95パーセントのアフィリエイターが稼げないという厳しい現実のあるアフィリエイト。
逆に言えば、アフィリエイトとは、ひじょうにシビアなプロ・ビジネスなのです。
そんな中、最近はアフィリエイトの位置を低く貶める誇大妄想患者、ホラ吹き、ペテン師が
多数跳梁跋扈しています。
初心者の方がそんな陥穽にハマラないための情報をお伝えしていきます。 

Michael Steinberg's Blog アィリエイト病棟 25時 
[ 稼ぐ秘訣のリンク集??人気ブログランキング ]  

2007-01-08 19:36:25

ブログ集約、移転のお知らせ

テーマ:アフィリエイト
いゃぁ、10ヶ月近く、放置していて、申しわけございませんでした。

特に、今にいたるまで読者登録して下さるブロガーの方がいらっしゃいますが、
申しわけございませんでした。

それで、このブログ、タイトルも、ブログサービスも替えて、
アフィリエイトで懲りない面々 」というタイトルでココログで再スタートしました。

よろしかったら、また、そちらにお立ち寄り下さい。

今まで、ありがとうございました。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-03-26 00:22:30

やつらにダマされるな!

テーマ:アフィリエイト

ここにも誇大妄想患者が・・・。⇒人気ブログランキング

タイトルの「やつら」とは、言わずと知れた、誇大妄想患者、虚言扇動家の頭目、
情報虚業家たちである。

今、「自動トラックバックツール」とやらが、あちこちで問題になっている。

筆者のあるブログにも、かなりやってきたが、いずれも文字化けしている。

このツールについては、3月17日付けの著名、良識派アフィリエイターtanzan氏
のメールマガジンで警告されている。

一部、引用させていただく。

『 ・・・文字化けしていることでもわかるかと思いますが、これは問題のある自動
トラックバックツールを使っているものと思われます。
多分、トラックバック元を見てみると「Tr○○o」というツールかと思われます。
これは14000円で販売されています。

はっきり書きますが、このツールで行うトラックバックは「明確なスパム行為」
です。
(中略)
読者の皆さんは決してこのようなツールを使わず、また宣伝もしないでくださ
い。不法行為に加担する可能性があります。

このツールを使ってトラックバックが商用サイトなどに集中した場合、業務に
支障を来たし、損害賠償を求められる可能性も出てきます。
何しろ、自動ですから、どこにトラックバックをしているのか、ツールを使っている側には
わからないのです。

このようなツールで作られた不自然なトラックバックを行った場合、迷惑を受
けた側がGoogleあるいはYahooなどの検索エンジンに通報し、検索エンジン側
がその事実を確認すれば、スパム行為を行ったサイトを検索エンジンの対象か
ら間違いなく削除します。
検索エンジン上位掲載を狙った意図的なトラックバックはSEOスパムと判断されるからです。

何しろ検索エンジンですから、特定のページにどこからリンクがあるかを見つけるのは
たやすいことです。それが不自然だと判断されたら、結果は上位表示ではなく、
ペナルティです。

スパム行為と判断されれば Google Adsense ならまず間違いなくアカウントが
閉鎖されますし、他の「まともな」ASPであっても、通報を受けて事実を確認すれば、
アカウントを閉鎖するものと思われます。

繰り返しますが、これはスパム行為です。このような行為を受けた場合、私は
即座に通報します。これは単に「ちくる」ためではありません。

このようなツールがはびこっては、非常に迷惑なばかりではなく、各ブログの
システムへの負荷の増加、検索エンジンやASPのスパム対策強化、それに伴
うコスト増加のアフィリエイターへのしわ寄せなどが考えられます。 』

まさにtanzan氏のおっしゃる通りてある。

前回、述べたブログページの自動生成ツールといい、やつらは、次々にロクでもないもの
を考え出す。

これらのスパムツールは元々プログラミングに精通している者が作成に噛んでいる。

話は変わるが、やつらのサイトをみると、あたかもテンプレートを使っているかのごとく、
セールスレターの展開方法がワンパターンである。

いや、テンプレートがあるのかもしれない。そして、揃いも揃ってウザイ。

最近の傾向としては、「あと何日で商材を値上げ」、「あと何日で販売を終了」という姑息な
戦法をとっているということだ。

やつらにけっしてダマされるな!

