小説版「万引き家族」を読んでみました 〜 なるほどね | 本当の日本の歴史と、日本人を知って、自信を持つ日本人になるためのブログ

本当の日本の歴史と、日本人を知って、自信を持つ日本人になるためのブログ

日本の若者に、我々の先祖は、今を築いた立派な人達であることを理解してもらい、未来を切り開く自信を持ってもらうためのブログです。

閉塞した現代日本社会を打開するためにも、日本人としての自信を取り戻す必要があると考えており、そのための分析も試みています。


テーマ:
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

万引き家族 [ 是枝裕和 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/7/10時点)

です。

 


結論としては、映画にある違和感は感じませんでした。

こんな悪い日本人はいない!

そう思いたい気持ちもありますが、

現実には、いただろうと思います。

 

 

なるほどね、分かりました。


違和感は、ストーリーではなく、風景に入れるんですね。

小説では、風景は読者が作るのですが、

映画では、作者が作るってことなんですね。


そこに、こっそり違和感を挿入されると、

普通鑑賞者はストーリーを追っていますから、

気付きづらいのですね。


あと、この作品、

バブル崩壊後の現在の日本の物語

ってことになってますけど、

映像が全体に古臭いですよね?


昭和30〜40年代、あるいは、せいぜい50年代ですよね?


第1、現代は防犯カメラありまくりですから、

こんなに簡単に万引き出来ません。


ちょっと脱線です。

最近元警察官に聞いたんですけど、

最近の犯罪捜査では、

防犯カメラのトレース調査から入るのが常識なんだそうです。


「太陽にほえろ」


的な

足を使った地道な聞き取り捜査、みたいなのは、

とっくに、過去の遺物になっているようです。


それに、水着を万引きするシーンも、

服をいっぱい試着室に持ち込んで、

一部を自分の服の下に着たまま店を出るって、

万引きの常套手段です。

 

僕のこの辺の友達も、

そんな手口でドカタズボンを手に入れてました。

参考「リーダーシップについて思うこと 〜 僕達のバンドのリーダ」



だけど、最近のUNIQLOなんか、

「持ち込みは2着まで」なんて言われちゃいますから、

そんなに簡単ではありません。


当時は、

中学生でも自動販売機でタバコが買えちゃうんですから、

今と比べると、随分牧歌的でした。


そういう意味では、

当時の在日朝鮮人社会を知る人ならではの作品、

とも言えそうです。


是枝監督が、

小説家ではなく、

映画監督なのか?


が、分かったような気がします。


粘着質の僕としては、まだまだ、分析を続けます。

 

 

 



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 教育ブログ 社会教育へ
にほんブログ村

 

Twitterへ:@bscppmm

 

 

<過去記事一覧
スカピッピパパの見解

                  =>トップページ

 

 

<日本愛国ブロガが使う1万5千円のパソコン
ブログの作り方を、パソコンの基礎から説明!

                  =>トップページ

 

 

<日本の本当の歴史を知って、未来を切り開く方法を考える
 ためのメールセミナー>

「このメルマガを読むと、将来に関して、漠たる不安を感じ
ているあなたは、自信がなくても、勇気を持って前に進むこ
との重要性を理解できるようになります。なぜなら、我々の
(つまり「あなたの」)先祖が、自立のために立ち上がった
勇気のある人々であったことが分かるからです。

それにより、まずは、自分の先祖に関して自信が持てるよう
になる。自信がなくても、勇気を持って前に進むことの重要
性を理解できるようになります。」

教科書に書かれていない、「日本の本当の歴史」を知るため
にも、ぜひこのメールセミナーを読んでみてください。

1日目 信教の自由の日に関するネット上の文章への反論
2日目 私が考える日本教とは?
3日目 信教の不自由な宗教と信教の自由な宗教
4日目 先の戦争の悲惨な体験を語り継ぐな
5日目 現代の鶴田浩二 ー傷だらけの人生ー
6日目 今までの社会人生活の中で、現在が一番満足度が高い
7日目 顧客満足第二

※必要がなければいつでも配信解除できます。
※迷惑メールを送りつけたりなんてことは当然ありません。
※ご登録いただいたメールアドレスがどこかに流出することなどは一切ありません。責任を持って管理いたしますので、どうぞご安心ください。

          ⇒登録はこちら(リンク

 

 

 

 

スカピッピパパさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス