本当の日本の歴史と、日本人を知って、自信を持つ日本人になるためのブログ

本当の日本の歴史と、日本人を知って、自信を持つ日本人になるためのブログ

日本の若者に、我々の先祖は、今を築いた立派な人達であることを理解してもらい、未来を切り開く自信を持ってもらうためのブログです。

閉塞した現代日本社会を打開するためにも、日本人としての自信を取り戻す必要があると考えており、そのための分析も試みています。

夏休みに、純粋に美味しいフレンチ料理を堪能する目的で、ここ

ボンパパ

に行くために、軽井沢に行ってきました。


それ以外には明確な目的はなかったため、当初は、

「1度くらいは雪のない万座、志賀あたりをドライブしようか?」

なんて話してたんですが、

この季節のこの辺りは観光のトップシーズンですし、

朝七時ころ、ゆるゆる出発したこともあり、

高速道路は結構な渋滞で、

そんな時間的余裕はなくなってしまいました。


なので、気まぐれで、

今までは道中すっ飛ばして一回も行ったことのなかった、

富岡製糸場

に立ち寄ってみました。
 

 

周囲の売店でなぜか、焼売付きの入場券があったので、

昼飯にこれを食してから、見学に行きました。


日本の近代化を引っ張ったという意味では、歴史的意義は大きいのでしょうが、

稼働してない工場と、古い建物と、展示なんで、

観光の面白みとしては、イマイチかもしれません。

 

 

 

 

近くに、

碓氷製糸株式会社

という、現在も稼働している工場もあるようで、

工場見学としては、そっちの方が楽しいかも知れません。


でもまあ、

人力糸紡ぎの体験コーナーもあり、

これを機械化し安く大量に作れるようにした技術が、

日本の経済を引っ張ったってことが分かります。

勉強にはなりました。


蚕(昔から慣れ親しんでいる人は、おカイコさんと呼ぶみたいです)

というのは、

現在では退化しちゃって、自力で桑の葉にしがみつくことが出来なくなっています。

なので、人間に育ててもらえなければ生存出来ない生き物です。

それに、その元になった野生種は、

既に絶滅して、いなくなってます。


つまり、その種の存続を完璧に人類に依存してしまった動物であります。

で、蚕は蛾の一種で、

成虫になる前の蛹になるときに作る外周である繭から紡いだ糸が、絹なわけです。


今回学んだのは、絹を紡ぐためには、

繭の状態で蚕を殺し、水につけた状態で紡いでいくと言うことです。

だから、大多数の蚕は繭になった段階で殺される運命にあるわけです。

しかし、全部殺してしまっては絶滅してしまうわけで、

次世代を紡ぐために、意図的に残される個体があるわけです。


で、その生き残りに選ばれる条件は、

より良い繭を作ること。

なんだそうです。


人間の立場に立ってみれば、そりゃそうです。

よりきれいな男女がつがいを為し子を残せば、

きれいな子供が期待できますし、

人間にしてみれば、そっちの方向に進化を促したいですからね。


でも、蚕にしてみれば生存競争に勝つ条件は、

自立していることではなく、

より美しくあること、であるわけです。


これ、人類にも芸能界なんかに時々いますが、

「生き残りの条件は、他人の評価」ですから、

究極の奴隷状態と思えなくもないですね。


生物って、生存競争に打ち勝つためにあらゆる手段を使っています。

その多様性を、この本を読んで驚いたことがありました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

昆虫はすごい (光文社新書) [ 丸山宗利 ]
価格:842円(税込、送料無料) (2019/8/28時点)

 

 

蚕も、またすごい手段で生き残っていることを知りました。


人間の多様性も凄いですけど、

参考「社会には、アスペルガーも必要なんだって ~ マジか!」

 

生命の多様性って、本当に凄いですね。


地球の上で生き残るために、ありとあらゆることをやっています。

ってことで、今回も結構勉強になりました。


あとは、適当に流しちゃいますが、

温泉&サウナ、

ワインと美味しい食事、
 

 

 

翌日は、他の宿泊施設では味わえない、圧巻の煮込み料理の朝食。

 

 

その後、

軽井沢タリアセン

見学。

 

 

 

最後は、白糸の滝で、涼を取りました。

ここは、岩から湧き出した水が滝状に流れ出していて、

上に川があるわけではなく、ここが水源になっているんですね。

 

 

 

道中高速道路は結構渋滞してましたが、

「トップシーズンにみんなで楽しんだ!」

そう考えれば、それもまた良しですね。

 

 


にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

 

Twitterへ:@bscppmm

 

 

<過去記事一覧
スカピッピパパの見解

                  =>トップページ

 

 

<日本愛国ブロガが使う1万5千円のパソコン
ブログの作り方を、パソコンの基礎から説明!

                  =>トップページ

 

 

<日本の本当の歴史を知って、未来を切り開く方法を考える
 ためのメールセミナー>

「このメルマガを読むと、将来に関して、漠たる不安を感じ
ているあなたは、自信がなくても、勇気を持って前に進むこ
との重要性を理解できるようになります。なぜなら、我々の
(つまり「あなたの」)先祖が、自立のために立ち上がった
勇気のある人々であったことが分かるからです。

それにより、まずは、自分の先祖に関して自信が持てるよう
になる。自信がなくても、勇気を持って前に進むことの重要
性を理解できるようになります。」

教科書に書かれていない、「日本の本当の歴史」を知るため
にも、ぜひこのメールセミナーを読んでみてください。

1日目 信教の自由の日に関するネット上の文章への反論
2日目 私が考える日本教とは?
3日目 信教の不自由な宗教と信教の自由な宗教
4日目 先の戦争の悲惨な体験を語り継ぐな
5日目 現代の鶴田浩二 ー傷だらけの人生ー
6日目 今までの社会人生活の中で、現在が一番満足度が高い
7日目 顧客満足第二

※必要がなければいつでも配信解除できます。
※迷惑メールを送りつけたりなんてことは当然ありません。
※ご登録いただいたメールアドレスがどこかに流出することなどは一切ありません。責任を持って管理いたしますので、どうぞご安心ください。

          ⇒登録はこちら(リンク