恋のイロハ

恋のイロハ

恋愛について思っていることを書きます。

恋愛に迷っている男性のために、ちょっとしたことを書いていく予定です。
Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

恋愛への対応をミスすると、ずっと、それはつきまといます。



恋愛は、なんとなく、なーなーで付き合うと言うよりは、真剣勝負です。



幾つかルールにして覚えておくといいことがあります。



1.感情で行動しない



2.一定のパターンを作る



3.相手の望みを先回り



4.幸せは作るモノと心得る



5.疑いは疑いを呼ぶ



6.不安は現実化する



あまりスピリチュアル的に捉えないで欲しいのですが、上記のようなことを気をつけると快適になります。



1.感情で行動しない



感情が不安定な人の恋愛は、相手に混乱を与えます。何が正しくて何が間違っているか判断がつかなくなっていきます。気まぐれで当たってしまっても、相手は従う人と、従わない人に分かれます。



従う人の場合は、ハラスメントが加速してきます。



従わない場合は、恋愛が終わります。



感情的な恋愛は、ポジティブなときはいいですが、ネガティブなときは関係を壊します。



相手のことを第一に考えて行動する。そのことに注意して、自分の感情と付き合いながらやっていけば安定した関係が作れます。安定した関係は幸せへの第一歩です。



2.一定のパターンを作る



相手の行動が予測できないと、不安になる。ミステリアスな方が好きという人もいますが、実際は、行動の予測がついた方が人は安定します。この人なら、こう言ってくれる、こうしてくれると思われるように、一定の行動をしましょう。



そうすることで、相手は安心して心をもっと開きます。



3.相手の望みを先回り



恋愛において、自分の思っていることを理解してくれるのは、とても落ち着きます。



自分のことを理解されていないと思うと、ネガティブな妄想がわき上がってきて、長く続くと惰性の関係になります。だから、一番近くにいるのだから、相手の望みを予測して、先回りしてやって上げると、相手は『自分をわかってくれるのはこの人しかいない』となって、関係が深まります。



間違っても、『やってあげてる』なんてことは言ってはいけません。



相手の望みを叶えて上げたいから自然とやっているという態度がいいですね。



4.幸せは作るモノと心得る



幸せは、人によって違いますが、二人の幸せを定義しましょう。これは二人で話し合わないと出てきません。このプロセスを無視して、幸せという大きい括りでやってしまうと、幸せの意味が違うので、二人はすれ違っていきます。



二人の幸せが心から同じ所を示していないと、破局、離婚への道となります。



意外と、恋愛って勢いと思っているともいますが、それはギャンブルです。まず、二人で続けられるかを話し合いましょう。



こういう部分を面倒で後回しにする方は、大抵、行き当たりばったりで、うまくいきません。



5.疑いは疑いを呼ぶ



自分の中に疑念が出てくると、より疑わしいことが目につくことになります。実際には潔白でも、疑わしいという色眼鏡でみるようになります。そうするとものすごく不安になります。



その気持ちをきちんと言える関係なら疑いを早めに対処して楽になれます。



でも疑いのまま持ち続けると、簡単なコミュニケーションも避けるようになり、関係は終わっていきます。



6.不安は現実化する



疑いを持っていると、多くの場合はそれが実現化します。そう思っていることは実現化する場合が多いので、どうせ思うなら幸せな毎日です。このとき、自分自身の自信や価値の無さを思い込んでしまっていると、やっぱりそれが影響して現実化します。



恋愛をすることで、自分を認めもらい、受け入れてもらうことで、自信が出ますし、自分の価値を感じるようになります。



恋愛で成長する



人は繰り返えされる愛の言葉、自分を大事にしてくれる態度に応えるように成長していきます。



自分の不安を相手にぶつければお互いにつぶれます。ダメージが増えていい恋愛ができません。



愛される事を知って、愛することを実践するんです。



そうすると成長しますね。




テーマ:

