宇宙心理学研究所。

宇宙心理学研究所。

夫婦、親子、恋愛、お金、仕事。
起きている現実は100%自分の潜在意識を映す鏡です。
心理学・宇宙の正負の法則・量子力学をもとに、起きている現実と意識の謎を解き、新時代を思い通りに生きる方法を提案します。

★無料メールマガジン
「幸せ体質に変身!心をほどくメールマガジン(不定期)」
【現在1709名ご登録頂いています

悩みの根源を成仏させて光を見いだすコンサル
次回の募集は2021年3月31日にメルマガにて募集します

ユリコバ☆オンラインサロン
次回の募集は2021年2月27日にメルマガにて募集します
テーマは「高橋ゆりこの人生から学べ!」
瞑想会やお話会などなど、オンラインで楽しく活動中です(^^)

こんにちは。高橋ゆりこです。

 

 

どんなとき「気を使う」?

気を使う相手ってどんな相手だろう?


義母さんとか、夫とか、偉い人とか?


何で気を使うんだろう?

その理由は?


 

例えば、


「嫌われたくない」

「怒られたくない」

「不機嫌になって欲しくない」


というような、


【恐れ】が元になっている「気を使う」だと、


恐れ=マイナス意識 なので、

マイナスに作用しやすいです。



嫌われないようにするために、

怒られないようにするために、

不機嫌にならないようにするために、


「気を使う」



これって、

自分を守るために、

相手をコントロールする意識です。


だから、マイナスに作用しやすい。


相手は、

頭では明確に認識していなくても、

感覚として居心地の悪さを感じたり、

相手に対する信頼感を持てなかったりします。



そりゃそうよね。


「あなたのために」という体で、

「自分のために自分を守ろうとしている」


わけだから、

そりゃ不快に決まってる。



え?なに?

あなたのためにとか言ってるけど、

自分のためにやってんじゃん?

恩を着せてこないでよ。


ってなりますよね。


もちろん、無意識下のことなので、

明確に自覚はできていないけど、

何とも言えない不快感がある。


 

「気を使う」って、

えてしてこういう構図になりやすいので、

マイナスに作用しやすいんですね。



でも、

「気を使う」は、絶対にマイナスなのか?

というと、そうではありません。


(嫌われないためにではなく純粋に)
 


「心地よく過ごして欲しい」

「相手に喜んでほしい」


などの、相手に対する愛が元になっている、

「気を使う」でしたら、


相手が心地よく過ごせなかったとしても、

相手が喜ばなかったとしても、


【自分が相手のためにしたくてしただけのこと】なので、

相手に対して、自分の望むリアクションを求めない。


そのため、

プラス意識ですので、プラスに作用します。



でも、多くの場合は、

「心地よく過ごして欲しい」

「相手に喜んでほしい」


と、自分がやりたくてやっているだけなのに、

相手に望むリアクションを求めてしまっていたりしません?


そうすると、

これもコントロールですから、
 

【恐れ」じゃなくて【愛】が元の意識だけど、

マイナスに作用します。



相手との間にどれだけ境界線が引けているか?

どれだけ精神的に自立できているか?


によって、

ここに難しさを感じる度合いも変わってきます。


難しさを感じる場合は、

気を使ってるな、と自覚があるときに、

自分の意識を観察してみるといいですよ。


「何のために」気を使っているのか?

どうなることを望んで、または、恐れて、気を使っているのか?

相手が期待通りの反応をしなかったとしたら、どう思うか?



自分はどんな意識で「気を使っているのか」


その結果、

プラスの結果になったのか。

マイナスの結果になったのか。


観察して検証してみてくださいね。


ちなみに、

気を使わない=相手に対して失礼なことをしてもいい

ではないです。

 

それは、

「敬意を払っていない」とか「見下している」だよね。



ここを混同している場合も多いようです。


今一度、

自分の中の「気を使うの定義」


気を使うとは、

具体的にどういうことをすることなのか?

どういう状態を指しているのか?