やつらの商材をアフィリエイトして悪の片棒をかつぐようなマネはしてはいけない。

>> 人気ブログランキングはこちら 週刊ブログランキング


マイケル・スタインバーグ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-03-13 00:38:13

自動生成ツールの愚

テーマ:アフィリエイト

>>重症患者、末期患者であふれる人気ブログランキングをみる

3ヶ月ぶりの投稿である。

すっかり、このブログも忘れ去られたかもしれないが、読者の患者からの復活コールに
こたえて、また再び、辛口ブログに挑んでみたい。

アメブロランキングもアフィリエイト部門で一時は20位以内に食い込んだこともあるが
3ヶ月も放置すると、この体たらくである。

さて、皆さんも同様かと思うが、11日の土曜日は、同じ内容のメールが何本も飛び込んで
きた。

発信者は言わずと知れた、ホラ吹き、情報虚業家たちである。

内容はあのシーサーブログが、ついに自動生成ツールを使ったブログサイトはアカウントを
抹消するというやつである。

自動生成ツールとは、おそらく、『【無料】アフィリページ自動生成ツール』 を指すのだと
思うが、こいつを使えば、一度で大量にページを生成できる。

ムーバブルタイプ、シーサー、拘置所ブログ、いやライブドアブログの有料版で使用可能で、
手っ取り早く誰でも活用できるということで、シーサーで使用するユーザーが相当数いたと思われる。

このサービスを提供している方は、そこそこ有名なお方であるが、いつのまにか、ちゃっかりと

FC2でも使用可にしている(抜け目ないな)。

実は、このサービスが始まった頃、筆者のところにも、「迷惑メール」で、このツールの案内
メールがやってきて、どんなものなのか、試したことがある。

しかし、これは、ひどかった。

当初はビッダーズのみの対応だったのだが、(今は電脳、アマゾンにも対応)、商品画像の
border は"1"で、画像にブルーの醜い枠はついているは、紹介文は実際のマーチャントの
文に依存しているのでちゃめくちゃ。

一気に大量のページが生成されるせいか、文章の直しも相当手間がかかるものだ。

手直しもせず、そのまま使用しているバカモノも存在するようだ。

おまけに余計なリンクもくっついている。(今は大量相互リンクと称して、このサービスを使用
しているサイトのリンクが自動で貼られるようになっている)

もちろん、筆者は、生成実験後、すぐに削除した。

シーサーは、元々、重くて、ひどい時は更新さえできないほどだが、こういった輩のせいで
さらに重くなっていたということは想像に難くない。

やっとの断行とも言えるが、自称 「情報起業家」 どものこのシーサーからの「おふれ」を知らせる
メールには、 「やはり無料ブログサービスはダメです。MTを使用しましょう」 とあった。

いやはや、この人たちは物事の本質というものが抜け落ちている。

「こういったスパプロ行為はやめましょう」 と言うのが正解だろうが。

(もっとも彼らにとっては、MTノウハウの情報商材へのアフイリで一儲けのチャンスという局面
なので、非常識を売りにする彼らには筆者の言葉などは届くはずもない)

>> ほかのアフィリエイトブログをランキングでみる 週刊ブログランキング

辛口ブログならこちらもおすすめ

マイケル・スタインバーグ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-12-07 22:10:00

商品を決めるポイント?

テーマ:アフィリエイト

>>まずブログランキング病棟をみる

最近、ウェブサイトの商品リンク切れのチェックを行った。

運営するウェブ・サイト、ブログ等を合わせると商品リンク数は20,000点を軽く超えるので
ハンパな手間ではない。

それで、なかなかこちらに廻れなかった。

ここで今回、書くのは、あくまでも一例であるが、健康器具に乗馬型の人気商品がある。

ただ、座って揺られるだけでダイエット効果があると言われているものだ。

電脳のB店から入れていたこの商品が売り切れのためかリンク切れとなっているようで
商品リンクをクリックすると、B店のトップページに出る。

電脳の卸店にはこれが多い。

当の商品ページにつながり、売り切れ完売表示がある方がわかりやすいに決まっている
のに、それをせずにトップページに出るようにしているのだ。

これではアフィリエイトサイトが売り切れ表示をしていなければビジターが迷うばかりだ。

それで、この商品を他の店に付け替えようと検索してみたら、報酬率がすべて一桁。

最近、卸店になった、ある大手家電ショップのJ電機など、818円・・・。
しかも期間限定で報酬UPキャンペーンでこの数字。

バカもほどほどにしろよ。

このマーチェント、元々、ASPのL社がメインだったが、アフィリエイト本をよく出している
Wさんが高い評価をしているマーチャント。
1パーセントや2パーセントしか払えないマーチャントを評価するなよ。

それで、くだんの商品の話に戻るがA8のダイレクトテレショップなら、10パーセントだ。

すぐに、こちらリンクを貼り替えた。

商品選びは、たしかに運営サイトのコンテンツやテーマにあったものを入れるのが
当たり前のことであるが、それにプラスして報酬率もしっかりと比較する必要がある。

何度も言うがアフイリエイトは趣味や遊びではないのだ。

>> ほかのアフィリエイトブログをランキングでみる 週刊ブログランキング

マイケル・スタインバーグ

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-11-29 22:51:00

売るための工夫?

テーマ:アフィリエイト

>>まずブログランキング病棟をみる

売るための工夫というのは、やはり自分で試行錯誤してつかむものである。

ウェブサイトでの一般的な方法としては、ビジターをある商品ページまで誘導したら、
絶対にそこで行き止まりにさせないてはいけないということがあげられる。

もしそのページの商品が気に召さず他に選択肢がない場合は、そのままページを閉じて
終わりである。

これはまずまちがいない。

わざわざトップページに出てカテゴリーから探そうなんてことはしない。

よって類似商品ページへのリンクやマーチャントショップリンクは必須である。

又、同ジャンル商品への直リンクになっているショッピングモールなどへの
リンクなどを貼るのも有効である。

たとえば、「ヤフー・ショッピングで探す」というリンクを貼る場合、リンクの中身は
その商品と同カテゴリーのページへリンクさせるようにする。


やって来たビジターをサイト内で迷子にさせない(よって、サイトマップも必須)、
行き止まりにさせない、そして選択肢を与えるということは重要である。
(TBステーション用)
-----------------------------------------------------------------------------------------

以前に書いたことと重複するかもしれないが、ここ最近、筆者のウェブサイトに相互リンク
の申し込みがたいへん多い。

筆者も必ず、申し出サイトのリンクを貼り、貼ったあとはメールで知らせるようにしている
のだが、その後、何にも言ってこないのが多い。

アクセスログをみると、その人たちはリンクをしっかりと確認しに来ている。

おいおい、筆者のサイトは自動リンク集ではないのだ。

こちらも時間を割いてリンクを貼って、おまけに完了メールも送ってあげているのだ。

それでナシのつぶてはないだろう。

こういった手合いのリンクはひっぺがしてやりたくなるが、まぁ、それはしない。

もう少しマナーというものをわきまえていただきたいものだ。

マナー以前の問題とも言えるが。


>> ほかのアフィリエイトブログをランキングでみる 週刊ブログランキング

マイケル・スタインバーグ

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-11-18 02:43:29

病巣は切除できるか?

テーマ:アフィリエイト

まずは精密検査から

この業界には、あいかわらず、誇大妄想患者が掃いて捨てるほどいる。

アフィリエイトというカテゴリーだけにしぼってみても、いったいどれぐらいあるのか
想像できないほどのサイトの数である。

これは、物販アフィリエイトサイトのことを言っているのではない。

アフィリエイト自体を取り上げたものだ。

筆者のこのブログのように、斜にかまえたものは少数派で、ほとんどは、新手の
ASPの紹介ものだったり、報酬報告だったりする。

せっかくASPと提携しているのに、そこを通して提携したマーチャントの財やサービス
をアフィリエイトせず、ひたすらそのASPの宣伝ばかりしている。

そして簡単に稼げるとホラを吹いている患者が多い。

ひどいのになると、そのブログに貼ってあるリンクを踏ませてASPに新規加入させる
まではよいとしても、その当のプログで、新規獲得数と成果をわざわざ報告している
「ご立派な方」もいる。

そんな記事をあとから読む読者がそこのリンクを積極的に踏むのだろうか?


(そのブログ以外の運営サイトでの報酬の報告をしているブログのことを言っている
のではない。念のため)


そして同じく多いのが例によって情報起業家を名乗る輩の情報商材。

この情報起業家という表現がいかに陳腐で滑稽なものか、当事者の方で気づいている
方はいないようだ。

彼らの好む言葉、「気づき」が足元で抜け落ちている。

これまた彼らの好む「目からウロコ」が落ちるという言葉には嫌悪感を覚える。

スカをつかんだユーザーは「目から涙を落としている」、かもしれない。

>> ほかのアフィリエイトブログで目からウロコを落としてみる(笑)? 週刊ブログランキング

Michael Steinberg

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-11-16 20:17:00

意外に売れたもの?

テーマ:アフィリエイト

まずはナース詰め所に行く

筆者の運営するサイトでも、最初から力を入れて売っていこうと思ったものより、
便利でいいかなというぐらいの軽い気持ちで掲載したものやシャレで掲載したもの
が、意に反して当たったりしてきた。

それは、家庭用洗剤だったり、女性用の体臭対策商品だったり、オタクの方や
マニア以外にも大ブレークしたあるフィギュアだったりである。

この中でも、フィギュアは半年間で延べ1万体以上は売れたと思う。
そして、こいつのコンバージョンレートは90パーセント以上という破格の高さだった。

洗剤や体臭ものの方は、検索エンジン経由で長期間、安定したアクセスがあるが、
コンバージョンレートは5パーセント程度。

つまり100名の訪問者のうち購入するのは5名ということ。

平均値はいっていると思うが、せめて10パーセントまであげたいといつも思っている。

逆にこれで稼いでやろうとマージンは低くても販売価格が100万以上もする、ある
スーパーブランドのバッグなどは前面に出してアピールしても売れたためしがない。

へたに「狙い」をやると徒労に終わってしまういい例である。

(例によって、トラックバックステーション用記事)
----------------------------------------------------------------------------------

最近はあまり時間がなく、ASPから承認がおりているECサイトの広告掲載が
追いついていない。

自分でもすっかり忘れていて、管理画面に入って、あれ?、こんなところに
提携申請したっけと思うものもあったりする。

----------------------------------------------------------------------------------

先日、やっとJANetのアドコンマッチを掲載してみた。
アドコンマッチのシステムが変わり、Google Adsenseと同じようなものに
なったわけであるが、やはりJANet。

まだ1箇所しか掲載していないが表示される広告のジャンルが消費者金融だった。
ちなみにそのページは、金融のきの字もないページ。

-------------------------------------------------------------------------------------

GoogleAdsenseといえば、「紹介」の件は皆さんも、ご存知のことと思う。

筆者も1箇所、120サイズのものを掲載してみた。

紹介文もつけない方がいいとのことなのだが、パっとみてなんのボタンなのか
よくわからないような気もする。

しかし、ヘタなことはしない方が無難。

規約違反には容赦のない鬼のGoogleだ。

そのまま、それとなく貼っておくしかないのだろう。

やはり、これもさり気なくが基本。

------------------------------------------------------------------------------------

Googleと言えば、できたばかりの無料サービスのGoogle Analyticsを
昨日より使用している。
http://www.google.com/analytics/ja-JP/

AccessAnalyzerのように設置してすぐにデータが出る、というわけではないが、
かなりの分析機能である。
これは、おすすめと言える。

ただし、このアメプロでは使えないはず。

-------------------------------------------------------------------------------------


筆者のウェブサイトには、見知らぬ方からリンクを貼っていただくことが多い。

もちろん筆者の知らぬ間にである。

連絡があるわけでもなく、アクセスログを解析していて、気づいたりする。

今日もある新しい相互リンクサイトに「新規登録サイト」として「登録」されていた。

相互リンクではなく、実際には先方からの一通リンクであるが、まだ登録サイト
が少ないのでウェブマスターの方が勝手に掲載しているのだろう。

だが、筆者は、こういった行為も好意的に捉えることにしている。

ちなみに、このブログもリンクフリーである。

>> ほかの成功アフィリエイトブログをみる?    週刊ブログランキング

Michael Steinberg                        ▲ホームに戻る

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-11-12 23:47:00

リピーター? 

テーマ:アフィリエイト

診療受付

前回の診察からだいぶたってしまった。

あまりあけてしまうと、リピーターもはなれてしまうので、もう少し、更新頻度を上げて
いきたいのだが、なかなかそうもいかなかったりする。

さて、遅ればせながら、今回のトラックバックステーションのお題、「リピーター獲得の技法」
であるが、筆者の運営するウェブサイトに関しては、ビジターの約15パーセントがブックマーク
からやってくるリピーターである。

ただし、すべてがショッピングユーザーではない。

少数ではあるが、同業者、及びアフィリエイト初心者のビジターがいる。
彼らは、サイトに入ってくるや2時間ぐらいみてまわっている。

特に筆者のサイトの中でも一番古いサイトにこの傾向が強い。
たかだか3,000ページほどの中型サイトだが、それでもスミからスミまでみるには、日数が
かかるはず。

これは、以前にも書いたかもしれないが、ビジターの動きは、アクセスログの解析によって、
つかんでいる。

ところで、リピーター獲得の技法だが、ブログなどは、ユニークなタイトルにユニークな
コンテンツなら、かなりの数のリピーターをつかめるはず。

ありきたりな表現であるが、商売っ気なしでその気になれば、おもしろいものはできるので
はないだろうか?

問題は、やはり、アフィリエイトを採用した物販やサービスを扱うブログである。

こればかりは、まずは、リピーターの確保の前に、いかに検索エンジンの上位に
表示されるかが勝負である。

ブログ・サービス内やブログランキングからアクセスしてくるリピーターは、はっきり

言って販売にはほとんどつながらない。

なぜって?

それはアクセスしてくるほとんどが同ジャンルのブロガーだからだ。

リンク設定はあくまでもさりげなくが原則。

大型バナーの貼りまくりやクリックの要請めいたマネは絶対にタブーである。

------------------------------------------------------------------------------

話は変わるが、信頼のおけるSEO関係のサイトによると、今また、Googleが更新に
入っているとのこと。

先日ページランクの更新という小規模更新があったばかりであるが、今回は、
ちょっと落ち着かない。

これまでOKとされていた正当と思われていたワザもスパムにみなされかねない。
今、そのへんを調査中である。

いずれにしろ、アフィリエイト嫌いの鬼のGoogleのこと。

アフィリエイトサイトには、厳しいのはまちがいない。


>> ほかのアフィリエイトブログをみる?    週刊ブログランキング

Michael Steinberg                     ▲ホームに戻る

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-11-06 02:10:00

ユーザビリティー?

テーマ:アフィリエイト

初診の方はまずこちら

筆者のサイト作りのポリシーは、第一にユーザーにわかりやすいサイトの構築である。

そんなことは百も承知という声が聞こえてきそうだが、これがわかっていない方が
まだまだ多い。

普通の物販のサイトデザインを、見よう見マネで「素材屋さん」のサイトのようにしている
ものがある。

すべてとは言わないが、この「素材屋」サイトはわかりにくい。

まず、どこが入り口なのか、どこにそのサイトのコンテンツがあるのか、さっぱり
わからなかったりする。

ここかと思いきや、これまたわかりにくい別の"仲良し"「素材屋」にジャンプしたりする。

素材を提供してやっているのだというデザイナーもどきの強気の姿勢が彼らには見える。

だから、小さくて読みづらい薄い色合いの文字を使うのも厭わないかもしれない。

(また利用規約がやたらとうるさいのも鼻につく。)