恋愛でモテたい男って結構ダメだと思う。そういう時期はあるけれど、恋愛を知ったら卒業すべき。



これは法則の一つだけど、これを知っていれば自然と相手はできてしまうし、数百人と付き合ってみてやっぱり鉄板だったから。



それは支配に関する項目。



女性のことをMだとか決めつけることはあるかもしれないが、それは恋愛でも何でもない。



支配しない



まず、覚えてもらいたいのは、主従関係でもなければ、上下関係でもないということ。背景的に、日本では男尊女卑の流れがあって、男優位な時代が長く続いていて、法律が変わろうが、やっぱり意識の中には存在する。



女性の側でも、どうしても引いてしまったり従ってしまったりするのは、幼少期からそういうモノを目にしてきたから(親の関係に影響されやすい)。



だから、自然と男の下に潜り込む女性がいるけれど、こういう女性は不幸を呼び込んでくるので、付き合わない方がいいくらいだ。下手をすると、イライラさせられ、つい手が出てしまうことがある。



DVのレッテルを貼られることになる。



また、誰に対しても下に潜り込むことをしてきた女性は、頭の回転が遅いことが多い。常に抑圧されてきているので、相手を怒らせないように最大限の注意を払うから、それ以外のことがうまくできない。往々にして、高賃金の職には就いていない。



そうすると、モラハラ的な関係に発展する。当然、そういう女性と付き合うのは、対応する男性だから、お互いの都合によって関係が始まり、支配や上下関係を生む。



これでは、幸せなんかにはならない。



男女とも支配に関係のない人だけを恋愛対象にしたいところ。しかし、世の中は支配や上限関係を作る人の方が魅力的に見えるから、変な恋愛が生まれる。



ポイントは、相手が支配する人だったとしても、それを拒否して、対等な関係を構築することだ。あなた自身が、支配関係が好きだとしても、そう長くは続かなかったはずだ。



相手を道具にしない



支配を通り越して、相手を道具にする人もいる。浮気相手、愛人、セフレ、金づる、いろいろあるとおもうが、それはよくない。なぜなら、その次元にる限り、幸せがやってこない。



自分が相手を道具として使う分、別の人から道具として使われる運命である。



道具は所詮道具。



道具であることをやめて、相手を人として扱い、愛のある関係を作った方が、幸せには近い。



寂しさで付き合ったりする人もいるし、時間つぶしで付き合う人もいる。そんなモノは都合のつきあいであって、恋愛でも何でもない。



繰り返しているうちに自分のセールスポイントはドンドン減って、恋愛も結婚もできなくなるので、なるべく早いうちにそれをやめたほうがいい。



しかし、道具として使われてきた人は、人を人として扱うことがわからない。



人として扱われることを経験するか、勉強しない限り、無限ループからは抜けられない。



たった一度、人として愛されれば、恐れや不安が消失することを経験するでしょう。



何人かの人でそれは見ているし、相手を選ぶ基準値が格段に上がるので、田メンズウォーカーは卒業できる。



しかし、自分の中にそんな相手は絶対いないなんて思っていると、目の前にいても気がつかないことになる。



まず、道具を卒業して、人としての恋愛をすることを心がけよう。



最初は失敗するかもしれないが、やらなければ、いつまで経っても出来ないんだ。



対等意識



支配を脱出するというのは、詰まるところ対等意識を持つこと。



自分と相手は同じ人間で有り、お互いに尊重し、尊敬し合うと言うこと。



同じ人間でも別人なので、あるところでは相手の方が優秀で、あるところでは自分が優秀だ。



それを受け入れて、相手を認めることが大事で、相手を支配する人は自分の優位なところで相手を責めて、従わせていく。



これを実践するのは結構骨が折れる。実際、相手が思い通りに動いてくれないことの方が多いからだ。



思い通りにならないのが人間。



それを受け入れて、自分も相手にとって思い通りでないことを認識しよう。



そして、二人で話し合って、お互いのいいところも認め、悪いところは改善してくんだ。



二人の関係は一人では何とも出来ない。支配で押さえつけても、相手が壊れたり、逃げ出したりするだけだし、正直、そんなの時間の無駄だ。



ちっぽけな王様気分より、一緒いて手をつないでいる心地よさ、自分に身を預けてくれる感じを受け取ると言い。そして、自分も相手に少し寄りかかる。



少し微妙なニュアンスでバランスだから、最初から出来る人なんていない。



何度もトライして、自分たちの形を作っていって欲しい。



自分の立ち位置が重要



自分がどんな風に相手に関わっていくか、何もルールとして守っていくかを決めておくと、ブレがなくなる。



変な話、女性の多くは恋愛に絶望を抱えている。こういうのはしてもらえないだろうなぁなんて思っているし、本人も気がつかない扱われ方がある。



自分の立ち位置を守って、女性が意識できていない角度から、大事にしていくと関係は鉄板になる。うれしい涙は何度流させても問題にはならない。



にほんブログ村 恋愛ブログ 新しい恋へ
にほんブログ村

読者登録してね

テーマ:

