のやりたいことを見えなくしている原因です。

 

 

だから、自分に不要な思いをお掃除していく必要があります。

 

 

凪ちゃんは、

 

やりたくないこと、

関わりたくない人、

もう続けたくない自分、

 

全てを捨てることで、

 

やりたくないことをやめる環境を意図的に作りました。

 

 

そう、まずは「環境を作る」ことってすごーく大事です。

 

 

これまでの生き方って、もう心身に染み付いています。

 

潜在意識にガッツリと書き込まれています。

 

 

だから、無意識にしていたらすぐに今まで通りの癖が出てしまう。

 

 

実際、せっかく全ての人間関係を捨てたのに、慎二が凪ちゃんの家まで来たとき、凪ちゃんは、今まで通りの癖が出てしまいます。

 

 

強引に自分のペースに持っていき、凪ちゃんの家に上がり込もうとする慎二に、言いくるめられておつまみまで作ってしまい、笑顔で乾杯までしてしまいます。。。

 

 

 

無意識のクセって怖い。

 

 

でも凪ちゃんは、違和感と抵抗感がどんどん湧いてくる自分の心に途中で気づきます。

 

 

これでは今までと変わらない。

言いたいことを言わなきゃ!

 

 

そして凪ちゃんは勇気を出して言います。

 

慎二にやなことされても、言われても、何も言えなかった。
嫌われたくないから。
でも、もうそういうの、要らない。
そういう自分ごと全部要らない。
空気読みたくない。
だってたぶん空気って、読むものじゃなくて、吸って吐くものだと思うから。

 

 

凪からこの言葉を言われた慎二は、呪いの言葉を吐きます。

 

 

今までの自分全部捨てて、まっさらな自分になって、ありのままの自分を愛して下さいってか。

すべってんだよお前。

物捨てて引越ししたくらいで、人生リセットできてたまるかよ!

いいか?

お前は絶対変われない。

絶対に。

 

 

一瞬、凪ちゃんは慎二の呪いの言葉に呑み込まれそうになります。

 

 

でも、凪ちゃんは、

 

本気で変わりたい!

変わるんだ!

 

と、意を決して慎二に再度言い放ちます。

 

 

すべってても全然いい。

ありのままの私を愛してくれなくていいから。

今後一切、私に関わらないで!

 

 

変わりたい!!!

絶対に変わってみせる!!!

 

 

凪ちゃんの本気の覚悟が決まった瞬間。

凪ちゃんの腹が決まった瞬間でした。

 

 

おそらく、凪ちゃんにとって、

これが自分で自分のことを初めて守れた瞬間だと思います。

 

 

自分の気持ちに嘘をつかない。

嫌なことは嫌だと言う。

自分のことは自分で守る。

 

 

これを日々積み重ねて行くことで、練習して行くことで、

自分のやりたいことが少しずつ分かるようになって行きます。

 

 

実際、凪ちゃんは、

 

足立さんに言いたいことを言い返せるようになったり、

 

 

 

慎二にはっきりと「別れて下さい」と言えるようになったり、

 

 

 

自分の気持ちに嘘をつかない。

嫌なことは嫌だと言う。

自分のことは自分で守る。

 

 

という練習を、日々の中でコツコツと積み重ねて行きます。

 

 

そうしたらね。

 

7話で凪ちゃんは、カフェ併設型コインランドリーの夢を具体的に思い描けるようになりました。

 

 

 

そして、コインランドリーのオーナーさんに、自分の思いをしっかり言えるようになりました。

 

縁もゆかりもない人たちです。

私が布団ひとつでこの町に来てから、力になってくれたのは、縁もゆかりもなかった人たちです。

だから今、このご縁を大事にできたらって。

でもって言ってやらない理由を並べて、新しいことをしない方が楽だけど、ずっとそうしてきたけど、それじゃ見られない景色があると思うから。

 

私のウィッシュです。

洗濯を待っている間に、ホッと一息つける場所があったらって。

何でもないおしゃべりをしたり、美味しいコーヒーを飲んだり、ただ一人でボーっとしたり。
忙しくても、いっぱいいっぱいでも、一日の中にもしそういうちょっとした、お暇の時間があったらなって。

そういう場所を作れたらって。作りたいなって。

わたし、やってみたいんです!コインランドリー。

 

 

凪ちゃん、めっちゃ成長!!!