ここを明確に具体化してみるといいですね。


せっかく、

自分の大切なエネルギー使って、

相手に一生懸命気を使っても、


それがマイナスに作用するんじゃ、

もったいないじゃない?


いつも気を使ってるのに物事がうまく行かない!

という場合は、


自分にとっての「気を使うの定義」を、

洗い出してみるといいですよ~。


ブログの過去記事で、

「気を使う」関連は山ほど書いてるので、

こちらも参考までにどうぞ。


「良かれと思って」はろくなことにならない。
 

 

 

 

 

 

 

ユリコばなし(ユリコバ)オンラインコミュニティ
メルマガにて募集中。本日まで。
テーマは「高橋ゆりこの人生から学ぶ」

私の実体験をひたすらシェアしまくる場です。

 

 

 

 

シェア・リプログ大歓迎ですキラキラ

お知らせ頂かずとも、ご自由にどうぞ。

 

 

 

 

クローバー高橋ゆりこの情報はメルマガを中心に発信しています。

 

メルマガは多くの方に読んで頂いております。

 

「長いのに面白い!」

「小説のようで読んでて楽しいです」

「メルマガが届いてたらルン♪ってなってます」

 

と大変ご好評頂いております。

 

ほぼ毎日、正午に配信中。

 


個人コンサルや講座、オンラインサロンやイベントの募集は、メルマガのみでご案内することがほとんどです。


ぜひメルマガ登録しておいてください(*^^*)

 

もちろん無料で、要らなくなったら即解除できます。

 

 

「高橋ゆりこ公式メルマガはこちらから」↓

 

 

 

★無料メールマガジン 
幸せ体質に変身!心をほどくメールマガジン
【現在1709名ご登録頂いています 】  

 

 

UMIマスターコース13期の詳細はこちら
 満席+3名で締め切りました。14期は夏に開講予定です。
 13期は107名で始動。 
 3ヶ月の全過程がオンラインです。
 世界中、日本中、のどこからでも受講できます。

 

 

 

PC 音声チャンネル

 

【stand.fm】

 

 

 

 

【youtube】

 

HSPあるある「実は旅行が苦手です」

 

HSPが旅行が苦手な原因と対策について、

私の実体験を例えにしてお伝えしています。

 

音声動画の背景は、

先日家族旅行で行ったマザー牧場で撮影しました(笑)

 

 

 

 

個人コンサル継続・単発コース(ZOOM)
 満席です。
 募集は2021年3月31日にメルマガにて行います。

 

こんにちは。高橋ゆりこです。

 

昨日の早朝からメルマガスタンドのサーバー障害で、

 

メルマガが配信できない状況です。

 

※さきほど復旧しました

 

 

お問い合わせをしたところ、

 

もう不具合は解消してるけど、

 

一部のプロバイダでは最大72時間影響が続くらしい。

 

 

もうこれは、

 

誕生日はゆっくりしろというメッセージですな。

 

 

というわけで、

 

メルマガ書けないのでお休みでーす。

 

 

ほぼ毎日正午にお届けしていましたが、

 

こんな形でメルマガを配信できない日があるとは。

 

 

せっかくなので、ブログもお休みしまーす(^^)

 

 

と思ったけど、

 

メルマガ配信できそうなので書きました。

 

 

ブログにはちょっと書けない感じの内容なので、

 

今日のメルマガの内容は、メルマガでだけ読めます。

 

 

いつもどおり、正午に配信しまーす(^^)

 

 

ではでは。

 

 

 

 

ユリコばなし(ユリコバ)オンラインコミュニティ
2021年2月27日よりメルマガにて募集中。3/7まで。
テーマは「高橋ゆりこの人生から学ぶ」

私の実体験をひたすらシェアしまくる場です。

 

 

 

 

シェア・リプログ大歓迎ですキラキラ

お知らせ頂かずとも、ご自由にどうぞ。

 

 

 

 

クローバー高橋ゆりこの情報はメルマガを中心に発信しています。

 

メルマガは多くの方に読んで頂いております。

 

「長いのに面白い!」

「小説のようで読んでて楽しいです」

「メルマガが届いてたらルン♪ってなってます」

 

と大変ご好評頂いております。

 

ほぼ毎日、正午に配信中。

 


個人コンサルや講座、オンラインサロンやイベントの募集は、メルマガのみでご案内することがほとんどです。


ぜひメルマガ登録しておいてください(*^^*)

 

もちろん無料で、要らなくなったら即解除できます。

 

 

「高橋ゆりこ公式メルマガはこちらから」↓

 

 

 

★無料メールマガジン 
幸せ体質に変身!心をほどくメールマガジン
【現在1709名ご登録頂いています 】  

 

 

UMIマスターコース13期の詳細はこちら
 満席+3名で締め切りました。14期は夏に開講予定です。
 13期は107名で始動。 
 3ヶ月の全過程がオンラインです。
 世界中、日本中、のどこからでも受講できます。

 

 

 

PC 音声チャンネル

 

【stand.fm】

 

 

 

 

【youtube】

 

HSPあるある「実は旅行が苦手です」

 

HSPが旅行が苦手な原因と対策について、

私の実体験を例えにしてお伝えしています。

 

音声動画の背景は、

先日家族旅行で行ったマザー牧場で撮影しました(笑)

 

 

 

 

個人コンサル継続・単発コース(ZOOM)
 満席です。
 募集は2021年3月31日にメルマガにて行います。

 

こんにちは。高橋ゆりこです。

 


6年以上前、

私は夫と子どもの監視員でした。


子どもに対しては、


ちゃんとしたご飯を食べさせなきゃ。

生活リズムが乱れないよう注意しなきゃ。

ゲームばっかりしないように気をつけなきゃ。


これらの意識を常に向けていました。


ずーーっと監視してる状態。


そして、

夫に対しても、


機嫌が良し悪しや、

どのくらい疲れているのか?


を注意深く監視しながら、


夫のお世話をしたり、

夫のリズムに合わせてた。



私の意識は、

子どもと夫に全集中!



24時間365日全集中!

すげー仕事熱心な監視員。



その分、

自分には意識が1ミリも向いてなかった。



自分で監視員をやっているのに、


私の仕事が増える!

私のペースが奪われる!

私の時間が奪われる~~~!!



みんなは、自分の好きなように過ごせていいわね!

私には自由はないのかーーー!!!


って、むっちゃくちゃイライラしていたんです。


分かります?


こういうのを、


自作自演っていうんです。



自ら監視員をやっている

意識を子どもと夫に全集中

そのため自分に1ミリも費やせない

ムキー!
なんで私にだけ自由も時間もないんだー!!!



え?バカなの???(笑)



私の時間を奪っているのは私。

私の自由を奪っているのも私。



お前だー!




ちゃんとしたご飯を家族に食べさせないと!とか、

生活リズムが崩れないように気をつけなきゃ!とか、

ゲームばっかりしないよう注意しなきゃ!とか、

夫が機嫌悪くならないようにしなきゃ!とか、

夫の疲れを癒してあげなきゃ!とか、

夫のペースに合わせなきゃ!とか。



なんかそういうの全部。


何のためにやってんだ!?

誰のためにやってんだ!?


って話。



当時はね。


家族のために、

私は休日も休みなく、

家事や育児をしてあげている。


って思ってた。



のんのんのん。



これって、

家族のためにじゃないよね。


私のためだったよね。



子どもに対する不安とか、

夫に対する恐れとか、


そういうものを感じたくないため。


自分の不安や恐れを埋めるため。



先回りして、

ひとりで色んな役割こなして、

疲弊して、

私の自由と時間が奪われてる!!!


ってイライラしてた。



でもこれってさ。


先回りして

本人が自分で考える機会や力を奪ってる。


ひとりで色んな役割こなして、

それぞれの役割を勝手に奪ってる。


ってことなんだよね。


で、

ひとりで勝手に疲弊してイラついてんの。



子どもと夫は、

すげーとばっちり。。。



私が、ひとりで全て抱え込んで、

イライラしてピリピリしてたら、

そりゃあ夫婦関係も悪化するし、

子どもも不安定になるよね。



私を苦しめていた現実は、

私の意識と行動の結果だったんだなぁ。



夫と子どもの監視員をやめてからは、

とっても平和です。


夫婦関係に至っては相当変わった。


ずっと離婚することしか頭になかったけど、

今となっちゃ、そんなこと微塵も思わない。


子どもも、

自分で考えて、

自分のタイミングやペースで、

物事に取り組むようになったので、


子どもに対してイライラすることが、

格段に減りました。

(ま、イライラすることも結構ありますけど 笑)



夫と子どもの監視員。

してませんか?


この監視員の仕事、

自分の意識を全集中で投入してるのに、

マイナスな結果しか生まないので、


割に合わないから、

やめた方がいいよ~。

(経験者は語る)

 

 

 

 

 

ユリコばなし(ユリコバ)オンラインコミュニティ
2021年2月27日よりメルマガにて募集中。3/7まで。
テーマは「高橋ゆりこの人生から学ぶ」

私の実体験をひたすらシェアしまくる場です。

 

 

 

 

シェア・リプログ大歓迎ですキラキラ

お知らせ頂かずとも、ご自由にどうぞ。

 

 

 

 

クローバー高橋ゆりこの情報はメルマガを中心に発信しています。

 

メルマガは多くの方に読んで頂いております。

 

「長いのに面白い!」

「小説のようで読んでて楽しいです」

「メルマガが届いてたらルン♪ってなってます」

 

と大変ご好評頂いております。

 

ほぼ毎日、正午に配信中。

 


個人コンサルや講座、オンラインサロンやイベントの募集は、メルマガのみでご案内することがほとんどです。


ぜひメルマガ登録しておいてください(*^^*)

 

もちろん無料で、要らなくなったら即解除できます。

 

 

「高橋ゆりこ公式メルマガはこちらから」↓

 

 

 

★無料メールマガジン 
幸せ体質に変身!心をほどくメールマガジン
【現在1709名ご登録頂いています 】  

 

 

UMIマスターコース13期の詳細はこちら
 満席+3名で締め切りました。14期は夏に開講予定です。
 13期は107名で始動。 
 3ヶ月の全過程がオンラインです。
 世界中、日本中、のどこからでも受講できます。

 

 

 

PC 音声チャンネル

 

【stand.fm】

 

 

 

 

【youtube】

 

HSPあるある「実は旅行が苦手です」

 

HSPが旅行が苦手な原因と対策について、

私の実体験を例えにしてお伝えしています。

 

音声動画の背景は、

先日家族旅行で行ったマザー牧場で撮影しました(笑)

 

 

 

 

個人コンサル継続・単発コース(ZOOM)
 満席です。
 募集は2021年3月31日にメルマガにて行います。

 

こんにちは。高橋ゆりこです。

 

 

今日は、

子どもの葛藤を奪わない方が良い。


という体験をして改めて感じたこと。


 

我が家の次男(6才)くん。


4月から小学生になります。


 

今、保育園では、


卒園式の練習や準備の真っ最中。


それを、全部拒否していました。


 

卒園式のお歌の練習とか。


「大きくなったら何になりたいです」っていうとか。


保育士の先生にあげるメッセージカードを書くとか。


 

全拒否。


 

そして。


ここ2週間ほど、

次男のほっぺと手首と手の甲が、

赤くカッサカサになっていました。



皮膚は、五行(木火土金水)では、

「金」にあたる臓器です。



望診法で見ても、

ほっぺは「肺」の反射区です。



手の甲はちょっと分からないのだけど、



「金=肺」が司る感情は「悲しみ」



次男はすごく悲しいのかな?と思いました。

 


ふと、本人に気持ちを聞いてみました。



「卒園式の練習、したくないの?」


「うん。したくない。」


「小学生になるの不安?」


「小学生になるのは不安じゃないよ。」


「そっか。」


「胸がぎゅってなる。」


「悲しくなっちゃうの?」


「悲しい?うーん?寂しい。のかな?わかんない。」


 