恋愛について、行き当たりばったりでやっていくと、最後は収拾がつかないことになります。だから、ある程度のルールは決めておいた方がいいです。そうしないとズルズルしてしまいます。



これは自分の中のルールでもあるし、相手にも求めるルールです。



浮気しない



当たり前だけど、浮気しないことはルールにしていいと思う。浮気をした時点で、恋愛としては終わっていて、あとは都合とか惰性でつきあいを続けることになる。ちょっとした浮気ならあるのかもしれませんが、一つ、それを許してしまうと、延々と浮気することになったり、浮気が本気になったりすることがあります。だから、一つの基準として、『浮気は許さない』という当たり前のことをルールにしたらいいでしょう。



そして、こういうルールはつきあい始めにきちんと決めておくことが大事です。つきあい始めに決めることは少々難しい要求でも通ります。なぜなら、相手も恋愛を終わらせたくないと思っているから。



誠実である



浮気をしない事をルールにできたら、次は誠実でいることを求めましょう。これは決して嘘をつかないという意味ではないのですが、『お互いを傷つけない』ということです。騙したり傷つけたりするようになることをしないということです。



『嘘をつかない』という言い方でも、大部分はいいのですが、『やさしい嘘』ってあります。世の中には知らなくていいことがあります。だから、杓子定規に『嘘をつかない』で定義するとそれを外れることが良くあります。特に、女性は『何でも言って欲しい』なんていいますが、男は何でも言いたくないです。格好悪いこと、自分が惨めになることを平然と言える男なんて、何かおかしいです。黙って努力してリカバーします。



そういうときは、除染も黙って信じてくれればいいです。



そこに嘘はありません。ただ、言わないです。無理に聞くから、橋の技の嘘になることがあります。嘘はあってもいいです。関係を良くしたくてがんばっているなら、それは誠実の部類でしょう。



幸せを求める



二人で幸せを求める。これができなければ付き合う意味はありません。



都合で付き合っても幸せになんかなりません。よく、寂しいから付き合うというのがありますが、この主体は自分です。自分が寂しいから相手を作って寂しさを埋める。これをやっても、根本的に自分が寂しい人間なので、相手が思い通りに構ってくれないと、寂しさを感じます。一緒に居ても寂しいという状態です。



都合で始まると、都合を埋めるために行動してしまいます。だから、寂しさで始まると寂しくなったらそれを埋める行動になってしまいます。そして、破綻します。



結婚した二人が『幸せになろう』といっても、幸せがわかってないと破綻します。『幸せ』という言葉はモンスターで、このキーワードは使い方を間違えると大惨事です。



彼の思う幸せと、彼女の思う幸せが一致しているかどうか?



これに掛かってきます。幸せの奥に隠れた幸せのイメージ、これが大事です。



彼が支えてくれる人といられたら幸せと思っても、彼女が生活費を出してくれる人といられれば幸せなんて思うと、いつか彼は嫌になるし、彼女のお金はあっても満たされないって事になります。



とにかく結婚みたいな婚活は、よく考えた方がいいです。



ルールはシンプルに



何でもルールにしてしまうと大変になってしまうので、できるだけルールの数は減らしても、うまくやっていける関係が大事です。恋愛だけだったら、長くても10年くらい。結婚だったら一生モノなので、やっぱり信頼関係の基礎になるモノです。



それを守ってくれる相手、守る自分があって、その上に好き嫌いがくるといいでしょう。好き嫌いが先で、その上に信頼を作ろうとしても、ボロボロになっいる人は結構います。



信頼できる相手を、好きになれれば恋愛としてはOKでしょう。



その為には自分が、浮気せず、誠実で、幸せを求める態度が大事。



結婚の場合は、それに金銭的なこと、子育てのこと、お互いの家族文化が融合します。



にほんブログ村 恋愛ブログ 新しい恋へ
にほんブログ村

読者登録してね

テーマ:

恋愛したい人はたくさん居るみたいですけど、うまく行っていない人が多いですね。

恋愛がそもそも成立していない人。恋愛してもトラブルが続いている人。結婚まで言ったけどダメだった人。いろいろいます。

私もその一人。

それなりに経験値はあるので、このブログは、その視点で書いていくものです。

恋愛とは自己成長へつながるもの

恋愛をするまで、基本的には自分の意見を中心に周りと関わっていけば良かったはずです。それが好きな人が出来て、相手のことを知りたくなり、相手に好かれたいと思って行動して、様々な経験をすることになります。中には失敗続きで嫌になってしまう人もいるし、誰か居ないといられない人も居ます。人との関係の中で、自分を成長させて、より良い対応ができる人に成長して行くことができます。

だから、恋愛は、自己成長へつながるモノだと思っています。

好きなだけでは成立しない

誰かを好きになっても、相手にも次ごうって言うモノがありますから、一方的な欲望だけで恋愛はできません。かといって、すべてを相手基準にして自分を殺していくのもおかしな話です。恋愛というのはバランスで、最初は経験値が少ないので、失敗することが多いです。それはそれで、若いうちなら問題ありませんが、年齢を重ねて、失敗できない思いが募ってくると、なるべく正解を選ぶようになりますが、如何せん、経験値がないので何が正解かわかりません。また、相手も毎回違うはずなので、同じ経験はありません。たくさんの経験から、模索して正解を出さなければならないのが恋愛です。

もし、自分の思いだけで突っ走ったら、まちがいなくニュースに登場することになるでしょう。かといって、臆病になり、行動できなければ恋愛できない状態に入ります。

年齢を重ねると1度くらい結婚しておこうなんて思うかもしれませんが、そもそも人間関係を成立させられないのだから、無理に結婚しても、結果はさんざんです。

努力や苦しみを伴う

恋愛というのは、手放しでうれしいだけでなく、努力や苦しみを伴う行動です。小学生の好き嫌いだけだったら、嫌になったらやめればいいですが、大人になって人間関係の構築で躓いてしまうと、異性そのものが苦手になり、仕事でも的外れなことを言ったりしてしまうでしょう。

超近接距離でやりとりができるのが、彼氏彼女の関係です。距離を取って当たり障りなくするような関係ではなく、感情やわがままが顔を出す距離感で、人間関係を健全に作ることができるようになる必要があります。

もし、健全な人間関係を作れないとしたら、意図せず、一生独身であったり、離婚を繰り返し、あるいは不倫関係に陥り、出口のない期間を過ごすことになります。

最初は間違ってもいいですが、成長しましょう

最初は間違っていてもいいです。失敗してもいいです。なるべく早いうちに始めることが恋愛をうまくやるための鉄則です。40過ぎて、行動に問題があるなんてレッテルを貼られてしまうと、狭い交友関係で自由に人間関係を構築することはほぼ不可能です。

10代、20代のうちに、失敗しながらどう振る舞えばいいかを学ぶことで、30代40代でいい恋愛ができるようになります。

恋愛は努力や苦しみを伴いますので、恋愛自体は自分の思い通りではないと言うことです。相手がどう思うのか、どう行動するべきなのか、そのあたりを整えることで恋愛は簡単なものになります。

最終的な恋愛は・・・

最終的な恋愛は、結婚に昇華します。恋愛相手と結婚するという意味ではありません。人間関係の構築ができるようになると、理想的な相手と結婚しやすくなります。

間違っても、都合や寂しさから相手を選び、間に合わせて結婚してはいけません。

そんなことをしても苦しみしか生みません。

より良い人生を送るために、パートナーの存在は必要不可欠です。一人でも暮らしては行けますが、得られるモノが全く違います。

自分の中に負の因子があるならば、それを変化させてより良い恋愛をしましょう。そして、結婚に昇華させ、あなたとあなたのパートナーが共にめざす『幸せ』を獲得しましょう。




にほんブログ村

読者登録してね

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス