悩みの根源成仏!思い通りの現実を創る潜在意識の調え方

悩みの根源成仏!思い通りの現実を創る潜在意識の調え方

夫婦、親子、恋愛、お金、仕事。
悩みは100%自分の潜在意識を映す鏡です。
心理学と宇宙の正負の法則を味方につけて悩みの根源を成仏させ、潜在意識を調えて望み通りの現実を創りましょう。
心のブロック解消法、望む現実の実現法なども書いています。

こんにちは。高橋ゆりこです。

 

「常識 当たり前 は、人それぞれ違う。」

 

 

最近、長男(14才)と話していると、しょっちゅう出て来るワードです。

 

 

例えば、迷惑行為をした人の報道を観て、

 

 

長男「この人は自分が正しいと信じてやっているんだろうね。」

 

母「そうだね。被害者にとってはとんでもない恐怖だろうけど。」

 

長男「でも、この加害者も自分は被害者と思ってるんだろうね。」

 

母「だから、こんなことをしたんだろうね。」

 

長男「ほんと考え方って人それぞれだね。」

 

母「ほんとにね。」

 

長男「とはいえ、こんなんされたら怖いわー。」

 

母「巻き込まれたら怖いなー。マジで。」

 

 

長男が何かを観て感じて、私に対して、

 

「人はみんな違う。価値観は人それぞれだ。」

 

ということを投げかけてくる。

 

 

という場面が、日常の中ですごく増えました。

 

 

これは、以前に記事にしたこの件。

 

ダメだなコイツ、と思うとき

 

 

この件で、長男が自分の当たり前を疑うようになったのかな?

 

と感じています。

 

物事をフラットに見ようと意識しているように感じます。

 

 

だからそんなとき、必ずこのことを伝えるようにしています。

 

この人が正しいか間違いかはジャッジできないことと、自分がこういうことをする人をどう思うか?は別問題だからね。

 

この人が正しいか間違いかは確かにジャッジできない。

 

だけど、

 

こういうことをする人は嫌いだ

こういうことをする人を「私は」間違ってると思う。

 

と自分が思っている、ということは大事にしようね。

 

そこは無視しちゃダメ。
嫌いなモノは嫌いでいいし、俺は間違ってると思うならそれでいいんだよ。

そういう自分の個人的な思いを、人に押し付けたり、正義感で振りかざしたりすると、色々と問題が起きたり、人間関係が悪化したりする、ということね。

人に自分の思いを押し付けないことは、自分が自分の思いを無視することではないからね。

 

 

ここは、何度でもしつこいくらいに伝えたい。

 

 

『物事をフラットに見ようとするあまり』

 

自分の本当の気持ちや、自分が大切にしていることに蓋をして無視していると、人生を見失ってしまうからです。

 

 

よくあるでしょ?

 

引き寄せをするには、いい気分でいる必要があるから、

不快なことがあっても、理不尽なことがあっても、

何が何でもいい気分でいようとする。

 

みたいなの。

 

 

あほかーーーー!!!

ですよ。

 

 

他人がやってることは基本的には放っておけばいいけれど、

 

それによって【自分が脅かされる】ときは、

 

全力で自分を守ろうよ。

 

 

そして、自分をしっかり守るためには、

 

自分はどんなことを大切にしているのか?

 

を明確に自覚している必要があります。

 

 

物事をフラットに見ることと、

自分の価値観を大切にすることは、別立てです。

 

 

物事をフラットに見ようとするあまりに、自分の価値観をおざなりにすることはやめようね。

 

 

そして、これからちょっと矛盾したことをいいますね。

 

 

今の自分を作っている価値観は、

両親、親戚、地域、友人、学校、職場、小説、音楽、美術、芸術、ネット、テレビ、SNS、その他メディアなどなど…

そういったものから作られています。


当たり前ですよね。

 

自分が知らないことには価値観を感じようがありません。

 

私たちは、自分が目にしたこと、体験したこと、観たこと、読んだこと、聞いたこと、知っていることを好き嫌い、良い悪い、とジャッジしながら生きています。

 

 

その中で、

 

ずっと当たり前だったこと

すごく素晴らしいと思ったこと

すごく嫌だと思ったこと

 

を材料に、自分の今の価値観を創り上げてきました。

 

 

だから、これからも価値観は変わっていきます。

 

 

思春期に大好きで何百回も読んだ漫画を、大人になって読み返してみたらひとつも面白くなかった。

 

20代前半に大好きで何百回も観たドラマを、今改めて観てみたらひとつも面白くなかった。

 

↑これ、わたしの実体験です(笑)

 

 

私たちの中にある価値観は絶対的なモノではなく、日々刻々と変わっていくものです。

 

 

だからこそ、

 

自分はどんな環境に身を置くか?