4月から通う小学校には、

彼が0才のときから、

今の園で仲良く一緒に育ってきた、

仲良し(悪ガキ)6人衆は、

誰も行かないのです。



みんなバラバラになるの。



もちろん、先生たちもいない。



そのことが、次男は、

自覚として認識はできていないけど、

きっと悲しいのだろう。

 

 

次男本人は、まだ幼くて自覚がないけど、

間違いなく感情が身体の症状に表れてる。

 


 

そっか。


寂しいね。


うん。さみしいね。

 


って私は言いました。

 


大昔の私だったら、

 


「小学校ではもっと仲良くなれる友達ができるから大丈夫だよ」とか、

 

「寂しいのは分かるけど、卒園式の練習はしないとダメだよ」とか、

 

「メッセージカードもらえなかったら先生悲しむよ」とか、

 


クソみたいなアドバイスを、

ごちゃごちゃうるさく言っていたであろう自信がある。
 

(どんな自信だよ 笑)


 

でも、今は言わない。



寂しいね。


うん。


 

と、ただ聞いている。


 

彼はまだ6才。


6年の人生の経験値を持っている。


 

0才から6年間通った保育園。


そこで出会った友だちと先生は、

彼の世界のすべて、

と言っても過言ではない。



その大切な世界との別れを、

存分に寂しがることを、


私が勝手に奪っちゃいけない。


 

寂しいよ。


嫌だよ。


もっと一緒に居たいよ。


せつないよ。


別々になりたくないよーーー!!!


 

という気持ちを、

彼には存分に感じる権利がある。


 

「次男くん、卒園式全拒否中なんだよ」


と、長男(中3)に伝えたところ、

「どうして?」と聞かれたので、


 

「お友だちと先生と離れることがさみしいんだって。

だから、卒園式したくなかったらしなくても大丈夫だよって言ったの」


と答えたら、

 


「気が済むまで寂しい気持ちを味わえばいいよね。

大きな世界を失うんだもの。俺もそれでいいと思う。」と返ってきた。


 

なんか、この長男の言葉を聞いて、

母ちゃんはめっちゃ嬉しかったよ。

 


さっきさ。


大昔の私なら、

クソみたいなアドバイスを

ごちゃごちゃうるさく言っていた自信がある

って書いたじゃん?


 

 

 

 

 

 

長男に言っちゃってたんだよ。私。

 


(どーん)

 


(どーん じゃねえよ!)

 

 


長男は、

群馬県太田市で保育園に4年間通い、

小学校に上がるタイミングで、

松戸に戻ってきました。



そのため、

小学校には保育園の友だちは1人もいない。



いないどころか、

太田と松戸では離れすぎているため、

気軽に会うこともできない距離に離れる。



そんな彼にとっては、

辛く苦しい人生初めての大きな別れなのに、


 

「大丈夫だよ」


「また沢山仲良し出来るよ」とか、



私はまだ6才だった長男に、

私はごちゃごちゃ言ってしまったんだ。


 

松戸に戻る理由は、

私の父が急逝し、

私が事業を継ぐために、

松戸に戻る必要があったから。



その罪悪感を埋めたくて、

寂しがる長男の姿を見たくなくて、

私は、彼の気持ちを取り上げようとしちゃったんだよ。

 

「子どものため」を装った、

母親の罪悪感を埋める手段に使っちゃったんだよ。

 

6才のあの頃の長男に言いたい。



心の底からごめんなさい。


 

でも、その後、

私は心のことを学び、

勝手に子どもから課題を取り上げてはいけないことを知り、


そこからは、

できないながらも、

ダメ母ちゃんは試行錯誤して、

長男の課題を奪わないように努めてきた。


長男の気持ちを尊重するよう努めてきた。


(できていないときは今でもある)


 

幼い長男を育てる過程で、

いろいろ母ちゃんはやらかしてきたし、


課題を取り上げたり、

気持ちを蔑ろにしたり、

沢山してきてしまった。

 
 

でも、

その後の長男との関わり方が、

ちゃんと彼の中に作られている。



という欠片が見えたような気がして、

とても嬉しかったのでした。


 

そして、

寂しいねって、

うんうんって、

聞いていただけだったけど、


先週後半から次男は、

卒園式の練習に参加するようになったそうです。



まだ、ほっぺと手首は、

カサカサなままだけどね。


 


気持ちを受け止めてあげるだけでいい。


他には何も言わなくていい。



どうするかは、子ども自身が自分で考えるから。

 


そんなことを、

ここ2週間ほどの出来事の中で、

改めて再認識させてもらえたのでした。
 



 

ユリコばなし(ユリコバ)オンラインコミュニティ
2021年2月27日よりメルマガにて募集中。3/7まで。
テーマは「高橋ゆりこの人生から学ぶ」

私の実体験をひたすらシェアしまくる場です。

 

 

 

 

シェア・リプログ大歓迎ですキラキラ

お知らせ頂かずとも、ご自由にどうぞ。

 

 

 

 

クローバー高橋ゆりこの情報はメルマガを中心に発信しています。

 

メルマガは多くの方に読んで頂いております。

 

「長いのに面白い!」

「小説のようで読んでて楽しいです」

「メルマガが届いてたらルン♪ってなってます」

 

と大変ご好評頂いております。

 

ほぼ毎日、正午に配信中。

 


個人コンサルや講座、オンラインサロンやイベントの募集は、メルマガのみでご案内することがほとんどです。


ぜひメルマガ登録しておいてください(*^^*)

 

もちろん無料で、要らなくなったら即解除できます。

 

 

「高橋ゆりこ公式メルマガはこちらから」↓

 

 

 

★無料メールマガジン 
幸せ体質に変身!心をほどくメールマガジン
【現在1709名ご登録頂いています 】  

 

 

UMIマスターコース13期の詳細はこちら
 満席+3名で締め切りました。14期は夏に開講予定です。
 13期は107名で始動。 
 3ヶ月の全過程がオンラインです。
 世界中、日本中、のどこからでも受講できます。

 

 

 

PC 音声チャンネル

 

【stand.fm】

 

 

 

 

【youtube】

 

HSPあるある「実は旅行が苦手です」

 

HSPが旅行が苦手な原因と対策について、

私の実体験を例えにしてお伝えしています。

 

音声動画の背景は、

先日家族旅行で行ったマザー牧場で撮影しました(笑)

 

 

 

 

個人コンサル継続・単発コース(ZOOM)
 満席です。
 募集は2021年3月31日にメルマガにて行います。

 

こんにちは。高橋ゆりこです。

 

 

先日、Facebookのタイムラインに、

シェアされた投稿が流れてきました。


ものすごーく共感したので、

Facebookでもシェアしたのですが、

ブログでもシェアしますね。


強く共感した部分を太字にしてみました。


 

【意味がわかるかどうかわからないけれども、書いて残しますね】


(わかって欲しいけど、ホント、難しいから)


朝、「ツタヤにDVDを借りにいきます」と言うてきました。
「16時出発です」


私が帰ってくるのが、16時だからです。
ちゃんと家族の都合を考えて計画をします。


いざ、時間通り出発しました。


コミュメモポーチのみとおしメモに、
スケジュール(彼は予定と言います)には、
「ツタヤ」「100円ショップ」と書かれていました。

ツタヤに行く車の中で、
ダダさん、「あ、間違えた」と呟きました。

横を見ると、財布に入っていたのは、
ツタヤのカードではなくて、ジョーシンのカードでした.


「失敗した.間違えた」と少し困った声。


どうするんだろう?
引き返すのかな?それとも、やめちゃうのかな。

こんな時にね、
大昔の私だったら、こう思うんですよ。

『私のTポイントカードを使えば、借りられるよ』と。

代わりに借りてしまえば、
それで、まあるく収まるかも。

小学生の頃だったら、
そうしていたかもしれません。

でも、もう、そんなこと、
今は、もちろんしません。

黙って運転していたら、

 

「じゃあ、DVDはやめて、サーティーワンでアイスクリームを食べよう」


と、自分で落とし所を見つけたようです。
早くなったなと思います。

昔なら、長く苛立っていたかもしれないから。
 

(でも、自分のミスだからね。人からさせられたことでのミスだと、こうはいかないと思うけど)



ダダさんは、ツタヤに入っていくと、
そのままサーティーワンアイスクリームのカウンターに行きました


その後ろ姿を見て、また、思い出すことがありました.


