奄美大島ダイビングログ、ブルーゲイトお気楽ダイビング日記

奄美大島ダイビングログ、ブルーゲイトお気楽ダイビング日記

奄美大島のダイビングショップ、ブルーゲイトのダイビングブログです。

         奄美大島のダイビングショップ 、ブルーゲイトです。

          奄美大島北部の海を、ゲストの皆さんに楽しんでもらうべく、

            こじんまりと“少人数でのんびり”潜る事を心掛けております。


           ビギナーの方には安心してのびのびと海中を楽しんでもらい、

            写真をじっくりと撮りたい方にはご希望の被写体やお勧めの

            被写体の案内、コース取りや時間配分に気を配り、ご希望で

          あればそれぞれの被写体における参考データなどもご案内しながら

            奄美大島のダイビングを満喫して頂けるように努力しております。


     HPはこちらをどうぞ!奄美大島ダイビングショップ ブルーゲイト

      出来る限り更新致します…奄美大島ダイビングブログ

変わらず厳しい目の海況の

ここ最近でしたが、そんな中体験に

行ってみたり、見覚えが有る様な、

無い様なお客サンに「奄美初めてですか?」

「3回目です」

「前に来た事ありますよねぇ?」

「ハイ!」とか言いつつも、

若干「ほんまに覚えてんのか?」

の流れから、どうにか記憶を

掘り起こしまして、なんとか当時の

会話の発掘に成功、

「~の話しましたよねぇー」

とかなんとか。

ブログは書けずじまいの数日で。

 

そうしての今日は、最近にしては珍しく、

初夏陽気の昼間に、遅めの出港で遊んで

来ました。

 

持参のGOPROに三脚を取り付けて、

「自撮り映え動画が撮ってみたい。」

とのご希望だったので、1本目は良さげな

場所に案内した後は、邪魔にならないように

近くのクロホシイシモチを眺めておりました。

そうすると、産気づいている♀が現在口の

中が空いている♂にしきりにアピールをして

おりまして。

日暮れ位に受け渡すんやろか?

などと考えておりますと、普段気にはして

いませんでしたが、時間がありましたので、

すでに口内保育中の猪木な口元の♂に

寄り添う♀がいる事。

何かで読んだ話で、クロホシイシモチも

産卵期は一夫一婦制であると言う話を

思い出して眺めておりますと、

夫婦でノンビリ過ごすペア達の他に、

すでに保育中の♂にアピールをして

「いやいや無理やし。」

と断られているような♀の存在を発見。

さらによくよく見ていると、孵化が

近い卵を保育中の♂には近々空くで

あろう口内を当て込んでなのか、複数の

♀がアピールしに行くような様子が

見えたりしまして。

産卵期が始まって間が無い時は、

相手がキッチリ決まっていない場合も

あるんやろうか?などと思いながら、

妄想は広がり、そんな事になったら

そらぁもう「てんやわんやになって

しまうやんけ」

でありました。↓

 

タテジマヘビギンポ♂の婚姻色

の赤に染まる顔は、見る度

「へべれけ」にしか見えません↓

 

遠い海から産卵と繁殖の為に、数ヶ月の間

やって来るヒトサイズのアカウミガメの♂

に、メスと間違えられて、爬虫類の目で

真っ直ぐに見据えられたまま、ギンギンで

向かって来られると、サメなんかとは違う、

身のキケンを物凄く感じますので、

そんな時は手足をバタつかせたりしながら

人間アピールをいたします。

間違いに気付いてくれて良かったです↑

 

目フセ↑

 

 

賑やかで、楽しい水中でした。

 

 

水温21,8℃

 

 

 

 

 

 

新年度が始まったりしておりますが。

低気圧だの気圧の谷だの前線だの。

そんな感じで、良い訳が無い天候や海況

の中、大雨警報も出てたりする中でも

(写真ございませんが)

励んでおりました体験ダイビング↓

 

「外遊びは、お天気次第」を

改めて実感しつつカメに助けられる

浦島気分も味わいながら、穏やかな

海が恋しいこの頃であります。

 

 

 

 

 

 

 

ザトウクジラのシーズンも無事に

終わりましたい。

最後は天候だの海況の都合で、なし崩し的に

終了しまして、結局今期最後に聞いた

シンガーの歌声であります↓

留まって、ひたすらに歌う理由は

色々とあるようでありますが、

エコーの効いたその声を聞いておりますと、

思い出すのは子供の頃に聞いた、隣の

オッチャンが気持ち良さげに歌う、

風呂場の歌声であります。

 

そんなクジラの日々に混じり、ダイビング

需要もチラホラと増え始めまして、ファン・

体験と励む中、朝事務所に行けば前の芝生に

見慣れぬ鳥が。

「見た事ないぞ、撮っとかんと」

と、撮ったその日の午後のお客サンと話して

いると「鳥好き」が判明、そう言えばと

話しますと、「それは、もしかして!」

となりましたのが↓

ヤツガシラ

春からいい事があるような気がしまする。

 

 

カメと私とか

 

5回目の体験とか

 

子供の頃は三浦で海に慣れ親し

んだ卒業旅行だったり。

 

その他カメラを忘れて画像が無い皆さんと、

楽しく遊びながら出会ったのは、

その理由は海よりも深いのか、はたまた

単なる気まぐれなのか、水深3mそこそこの

場所に居たスミレナガハナダイ♀↓

初めて見てから数回見る機会が

ありましたが、周りに弾かれる事も無く

馴染んでおるような感じで。

ある日居なくなるのか、もしかして居ついて

さらなる展開が始まったりするのか、

オッチャンは気になるのであります。

 

 

水温21℃~22℃

 

 

 

 

 

 

 

3月も後半に差し掛かりまして、

カムチャッカ方面へとドンドコと

ザトウクジラ達は戻って行きまして、

最近と言えば、会話の始めは

「おらんねぇ~」であったり。

 

そんなこの頃ではありますが、この二日間

とっても楽しめたお客サン達でありまして。

お一人なんかは、シロナガスクジラと泳ぎに

スリランカまで行ったり、小笠原にも

ザトウクジラに会いに出掛けているにも

関わらず、想いは叶わなかったとかで、

その分喜びもひとしをだったようです。

 

初日は、マリンスポーツ奄美の秀樹船長の

業務連携の繋がりを軽く超える、

私的友達連携で、

「やっとくから任せとき~」

ってなもんで、楽しめまして、2日目は

スピーシーズ誉船長の「居ますよ~」

連絡を受けて、混ぜてもらい、順番待ち

をしつつ、最高のタイミングで泳いで

貰える事も出来て、本当に良く出来た

2日間となりました。

 

ずっとゆっくりと泳いでいた

親子クジラのチビっ子が急にクルクルと

水面で遊び出し始める絶好のタイミングで

入れたお二人↑

お母さんは下で見守っております。

 

こんな感じで↑

(Nさんの動画から切り抜きをもらいました)

 

 

残りの出港予定の日々に少々不安を

抱きつつも今日が良かったので◎。

 

 

 

 

 

 

 

変わりやすく吹いたり降ったり

しながら、気温はすっかり春めいて来て

おります。

 

やんわり吹く南寄りの穏やかな海上を、

カムチャッカ方面へと戻ると思われる

北上するクジラ達がほとんどのこの時期に、

足早に南下するクジラに付いて行って

いると、あわてて忘れ物を取りに戻ってる

ように見えて来たりするのは、オッチャン

がそんな事ばっかりしているからと

思われます。



 

 

 

気ぃつけてー