息子

テーマ:

いつもありがとうございます。



苦楽園のコーヒー豆屋 BUNDY BEANS (バンディービーンズ) 店主 ナゴシです。



お時間の許される方はどうぞお付き合い下さい!



今日はコーヒーとは関係のない話です。

 

 

 

不思議な息子の話です。



それでは、どうぞ!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

私には妻と一人息子がいます。

 

 

 

もうすぐ3歳になる息子くん。

 

 

 

少し、ミニラに似ています。

 

 

 

もう、やんちゃ過ぎて大変です。

 

 

 

早朝、ドタバタドタバタ音がするので何事か!!っと思い目をさますと、

 

 

 

全裸でこおどりしていました、息子くん。

 

 

 

早朝、顔が痛いので何事か!!っと目をさますとショベルカー(おもちゃ)の先っぽで僕の顔をグリグリしていました、笑顔の息子くん。

 

 

 

そんな息子くん。

 

 

 

遺伝なのか、髪の毛がクルクルです。

 

 

 

父親はチリチリです。

 

 

 

毎朝、彼の髪のうねり具合で天候を判断しています。

 

 

 

 

 

こんな毎日を過ごしています。

 

 

 

つづく......?

 

 

 

BUNDY BEANS

------------------------------------------------------
〒662-0074 西宮市石刎町16-20 101
TEL&FAX 0798-77-0373

HP http://www.bundybeans.com

DAY OFF 月

------------------------------------------------------
"毎日ガブガブ飲めるコーヒーお届けします"
Instagram @bundybeans

https://www.facebook.com/bundybeans/ 
---------------------------------------------------
ONLINE STORE

https://omame.stores.jp 
---------------------------------------------------

 

 

 

検証の始まり 〜新商品編〜

テーマ:

いつもありがとうございます。



苦楽園のコーヒー豆屋 BUNDY BEANS (バンディービーンズ) 店主 ナゴシです。



お時間の許される方はどうぞお付き合い下さい!



今日は新商品を販売するにあたり「検証のはじまり」です!!



それでは、どうぞ!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今回は新商品の検証ということですが、何が新商品なのかということからです!

 

 

 

ずばり、ティーバッグ式コーヒーです!

 

 

 

そうです、ティーなのかコーヒーなのかわからないのです。

 

 

 

簡単に説明すると、ティーバッグの中身がコーヒーなのです。

 

 

 

コーヒーなのにティーバッグ、ティーバッグなのにコーヒー。

※ここ重要です。

 

 

 

こんな感じでチャポチャポつけるだけで簡単に美味しいコーヒーができます。。

 

 

 

 

 

「なーんだ、それだけか。」

 

 

 

と、僕も最初は思っていました。

 

 

 

……… いや、待てよ。

 

 

 

来月に行われる、ジャパンハンドドリップの大会に出るスタッフ8チャン。

 

 

 

練習で使用するペーパーの違いで、味の出方に大きく影響を及ぼすと、以前から2人で着目していました。

 

 

 

と、いう事は

 

 

 

ただチャポチャポつけるだけでも、ティーバッグの素材で大きく味が変わるのではないかとかんがえました。

 

 

 

いつもお願いしている業者さんに相談すると、素材の違う3種類のティーバッグがあるとの事。

 

 

 

こんな感じに。

 

 

いざ検証。

 

 

 

まずは粒度、粉量、湯量を固定しフラットな状態にします。

 

 

 

そして検証用の浅煎りのコーヒー豆3つと、深煎りのコーヒー豆3つ、計6カップ。

 

 

 

それぞれカップにティーバッグをセット。

 

 

 

いざ抽湯!

 

 

 

2分待って10回フリフリチャポチャポ。

 

 

 

まず、面白いくらいに見た目に違いが。

◾️プレスの様に油分がしっかり出ているもの。

◾️ペーパーで淹れたように、微粉が出ていないもの。

 

 

 

 

 

面白いくらいに味もすごく変化します。

◾️濃度が高くしっかりとしたもの。

◾️さっぱりとしすぎるもの。

◾️苦味や酸味が突出するもの、しないもの。

◾️口当たりがまろやかなもの、ザラザラするもの。

 

 

 

深煎りだとこっちかな。浅煎りだとこっちかな。なんて迷宮入りです。

 

 

 

もっとおいしく、もっと簡単に、毎日ガブガブ飲めるコーヒー新商品を開発する為、引き続き検証します。

 

 

 

ps いい方法があればご意見お待ちしてまーす!!

 

 

つづく

 

 


BUNDY BEANS

------------------------------------------------------
〒662-0074 西宮市石刎町16-20 101
TEL&FAX 0798-77-0373

HP http://www.bundybeans.com

DAY OFF 月

------------------------------------------------------
"毎日ガブガブ飲めるコーヒーお届けします"
Instagram @bundybeans

https://www.facebook.com/bundybeans/ 
---------------------------------------------------
ONLINE STORE

https://omame.stores.jp 
---------------------------------------------------

個別のコーヒー教室 1/25

テーマ:

苦楽園からこんにちは。

 

店主の名越でありんす。

最近はまっているのは、ドラマの「仁」

お医者さんが江戸にタイムスリップして、医学を進歩させるお話。

 

幕末の志士のが活躍する姿に悶絶です。

是非、見てみてください。

 

 

さて、私は現世でコーヒーの世界で活躍します、とします。

 

1/25木曜にプライベートレッスンを行いました。

 

内容はブリュワーズ。様々な抽出器具による味の違いを見ていきます

 

ドリップ、プレス、など様々な器具を使用。

 

抽出と一言に言っても透過法、浸漬法などたくさんあります。

 

BUNDYのコーヒー教室では上記に加えそれぞれ、ペーパーバージョン、金属バージョンと目が回りそうなほど沢山飲んで検証していきます。

 

BUNDYで唯一の検証型コーヒー教室です。

 

お好みのお味、抽出器具が必ず見つかります!!

 

次回は3月を予定しています!是非是非お待ちしております〜

 

BUNDYでは平日に限りプライベートレッスンにも行っております。

 

▪️コーヒー教室に参加したいけど土日はどうしても難しい。

▪️開業に向けてガッツリしたい

 

などなど、ご興味のある方は是非お問い合わせください

 

2018 初投稿

テーマ:

苦楽園よりあけましておめでとうございます。

 

BUNDY BEANS代表 なごしです。

 

松の内も過ぎましたが、本年も美味しいコーヒーをお届けできるようスタッフ一丸となり精進いたします。

 

さて、今年はいぬどしです。

 

今年で36歳、年男です。

  

そんな年に、おいしいコーヒーとおいしい京都からのチョコレートをご紹介。

 

あけましておめでとうございます。

 

と、言いたいところですが松の内も終わっていました。。

 

さて、今年も京都のBEAN TO BARチョコレート専門店のベンチーニさんとのコラボレーションチョコレートを販売します!!

 

お互いの店を何度も行き来し、試作を重ねて出来上がった、

 

その名も「COFFEE CHOCOLATE」

 

まんまやん。って思う人もいるかもしれません。

 

 

今年はコラボレーション限定パッケージとベンチーニオリジナルパッケージが登場!!

 

チョコといえばガーナ!!

 

そう!!「ガーナ産」のカカオ

そのGhanaカカオに相性バツグンの「ブラジル産」のコーヒー

 

<BEAN TO BAR>と<FROM SEED TO CUP> 

 

期間限定、売り切れ次第終了です。是非お試しください。お求めはこちらより 

 

カカオ豆産地 :ガーナ 

カカオ濃度  :70%   

コーヒー豆産地:ブラジル 

原材料    :カカオ豆、砂糖、コーヒー(香料等は未使用) 

内容量    :70g 

賞味期限   :製造日より半年(詳細はお問い合わせください)</a>

 

 

また、店頭ではホットチョコレートを販売します。

 

深みのあるオレンジのような甘みとコクのガーナ産のチョコレート。

上にはふわふわなミルクフォームを乗せて。

 

濃厚なカカオにほんのり甘い贅沢

 

寒い日にはホットチョコレートで温まってください。

テイクアウトもあります。

 

 

皆様にとって素敵なバレンタインになるようお手伝いができれば嬉しいです。

名越

 

 

 

 

 

中米のグァテマラから素晴らしいコーヒーが2種類やってきました。
まず一つ目です。
 
【グァテマラ アンティグア サンタクララ農園 レッドハニー】
 
レッドハニーとは、コーヒーの精製方法の一つです。
コーヒーの実である果肉の成分が豆の中にぎっしり凝縮され、蜂蜜のような甘さと深いコクをもたらしてくれます。

赤ワインのようなコクと深み、ナッツや柑橘系の甘み、クリーミーな口当たりのコーヒーです。
  
 

 
『古都アンティグア』
 
アンティグアはグアテマラのコーヒー協会「アナカフェ」が認定する8つの地域の中で、最も有名な産地の一つです。
 
古都アンティグア周辺にそびえ立つ3つの火山は、アンティグアの伝統とその美しい景観を引き立たせてくれます。
 
またこの地域は、有機質が豊富で栄養価が高く肥沃で、そして保湿性が非常に良く水はけの優れた火山灰土壌となります。
火山灰土壌はコーヒーの木だけではなく多くの植物が非常に好む土壌で、コーヒーの木が実を作る時、コーヒー豆の成分の元になり、それがおいしいコーヒーになる要素となっています。
 

▲火山灰土壌はコーヒーの実に豊富な栄養素を与えてくれます
  

▲サンタクララ農園を運営するリカルド・セラヤさん
 
 
『100年以上に渡って代々受け継がれてきた農園、サンタクララ』
 
サンタクララ農園は、アンティグア南西部のアグア山の南斜面に位置する歴史ある農園です。
現在のオーナー、リカルド氏は100年以上代々受け継がれてきたサンタクララ農園を拡張し、生産処理設備、カッピングルームの増強も行い、高品質コーヒー生産に尽力しています。
 

▲乾燥工程
 

▲パーチメント
 
また、高齢化により、コーヒー生産が不可能となった農園にスタッフを送り込みアンティグアのコーヒー生産を絶やさないよう活動をしたり、働く人々の子供たちのための奨学金制度等取り組みをしています。
 

▲収穫されたチェリー

 

『豆の情報』
 
品 種: カツーラ種
栽培地: グアテマラ アンティグア地域
標 高: 1,550~1,880m 年平均気温24°C、相対湿度70%
オーナー: リカルド・セラヤ氏
土壌: 火山灰土壌 ローム・砂質
雨量: 1,200mm
収穫時期: 1月から4月
生産処理: レッドハニー、グリーンハウス乾燥
 

 
コーヒー豆オンラインショップ:https://omame.stores.jp/?category_id=59aa3c1b428f2d371d0004a2
 
 
今月9月から始まった月替わりコーヒーを、この素晴らしいコーヒーにしました!
この機会に是非お試しください。