ブーティの裏

ブーティの裏

フォトグラファーをする傍ら、Funnyな神さまの導きにより狛江で1番入りづらいバー「GOTA BAR」という飲食店をやらせて頂いてます。きちんとした文が書けない為、変な文章になったりします。どうかそこは大目にみてくださいませ。

昔から気になっていたULP(ウルトラライトプレーン)※超軽量動力機 ものすごく簡単に言うと免許のいらない軽飛行機。

それらに興味があって手にした本

 

このムック本にドキドキさせられ、この機体と藤田さんに会いたいと思い、Facebookで連絡を取り本日お会いすることができました。

 

向かったのは埼玉県の熊谷は荒川の河川敷、大里飛行場。

 

飛行場と言っても芝を皆で刈ったりして掘り起こされるモグラの穴を埋めながら整備し、約300メートルの滑走路を熊谷フライングクラブという団体が使っているのである。

そこにこの機体があった

 

こちらの機体は藤田さんの手作り。

 

お金を出せばなんでも買えるこの世の中に僕はずっと疑問を持ち続けている中、アルミのロール鉄板から部材を切り出して作る!この精神に僕は夢中になった。

 

さて今日は1/2と言うこともあり新年のフライト始めのお清めの儀からのスタートになった。

 

フライングクラブの事務所と言うべきかアジトと言うべきか、古いもの好きな僕にとってドキドキする様な古いバス。アンテナも気になるけどね。

 

さて中は

 

 

会長さんの先導で空の神様に御祈祷。

 

バスの後部には畳が敷かれ、リアウィンドゥに神様が祀られている。多分龍神様ではないかな。川も近いし龍は空を飛ぶし。この辺りの儀式は僕の大好物と言うか神様好きな宗教嫌いな僕にとってものすごく気持ちの良い時間

 

その次は滑走路の四隅に紙垂を刺し、日本酒を撒き手を合わせる。

 

 

 

 

 

人は、命をかけて何かを体験する時、いや、し続けていると時に何か大いなる存在に気がつくことがある。

それは作られたアスファルトの上で暮らしていれば忘れられるようなもので。

その大いなる存在に守られているのだ。守られているに違いない。この感覚ってこれから先の日本に大事な事になるんだと僕は感じるんだなぁ。

 

もしかしたら大里飛行場に住む龍神様にお呼ばれしていただいたのかもしれない。ありがたや。

 

さて話は戻して、藤田さんの暖機運転からのテイクオフとナイスランディングをどうぞ

 

 

 

 

飛行機を格納するトレーラーもDIYだそうな。

 

熊谷フライングクラブの皆様、大変お世話になりました

 

焚き火をしながら頂いた信じられないくらい美味しい大根の漬物、あれ?何これ美味しいっ!ってなる煮卵!素晴らしい時間を熊谷フライングクラブの皆様ありがとうございました。

 

土日が活動日という事で、僕は行けないですが必ず時間を作り、飛行機を作り、また顔を出させていただきます。

 

宜しくお願いします。

 

 

そうだ忘れていました、

新年あけましておめでとうございます⛩

2022年も面白いこと見つけますよ!

 

GOTA

そうだ、また壁一面に写真を貼ろう。

そう考えて今まで撮ったお客さんの写真をペタペタ。

 

 

真夜中に酔ったお客様を撮影するのはGOTAの十八番。いや、僕も酔ってるんだけどね。

 

 

 

メンズ4人並べて、とあるロゴ風を。

 

たまにはお客さんにシャッターを押してもらって僕も写ります。

 

↓この日はスタッフのKちゃんの誕生日。

お客さんも少なかったからストロボを出して来て撮影会。

 

 

 

 

常連さんと。女子のライティングは難しい。影を消してあげなきゃだから、今度どんなストロボ使っているか説明します

 

 

オフショット↓

バックが切れてしまった。

多分撮影してたのは常連さんのEちゃん。

 

 

こちらもまた常連さんのaサン↓

今回の撮影は5度目?やっと納得のいく写真が撮れました。空白の美学も駆使!

