みなさん、こんばんは。おはようございます。こんにちは。このブログをご覧頂き、有難うございます。

今月は健康チェック月と決めていて、脳のMRIを受け、歯の治療をしている、元銀行員の中小企業診断士で、産業カウンセラーで、メンタルレスキューカウンセラーの「しゅんさん」こと本多です。

私が経営相談を受けている中で今最も多いのは、事業再構築補助金に関する事です。

相談に来られる方の中には、公表されている内容をしっかり調べている方もいますが、最大補助金額が多いことに振り回されている方もいます。

一般枠が最大6,000万円、卒業枠は最大1億円という金額が設定されています。ところが補助率は3分の2なので、3分の1は自分で最終的には賄わなければなりません。

もちろん、補助金が交付されるまでは補助金が決まっていても自己資金か借入金で用意する必要があります。

そして、事業再構築補助金という名称の通り、今までの事業を続けていては成り立たないので相当思い切った改善に取り組むか、業務転換、業態転換を図らなければなりません。

詳しくは3月17日に公表された事業再構築指針の手引きを読んで貰えば分かりますが、事業再構築補助金の対象となる取組みはかなりハードルが高いのです。

それは企業規模の大小ではなく、取組む計画内容の優劣なのです。


投資効果に見合う成果が期待できると評価される事業計画を策定する必要が有り、それを実現できると認めて貰わなければなりません。


もしも、今後進む道が事業再構築でないのであれば、この補助金を狙いに行くよりも他の補助金(ものづくり補助金、持続化補助金)を狙った方がいいのです。


なぜなら、事業再構築を行うためには戦い方を変えるだけではなく、企業としてのビジョンを見直す。


さらに言えば、理念まで見直さなければならない程の変化に取り組むので、相当なリスクを覚悟してチャレンジするのが事業再構築なのです。


その時、今までの事業の技術やノウハウ、ネットワークを活用して行うか、そのために必要な戦い方をするための戦略として必要な設備投資などの為にこの補助金を使うのです。


繰り返しますが、事業再構築補助金は最大補助金額が大きいとは言っても、大きな事業転換などを支援するものなのです。


したがって、補助金申請書の見栄えを整えるだけのゴーストライターに申請書を書いて貰うのでは、採択されるのは難しいでしょう。


経営がわかる専門家がサポートして、事業再構築に取り組まないと実現しません。この補助金に経営革新等認定支援機関の支援が要件となっているのはそういう理由があるのです。


この補助金を考えている経営者は、まず考えている事が事業再構築になるのか、既存事業の立て直しなのかをしっかり判断しましょう。


判断に悩む場合は経営がわかる専門家に相談し、アドバイスを受けることをおすすめします。


補助金申請書を代行するだけのゴーストライターより、専門家のアドバイスを受けて自分がやろうとしている事を自社のパソコンスキルがある社員にまとめてもらう方が採択の可能性は高いと思います。


最後までご覧頂き、有難うございました。

みなさん、こんばんは。おはようございます。こんにちは。このブログをご覧頂き、有難うございます。


今日は午前中に移動の足で使っている原付バイクの自賠責保険の更新とオイル交換に行って来た、元銀行員の中小企業診断士で、産業カウンセラーで、メンタルレスキューカウンセラーの「しゅんさん」こと、本多です。


3月3日(水)に小竹町創業スクールが無事終了しました。コロナ対策として、十分に距離をリアルでの講座を4回コースで実施しました。

その中でも話してきましたが、経営者の必須要件としてお話しすることとしては、事業に対する強い想いともう一つは健康です。


私は若い時から高血圧で薬を飲んでいましたが、マラソンや筋トレをやっていたので身体は大丈夫だと過信してました。


ところが、独立して4年目に入った時に脳梗塞になり2週間入院することになりました。幸い、軽症だったのですが約1ヶ月は仕事ができなくなり、翌月の収入がゼロになりました。


私は一人で仕事をしているので自分の収入だけの問題でしたが、一人でも雇用していたら行き詰まっていたかも知れません。


また、体調が良くないとメンタル面でマイナスになる傾向があるので経営者の必須要件としては健康管理をしっかり行って、休業日以外に休まないことだと思っています。


石の上にも3年と言いますが、まさに私も3年を過ぎた辺りから仕事が増えて来ました。それまでは365日24時間いつでも仕事モードで頑張っていたので、少しずつ形になってきたと思っています。


繰り返しになりますが、経営者の必須要件として私が思う事は、事業への強い想いと健康です。健康については体だけではなく、心の状態が重要です。


経営者は孤独なので、なかなか悩みを話す相手がいないかも知れません。その場合はお気軽にコンサルタントでカウンセラーの私にご相談ください。


最後までご覧頂き、有難うございました。

みなさん、こんばんは。おはようございます。こんにちは。このブログをご覧頂き、有難うございます。

今日は確定申告の仕上げをしていて終わったと思ってe-taxで送信した後に、助成金をあげ忘れていて修正した、元銀行員の中小企業診断士で、産業カウンセラーで、メンタルレスキューカウンセラーの「しゅんさん」こと、本多です。

日経平均株価が3万円を上回りました。
また、国債の金利が上昇しています。

これが景気が良くて上がっているのであれば良いのですが、私には実態経済に合っているとは思えません。

かくいう私は、毎月少額ですが複数の投資信託の積立していますが、日経平均株価が3万円に近づいた時に投資額を下回っている1件を除き、全て払い出して利益を確定しました。

今の相場は金余りの資金を運用する先がないので流れていることに加え、日銀の株式購入で上がっていると思います。

大手企業は取引の関係から一定程度利害関係にある先の株式を保有してますし、内部資産運用も必要なので株式投資をしています。

そういう意味では、多くの企業は3月の決算期にはある程度株価が上がっていて欲しいと思っている筈です。

逆に言えばコロナ禍で赤字決算で厳しい状況の中に、投資による損失が出ると致命的な企業も少なくないと思います。

特に銀行は昨年コロナ対策の融資をかなり行なっており、大半は保証協会の保証がありますがそれ以外の貸出金も増えているため、貸倒引当金を積み増しています。

地域金融機関の多くが実質赤字の現在、株価による影響は大きいと思います。

私は銀行に勤務していた晩年は、個人投資運用の管理者をしていましたし、その前には当時少なかったFPの資格も持っていたので、お客様から投資の相談を受けていました。

多くの場合、株式や投資信託の売り時を聞かれます。いろんな考えがあるのでこれが正しいとは言えないかも知れませんが、私はいくらになったら売却するかを決める事を勧めていました。

それがまだ上がるかも知れないかも知れないけど、確実に利益が確保できて自分が納得する価格ならその後の動きは気にならないと言うと嘘になりますが、もう売ったので自分には関係ないと思えます。

逆に売り時を迷っているうちに価格が下がってしまうと、結局は損はしてなくても「あの時売っておけば良かった」という気持ちが残ります。

これは私が若手の銀行員の時にNTT株が放出され、当初110万円位が300万円超まで上がりましたが、180万円位で売却した方に営業して定期預金をして貰ったのですがその方に教えていただいた事です。

また、今かなり株価が上がっているのでチャンスだと思う方もいらっしゃると思います。

それはそれで良いと思いますが、もしもこれから価格が下がるとしたら、さぞかしガッカリすると思います。

でも、保有しているものの価値が下がる時はチャンスなのです。

例えば、今保有している資産の平均価格が100万円なのに急落して50万円になっているのであれば、50万円で同じ数を買えば平均価格は75万円になります。

50万円まで下がったものを100万円まで戻すのは難しいですが、75万円までなら早く戻るかも知れません。

話が長くなりましたが投資というものは変動するので、それを理解して取り組んで貰えばと思います。

事業経営もこれと同じです。

コロナ禍だからといって何もしないで以前のように戻るのを待つだけではなく、あえてリスクを分かってチャレンジしてみるのはいかがでしょう。

最後まで、ご覧頂き有難うございました。

みなさん、こんばんは。おはようございます。こんにちは。このブログをご覧頂き、有難うございます。

前回はバイクの事故でケガをして保険が下りたことであぶく銭が手に入り、何か良い車はないかなと探しているところまで書きました。

私は子供の頃から4輪駆動のジープとオープンカーに憧れが有りました。

パジェロやランクルが普通に走っている中では4輪駆動車に対する魅力はあまり感じなくなっていました。

そこで私の憧れはオープンカーに絞られました。

100万円くらいで買えるオープンカーを探して、いくつかの中古車店を回ってみました。

MGB、フィアット、そして最終的に選んだ車はプジョー306カブリオレでした。

幌が電動で開け閉め出来るのが決め手になりましたが、色もチャイナブルーという国産車はもちろん、他の車にはない色でとてもオシャレな車でした。

この車は走りも良く、さすが猫足プジョー。路面に吸い付くような感じで多少オーバースピードでカーブに入っても耐えてくれる安心感がありました。


天井を開けて走る時の開放感は最高です。ただ、夏場に渋滞にはまると大変でした(笑)。贅沢ですが、完全に遊び車としてあちこちに走りに行きました。


それからしばらくして、私が銀行を辞めて経営コンサルタントとして開業することになり、年式と走行距離からもしも車が止まったらと思い買い替えを考えるようになりました。


この続き、次回書きます。最後までご覧頂き、有難うございました。


みなさん、こんばんは。おはようございます。こんにちは。このブログをご覧頂き、有難うございます。

前回の続きです。
ホンダトゥデイは軽自動車でしたが、なかなか走りを楽しめました。

転勤先は以前よりもさらに遠くなり、前回書いたように危うく山の中で止まるかもしれないという事もあり、自動車ディーラーに勤務する友人に相談しました。

勧められたのはトヨタスターレットでした。価格も18万円で車検2年付きだったので格安でしたし、かつて、かっ飛びスターレットを乗り回していたので迷わず購入しました。

スターレットは燃費が良く、パワーもそこそこあるのでとてもよく働いてくれました。

その後、単身赴任が終わり自宅に戻ってからは車が必要でなくなりました。
ちょうど長男が大学に通うのにちょうど良く、長男の車になりました。

長男が大学を卒業して、車が必要なくなりましたがノアは妻の通勤用と次男の部活関係でフル稼働でした。

その当時、うつ病からのリハビリ中だったので気分転換にドライブはしていました。

その頃バイクでの事故による保険金が降りました。私はこういうあぶく銭は残さず使った方が良いと思っているので、何か良い車はないかなと思って選択を始めました。

続きは次回書きます。最後までご覧頂き、有難うございました。