「万引き家族」、この人達は日本人ではありません! | 本当の日本の歴史と、日本人を知って、自信を持つ日本人になるためのブログ

本当の日本の歴史と、日本人を知って、自信を持つ日本人になるためのブログ

日本の若者に、我々の先祖は、今を築いた立派な人達であることを理解してもらい、未来を切り開く自信を持ってもらうためのブログです。

閉塞した現代日本社会を打開するためにも、日本人としての自信を取り戻す必要があると考えており、そのための分析も試みています。


テーマ:

僕は、この映画の主人公は

日本人ではなく、在日朝鮮人だ

と確信している。

その根拠の分析は、前回までの記事を参照してもらいたい。

参考「「万引き家族」を観てきました」


参考「「万引き家族」、これって卑屈ですよね?」

参考「「万引き家族」、そうですよね」


僕は時々映画を見てから、原作の小説を読む

と言うことをしている。


現在、「万引き家族」の小説版を読んでいる。

それで、いろいろ新たな発見をしている。

それはそれで、いずれ記事の形でまとめようと思っている。


それとは別に、この

「映画を見てから原作を読む」

をやった前回の作品のストーリーを考え、

その不思議なコントラストに、思い至り驚いている。


その作品とは、

映画「殿、利息でござる!」

小説「無私の日本人」

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

無私の日本人 (文春文庫) [ 磯田道史 ]
価格:680円(税込、送料無料) (2018/7/7時点)

 

 

です。

参考「今の東京都知事は本当に金の亡者の様ですね ~ 殿、公金でござる!」

 


ここからちょっとだけ、ネタバレ。


「万引き家族」は、在日朝鮮人の主人公が家族の映画。

あらすじは、こんな。

両親と子供達(長男と次女)は、血が繋がっていない。

明言はしていないが、僕は子供達は日本人なんだろうと推察している。

彼らは、不足する生活費を補い、家族の生活を守るために、

家族全員で、万引きないしは窃盗という犯罪を繰り返している。

家族を守るためにはやむを得ない、家族は全員そう認識していた。


物心が付き、罪悪感を持った、日本人の少年(長男)

の行動によりその家族が崩壊してしまった。


一方、「殿、利息でござる!」は、江戸時代の日本人が主人公で、古文書に残る実話。


あらすじは、こんな。

財政が逼迫する宿場町を救うため、皆でお金を出し合うことにした。

皆を救うため、家族を犠牲にしてまで、お金を出した男がいた。

家族も、皆を守るため、犠牲になることを厭わなかった。

破産寸前だったわけだけど、一家は破産をなんとか免れた。

なんとなれば、皆の方だって、

「どうせ買うなら、助けてくれたあの人のお店から買おう。」

ということになったから。


どちらが、本当の日本人でしょうか?


こうして日本は、先進国になった。

そうして朝鮮は、植民地になった。

そういうことでは、ないでしょうか?


過去の行いを真摯に反省する必要があるのは、

どちらでしょうか?


嘘日本人ではなく、本当の日本人を、

国外の人に知ってもらいたい。

そう強く思います。


そのための見せなければならない映画が、

違うのではないでしょうか?

 



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

 

Twitterへ:@bscppmm

 

 

<過去記事一覧
スカピッピパパの見解

                  =>トップページ

 

 

<日本愛国ブロガが使う1万5千円のパソコン
ブログの作り方を、パソコンの基礎から説明!

                  =>トップページ

 

 

<日本の本当の歴史を知って、未来を切り開く方法を考える
 ためのメールセミナー>

「このメルマガを読むと、将来に関して、漠たる不安を感じ
ているあなたは、自信がなくても、勇気を持って前に進むこ
との重要性を理解できるようになります。なぜなら、我々の
(つまり「あなたの」)先祖が、自立のために立ち上がった
勇気のある人々であったことが分かるからです。

それにより、まずは、自分の先祖に関して自信が持てるよう
になる。自信がなくても、勇気を持って前に進むことの重要
性を理解できるようになります。」

教科書に書かれていない、「日本の本当の歴史」を知るため
にも、ぜひこのメールセミナーを読んでみてください。

1日目 信教の自由の日に関するネット上の文章への反論
2日目 私が考える日本教とは?
3日目 信教の不自由な宗教と信教の自由な宗教
4日目 先の戦争の悲惨な体験を語り継ぐな
5日目 現代の鶴田浩二 ー傷だらけの人生ー
6日目 今までの社会人生活の中で、現在が一番満足度が高い
7日目 顧客満足第二

※必要がなければいつでも配信解除できます。
※迷惑メールを送りつけたりなんてことは当然ありません。
※ご登録いただいたメールアドレスがどこかに流出することなどは一切ありません。責任を持って管理いたしますので、どうぞご安心ください。

          ⇒登録はこちら(リンク

 

 

 

 

 

 

 

スカピッピパパさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス