みなさん、こんばんは。おはようございます。こんにちは。このブログをご覧頂き、有難うございます。

今週は1週間が10日あるのじゃないかと思うほど充実していた、元銀行員の中小企業診断士で、キャリアコンサルタントで、産業カウンセラーで、メンタルレスキューカウンセラーの「しゅんさん」こと、本多です。

今、「人は変わる事ができます。」という記事を書いている途中ですが、今日は全く関係ないプライベートの話です。

今月11日に少し空き時間があったので、仕事の相棒として頑張ってくれているHONDAリード110のオイル交換に、いつもお世話になっている自宅近くのバイクショップに行ったところ、後輪タイヤがツルツルになっていました。

シートも破れていたので、ショップ内に展示されている原付2種を見て回ってところ、PCXは大きいし他のバイクは積載性が良くないため、リードの新車がないか聞いたら、幸い1台入荷予定があるらしく、購入することにしました。

月末頃と言われてましたが、予定より早くなり25日(木)に引き換えになりました。

いい年寄りになりましたが、新しいバイクに変わるのは子供が新しいおもちゃを買って貰ったような感じでワクワクして、25日をまちました。

カタログでしか見てなかったので、正直言ってあまり外観は期待してませんでしたが、予想以上にカッコよくて気に入りました。

しかも、キーレスやアイドリングストップもついていて、納車の説明を聞くだけでも結構時間がかかりました。

もともと燃費が良い原付にアイドリングストップが必要なのかというコスト面ははともかく、排ガス削減になるのでバッテリーの消耗を考えながら使ってみようと思ってます。


キーレスは私は時々、キーをつけっぱなしで降りている事があるので、これは良いです。でも、納車日に家でバイクから降りた時に、マジで鍵が無いと焦ったのはご愛嬌です(笑)。


前車はちょうど11年間乗りました。私の年齢から考えると、最後の相棒になると思うので大切に乗りたいと思います。


最後までご覧頂き、有難うございました。







みなさん、こんばんは、おはようございます。こんにちは。このブログをご覧頂き、有難うございます。

今日は仕事の予定がなく、たまには気分転換にツーリングもいいなぁと思い、バイクで走りに行き、道の駅て食事をしようと思ったら満席!別のところに行こうとしたら、空模様が怪しくなってきたので寄り道しないで家に帰って、お昼を食べ損なった、元銀行員の中小企業診断士で、キャリアコンサルタントで、産業カウンセラーで、メンタルレスキューカウンセラーの「しゅんさん」こと、本多です。

前回は、疲労が溜まっている状態をスマホの充電が無くなってきているようだと例えました。

昨日の例ではバッテリーが少なくなると、充電がいっぱいになるには時間がかかると書きました。

そうなると、毎日家に帰ってからフル充電になるためには、スマホを使わないで長時間充電が必要ですよね。

疲労が溜まる人は充電に専念する時間が少なくなっていて、逆にバッテリーを消費するようなアプリを長い時間稼働し続けているような状態なので、家での充電だけではフル充電にならないまま、翌日の電源が入ってアプリの稼働が始まっているのです。

毎日の充電では足りない位にバッテリーを消費しているので、フル充電になるまでスマホを使わないで使うのをやめるといいのですが、分かっていてもそうできない状態が続くとやがてバッテリーが上がってしまいます。

そしてバッテリー自体も弱くなって、フル充電してもすぐに消耗するようになります。

回りくどくなりましたが、要するに疲労を溜めないためには、しっかり休養(充電)することと、疲労がし過ぎないように仕事をセーブすることが大切です。

その時にありがちな事で、ストレスが溜まっているからストレス解消しようと趣味にのめり込んで余計に疲れてしまう事です。

本来ならしっかり休養した方がいい時に、朝早くに起きてゴルフに行き、長時間外を歩くだけでも体が疲れるのに、一緒に回っている人に気を遣って心も疲れます。

疲労が溜まっていない人や、翌日はゆっくり休める人は良いですが、そうでない場合は控えめにしましょう。

少し長くなりましたので、今日はここまでにします。とにかく、疲れを溜めないように気をつけでください。

次回は「そうは言っても休養は取れないよ」と言われる方に向けて書きます。
自分は関係ないという方も是非ご覧下さい。

最後までご覧頂き、有難うございました。

みなさん、こんにちは、こんばんは、おはようございます。このブログをご覧頂き、有難うございます。

最近、気に入ってよく食べに行くうどん屋さんで激辛唐辛子をたっぷり入れてたべてますが、麺や具を食べ終わった後の汁が辛くて飲み残していたのがなんとなく悔しかったのが、先日やっと飲み干せてなんだか嬉しい、元銀行員の中小企業診断士で、キャリアコンサルタントで、産業カウンセラーで、メンタルレスキューカウンセラーの「しゅんさん」こと、本多です。

テーマは、「人は変わる事ができます」なのになかなか本題に入らないと思っている方もおられるかも知れませんが、もう少しお付き合いください。

前回は苦しい事やストレス状態にある人がネガティブな思考になりがちだという事を書きました。


前回のように借入金の返済日が迫っているけど資金繰りの目処が付かないとしても、冷静になって考える事ができればいろんな対応ができる人が、冷静になれないことはよくあります。


逆に、このような厳しい状況でなく、仕事がうまく行っていて、さらに次々に仕事が舞い込んでいる場合に、冷静であれば受ける仕事と断るものの判断や受けている仕事の優先順位をつけてこられた人が、上手くできなくなることも意外にもよくある事です。


実際に周りからは仕事が順調に行っていて、何も悩むことはなさそうな人が自殺されたり、体調不良で休む人も多くいます。


共通しているのは、多忙な状況にあるという事です。前者は、仕事は減っていて時間はあるかも知れませんが、その時間を資金繰りの事ばかり考えてしまう。後者は忙しすぎて落ち着いて判断をする時間が取れない状態になっている。


多忙な状況にあっても、睡眠時間を十分に確保して休養をしっかり取れていれば良いのですが、そうでない場合はどんどん疲労が溜まっていきます。


そうなるとますます冷静に考える事が出来なくなり、頭の中が目の前の課題にばかり意識が行きます。結果、寝ようとしてもなかなか寝付けない、夢を見たりして目が覚めてしまう、そして、また眠れないを繰り返してしまいます。


私が相談を受けている人に睡眠時間を聞くと、11時には床に就き、7時まで寝てるので睡眠時間はたっぷりとっているという人に、よくよく話しを聞いてみると途中で目が覚めて(中途覚醒)、うとうとして気づいたら朝になっていて実際の睡眠時間が十分でない事が多いです。


それでもこの例は、床に就いている時間が長いのでまだ良い方ですが、寝るための時間が少ない場合もあります。


いずれにしても、スマホの充電に例えるとバッテリーが十分に残っていれば充電すればすぐに100%に戻りますが、30%を切っているとすぐにバッテリーが切れそうになりますし、充電してもなかなか100まで戻りません。


私は話しを聞いている人が今どのような状況なのかを考えてます。まだ、バッテリーが充分ある人なら、対応策を提案したり一緒に考える事ができますが、バッテリーが少なくなっている人には今の状況をまず理解して貰うようにします。


少し長くなりましたので、今回はここまでにします。次回は疲労を溜めない方法と回復に向け、行う事について書きます。良かったらご覧下さい。


最後までご覧頂き、有難うございました。


みなさん、こんばんは、おはようございます。こんにちは。このブログをご覧頂き、有難うございます。

今日はジムに行って、タオルを持って無かったことに気づいてかなり焦ったけど、シャワーの後はトレーニングで着ていたTシャツをタオル代わりにした、元銀行員の中小企業診断士で、産業カウンセラーで、キャリアコンサルタントで、メンタルレスキューカウンセラーの「しゅんさん」こと、本多です。

前回は苦しい時に冷静に自分を見ることができないと書きました。例えば、事業経営者の方が経営がうまく行かなくて借入金の返済が初めて厳しくなった時、多くの場合、返済できないことで頭がいっぱいになります。


なんとか返済する方法はないか?なぜ、返済出来なくなったのか?返済が出来なかったらどうなるか?会社がなくなるのじゃないか?こんな状況にしてしまった私がわるいのだ。従業員が仕事を無くす事なしてしまう・・・など。


これが進むと、私が死ねば保険金で借金が返す事ができるとまで考えてしまう事もあるのです。


でも、借金が返せないようになったとしても、犯罪をおかしたわけでもないですし、極端な事を言えば返済するよりも従業員の給与を遅れずに支給し、仕入先に仕入代金を払ってから金融機関に払えません。どうしたらいいか教えて下さいと言えば、金融機関はさまざまな方法を考えて提案してくれます。


もし、金融機関が対応してくれない時は私のような専門家に相談すれば、一緒に方法を考えて死ななくてもなんとかなるように支援して貰えるのです。


少し話がそれましたが、このように冷静になって考えられなくなるのは疲労が溜まっているからなのです。


苦しい時や辛い時は、強いストレス状態にあるので四六時中頭を働かせていますし、体もフルに使っているかも知れません。その状況ではなかなか眠ることもできなくなって、疲労回復ができなくなっています。


そうなるとさらに疲労が溜まり、ますます苦しくなってうつ状態にもなる事もあります。上に書いた死んで保険金で返すなどを考えるのは、普通の状態でも一瞬考えることはあっても、「いかん、いかん」と気づくのですが、疲労困憊状態だと「これしかない」とまで考えてしまう事があるのです。


少し極端な例だったかも知れませんが、私がカウンセラーとして話しを聞いている時はもちろん、経営改善のためのコンサルティングでもよくある事です。


少し長くなりましたので、今日はここまでにします。次回はこのように苦しい、辛い状況になった時にどうしたら良いとまでは言えませんか、ヒントになるかもしれない話しを書きます。良かったら、観てもらえましたら嬉しいです。


最後までご覧頂き、有難うございました。

みなさん、こんばんは、おはようございます、こんにちは。このブログをご覧頂き有難うございます。

中小企業診断士で、キャリアコンサルタントで、産業カウンセラーで、メンタルレスキューカウンセラーの「しゅんさん」こと、本多です。

前回ブログを更新したのがいつか分からないのは認知症なのかもしれないと思うくらいに久しぶりに記事を書いてます。

なぜ書かなかったのか?
それは秘密ですということにします(笑)。

それはさておき、今日みなさんにお伝えしたいのは「人は変わる事ができる」という事です。

私はコンサルタントであり、カウンセラーでもあるので、相談者から現状が苦しくて悩んでいる方の話しを聞きます。

そのような時にアドバイスや提案をすると、納得される方もいますし、納得されない方もいます。また、私が言っている事は理解したり、納得してくれても自分はできないと思う人もいます。

人それぞれに価値観や考え方があるので、一概に言えませんが多くの人は今の状態でいっぱいいっぱいになっていて、冷静に自分を見ることが出来ていないだけなのです。

次回、自分を冷静に見る事ができない理由について書きます。良かったら、ご覧下さい。

最後まで、ご覧頂き有難うございました。