 

 

自分のやりたいことが分からない。

 

 

そういう場合は、

 

やりたくないことをやめよう。

 

 

だけど、これにはコツコツ練習が必要。

 

 

だから、

 

やりたくないことをやめる環境を意図的に作ってあげられたら、

 

なお良し~~~!!!

 

 

です(^^)

 

 

 

 

まじかるクラウンユリコバ★オンラインサロン

 

表に書いてないこと・書けないことをサロン内でシェアしてます。

動画コンテンツ、コラム、お話会やランチ会 などなど。

 

+‥‥‥‥‥‥‥+

 

《10月以降の予定》

 

オンラインお話会・オンライン飲み会

 

11月あたりにまたランチ会しようと思う~。

 

+‥‥‥‥‥‥‥+

 

サロン内容の詳細はこちらをどうぞ♡

↓↓↓↓↓

 

ユリコばなし(ユリコバ)オンラインコミュニティ

 

テーマは「高橋ゆりこの人生から学ぶ」

私の実体験をひたすらシェアしまくる場です。

 

★無料メールセミナー
「大切にされる妻になる魔法の言葉(全10通)」1週間に1回メールが届きます。
【現在1709名ご登録頂いています 】  

 

LINE

ご質問やご感想など、お気軽にメッセージ下さい(^^)

友だち追加

 

今の状況を紐解き打開する個人コンサル(ZOOM)
 募集は不定期です。次回募集時期は未定です。

 

こんにちは。高橋ゆりこです。

 

ご要望にお応えして、

 

「凪のお暇」心理学的分析記事を書き始めました~。

 

 

今回は、我聞慎二くんに注目したいと思います。

 

 

 

慎二は、典型的なモラハラ彼氏です。

 

自分の欲求に応えるよう凪に空気を読ませて自分に従わせ、

ときに凪に暴言を吐きます。

 

 

凪と慎二が付き合っているときの描写や、

凪が話す慎二とのエピソードからも、

 

凪が消えたあと、

慎二が凪を見つけてからの凪への態度や言動からも、

 

 

慎二は、

 

「凪のことを自分にとって都合の良い女としか思っていない。」

 

ようにしか見えません。

 

 

凪に対する愛情とか優しさとかが、ひとつも見えない。

凪にも伝わっていない。

 

 

だけど、

1話の最後、スナックバブルで慎二は号泣してこう話すのです。

 

見ちゃったんだよ。

付き合い始めの頃、俺にバレないようにスゲー早く起きて、1時間以上かけて…(髪の毛をまっすぐにしてた)。
あいつのそれめっちゃケナゲで…。

俺そん時思っちゃったんだよね。
こいつのこと一生守る!って。

俺そいつのことめっちゃ好きだったー。

 

 

 

 

1話のこの場面を観て、私には2つ疑問が湧きました。

 

・なぜ慎二は、
凪のこの様子を見て「こいつのこと一生守る」と思ったのか。

 

・なぜ慎二は、
一生守ると思うくらい大好きな凪のことを大切に扱えないのか。

 

 

今回は、

 

なぜ慎二は、
凪のこの様子を見て「一生守る!」と思ったのか。

 

について、考察してみます。

 

 

3話で、慎二は従弟の結婚式に両親と一緒に列席します。

 

親戚が集まった場で一生懸命空気を読んで、

駆けずり回る慎二の姿が描かれています。

 

 

 

老若男女それぞれの親戚ひとりひとりに対して、

相手が喜ぶ言葉を言って回る慎二の姿を見て、

 

 

慎二も凪と一緒じゃん。

凪に冷たいのは近親憎悪?