これが、アフィリエイトサイトだったら、買い物目当てのユーザーは一発でページを
閉じてしまうにちがいない。


まちがいなく。


一般ユーザーのほとんどは検索エンジンからやってくる。

せっかく、サイトまで到達させたのに、商機を逃すようなサイト作りにしては、絶対にいけない。

モノを売っていないサイトなら勘違いデザイナーの好むようなサイトでもいいし、あるいは突飛
で人目を惹く作りでもOKだが、いざ、アフィリエイトとなると、シンプルがやはりベストである。

シンプルで何がどこにあるのか、すぐにわかり、それでデザインセンスもよければ尚良い。

実は、ここ数日、メインのウェブサイトのデザインの変更をした。
(ついでにSeesaaブログとFC2ブログのCSSをいじってのデザイン変更も)

夜間、相当に時間をかけたのだが、ウェブサイトの方は悩みに悩んだ。

できるだけクリック数を少なくして商品ページに誘導するため、トップページが少々、
にぎやかだったのだ。
(しかしトップページからすぐに提携サイトに飛ばすマネだけは絶対にしない主義である)

これをシンプルにすると、その分、階層が深く深くなってしまう。

メインカテゴリーが30以上、サブカテゴリーが90以上あるので困難を極めたが何とか
今晩やっつけた。

なにせ、Googleのキャッシュをみるとトップページのセンター後半と右サイドバーが
クロールされていないのだ。
それぐらいリンク数(サイト内へのリンクだ)が多すぎたわけだ。

これでまた、トップページ丸ごとクロールしてくれるかどうか楽しみである。


>> 一応、この方たち、儲かっている"らしい"ですけど...    週刊ブログランキング

Michael Steinberg

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-11-02 01:03:00

サイト・マネジメント

テーマ:アフィリエイト

待合室に入る

早いものでもう、11月。

今年もあとわずかとなった。

この2005年も、いろいろとあった。

アフィリエイトについては、サイトの数だけは、ものすごく増えた。

実のところ、サイトの管理がたいへんになってきているほどだ。

筆者の会社の業務自体がネット関係なので、こういった芸当もできるのだが、
私生活を削りすぎているという反省もなくもない。

管理が楽と言えば、米国では、ミニサイトで1点ものの商材のみのアフィリエイトで
稼ぐテクニックがあるが、たしかに、これは作ってしまえば、あとは楽である。

筆者も実験的にこの方法をとっているものが1サイトある。

もちろん、ブログではなくて通常のウェブ・サイトだ。

ただし、この方法は承認審査のあるASPでは有効ではない。

なぜって?

1点もののため、審査に出す際は、サイトがカラだからである。

新しくサイトを構築するのは、楽しいし、それが成功すれば尚、今後の
モチベーションもあがってくる。

やはり、サイト作りはやめられない。

-----------------------------------------------------

ここのところ睡眠時間が極端に短かく過労気味なので、仕事中、特に夕方など
マウスを握りながらウトウトしてしまうことがある。

そんな時にどうしたわけか、学生時代の頃の夢をよくみる。

当時は親元を離れて、豊島区の南池袋3丁目のアパートを借りて住んでいた。

都営荒川線の雑司が谷と鬼子母神の間に位置する安いアパートで、路地に
出るとサンシャイン60がよく見えた。

大学までは、都営荒川線で通っていた。
沿線の途中には学習院下、面影橋といった風情のあるところがあり、終点から
歩いてわずかであった。

友人は、西武新宿線沿線が多かったので、帰りは高田馬場経由となることが
ほとんどだった。

部屋に戻り、じばらくするとドアをノックする音。

ドアをあけると当時の彼女が微笑みながら立っている。

洋服を脱がせると、若くみずみずしいカラダがはじけそうだ。

「悪い夢をみたよ」
「何の夢?」
「俺の今後の人生さ・・・。」


そこでハッと目が醒め、現実に戻される。

そして、再びマウスを握り、ブラウザをみつめながら、また明け方近くまで仕事は続く。


Michael Steinberg      儲かってますか?    週刊ブログランキング

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。