奄美大島ダイビングログ、ブルーゲイトお気楽ダイビング日記

奄美大島ダイビングログ、ブルーゲイトお気楽ダイビング日記

奄美大島のダイビングショップ、ブルーゲイトのダイビングブログです。

         奄美大島のダイビングショップ
、ブルーゲイトです。


          奄美大島北部の海を、ゲストの皆さんに楽しんでもらうべく、


            こじんまりと“少人数でのんびり”潜る事を心掛けております。





           ビギナーの方には安心してのびのびと海中を楽しんでもらい、


            写真をじっくりと撮りたい方にはご希望の被写体やお勧めの


            被写体の案内、コース取りや時間配分に気を配り、ご希望で


          あればそれぞれの被写体における参考データなどもご案内しながら


            奄美大島のダイビングを満喫して頂けるように努力しております。





     HPはこちらをどうぞ!奄美大島ダイビングショップ
ブルーゲイト


      出来る限り更新致します…奄美大島ダイビングブログ


皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

2月となりまして、奄美ではヒカン桜

も見頃となりまして、夜が明ける時間

も早くなりだしたり、暮れる時間もどんどん

遅くなって来たりと、チョイチョイ感じる

春感が心地良きこの頃であります。

 

そんなこの頃はクジラへと赴く日々が

多くなっておりますが、フィールドは

大海原の上、相手はクジラで、天気

なんかも絡んでくれば、そこはもう

不確定要素しかなかったりする中で、

日々の出来に一喜一憂しながらの

帰り道の車中で巡らす思いは、

パチンコ帰りのそれに通じるかも

しれません。

パチンコせぇへんけどな。

 

そんな訳で、

雨上がりには島が虹色に見えたり↓

コンデジのお客さんも頑張れたり↓

あっちもこっちも跳ねている日が

あったり↓

 

こないだのオニのような寒波の

時は、さすがに泣きが入りまして

そんな朝に、歌うように「さぶいぃ~」

とつぶやきながら原チャリで港へと向かって

おると、見覚えのない景色が広がって

いたり↓

毛嵐とか。

 

困難な状況でも楽しみながら、

もうしばらく、励んでみたいと思います。

 

 

 

 

新年も始まりまして、気が付けば

本日は21日だったり。

 

昨年末から毎日遊んでいたかと

言いますと、そういう訳ではありません。

DM講習をやっていたり、そこに

絡めてOW講習をやってみたり、

そこそこ天気と海況に恵まれた

年末年始は、ファンダイブへと

出掛けてみたりと、そこそこに活動

する日々でありました。

 

そんな訳で、月も半ばを過ぎまして、

ザトウクジラシーズンとなって

おりますが、マイナートラブルが

散発しまして、ようやく月末辺りから

頑張って行こうかなと、ととと。

 

 

諸々丸く丸く収まると良いです。

 

 

 

 

すっかり年の瀬でございます。

シーズンが過ぎ去りまして、すっかり

のんびりのこの頃で、たまに入る

お客さんが、シケで中止とかも

年の瀬らしく。

 

そんな今月ではありますが、

レスキュー → ダイブマスターの

講習を随分と久方振りにやっていたり。

講習を進行しておりますと、

あの頃に、戻りたいとは思いませんが

「初心に帰るのは大事やんけぇ。」

とかなんとかを、生徒であったあの頃を

思い出してみたりするこの頃でも

ありまする。

 

講習中に現れる↓

イトヒキアジでしょうか?

1mそこそこ位の立派なサイズ

は初めて見たかもしれません。

旋回しながらすぐには去って行かない

その下にはコブシメ↓

アジの対比で小さく見えますが、

そこそこのサイズのコブシメは

警戒モード全開で、これはもしかして

「バクっと行くんか?」とドキドキしながら

眺めておりましたが、何事も

起こりませんでしたい。

 

体験の皆さん↓

 

シケの合間に出たファンダイブは

透明度も良好で↓

 

結構前に回った場所に行けば、

又居ました↓

主↑

おんなじ場所のおんなじ位置で、

ニセアカホシに掃除されている姿を見て

思うのは、「風呂好きの関取」↓

 

 

風裏ビーチに行けば、ウミウシの

合間に登場するクロウミウマ↓

頼りない砂地の石に、チョコッと生える

海草にしがみつきながら、落ちそうな

その首の角度を年の瀬に見れば、

背中には「進退窮まっております。」

と書いてありました。

 

しらんけどな。

 

 

 

 

 

水温23℃あたり。

 

 

 

 

 

すっかり秋も深まりまして、長袖を

着る事もちょいちょい増えて来たこの頃

であります。

4月頃からやらなくてはイケナイと

思いつつ見て見ぬフリをし続けた、

そこかしこを、そろそろどうにかしないと

いけないこの頃でもあります。

 

そんな訳で、のんびり働くここ最近は、

体験に行ったり、ファンに行ったり、

3,4年振りのお久しぶりがあったり

しておりました。

 

 

 

体験の皆さん↑

今年はいらっしゃる新婚さんが

複数組だったり。

末永く良き思い出となる事を

オッチャン願うばっかりだ。

 

すっかり冬天気なので、海況はまるで

安定しませんが、時折やたらと

綺麗な水中で遊べたりもしまして。

そんな時はサイコーです↓

 

最近潜れば見掛るそれ、が

発するオーラは界隈の主っぽさで↓

スジアラ番長↑

漁師のおいちゃんなんかの目の色

が変わるサイズの番長ですが、

完全に射程内のこの距離でもまるで

動じないのは、横目で見つつ絶対に

安全な事を確信している番長だ。

 

 

夏の名残も↑

 

お助け亀蔵も↑

 

 

遠目で見つめ合った後に↑

キャイキャイしながら寄り添って

パッタンパッタンする

たけお と せつこ が居たり↑

しらんけど。

 

 

期間中、良くない予報だったのに、

大事なタイミングの数時間は、

晴れて凪たりもして「きっとそうして

くれたんやなぁ」そんな風に思える、

色々想いを巡らすダイビングも

ありました。

良かったです。

 

 

水温24℃

 

 

 

 

 

無理くりのシケの風が収まりまして、

冬なりのシケの風が吹いてみたり

そうでも無かったりの、「文化の日」連休は、

ノンビリした感じの今年であります。

 

そんな訳で、ファンダイブに出掛けたり、

体験ダイビングに出掛けたりしておりました。

「シケたり降ったりする予報ですが、

どうしますかー?」

「休んどきまーす」

「それがいいかもですねー」

の翌日11/2は海況と天気もそれなりに

持ち直しまして、これまで一通り

画像や動画で遊んで、最近は、

水中に潜って、泳いで、魚と戯れる

感じがとても楽しいお客サンは、

身に着けている器材の色を見れば

「~好きなんですね。」

と言わずにおれない「紫」な感じだったので

思う存分ハナゴイと戯れて貰ったり、

11/3は「英語しかしゃべらんケド気に

せんといてね。」

のお客さんと、最近は自信をもって

押し出す片言で、陸も水中も進行しつつ、

ウミガメリアクションは万国共通ヤンケと

登場するお助けにGoProをロケッパンチ

のように突き出しながら楽しそうに泳いで

行く大柄なお兄さんを眺めつつ、

そう言えば連日のように最高のタイミング

でお助けカメが登場するなぁ、

と思っていれば、翌日の体験ダイビング

でもやっぱり絶妙のタイミングと距離感で

登場する「お助け」でした。

 

竜宮城はきっともうすぐやで。

しらんけどな。

 

 

 

 

 

 

 

水温25℃あたり