 

と思いました。

 

 

が、ちょっと違いました。

 

 

慎二の心の中の声が出て来る場面で、

慎二が家族に対して本当はどう思っているか?が分かります。

 

 

 

母さん、また顔いじったな…。
父さん、外に愛人4人と子どもまで居ますけど…。
長男はトンずら、消息すら不明。
理想の家族ショー。
イワシみたいに滑稽。

 

 

 

 

慎二の家族は、表向きは理想の家族として取り繕っているだけで、

実際は家族バラバラ。

 

 

7話では、慎二はお母さんとこんなやり取りをしています。

 

「父さんは?」

「あっちのお家じゃない?こっちのこと関心あるわけないでしょ」

「俺が何とかするから」

 

 

 

このあと慎二は、お母さんのために、

兄「ぎゃもん慎一」をどうにかしようと奔走するのです。

 

 

慎二は、

 

一生懸命両親の顔色伺って、

お母さんの気持ちを察して、

 

必死に両親のために家族が良く見えるように頑張ってるのに、

 

 

お父さんも、お母さんも、

慎二の頑張りをねぎらってくれない。

 

慎二がそんなにも頑張ってることに、全く関心がない。

 

 

慎二がどんな気持ちなのか?

誰も関心を持とうとしない。

 

 

お父さんも、お母さんも、

関心があるのは自分の体裁のことばかり。

 

 

会社では営業トップでエースだけど、

注目を浴びてるのは、慎二の業績だけ。

 

誰も、慎二自身には関心を持っていない。

 

 

その証拠に、7話で慎二が仕事でミスをしたとき、

 

「我聞さんなら何とかなりますって」

 

と言うだけで、

慎二がどんなに頼み込んでも、

長い付き合いの同僚は誰も慎二を助けてはくれなかった。

 

 

慎二に好意を寄せている市川さん以外は。

 

 

慎二も凪も、場の空気を必死に読む。

決して自分の心を相手に開かない。

そこは同じ。

 

 

凪と慎二が違うのは、

 

慎二には、場の空気を読んで、

違う空気を創り出したり、変えたり、引っ張る力があった。

 

 

だけど、根っこは凪も慎二も一緒なんです。

 

 

心を開かないから本当の友だちがいない。

家族には依存されるばかりで信頼できない。

誰も自分の気持ちを分かろうとしてくれない。

 

 

そんな慎二にとって、

 

慎二が大好きだと言ったサラサラで真っ直ぐな髪の毛を、

慎二のために、早起きして一生懸命作っている凪の姿は、

 

「俺の気持ちを思って、俺のために頑張ってくれている」

 

と感じて、強く心を打ったのだろう。

 

 

たぶん、慎二にとって凪ちゃんは、

初めて自分の気持ちを分かろうとしてくれた人だったのかもね。

 

 

だから、「一生守る!」と思うくらい大好きだった。

 

 

それなのに、慎二は、

素直に凪のことを大切に扱うことができなかった。

 

 

切ない!

ちょー不憫!

 

 

 

なぜ慎二は、
一生守ると思うくらい大好きな凪のことを大切に扱えないのか。

 

については、また今度(^^)

 

 

 

まじかるクラウンユリコバ★オンラインサロン

 

表に書いてないこと・書けないことをサロン内でシェアしてます。

動画コンテンツ、コラム、お話会やランチ会 などなど。

 

+‥‥‥‥‥‥‥+

 

《10月以降の予定》

 

オンラインお話会・オンライン飲み会

 

11月あたりにまたランチ会しようと思う~。

 

+‥‥‥‥‥‥‥+

 

サロン内容の詳細はこちらをどうぞ♡

↓↓↓↓↓

 

ユリコばなし(ユリコバ)オンラインコミュニティ

 

テーマは「高橋ゆりこの人生から学ぶ」

私の実体験をひたすらシェアしまくる場です。

 

★無料メールセミナー
「大切にされる妻になる魔法の言葉(全10通)」1週間に1回メールが届きます。
【現在1709名ご登録頂いています 】  

 

LINE

ご質問やご感想など、お気軽にメッセージ下さい(^^)

友だち追加

 

今の状況を紐解き打開する個人コンサル(ZOOM)
 募集は不定期です。次回募集時期は未定です。