 

 

 

ワザと無表情で撮るのも好きねぇ。

 

皆の写真、足が切れているのはバックペーパーを床一面に伸ばせない(酔って滑ってコケる)ので壁から垂らして床に着地した所で止めてあるんだ。

 

(話ややこしいな。)

 

 

女子を撮るときにバックペーパーの床反射も利用できるんだけどそれができないので、ストロボ側のディフューザーを取っ払って直当てで撮影。

覚えてないけど多分向かって右手上方にも柔らかく1灯たいてます。

 

このようにパキッ!としたライティングに最近凝ってます。お店のトイレのライティングもそのようなライティングにしてしまった。

その時のDIY動画はコチラ↓

 

 

 

 

 

ついでに自宅の寝室の窓を二重窓にしました。

その動画はコチラ↓

 

 

 

 

 

そういえば先日、狛江市のコミュニティFM放送局「コマラジ」に出演させていただきました

↑彼は北海道ふれない町出身、アイヌと朝鮮人の3世。その対談でした

暗い話は好きでは無いので、ブラックジョージを交えて1時間お話しさせていただきましたー。

 

 

最後にヨットの話。

 

 

「ヨット買おうと思うんだよな…」

 

 

 

GOTA

火曜の早朝3時、布団から飛び起きて自宅の狛江市から神奈川県三浦市まで車を飛ばした。

岬の突端にある花暮岸壁↓でルアーフィッシングをするために。

まだ暗い中、釣り人は僕と50M先にもう一人。

二隻の遊漁船が並んで客を待つ

そんな中で僕の釣行は始まった

 

狙いは潮の流れが速いこの辺りをさ迷う青物だ。がしかし当たりが無い。

朝8時になり寒さに耐えきれなくなり一度車へ避難、コンビニでカップラーメンを

啜って体を温めてホッカイロを貼り、釣り場を城ヶ島の磯場に変えてチャレンジ。

 

しかしこの地磯がかなり滑る!北海道出身の僕でも滑る。

滑って落ちてはシャレにならぬと少し場が悪いところからルアーを投入!

瞬間に根がかりで一個1200円のルアーを失った。

続けて比較的軽いルアーを投入!

瞬間に根がかりで一個1450円のルアーを失った。

 

少し心が折れそうになったが、場所を変えようと先ほどの花暮岸壁にもどり

7℃という気温と小雨の降る中で一生懸命疑似餌を海に何度も放り込む。

今日はここ花暮岸壁で3個のルアーを失っておる。合計4000円だ。

 

そんなにお金をかけるなら釣り舟に乗ればよいではないか。いや拙者は

船酔いがひどく、しかも船頭の指示で釣り糸を垂らしはい釣れましたという

機械的なものがあまり好きではない。

 

余りの寒さにまた車に戻りエンジンの熱で手を温め、他の釣り場を探す。

結果的にこの後、二か所の釣り場に行ったが当たり1つ無し。

この海から全ての魚が消えてしまったのではないかという錯覚に陥りながら

最後の三つのルアーも根がかりで亡くす。

 

折れた。

釣りを初めて1年。

試行錯誤するのも楽しかった。

妻に美味しい魚を食べさせてあげたかった。

2歳になる息子に魚を見せたかった思いが強すぎて

折れた。

 

帰り道の高速道路。

やけに景色が美しい…

僕はいったい何をやっているんだ…

 

そんなとき、どこからともなく声が聞こえてきた

 

「おまえは釣りをしに来ているのではなく、ただ海が好きで海を眺めたくて

潮の音を聴きながら自分を浄化しに海に来ているのではないか?」

 

はっ…たしかに。

たしかに日々の疲れから逃げ出し海に来れば気持ちがすっきりする。

だから海に来ていたのかもしれない。

だから釣れなくてもいいのに、釣ろう釣ろうとすればするほど我が出て

疲れてしまってね、もう嫌になっちゃうんだよね。

 

じゃ、変えよう。

 

来週からは、海の畔に椅子を置いてゆっくりコーヒーでも飲みながら

本を読もう。

そのついでに偶然車の中にあった釣竿に気が付き餌を付けて

海に垂らしておこう。

 

だからもう頑張って投げ釣りは止めよう。

どれだけ飛ばせるかも止めよう。

 

足元に糸を垂らしてゆっくり本を読もう。

 

 

GOTA

最近太って来た。水商売人ならではの職業病か?このまま太り続けたらどうなんるだろう。と考える時、いつも「すしざんまい」の木村さんを思い浮かべる。まだ俺は大丈夫だってね。



さて、すしざんまいの木村さんじゃ無いんだけど、小田急線の喜多見駅から徒歩3分に有る「座・酒菜」のマスターを撮影させてもらった。






飲み屋でお客さんを撮るってのをもうかれこれ15年くらいやってるんだ。何故かわからないけど撮りたい。撮って、プレゼントしてあげだり、そこから繋がって撮影の仕事頂いたりデザインの仕事を頂いたり。


今回はマスターの1人娘さんも撮らせてもらいました。



こうなるとその辺で呑んでる女の子捕まえて「テスト撮影」させてもらう。



女の子だけ撮影していたら、他のお客さんから「GOTAは女の子好きだな〜」って思われると(というかバレると)困るからカムフラージュとしてメンズも捕まえて撮影。

彼は3×3ルービックキューブを20秒で揃える多彩なホウカイ(宝海)君。大学では地球の仲間の研究をされていたという事で、その話を聞くとものすごく面白い。


「GOTAさん何年くらい写真撮ってるんですか?」


って昨晩お客さんに尋ねられたんだよね。

う〜ん…20年くらいかな?って答えたんだけど、もう20年かぁ…。あっという間だなぁ…って噛み締めたんだよね。


まだ撮ってるんだな俺。ってね。この人生であと何人撮れるかな。





GOTA

今日のgotabarへいらっしゃったお客様

先ほど入籍してきました!との事。

素晴らしい!おめでとう!じゃあ僕からのプレゼントで記念にポートレート撮影してあげる。そんな話から。


お二人ともいい笑顔でした。




お金を払ってカチコチの写真もいいけど、こういうのもいいね。



gotabarでお酒を飲みながら夜中にお客さんを撮らせていただいてます。混んでいる時は撮影出来ませんが…



gota

カマス2匹、イルカ浜にて





前日の深夜2時に下っ走りで伊東へ3時間🚗この季節の車中泊は気持ちが良い。
最近、痔が悪化し痔ろうというお尻の激痛を抱き締め
朝9時から釣りスタート、11頃にカマス2匹、16時の帰還
17:00に湯河原のラーメン屋「きっせい」に寄り、付近のパチンコ屋駐車場をお借りして1時間就寝。18:30に帰路、21:00帰宅。

今回の伊東は大量の小さなメジナが餌取りになり、なかなか大物まで辿り着くことができず、回避策を練るも❌

帰宅して調べたところ、根に直接届く「ぶっ込み釣り」に、餌は蛇虫orユムシというデカ餌で対応すれば吉⭕️

次回に繋げよう。


夕方まで粘るぞーと、気合の非常食。(完食)



釣り期間も残り2ヶ月…

残りは夜間釣行に徹しよう…

一年の断酒から一年、また血糖値の上がり下がりが激しくなってきた。僕の息子は一才と六ヶ月。直感でわかる自分の体。このままでは60歳まで生きられないかもしれない、息子の二十歳の姿を見られないかもしれない。


夕ご飯を食べ血糖値が急上昇した状態で風呂に入ってしまい、出てきたまま部屋で動けなくなってしまった。汗はだくだく出て止まらない、血糖値の急下降で脳も働かない状態、妻がうちわであおいでくれた。この先船を買って釣りをしてみたい…と僕が一言。すると妻はやらそうだよ!船も買うんだから頑張らなきゃ!」


え?船買って良いの??将来的に買って良いの???その瞬間に体の底からパワーが湧き出てそのまま仕事へ。


笑い話はその辺にして、よるの店の主は短命であることが多い事は分かっていた。しかし20年くらい前だろうか、朝3時頃まで営業する札幌ススキノの「時計台ラーメン」の親父は93歳。「こんな仕事楽で楽で仕方がない!」「戦争に比べれば!」の言葉を僕はずっと忘れていない。93歳ラーメン屋のオヤジはこの仕事を長く続けてもここまで長く生きた。だから僕も長く最後まで生き抜いてやる!ってね。で、仕事中お酒を飲むのをやめた。また断酒すると寂しいからね。でも仕事中飲みたくなるんだよね、勧められるし。そういう時は妻が持してくれたおにぎり2個を一気にほうばる。汁物と一緒にね。するとあら不思議、酒を飲みたい気持ちが消えてゆく。


この方法で平日は酒を飲まないことに成功しているし、休みを頂いている月曜と火曜はもんのすごい呑む。そして美味しい。身体が大事!健康が1番の投資!元気があればなんでも出来るんだ。




動画は、夜中に胃を暖めたいお客様へ向けての常夜鍋だ。今日はテストで作ったけど明日から販売する。



関東暑いです。でも暑くなると外で運動したくなるという変態な筆者。

今日もジムの帰り道に呟きました。良かったら聴き流してくださいね。

 

反発するよりも順応した方が繁栄。とズルは神様が許さないってお話。

 

 

フォローしてね!

 

今日も聴いてくれてありがとう

GOTA

よく聞かれるんですよお店で。

札幌で貧乏カメラマンやってたあなたが、なぜ今東京で唯一無二のフォトスタジオ兼BARを営んでいるのか?

話すと結構長くなるのでいつも通りジムの帰り道、車を運転しながら音声を録りました。良かったら聴いてくださいね

 

 

 

 

ちなみに通っているジムは東京都府中市本宿町1丁目にある南武線の西府駅から徒歩6分、「筋肉製造工場」である。通い始めて2か月目のわたくしでござる。(音量注意)

 

 

フォローしてね