本当の日本の歴史と、日本人を知って、自信を持つ日本人になるためのブログ

本当の日本の歴史と、日本人を知って、自信を持つ日本人になるためのブログ

日本の若者に、我々の先祖は、今を築いた立派な人達であることを理解してもらい、未来を切り開く自信を持ってもらうためのブログです。

閉塞した現代日本社会を打開するためにも、日本人としての自信を取り戻す必要があると考えており、そのための分析も試みています。

最近の我が家の情報管理は、ほぼデジタ化が出来ています。

なんで、それは、

パソコンの中のハードディスクの中、

バックアップ用のUSBメモリの中、

クラウド上のサーバの中にあります。

この情報、具体的に分かりやすく言うと、


資産(家計簿)管理、

写真管理、

音楽管理、

動画管理、

住所管理、

文書管理、

蔵書管理、

ですかね。


超読書家の僕としては、

以前読んだ蔵書の山に代表される、紙でしか残っていない過去の作品が、

大問題の大荷物ではあります。

ですが、最近使っている、あるいは作っている情報は、

ほぼペーパーレスになっています。


資産管理は、excel互換のLibreOfficeのcalcで作って(妻の分は作らせて)、

e-mailで送信しあって、添付ファイルを夫婦でシェアしています。



デジカメ移行後のデジタル写真に関しては、


デジカメ利用時代は、

最終的には、プリントアウトした写真を妻に渡し、

デジタルデータは僕がCDに焼いて保存していました。


スマホに移行してからは、それもやめちゃいました。


写した写真を家族みんながスマホで持ちつつ、

LINEでシェアしたり、


iPhoneとMac使いのカミさんが、

Appleが提供するデータの連動機能を使っているみたいなんで、

結果的にiCloudでバックアップしていることになっていると思うので、

今は何もしていません。


こんだけ身の回りにデジタル機器があふれかえっているんですから、

冠婚葬祭に準じるよっぽどの記念写真じゃなきゃ、

似たような写真が、誰かのどっかにあるでしょう。

そんな感じで、済ませちゃっています。


音楽(って、これ、高校生のころ演奏は辞めてからは、鑑賞オンリーですが)」も、

レコード→CD→MP3

と移行し、現在はメインはパソコンの中です。


これも、

Macの中にも、Windowsの中にも、Linuxの中にもありますし、

車載のUSBメモリの中にもあります。


(最近のカーステUSBポート持ってて、そこにMP3放り込んだUSBメモリ差しておくと、それを演奏できちゃうんですよね。)

参考「最近のJADE のカーステの使い方」

 


まあ、いずれにしても、

それらは全部デジタルデータとして保存されており、

パソコンなのか、スマホなのか、カーステなのかはありますが、

デジタル再生機で閲覧しています。


ところが、唯一紙ベースで情報共有をしているものが残っていました。

それは、母の資産管理です。

まあ、

基本的に何もかんも自動引き落としになっているので、

物理的な現金の引き出しを僕が代行することは、ほとんどありません。


弱ってきて外出がままならなくなってきた母に代わり、

月に1回銀行回りをして記帳して、

異常な入出金が無いことを確認し、

集計結果を表計算ソフトでまとめて、

紙にプリントアウトしたのを母に渡しているだけです。


ただ、そう言うわけで、

ここにだけ月に1回定期的にプリンターで紙に打ち出す作業が残っていました。


先に言及している通り、

最近、マシン環境を全面的に64bit Windowsに移行しようとしています。

参考「最新64Bit OSの素のままの環境が、思わず全部そろっちゃいました」


僕の使っているプリンターは、

Canon MP480という相当年代もの(2008年10月発売になってますね)です。
 

 

どうも古過ぎて、Windows10用のプリンタードライバがないため、印刷出来ませんでした。

しょうがないから、Ubuntu 64bitに持っていってみても、これもダメ。


クラッシュ前のMac、64bit iOSは出来てたんですが、

修理後まだOS再インストールのみで、

Officeソフトのインストールが出来ていません。

参考「MACパソコン、修理出来ちゃいました」


このため、とりあえず32Bit Ubuntuを持ち出す必要がありました。


せっかく全面的に64bit環境に移行できると思っていたのに、

結構ショックを受けてしまいました。


それゃ古いプリンターです。

今時、USB直結でネット機能なし、両面印刷も出来ません。

買い替えどきかな?