どんな人、場、情報、と触れたいのか?
 

ここは、ものすごーく大事です。

 

 

自分の価値観を創り上げる源だからです。

 

 

裏を返せば、

 

自分はどんな環境にいるか?

どんな人、場、情報、と触れているか?

 

を見れば、自分がどんな人間かがすぐに分かります。

 

 

もし、自分がいる環境が嫌ならば、

嫌だなと感じる人、場、が多いなら、

 

嫌だけど、その環境の価値観が自分に合っているということです。


もしも、

こんなのもう沢山だ!!!と思うならば、

 

その環境や人間関係を手放すことも、ひとつの方法ですね。

 

現段階では手放せないなら、まずは距離を取るだけでもOK。

 

物理的に距離を取れないなら、まずは心の距離だけでも取る。



それだけで人生が大きく変わります。


自分を変える一番簡単な方法は、付き合う人を変えることです。


でもまだその勇気が出ない場合は、まずは準備体操。

 

 

自分が嫌だと思う人や場と、心の距離を取ってみよう。

 

 

 

 

まじかるクラウンユリコバ★オンラインサロン

 

表に書いてないこと・書けないことをサロン内でシェアしてます。

動画コンテンツ、コラム、お話会やランチ会 などなど。

 

+‥‥‥‥‥‥‥+

 

《8月以降の予定》

 

オンラインお話会・オンライン飲み会

 

 

+‥‥‥‥‥‥‥+

 

サロン内容の詳細はこちらをどうぞ♡

↓↓↓↓↓

 

ユリコばなし(ユリコバ)オンラインコミュニティ

 

テーマは「高橋ゆりこの人生から学ぶ」

私の実体験をひたすらシェアしまくる場です。

 

★無料メールセミナー
「大切にされる妻になる魔法の言葉(全10通)」1週間に1回メールが届きます。
【現在1709名ご登録頂いています 】  

 

LINE@

ご質問やご感想など、お気軽にメッセージ下さい(^^)

 

今の状況を紐解き打開する個人コンサル(ZOOM)
 満席です。
 募集は不定期です。次回募集時期は未定です。

 

こんにちは。高橋ゆりこです。

 

昨年9月に開催された、

 

東大教授で脳科学者である池谷裕二先生の講演会

「潜在意識(心・感情)を脳科学で読み解く」

 

 

の中で強く印象に残った心に響いた言葉のひとつに、

 


「人は無意識に情報を選びとり、無意識に反応し、無意識に行動している。知らないのは私(意識)だけ。私が認識している意識はお飾りでしかない」
 

 

というものがありました。

 

 

要するに、人は無意識でできている。

 

無意識こそが私自身。

 

ということなんですね。

 

 

無意識が機能しなくなったら人は死にます。

 

具体的に説明してみますね。

 

 

無意識(潜在意識)とは、

意識しないで機能・行動・思考している部分。

 

意識(顕在意識)とは、

意識して機能・行動・思考できる部分。

 

 

そして、人間において、

無意識が司っている部分は95%、意識が司っている部分は5%。

 

95%が機能しなくなったら死ぬのは当然です。

 

 

これだけではピンとこないかもしれないので、もう少し具体的に説明してみますと、

 

 

例えば、

 

ソファーに座って、意識的にゲームをしている時も、

無意識は、

呼吸・心拍・消化吸収・代謝・まばたき・頭部を支えるなどなど、
ものすごい量の仕事を同時に行っています。
 

 

ゲームをしている際に、意識部分は5%働いているのに対して、無意識部分は95%の仕事をしているということです。
 

 
人間には、自分の身体を一定の状態に保とうとする機能が常に働いていて、これを司っているのが無意識なんですね。



例えば体温だったら、

37℃前後にとどめるためには、
暑くなったら汗をかく・寒くなったらガタガタ震える

ということを、意識しないでも勝手にやってくれます。

 
これらの全ての機能をいちいち意識してやっていたら、絶対に何かうっかり忘れることが出てくるに決まってます。

 

 

気をつけてたって忘れ物しちゃいますよね?

