ブーティの裏

ブーティの裏

フォトグラファーをする傍ら、Funnyな神さまの導きにより狛江で1番入りづらいバー「GOTA BAR」という飲食店をやらせて頂いてます。先天性のバカ舌の為、何を食べても美味しく感じます。学歴が無いため文がヘタクソですが大目に見て下されば嬉しいです。


インスタグラムやFacebookにも書いているので、二番煎じになるが、大型2種免許の合宿、1日フリーな日ができたので、このタイミングで行かなければ、いついけるかわからない!と思い、那須塩原から東北道を北上、宮城県仙台市を目指した。


僕は18歳で札幌のハウスメーカー「土屋ホーム」という会社に所属しながらそこの事業内訓練校を出た。(すごい問題児だったが)


その時の同期が宮城に帰り、害虫駆除の会社を立ち上げ、マイホームを建てて名取市に住んでいるとの事だったので、会いに行った



元気そうで何より。

娘さんの高校受験を控えていて、長居はできなかったがまた遊びに来たい。


その後、仙台市宮城野区の叔母の家に寄って夜ご飯をご馳走になり、そこから仙台駅でホテルをとって、ゴータバーの古いお客さんと一杯やりに街に出た。



長井秀和ではなく、釣りの師匠の奈良くんだ。


さて、明日は仮免許試験だ。

楽しまなきゃ。


G

さて、合宿教習、そろそろ辛くなってきました。年齢を重ねるほど、目も見えなくなってくるし、以前まで出来ていたことが、出来なくなったり、それが如実に体感出来る。


それとは裏腹に、温泉を探す好奇心は日を増すごとに強くなり、今日は「鹿の湯」に行ってきた。


広角で撮っているから分かりづらいが、真ん中ほどに有る入り口が、鹿の湯の入り口だ。

とにかく硫黄の匂いに包まれていて、最高温度は48℃


ドライヤーは持ち込みしなきゃ無いのと、石鹸の使用は禁止だ。なので考え方は、野湯に仕切りがついた、限りなく自然の温泉と認識した方が良いだろう。


タオルは、受け付けて販売しているタオルを買うと、それが記念になるでしょう。


帰りがけに、酒屋に寄って、にごりとどぶろくを買って東京のゴータバーに送ってもらった。火曜日にはお店に出せる頃だろう






冬の温泉巡りに、我が家の100系ハイエースの後輪駆動は、向かないようだ。

ようだ…というか、後輪にチェーンを巻いて山を登ってゆく方法もあるのだろうが、なんにせよ、後輪にオモリが乗っかっていない為に、チェーンを巻いても上らないかもしれない。


故に、冬の温泉巡り全国制覇を目指す方は、やはり四輪駆動(四駆)または4WD、またはAWD、あー😮‍💨呼び名が多過ぎる。まあ、それらの車に乗ることをお勧めだ。


G


大雪です。ついでにウォッシャーが故障して(凍結したのかも)ウィンドウォッシャーを噴射する事ができなくなりました。リアウォッシャーも出ないので、多分凍結だろう。


さて、大雪の中での場内教習、滑る滑る。久しぶりに滑る。長さ11メートル、10トン以上ある路線バスを使った教習車にて交差点を曲がろうと、ハンドルを切りすぎて押されてしまう「何ちゃら現象」を経験。貴重な体験でした。


まだまだ2割くらいしか教習が終わってませんが、せっかくいただけた、この貴重な時間を存分に楽しんでゆきたいと思います。



お昼ご飯にナポリタンが出たのは嬉しかった。


考えてみたら、面白い境遇に僕は立っている(というか自分で進んだのだが…)

18歳で大工として都会に出たのち、進路変更、フォトグラファーとして生きて行くことに。波に乗った調子で上京、挫折と失敗もあったが、この辺りから運と縁を神さま任せになってくる。

何故か、都内でBARを始める事になるが、11年後、お店を仲間に任せ、大型バスの免許を取りに、現在那須塩原の自動車学校に合宿で来ている。


もうここまで滅茶苦茶だと、諦めもつくというか、神棚に、「神さま、俺の体を好きに使ってくれ!」と言うしかない。

そんな想いをさらに送り続けていると、結構インスピレーションが降りてくる。降りてくるって言っても、ピンとくるとか、そんなじゃ無くてね、気になって気になって仕方がなくなるのよ。