と思わんでもなかったんですが、決定的な問題があるわけでもありません。

それに、こんな形で買い替えを強制されるのは、不満です。


なので、ネットで軽く調べたところでは、

「もう少し新しいサポート対象機種のプリンター用のドライバで、代用出来るのが、有るとか無いとか?」


時間が取れたら、ちょっと延命策を考えようと思っています。

このとき買った、カートリッジもまだ残っていますしね。

参考「プリンター・カートリッジ 」


しかし、、、

それを大事に使っているユーザーが居るというのに、


強制的に買い替えを進めるために、サポートを打ち切るみたいな、

日本メーカーの姿勢は何なんでしょうかね?


その継続に大した手間はかからないと思うのですが。


なんか、ちょっとパソコンがらみを触ると、

日本メーカーの姿勢、その背後にある精神性に対する不満ばかりが、募ってしまう今日この頃です。

参考「dynabook、現代日本社会を象徴しているようなマシンです」

参考「32Bit OS存続運動をしましょう!!」


最終的には、たとえ買い換えるにしたって、

メーカーの策略に乗っかって、使えるものを捨てて、

同じメーカーの新品を買ってしまうのでは、あまりにもシャクです。


次回買い替えは、絶対別メーカーのにすると思いますね。



ちょっと脱線気味でした。。。


ただ、まあ、なんですね?

コンピュータというのは、いつもどっかに、何かしら不満、問題を抱えていて、

これで完璧!

という状況には、ほぼ、ならない機械ですね。

いつも、回避策を考えながら、だましだまし使っていくしか無い。。。


まあ、それは、コンピュータの性質というよりは、

人生の性質のような気もしますけれども。。
 



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 教育ブログ 社会教育へ
にほんブログ村

 

 

 

Twitterへ:@bscppmm

 

 

<過去記事一覧
スカピッピパパの見解

                  =>トップページ

 

 

<日本愛国ブロガが使う1万5千円のパソコン
ブログの作り方を、パソコンの基礎から説明!

                  =>トップページ

 

 

<日本の本当の歴史を知って、未来を切り開く方法を考える
 ためのメールセミナー>

「このメルマガを読むと、将来に関して、漠たる不安を感じ
ているあなたは、自信がなくても、勇気を持って前に進むこ
との重要性を理解できるようになります。なぜなら、我々の
(つまり「あなたの」)先祖が、自立のために立ち上がった
勇気のある人々であったことが分かるからです。

それにより、まずは、自分の先祖に関して自信が持てるよう
になる。自信がなくても、勇気を持って前に進むことの重要
性を理解できるようになります。」

教科書に書かれていない、「日本の本当の歴史」を知るため
にも、ぜひこのメールセミナーを読んでみてください。

1日目 信教の自由の日に関するネット上の文章への反論
2日目 私が考える日本教とは?
3日目 信教の不自由な宗教と信教の自由な宗教
4日目 先の戦争の悲惨な体験を語り継ぐな
5日目 現代の鶴田浩二 ー傷だらけの人生ー
6日目 今までの社会人生活の中で、現在が一番満足度が高い
7日目 顧客満足第二

※必要がなければいつでも配信解除できます。
※迷惑メールを送りつけたりなんてことは当然ありません。
※ご登録いただいたメールアドレスがどこかに流出することなどは一切ありません。責任を持って管理いたしますので、どうぞご安心ください。

          ⇒登録はこちら(リンク