もし、
「間違ってジョーシンのカードを持ってきて、Tポイントカードを忘れている」ことを、私が気がつかなかったら。

彼が車の中で、口に出して、呟かなかったら。

大昔の、そう、小学生くらいだったら。

 

「どこ行くの?DVDを借りるのは.あっちでしょ。
そっちはアイスクリーム屋さんよ。あとでね」


とかなんとかで、向きを変えさせていたでしょう。

 

いつも

「障害のある方が間違っている。そんなに考えていない」

という意識が、いつも自分たちにあって、


そうして「本人の想い」に気づかないまま、
遮っていたこと、
勝手に動かしていたことは、
多かったのだろうなと、
 

申し訳ないことをしていたなと、詫びてしまいます。

 

店頭で自分一人で注文し、
アイスクリームをカップで買って、
車に乗り込み、
みとおしメモに書かれた「100円ショップ」に移動しました


いつもとは違う、車の少ない駐車場。

何かあったのかな?と思ったら

「棚卸しで臨時休業」でした。

ダダさんも店のドアまで行き、
貼られている案内を読んで、
「臨時休業」とつぶやいて、

車に乗り込んで、
「じゃあ、帰ろう.残念」


ほんと、残念ね。
泣きっ面に蜂だわね。

(Tポイントカードを忘れた上に、100円ショップはお休みなんだもの)。


で、ここでも、思いだすんです。
「残念」と呟かなかった、小さい頃のこと。

欲しかったものがあったはずだ。
 

それが手に入らないとなると、
イライラするんじゃないか?

それなら、
別の100円ショップに寄ったらどうだろう?
喜ぶんじゃないか?


(ダブルでダメだったんだし)

特別にコンビニでも寄って、
お菓子を買えば、気も紛れるかも?



でも、それって、
子供のためを思っているのではなくて、
イライラされたくない親が自分のために、
考えつくんですよ。

優しい親の姿なんて、
たいていそんなものなのです。


そうして、
フォローをすると、
フォローされない時には、
イライラするようになるんです。


同一保持が起こるから。



特性を知らないって、
ものすごく無責任なんですよね。

 

『しくじり思春記』に書いた、
キオスクで買う時刻表の話。

小さい頃は、
キオスクが休みだった時には、

私が、
「ツタヤに行く?それとも明日また来ようか?」
と選択肢を伝えて、
 

本人に選んでもらっていました。

それと同じことを、
ダダさんが思春期の頃にしたんですね。

キオスクの前ではニコニコしたけど、
車の中で、私の顔を殴ってきました。

そりゃそうですよ。
 

自分で考えようとしているのに、
それもさせないのか。

私は、彼の葛藤を、
「良かれと思って」で、取り上げてしまったのだから。

 

あの時のことを、
10年経った今も思い出します。

私は、もう、
あなたの葛藤を取り上げたりはしませんよ。

 

Tポイントカードを忘れようが、
100円ショップが閉まっていようが、

それは、全て、
ダダさん、あなたのものだから。

思春期、
特に最近は青年期の相談によくのっています。

手立てをしているけれども、
行動障害がなくならない。

その原因の多くが「監視する目」によるストレスです。

 

良かれと思う親心。
手をかけ目をかけするのが支援者の仕事。

そんなの自己満足です。

そうすることで、
彼らはいろんなことを「取り上げられて」いるんです。


「自分で解決できない」状態にさせられている。



「葛藤を取り上げる」
つまり「人権侵害」なんですよ。

 

私もこうして「見てる」でしょ。
ダダさんの様子を、物語にできるくらいに。


それほど、根深いんですよ「監視する目」は、ね。


そんな簡単にはなくならない。
でも、無くさなくていいわけではないんです。

私は気づきました。
だからこそ、書いて知らせたい。

自分の失敗を話すのは恥ずかしいけど、伝えたい。

思春期以降は、離れましょう。
言われないのなら、何もしないでおきましょう。

本人のものを取り上げないでください と。
今日も、書きましょう。


私たちは、解放されて、とてもシアワセですよ。

至ることができると、
本当に、平和でシアワセです。

 

 

これは、

奥平綾子さんという方の投稿でした。



太字にしたところ、

本当に心から激しく共感しました。


この文章の中に出てくるダダさんは、

障害のある方のようですが、


障害の有無に関係なく、

親は子どもに対して、


「子ども本人の想い」に気づかないまま、

勝手に遮ったり、勝手に動かしたり、

してしまう。


 

子どものためではなくて、

イライラされたくない親が自分のために、

子どもをフォローする。

だから、フォローされない時には、

子どもはイライラするようになり、

悪循環のスパイラルに嵌る。




自分で考えようとしているのに、

子どもの葛藤を、

「良かれと思って」取り上げてしまう。


 

子どもの様子を、物語にできるくらいに、


「監視する目」を子どもに向けている。


 

もうね。

刺さりすぎて痛い。


親は、

子どもに幸せであって欲しいし、

快適であって欲しいし、

スムーズに人生を生きて欲しい。

そう願っている。


でも、それは、

「親の願い」

「親の希望」

なんだよね。


どんなマイナスな感情も、

どんな葛藤も、


子どもの身に起こることは、


プラスであろうと、

マイナスであろうと、


全て子ども自身のもの。



成長に必要だから、

人生に必要だから、

起きていることなんだよね。



親が、

「マイナスだから」という理由で、

勝手に子どもから取り上げちゃいけないんだ。



重々分かっている。


同じ意味のことを、

講座でも、

メルマガやブログでも、

私は伝えてきている。


だけど、

それでも、

やってしまうときがある。


だから、改めて肝に銘ずる。



子どもの身に起こることは、


プラスであろうと、

マイナスであろうと、

全て子ども自身のもの。


親が、

「マイナスだから」という理由で、

勝手に取り上げちゃいけない。



 

ユリコばなし(ユリコバ)オンラインコミュニティ
2021年2月27日よりメルマガにて募集中。3/7まで。
テーマは「高橋ゆりこの人生から学ぶ」

私の実体験をひたすらシェアしまくる場です。

 

 

 

 

シェア・リプログ大歓迎ですキラキラ

お知らせ頂かずとも、ご自由にどうぞ。

 

 

 

 

クローバー高橋ゆりこの情報はメルマガを中心に発信しています。

 

メルマガは多くの方に読んで頂いております。

 

「長いのに面白い!」

「小説のようで読んでて楽しいです」

「メルマガが届いてたらルン♪ってなってます」

 

と大変ご好評頂いております。

 

ほぼ毎日、正午に配信中。

 


個人コンサルや講座、オンラインサロンやイベントの募集は、メルマガのみでご案内することがほとんどです。


ぜひメルマガ登録しておいてください(*^^*)

 

もちろん無料で、要らなくなったら即解除できます。

 

 

「高橋ゆりこ公式メルマガはこちらから」↓

 

 

 

★無料メールマガジン 
幸せ体質に変身!心をほどくメールマガジン
【現在1709名ご登録頂いています 】  

 

 

UMIマスターコース13期の詳細はこちら
 満席+3名で締め切りました。14期は夏に開講予定です。
 13期は107名で始動。 
 3ヶ月の全過程がオンラインです。
 世界中、日本中、のどこからでも受講できます。

 

 

 

PC 音声チャンネル

 

【stand.fm】

 

 

 

 

【youtube】

 

HSPあるある「実は旅行が苦手です」

 

HSPが旅行が苦手な原因と対策について、

私の実体験を例えにしてお伝えしています。

 

音声動画の背景は、

先日家族旅行で行ったマザー牧場で撮影しました(笑)

 

 

 

 

個人コンサル継続・単発コース(ZOOM)
 満席です。
 募集は2021年3月31日にメルマガにて行います。