 

生命維持機能の何かをうっかり忘れてしまったら、それはすぐに死に直結…(怖)

 

 

そもそも、意識部分には、同時にそんなに凄まじい量の情報や作業をこなすキャパシティがないです。

 

 

無意識と意識で、どのくらいキャパシティに差があるか、具体的に数字で見てみると、


1秒間に処理できる情報量

意識=20ビット

無意識=1100万ビット

(※意識の方の数字は研究によって多少違いますが100ビットを上回ることはないそうです)

 

 

ここで、ビットって何?って疑問も出てきますよね。

 

1ビットは情報を数値化した場合のの最小単位です。

 

よくハードディスクや通信速度の処理能力で、ギガバイト(1GB)・テラバイト(1TB)とか聞いたことがあると思います。

 

1バイトは8ビットのことで、コンピュータで処理する情報の最小単位です。

 

 

話を戻しますね。

 

無意識は、意識の55万倍の情報処理能力を持っているんです。

 

 

すごいよねー。無意識。

 

 

さらに、意識的に継続することで、無意識の領域に新しく書き込むことや書き換えることもできます。

 

 

私たち大人は、トイレに行くとき、何も考えていませんよね。

 

家にいるときに、トイレに行きたいと感じたら、無意識に立ってトイレに向かって用を足して手を洗って戻る。

 

何にも考えなくてもできます。

 

 

ではなぜ、何も考えなくてもできるのか?

 

 

これまで生きて来た何十年間もの間、毎回トイレで用を足すことを繰り返してきたからです。

 

 

でも、我が家の次男(5才)は、そうはいきません。

 

トイレに行きたくなったら、

「お母さん!トイレ!トイレ行きたい!」と叫びます。

 

「ひとりでさっさと行けばいいのに~」と、

大人の私は思っちゃいますが、子どもはそうはいきません。

 

トイレ!と宣言して、トイレまでついてこいと騒ぎます(笑)

 

 

そして、

 

ズボンとパンツをどこまでおろせば、ひっかからないか。

トイレのどの辺に座ると失敗しないのか。

トイレのどの辺に立つと失敗しないのか。

どんな角度で座ったら、失敗しないのか。

どれくらい紙で拭けばいいのか。

 

毎回、成功と失敗をくり返しています。

 

最初は失敗の方が多かったですが、最近はほとんど成功します。

 

失敗するたびに「次からはこうしてみよう」と、毎回学んではくり返し挑戦して最適な方法を探しているんですね。

 

 

そして、ある時自分にとっての最適な方法を見つけたら、毎回それを繰り返す。

 

それを続けて行くうちに、毎回トイレの度に一生懸命考えて用を足す必要はなくなります。

 

トイレの仕方の潜在意識への書き込み完了!です。

 

 

「トイレをする」ことを意識部分が司っていたのが、無意識部分に移行し、「トイレをする」を無意識が司るようになります。

 

 

トイレに限らず、様々なことをこうやって同じことを何度もくり返し意識的に行うことで、人は、無意識部分にその行動を書き込んで生きています。

 

 

トイレのような生理現象だけでなく、

毎日の行動も全く同じです。

 

 

通学路、通勤路、家の中の導線、自転車、車の運転、料理、洗濯、食べる、飲む、仕事をする…などなど

 

何度もくり返し続けてきたことで慣れて、何も考えなくてもできるようになった行動や思考はすべて、無意識の領域が司っています。

 

 

そして、行動や思考だけではなく、

人間関係のコミュニケーションの取り方も、

まったく同じ仕組みで潜在意識に書き込んでいます。

 

 

子どもの頃からの、

親とのコミュニケーション

兄弟姉妹とのコミュニケーション

友だちとのコミュニケーション

を積み重ねたものが、無意識のパターンになっています。

 

 

意識部分のキャパは狭いので、

ひとつの行動をくり返し行っては無意識部分に移行させて、

新たに取り組む課題、新たに処理するものに取り組むんですね。

 

 

まさに!

 

人は無意識でできている。

無意識こそが私自身。

 

 

自分の無意識の中に何があるか?

どんなイメージがあるか?

どんなパターンがあるか?

 

で、自分の目の前の現実が、人生が創られて行く。

 

ということが、お分かりいただけると思います。

 

 

意識的にやってもたった5%。

無意識は、意識してないのに95%もの仕事をやっているのだから。

 

 

無意識(潜在意識)めっちゃ大事!!!

 

 

で、今日の本題に入りたいのですが、

 

(前置き長い!!!)

 

 

人づきあいがしんどい。

人見知りだ。

 

という分かりやすいタイプはもちろんのこと、

 

 

社交的だし人見知りもしないけど、

人と関わることが好きだし楽しいのに、

なぜか分からないけどだんだん面倒くさくなって、

ある日今の人間関係をリセットしたくなる。

 

 

という分かりにくいタイプの人も、

 

 

自分が無意識にどんなコミュニケーションをとっているのか?

 

に意識を向けてみるといいです。

 

 

無意識に人の期待に応えようする行動・言動をしていないか?

 

 

人づきあいが苦手・人見知り、と自覚している人よりよっぽど、

 

 

人と関わることが好きだし楽しいのに、

だんだん面倒くさくなってくる。

 

という人の方が、無意識に自分をめっちゃ削っています。

 

 

人の期待に応えよう、応えたい、が行動の軸だと、

自分の本音を無視した行動が増えます。

 

 

無意識に、自分の本音を無視し続けていたら、

最初はほんのちょっとの違和感だけど、

積み重ねていくうちに、その違和感は塵も積もっていき、

 

「あーなんかもうめんどくさい。楽しくない。」

 

という状態に、ある日突然陥る。

 

みたいなことが起きてしまうんですね。

 

 

この無意識部分を変えるには、反復練習が必要です。

でも、書き換えなくても、楽になる方法はあります。

 

 

それは、自覚すること。

 

 

「私は人の期待に応えたいからこういう行動してるんだな」

「私は人に喜んでほしくてこういうことをしてるんだな」

 

そうやって、自分の気持ちに気づいてあげる。

 

自分の言動や行動の理由に気づいてあげることで、かなり心が楽になります。

 

 

自分の行動の理由を自覚できていると、なぜ楽になるのか?

 

 

無意識に、無自覚に、やっているときは「それが当たり前」状態。

 

選べないんですよ。

自動的にそうしちゃう。そうするしかない。

 

 

でも、自覚して、意識することで、「選べる」ようになります。

 

今までと同じ行動をすることを「選ぶ」こともできるし、

今までと同じ行動をしないことを「選ぶ」こともできるし、

今までとは変えて行動をするということを「選ぶ」こともできる。

 

 

「自分に選択権がある」と感じられているかどうか?

 

 

ここが、自分の人生を好転させる大きなカギです。

 

 

潜在意識の書き換えは、そのあとゆっくりやればいいさ。

 

 

ところで!!!

 

来月9月7日(土)に、池谷裕二先生の講演会開催されますよ~。

 

残席わずか!

 

(心)潜在意識を脳科学で解く!池谷裕二先生講演会

 

 

 

まじかるクラウンユリコバ★オンラインサロン

 

表に書いてないこと・書けないことをサロン内でシェアしてます。

動画コンテンツ、コラム、お話会やランチ会 などなど。

 

+‥‥‥‥‥‥‥+

 

《8月以降の予定》

 

オンラインお話会・オンライン飲み会

 

 

+‥‥‥‥‥‥‥+

 

サロン内容の詳細はこちらをどうぞ♡

↓↓↓↓↓

 

ユリコばなし(ユリコバ)オンラインコミュニティ

 

テーマは「高橋ゆりこの人生から学ぶ」

私の実体験をひたすらシェアしまくる場です。

 

★無料メールセミナー
「大切にされる妻になる魔法の言葉(全10通)」1週間に1回メールが届きます。
【現在1709名ご登録頂いています 】  

 

LINE@

ご質問やご感想など、お気軽にメッセージ下さい(^^)

 

今の状況を紐解き打開する個人コンサル(ZOOM)
 満席です。
 募集は不定期です。次回募集時期は未定です。

 

こんにちは。高橋ゆりこです。

 

先日、UMIカウンセラーコースで受講生のMちゃんから、

 

【宇宙の法則について質問です】

 

カウンセリング練習会の音声で、


「時間を取られたくないと思っているということは、〇〇ちゃんが誰かの時間を奪っているということになる」
 

との講師の方のアドバイスがありました。

 

宇宙の法則で返ってくるものは、感情の部分なので
 

時間を取られたと感じて○○(感情)の
○○(感情)を先に出していた
 

ということだと思うのですが、認識が違いますか?

それとも、時間に関しては、時間を奪う奪われるという宇宙の法則があるということはありますか?

 

というご質問を頂きました。

 

このスレッドを立てた後、Mちゃんは自己解決します。

 

皆さま大変失礼しました。

スレッドを立てたあと、ルミさんのブログで答えを見つけました。

「時間を奪われる」と一言で言っても、それは「時間」だけを指しているのではないということがわかりました。
私は、10分20分といった具体的な「時間」を頭に思い浮かべていましたが違いました。


とても参考になりました!
ありがとうございました。

先走ってスレ立てて失礼しました。

 

 

ここで挙げられているルミさんのブログは、こちら。

 

自分が奪っているのは何なのか分かりません

 

 

このMちゃんのご質問は自己解決済みだったのですが、私からも少しコメントを入れさせて頂きました。

 

もう解決済みですが、一応説明しておきますと、
 
>時間を取られたと感じて○○(感情)の
>○○(感情)を先に出していた
>ということだと思うのですが、認識が違いますか?
 