で、気になって気になって仕方がないものは、どうにかしてやろうという「行動」にうつるんだわ。


で、始めてしまうワケ。

これは側から見たら、あの人は色々やっている。とか、すぐ飽きる。とか、色々言われるのだけどね、仕方がないの。多分ね、神さまは、これから必要な段取りを始めていて、それに従って僕を動かしている。


「神まかせで、それって何のメリットがあるの?」


そんな声が聞こえてきそうだけど、神様に任せると、全てが上手く行くようになるんだよね。それを人は「奇跡」とか言ったりするんだ。でも奇跡でも何でも無くて、ただ、神様に任せただけ。


話はものすごく脱線したけど、今晩も三本松温泉に行ってきたよ。ここの湯は別格だ!


G

雪。

雪だー!

こちら那須塩原では、突風(14m/s)にみぞれが混じるという環境の中、生まれて初めて大型バスを運転するという記念日になりました。(教習ですが)


指導員の先生方も面白い癖のある先生で、面白すぎて教習に集中出来ん。でも、楽しく教えてくれるから有り難い。


さて、ゴータバー開店以来、1人でこんなに長く、そこを離れるのは初めてで、合宿、宿泊施設のベットの上で毎日今後の生き方について考えています。というか考えてしまいます。


周りに何もないし、酒も禁止、(断酒失敗しましたが節酒はしています)やることといえば、Kindleで本を読むか、学科試験の勉強。


もっと息子とお話ししてくればよかったなぁ…とか、いつも来てくれる常連さんと、もっとお話しすれば良かったなぁ…とか、いわゆる43歳ホームシックになる。という経験を積んでおります。


今の心の支えは、妻とのLINEやり取りとKindleで読んでいる渡辺淳一作品の「化身」に出てくる「秋葉」だ。秋葉とは今の僕と同じ年頃で、そんな秋葉は小説の中で若い女性にどっぷりハマっていくその様を、刻々と説明してくれる。それがどういう訳か、友達みたいな感覚になって、結構面白い。


帰ったら、家族とたくさん遊んで、お客さんと思い切り呑んで…と考えているうちに、考えついた事がある。

「あ、おれ、幸せだ」

そうだ、健康で、家族がいて、少しの収入があって、仲間がいて、そして話しかけてくれるお客さんがいる。


これを幸せと呼ばないで、何と呼ぶ。

僕は、何かしらの劣等からだろうか、自分より裕福そうな人を見ると、僕もああなりたいと強く思ってしまう傾向にある。

あの人が乗っているあの車、僕も欲しい。

あの人のような家に住みたい。


現状は、

ちゃんと走る車も与えて頂いた(無料で)

雨風しのげる住まいを「格安で!」貸してくれた

愛する息子と優しい妻が居て、僕を心配してくれる

あ、寿司食べたい!と思った時に寿司が食べられる位のお金がある。


これで大満足じゃないか。

神様は、僕をも見放しては居なかった。


いや、なんか、こんなことばかり考えてしまうんだよね。


今度は、どうやったらみんなが笑って喜んでくれるか、それをテーマに考えている。


変な文になってしまったが、話は変わって、今晩行ってきた温泉は


「三本松温泉」

ここのお湯、すごくいい!!

さて、明日はどこゆこうか



G


はいこんばんは時間が今午後10時58分ですね


栃木県の那須塩原市という所に来ていましたこちらで


大型二種免許っていうのを取ってるんですけれど取るために教習所ですね合宿免許をを避けるために那須塩原自動車学校というところで


挙手をしておりますそして今日初めてね大型バスの運転をさせてもらいましたがやはりなかなか難しいということに至ったんですが一生懸命頑張って最初1時間目と2時間目から OK を頂きました OK とか合格させていただきましたあとどのくらい教師あるのが1日2時間ずつやって多分2週間ぐらいかかると思います思うんですが


頑張ってやっていきたいなと思いますまあでもいつも思うのがね超えて挑戦してみて不当なんでこんな大変なことをやってるんだってたまに思ったりもするんだけれどもまあそれが俺だからまあいいかと思いながらやりたいと思ったことはどんどん飲んの一つってやっていこうと思い思って動いておりましたなので皆さんも何かねやりたいなとかこんな事やってみたいなという思ってることがあるんであれば僕の要因


多少無理でもちょっと動いてみて頑張って挑戦してみるって言うこともまたありなのではないでしょうかで一つ困ったことにですねあの伊藤さんしょく合宿何で三食ごはんが出るんですよねそのご飯が3色何点で毎日ちゃんと食べたことがほぼ無いんですごくちょっとあの福岡セトぜい肉が付いてきました運動をほとんどしないですからね外は猛吹雪と突風ですごいことになっておりますなので運動もできずま寝ながら本を読むか郷愁をするかそんなことをやっていましたまた頑張ってブログを横の今日もブログを書きたいと思いますのでブログの方も見てくださいよろしくお願いします


ありがとうございました

実は、ゴータバーを法人化することになりまして、設立したら詳細はお伝えしたいと思います。問題が、会社名。昨晩の営業でお客様より色々な案が出まして、最終的に「ごうた商店」で決まりました。


しかしお店が終わり、家までの道を歩いていると、降りてきました。たまーにあるんですけど、天から声が降りてくる。その声は「ゴータバー」で、いいんじゃね?


えー?ゴータバー?BARしか出来なくなるじゃん?


そんな事ないよ、例えばゴータバーっていうタクシー会社があってもいいと思うんだよね。←あ、これ天の声ね


で、画数を見ると、今までの調べた画数の中でも1番良い画数だった。

妻も、「あのさ、ゴータバーで良いんじゃない?」と。


司法書士さんに連絡すると、ストレートでOKの返事。

今の所、「株式会社ゴータバー」になる予定でございます。多岐に渡り愉しみたいと思います。



その一環なのですが、大型2種免許を取りに那須塩原へ合宿免許に来てみました。だいぶ思い切りましたが、考えついたら即行動派のワタシの事ですので…


受付の少し田舎風味で優しいおねーさんが少しぶっきらぼうに案内してくれて、不安がたっぷりになりましたが、やるしかない。


教習は明日から、今日は前泊させて頂いて、食堂も利用できるという事で、夕食をいただきました



厨房にいるふくよかなおばちゃんの声のトーンを聞いて、「あ、ここのご飯は多分美味しいな」と確信。食べてもやはり美味しい。気になるのは食堂にあるこの特設カウンター


このドライビングスクールは何をやろうとした?


まあ良いとして、明日からが楽しみです。



今日から2週間、毎日温泉に入ろうと思って、那須塩原市の温泉を探しております。


今日はここに入ってきました


閑散としていて、僕好みでした。

明日はどこゆこうか。


G

同郷の演歌歌手「市川たかし」こと、しーたか君のバースデーライブ、毎回参加を逃していたやさき、まさかの本人よりご招待頂きました。ありがとう😊


向かった先は六本木バードランド。

六本木なんて滅多に行かない場所でして、緊張しながらその建物の5階だったかな、席数は50席ほどあり整ったステージにはグランドピアノとパーカッションが用意されていた。


マネージャーさんのような方に、楽屋へ案内されまして、しーたか君にご挨拶。僕の結婚式の司会をやってもらってからしばらくご無沙汰しており、お話に花が咲き乱れました。


本番近いので、席に戻ると告げて、客席の最後方角に案内されたが、隣と前に座る方がまだ見えてない。ゆっくりくる方なのかなあと、しばらくするとマネージャーさんが、ここの席は「こおり健太」くんの席だ」と誰かとお話ししているのが聞こえた。


え?おこり健太くんって、北海道時代にラジオでよく聞いていた名前だ。しかも僕の大好きな「日高五郎」さんにも可愛がられた方で、いつかお会いしたいと思っていました。


ご本人がいらっしゃって、初対面の僕の顔を見るなり「北海道はどちら出身なんですか?」と尋ねて下さった。


え?初対面なのに、なぜ出身地わかったんだろうか…?それから少しお話しさせて頂きました。日高五郎ショーのお話や、五郎さんを看取ったお話、お葬式のお話。僕にとって凄く感動した日になりました。


しかし、このお話のメインは「しーたか」だった

この究極に「歌手」として生きようとする彼に何か力になれないか、いつも考えています。プロデュースって難しいんですよね。それもセルフプロデュースってもっと難しい。人は自分のことが1番見えないから。


今度ご飯行く約束を頂いたので、何かしらのお力添えをさせていただきたいと思います








人はなぜに迷ってしまうのだろうね

決めたのに迷う

それの繰り返し


ブルースリーが言った「考えるな、感じろ」を大切にしてるんだけど、感じれば感じるほど考えてしまう。


考えるのを止めようといつも考える。

あ、また考えてしまった。


外に出れば迷った人に出会って、道標をおしつける。

自分も迷ってるくせに。


迷って迷って迷っているうちに、何が見えてくるのだろうか。


10年後の俺、宜しく頼むよ

先日も書いたかな?

ハイエースのエンジンが、かからなくなったことを受けて、多分セルモーターが原因かと、素人断定。まあ、外れても、古い部品は交換した方が良い。ハイエース100系の良いところは、後部座席の足元のカーペットをメクると、大きなフタが現れて、(確かサービスホールといったような気がする)それを開けるとエンジン補機類の整備ができるようになってある。

 

見えているのは、ミッションとエンジンの合わせた部分だ。この脇にセルモーターが有る。セルモーターとはエンジンを始動する際に電流を流し、その電流が流れた時に回転する小さなモーターの力でエンジンを回して、実際にエンジンが始動する仕組みの要である。

 

今の日本は、だいたいの車の部品は「リビルト品」といって、中身だけ新品に交換された中古品がイイ感じに流通している。

今回も、リビルト品に交換する為に、その品番が必要で、どのみちリビルト品を購入した場合、その代わりに外した故障品を返さなければならないから、あらかじめ外す作業を先に行った訳だ。

 

 

この2002年式ハイエースは、プラスチック類がもう簡単に割れる。カプラーも簡単に割れたので、取り付ける際にどうしようか考えているところだわ。

 

 

 

車の腹下に潜り、セルモーターを取り外していると、息子が色々と手伝ってくれる(笑)

ラチェットを一緒に回してくれたり、上から鼻水を垂らしてくれたりと…。

 

この写真は、車の腹下に潜って、サービスホールから覗き込みながら鼻水を垂らす息子(2)を天井に向かって撮影した図だ。

 

無事に品番確認できたので、電装屋に写真を送って、多分明日の夜にも納品される模様です。

今日は妻が流行りの風邪で寝込んでいて、息子としばらく過ごしています

 

 

 

嗚呼幸せ

 

 

G

 

 

 

年始に酒を飲んでしまったが、また酒を辞めようと、その厳しい道のりが始まった。

しかし、酒の「禁断症状」が物凄いのだ。

今までかいたことが無いような「寝汗」。寝汗といっても、人の身体からこんなにも水分が出て大丈夫か?くらいの量の水分だ。


さらには、「悪魔」。

人を殺めてしまって、後悔している夢やその続きで、収監される事に恐れている夢、揉み合いになって、刺されてしまう夢(なぜか痛く無い)


これらの禁断症状は、断酒初期によく見られる症状らしいが、こんな恐怖初めてだった。なので、飲酒欲求が全て吹き飛んだ。


と言う訳で、再度2023年1月より断酒を決行。

断酒を始めてから、必ず見る動画集がある。それは世の中の偉人は酒を飲まなかった(辞めた)だ。

昨晩みた動画は、美容室earthの山下社長。彼は素手でトイレの中に手を突っ込んで掃除すると言う事を昔聞いたことがあって、よく真似をしていた。


そんな山下さんが酒を飲まない。

そうか、山下さんも酒を飲まないか。

そんなんで動画を進んでゆくと、僕の崇拝するCoCo壱番屋カレー創業者の宗次さんと山下さんの対談があった。


宗次さんも飲まない訳では無いが、飲みに行ったことはない、ほぼ飲まないだった。


そう言う影響をワザと自分に受けて、断酒に活用している。



話は変わって、

ワタクシの今年の運気が30年に一度の超幸運期だと言う事だ。耕運機では無いが耕すという意味では同じか。

あり得ないくらいの超幸運期で、ここで何かを始めない手は無い。


いやしかし、自分は気がついていたのだろう。

この運気に乗るために、直感が働く働く。

先の事はもうわからない。


でも、やるだけやってみよう。


家族のために。



g