こう書くと分かりにくいですが、要するに
【どう感じたか?どう思ったか?】

の部分が返って来る部分です。
 
なので、「時間を奪われた」と感じたのと同等の熱量分の「時間」「労力」「お金」または何か を他者から奪った ということになるんですね。
 
で、時間を奪う行為には、ルミさんの記事にもあるほかに、
「中断させる」
というのも、奪うにあたります。
 
私の記事ですが、実際の出来事として分かりやすいかな?

 

時間は奪ったら奪われる話

 

自分が出したマイナスと同じモノが返ってきている実例

 

 

 

この私のコメントと記事を受けて、Mちゃんがこんなことを書いて下さいました。

 

ゆりこさん
ありがとうございました!

【どう感じたか?どう思ったか?】
の部分ですね!

2つのブログがめちゃくちゃわかりやすかったです!
ありがとうございます。

ブログを読んだり、ゆりこさんのお返事を読むと理解出来るのに、応用が出来ない、少し事例が変わるとわからなくなるのは、私が検証をしていないからだとゆりこさんのブログを読んでわかりました。

頭でっかちに知識ばかりを詰め込んでいるので、全然応用が出来ません。

しばらく、私の日常のなかでの宇宙の法則を意識して生活したいと思います!

でも、とっても勉強になったので、スレ立てて良かったです。
ありがとうございました!

 

 

ここ、すっごく大事です!

 

宇宙の法則は、理論だけ学んでも、仕組みだけ学んでも、身に着きません。

 

実際に、自分ごとに当てはめて検証することで、初めてしっかりと腑に落ちるんです。

 

 

なので、宇宙の法則をしっかりと身に着けて活用して人生を豊かにしたい場合は、

 

 

実際に自分の日々の日常に起きた出来事を、

 

どんなプラスが返ってきたのか?

どんなマイナスが返ってきたのか?

 

という視点で分析して検証することを積み重ねて行くことが大事ですよ~(^^)

 

 

 

まじかるクラウンユリコバ★オンラインサロン

 

表に書いてないこと・書けないことをサロン内でシェアしてます。

動画コンテンツ、コラム、お話会やランチ会 などなど。

 

+‥‥‥‥‥‥‥+

 

《8月以降の予定》

 

オンラインお話会・オンライン飲み会

 

 

+‥‥‥‥‥‥‥+

 

サロン内容の詳細はこちらをどうぞ♡

↓↓↓↓↓

 

ユリコばなし(ユリコバ)オンラインコミュニティ

 

テーマは「高橋ゆりこの人生から学ぶ」

私の実体験をひたすらシェアしまくる場です。

 

★無料メールセミナー
「大切にされる妻になる魔法の言葉(全10通)」1週間に1回メールが届きます。
【現在1709名ご登録頂いています 】  

 

LINE@

ご質問やご感想など、お気軽にメッセージ下さい(^^)

 

今の状況を紐解き打開する個人コンサル(ZOOM)
 満席です。
 募集は不定期です。次回募集時期は未定です。

 

こんにちは。高橋ゆりこです。

 

お盆ですね~。

 

 

 

お盆だからか、父や祖母とのお盆の記憶が沢山蘇っているので、今日もお盆なお話。

 

 

今日は、無縁仏さんのこと。

 

 

我が家のお墓の隣の区画に無縁仏さんのお墓があります。

小さな朽ちかけた墓石が6つほど。

 

 

幼い頃から、お墓参りに行ったときには、自分の家のお墓をお参りするとき、必ず、隣の無縁仏さんにも家族でお参りしていました。

 

 

祖母から、

 

「このお墓は切られ屋敷と言われている家のお墓で、みんな殺されてしまって無縁仏になってしまって誰もお参りする人がいないから、隣のよしみでお線香をあげるんだ。」

 

と聞いていました。

 

 

だから、私の中ではそれが幼い頃からの習慣で当たり前だったので、無縁仏さんのお墓も、毎回自分の家のお墓と一緒にお参りをしていました。

 

 

でも、

 

「不用意に無縁仏をお参りしてはいけない」

 

と一般的には言われているんですよね。

 

 

ほんの少し心に引っかかってはいたんです。

 

うちは当たり前に無縁仏さんのお墓参りしてるけど、大丈夫なんかな?ってほんのすこーし思ってました。

 

 

でも、子どもの頃からの習慣だし、考えても答えは出ないし、

 

他所は他所。うちはうち。

それはそれ。これはこれ。

 

的な感じで深く考えずにいました。

 

 

祖母、父、母が立て続けに亡くなり、お盆の様々な支度やお世話の手順を知っていてそれができる人は、現段階では私だけになりました。

 

(子どもには、毎年私がしているご供養の形を見せることで伝えて行けたらと思っています)

 

 

それまで、祖母や父がやっていたことを思い出しながら、見よう見まねで行っています。

 

 

今から8年前。

父が亡くなって新盆を迎えたとき、お仏壇をしっかり掃除しようと思い立ちました。

 

 

そこで、お仏壇の中を隅々まで拭き掃除をして、お位牌もひとつずつ取り出して拭くことにしました。

 

 

お位牌には、表に戒名、裏に俗名が書いてあります。

 

 

祖母や祖父や両親のお位牌は分かりますが、古いお位牌は、この時までしっかりと見たことすらなかったです。

 

 

ひとつひとつのお位牌を手に取って拭きながら、俗名を読んでは、

 

 

「ああ、この名前は病気で早くに亡くなったおじいちゃんの妹だ!」とか、

 

「ああ、この名前はおはぐろの入れ歯だったという曾祖母だ!」とか、

 

「ああ、この名前は祖母がいつも話してた日本脳炎で亡くなった長男さんだ」とか、

 

「ああ、この名前は、太平洋戦争でアッツ島で戦死した兵隊さんだ」とか、

 

 

父や祖母から聞いた、様々なエピソードを思い出しながら、ひとつひとつ拭いていったんです。

 

 

そうしたらですね。

 

お仏壇の奥に、小さなお位牌を見つけたんです。

 

 

そのお位牌には、

 

「無縁佛ノ零位」

 

と書いてありました。

 

 

中央のお位牌と右のお位牌の間に見える一番奥の小さなお位牌です。

 

 


正直、声が出ました。

 

「え?無縁仏さんのお位牌が何で仏壇に???」って。

 

 

疑問には思ったけど、ここにあることには理由があるのだろう。

と思ったので、キレイに拭いて、同じ場所に戻しました。

 

 

そして、そのことを忘れました。

 

そして、また翌年のお盆前にお位牌を拭くときに、また思い出し、疑問を持ち、忘れる。

 

をくり返してきました。

 

(ちゃんと考えたり調べたりしろよっていう 笑)

 

 

で、今年ですよ。

 

お位牌を拭きながら、また無縁仏さんのお位牌の存在を思い出しました。

 

 

その後すぐに13日の迎え盆の日に、お世話になっている古賀あやちゃんの霊視セッションがあったので、このずっと疑問に思っていた件を話したんです。

 

 

そうしたら、あやちゃんからこんな説明を受けました。

 

ゆりこさんの家のお仏壇に、

無縁仏さんのお位牌があるということは、

 

ご先祖さんの誰かが、

このお位牌をわざわざ仏具屋さんに注文して作って、

菩提寺にお布施を払って魂入れをしてもらった。

 

ということになりますよね。

 

 

これは、無縁仏さんを我が家のお仏壇に招き入れて、無縁仏さんのご供養を我が家で代々していきますよ、という行動ですよね。

 

 

それだけのものを引き受ける器がないと、出来ない行動ですよね。

 

その家の魂丸ごと招き入れて、ずっと供養していくよ、ということですから。

 

お仏壇に無縁仏のお位牌があったら、普通は気持ち悪いって思ってしまったり、それを廃棄しようとしたりしてしまいそうですが、ゆりこさんはそうではなく、それを受け容れたんですよね。

 

それも、中々できることじゃないです。

ゆりこさんのご加護が強いのは、そうやって色んな存在に愛される行動を自然としてきているからなんですね。

納得です!

 

 

すご!!!!!!

うちのご先祖さん、素晴らしすぎる!!!!!

 

 

縁もゆかりもない、たぶんただご近所さんだった、というだけのご縁でそこまで引き受けるって、確かに中々できることじゃない。

 

 

無縁仏さんにむやみに手をあわせてはいけない、

と言われている理由は、

 

誰にも供養されていない魂は、お供えする人がいないということだから、常に空腹でのども乾いている状態になっています。

 

誰とも関りを持てずに苛立ち枯渇している状態の人には、生きている状態でもあまりむやみに関わらない方がいいですよね。

 

それと同じ理由だそうです。

 

 

ということは、

 

我が家はお墓参りの度に、お隣の無縁仏さんをお参りしていたし、

 

我が家の誰かがお仏壇にお供えして手を合わせる度に、

無縁仏さんのお位牌も、その供養を受け取れていた。

 

ということになるんですよね。

 

 

一般的な無縁仏さんは、誰にも供養されないから、

成仏も出来ないし、恨みやつらみや様々な思いが増幅してしまう。

 

 

でも、我が家のお隣さんの無縁仏さんは、

ずっとずっと我が家の人たちに供養されてきていた。

 

 

だから、きっと成仏されているし、寂しくもないだろう。

 

 

我が家のご先祖様のどなたが始めたことかは分からないけど、この事実をあやちゃんに指摘されて気づいたとき、なんだか涙がぼろぼろと出てきて、本当に心が洗われる気持ちになりました。

 

 

そして、何も考えずに祖母や父がやっていたからという理由で、意味も分からず私も続けてきたことが、お役に立てていたんだ!と思いました。

 

 

よくね。

 

「ゆりこさんは、ご先祖からの守りが強い上に、ご先祖以外の様々な存在からも強く守られ可愛がられている」

 

と言われることが多いんです。

 

 

霊能者 古賀あやちゃん にも言われてますし、

 

運命学カウンセラー 沙璃さん にも言われました。

 

 

 

何でだろう?って思っていたのですが、ご先祖様が沢山の徳を積んでくださっていたからなんだなぁって、改めて思いました。

 

 

無縁仏さんを迎え入れることをするくらいの家系なので、きっと他にも沢山人のために貢献する行動をしてきたことは容易に想像ができます。

 

 

そんな徳が高いこの家に、私は生まれ育ち、今この家を継いでいるということは、この家系を繋いでいく一員となる資質を持っているという証なんじゃないかな。

 

(自画自賛だけど)

 

 

この家のご先祖様たちの魂と、自分自身の魂に、尊敬というレベルではなく畏敬の念が湧きました。

 

 

なんかすごい。

ほんとすごい。

 

 

我が家のご先祖の皆さん、ありがとう。

わたしも、ありがとう。

 

という気持ちでいっぱいです。

 

 

お盆に、こんなにも強くあふれ出る感謝の気持ちを感じることができてよかったな~って思います。

 

 

今日は、戦後初のお盆と満月が重なる日です。

 

 

せっかく人の意識と天とが繋がりやすい日なので、意識してメッセージを受け取りたいですね(^^)

 

満月でお盆が素晴らしい理由

 

留守参りの風習と、父とのお盆の思い出

 

 

まじかるクラウンユリコバ★オンラインサロン

 

表に書いてないこと・書けないことをサロン内でシェアしてます。

動画コンテンツ、コラム、お話会やランチ会 などなど。

 

+‥‥‥‥‥‥‥+

 

《8月以降の予定》

 

オンラインお話会・オンライン飲み会

 

 

+‥‥‥‥‥‥‥+

 

サロン内容の詳細はこちらをどうぞ♡

↓↓↓↓↓

 

ユリコばなし(ユリコバ)オンラインコミュニティ

 

テーマは「高橋ゆりこの人生から学ぶ」

私の実体験をひたすらシェアしまくる場です。

 

★無料メールセミナー
「大切にされる妻になる魔法の言葉(全10通)」1週間に1回メールが届きます。
【現在1709名ご登録頂いています 】  

 

LINE@

ご質問やご感想など、お気軽にメッセージ下さい(^^)

 

今の状況を紐解き打開する個人コンサル(ZOOM)
 満席です。
 募集は不定期です。次回募集時期は未定です。

 

こんにちは。高橋ゆりこです。

 

昨日、お盆提灯で迎え火をして、ご先祖様を家にお招きしました。

 

 


私の住んでいるあたりでは、「留守参り」という風習があります。

 

13日から14日に日付が変わってすぐの真夜中に、お墓参りをするのです。
 


「留守参り」の意味を調べてみたところ、

 

「ご先祖様が留守になっているお墓を守って下さっている霊をお参りする」

 

とありました。
 

 

でも、父や祖母からは、

 

「一番新しい仏さんがお墓で留守番してるのをねぎらいに行く」

 

と、幼い頃から聞かされていたんですよね。

 

 

どっちが正解なんだろう?
 
 

幼い頃から、一番新しい仏さんが留守番と聞かされていたので、
 
祖父が昭和49年に亡くなってから祖母が平成22年に亡くなるまでの実に37年間、じーちゃんはずっと留守番していたことになるので、

 

なんて気の毒!と思っていました。
 


祖母が亡くなった翌年には父が亡くなり、その2年後に母が亡くなったので、祖母や父は留守番の当番期間が短くてズルいなぁ~。

 

なんてことも思ったり。
 


そして、今後しばらくは誰も死ななそうなので、母の留守番当番期間がすごく長くなりそうで気の毒だなぁ。

 

とも思ったり。
 


なので、一番新しい仏さんが留守番説は間違いだといいな~。
とか、ひそかに思っています。

 

 
この真夜中の留守参り。
子どもの頃は、怖いし眠いけどやけにワクワクしたのを覚えています。
 
結婚してからは、夫がめっちゃビックリしていました。


「何で夜中にお墓参り!?肝試しかよ!」って(笑)
 

 

しかし「留守参り」は、この地域では一般的な風習なので、お墓には真夜中なのにお参りする人がわんさかいるし、かがり火焚いてるからお墓はめっちゃ明るいし、おどろおどろしさの欠片もないことにも、夫はめっちゃ驚いていました。
 

 

私にとっては、お盆に真夜中にお墓参りをすることは当たり前だったけど、そういう風習がない人からしたら、そりゃびっくりするわ!と当時の私も本当にびっくりしたのを覚えています。

 

 

自分にとっての常識は他人にとっては絶対ではない。

ということを、初めて知った瞬間でした。

 

 

私が生まれた家は本家なので、お盆にはご先祖様だけじゃなく、親戚がたくさんお仏壇にお線香あげに来るので、お盆に出かける習慣が私にはありません。

 

私の中でお盆は、お仏壇とお墓とご先祖様と親戚のお世話をする期間、という認識です。

 

 

毎年当たり前にルーティンでやってきたことですが、今年のお盆は、改めて色んなことを考えたり思い出したりしています。

 

 

父や祖母は、お盆には毎年、お仏壇にお素麺を供えていたのです。

 

なんでだろう?

通常は白いご飯じゃない?

 

(これもずっとこういうモノだと思っていたけど、夫の実家や他のお家は皆さん白ご飯をお供えしているのを見て気づきました。)

 

 

もう祖母も父も亡くなってしまっていて聞けないので、理由は分からないけどそのまま続けています。
 


 

父と祖母はお素麺だけだったけど、一応白ご飯もお供えしてみた(笑)

 

 

他にも、父は迎え盆の日には、火を灯したお盆提灯を持って門先まで出る前に、玄関に水を張った洗面器とタオルを毎年置いていたんです。

 

 

その意味をあるとき父に聞いてみたら、


「ご先祖さん、靴を履いているのか分からないから、足を洗うため用の水と、洗った後足を拭くためのタオル」
 

と返ってきたことを、ふと懐かしく思い出しました。

 

 

こういうところに、父の細やかな気配りと優しい人柄が表れてたな~。

 


ちなみに、素麺はお供えしましたが、たらいとタオルは用意しませんでした。


長男(14)には、「じいじみたいにやれば~」と言われたけど、ズボラなので、うっかりたらいを蹴飛ばして玄関水浸しとかやらかしそうだからヤダ(笑)

 

 

それに、ご先祖さん、たぶん生足で歩いてこないと思うんですよ。

 

空飛んでくるよね?

 

ご先祖様からしたら、子孫は沢山いるわけで、そのすべての子孫のところに同時に還るわけだから、御霊が分かれて来て下さるわけだし、足は汚れないと思うのです(笑)

 

 

そんなわけで、今日も1日家におります。

 

 

お坊さんが棚経に来るおおよその時間だけでも知らせてほしいと毎回思う。

 

以前、菩提寺に問い合わせたら、

 

「順番に回ってるんでねぇ。何日の何時に行くとは言えないんですよ~」

 

って言われちゃったんですよね。

 

 

という話を、先日、お師匠 川相ルミさんに話したら、

 

「それは、ゆりちゃんがお盆の期間は出かけちゃいけない。お盆はずっと家にいなきゃいけないって思ってるからじゃない?」

 

と痛いところを突かれました。

 

 

そういうブロックありそう(笑)

 

なので、買いたいものが出たら、裏のスーパーに気軽に買い物に行こうと思う。

 

そしたら、イライラせずに済むね。

 

 

今年のお盆は旧暦のお盆と同じ気の流れなので、意識して過ごすときっとギフトがあると思います(^^)

 

満月でお盆が素晴らしい理由

 

 

 

 

まじかるクラウンユリコバ★オンラインサロン

 

表に書いてないこと・書けないことをサロン内でシェアしてます。

動画コンテンツ、コラム、お話会やランチ会 などなど。

 

+‥‥‥‥‥‥‥+

 

《8月以降の予定》

 

オンラインお話会・オンライン飲み会

 

 

+‥‥‥‥‥‥‥+

 

サロン内容の詳細はこちらをどうぞ♡

↓↓↓↓↓

 

ユリコばなし(ユリコバ)オンラインコミュニティ

 

テーマは「高橋ゆりこの人生から学ぶ」

私の実体験をひたすらシェアしまくる場です。

 

★無料メールセミナー
「大切にされる妻になる魔法の言葉(全10通)」1週間に1回メールが届きます。
【現在1709名ご登録頂いています 】  

 

LINE@

ご質問やご感想など、お気軽にメッセージ下さい(^^)

 

今の状況を紐解き打開する個人コンサル(ZOOM)
 満席です。
 募集は不定期です。次回募集時期は未定です。