バレエがもっと上手くなる!トウシューズの立ち方・踊り方

バレエがもっと上手くなる!トウシューズの立ち方・踊り方

トウシューズの立ち方・踊り方を基礎から分かりやすく解説。
ポワントワークを見直して、バレエ上達を目指す方に
特別レッスンを開催しています♪

 
皆さま、
いつものようにご無沙汰しております。。
 
夏の暑さもやっと過ぎ去り、秋らしい気持ちの良い季節になりました。
犬の散歩をしていると、秋の虫が心地の良い音色で鳴いていて、朝は丁度いい涼しさでこの季節が一番好きかな、と思います。😌
 
ですが、本当に一年早いな~と感じます。去年、ハロウィンが終わった頃近所の園芸屋さんがクリスマスのイルミネーションを飾っていて、それを見るのが楽しみで夕方の散歩をしていたのを先日思い出して、もうすぐその季節かぁ~、思い、つくづく一年経つのは早いと感じたところでした。
 
一日一日を貴重に過ごさないといけないですね。😌
 
さて、今日のテーマは、
踊り手が教える側になるためには?
です。
 
皆さんも聞いた事があるかもしれませんが、、
 
"良い踊り手だったからと言って良い教師になれるとは限らない"
という事です。
 
その意味は多分、、
 
自分が舞台で踊っていたそのままを生徒に教えてはダメだという事だと思うのです。
 
舞台人として踊っていると、どうしてもその人のクセがあったり、慣れで踊ってしまう部分があります。
 
そうすると、バレエの基本を一から教えなくてはいけない、特に子供には、その教師のクセや慣れで踊っていた部分を上乗せして教えてしまう事になるからです。
 
以前にもお話しましたが、私は今でも恩師に週2回ほどですが、シゴかれにレッスンに行っています。💦💦
 
その度に厳しく指摘をいくつも受けるのですが、徹底的にバレエの基本、身体の使い方を教え込まれています。
 
中でも、私の踊って来た時のクセや慣れを失くして教えなくては、それをそのまま生徒に教えてはいけない、と強く言われます。
 
その意味が暫く分からなかったのですが、最近になってやっと理解し、本当にそうだな、と実感しました。
 
こんな貴重な教えを受ける事が出来るのはとてもラッキーな事だと思うと共に、、
あまりに厳しいレッスンで時々身体半分くらい床に埋まってしまったのではないか?(笑)と思うほどなのですが、まさに言われる通りなので、"その通りでございます!😣"と毎回思いながら、この年になっても歯をくいしばりながら頑張っております!👊
 
 
レギュラークラス情報

 

【大人クラス】

まじかるクラウン シムズバレエ(吉祥寺)

 (火) am11:00-am12:50 レベル1 ポワント可

 (金) pm1:00-pm2:40     ベーシック

    pm2:50-pm3:20     (希望者はポワント)




【子供クラス】

おすましペガサス バレエアート

 (月) pm4:45-6:15 (小3~小5くらい)

 (土) pm3:45-5:15(基礎強化クラス小3以上)、pm4:45-6:15(アドバンスクラス少6以上)

皆さん、こんにちは。
いかがお過ごしでしょうか?

私は、9月に入り娘の夏休みも終わり、気分はすでに秋に向かっていますが、ここ最近は台風の影響で蒸し暑い日が続きちょっとうんざり😥している感じです。

さて、
バレエの方と言えば、生徒の夏の舞台やコンクールが終わり、ホッとしていると同時に、海外に留学するために日本を飛び立った生徒達もいます。

それぞれの目標のために頑張っている生徒を見ていると、私もより一層指導に対して真摯に取り組まなければ行けないと、引き締まる思いです。😤

そんな中、先月の朝日新聞にとても良い記事があったので、これはブログで紹介したいと思いました。

今日のテーマに載せました、
"つまらない練習がいずれ花を咲かせる土に"
という羽生結弦さんの言葉です。


私は特に羽生君のファンではないですが、この記事を読んでとても共感し、努力を重ねた人からしか出て来ない言葉ですし、バレエと全く同じだと改めて思いました。是非皆さんとも共有したいと思いました。
この写真からは読みづらいと思いますので、一部載せたいと思います。

:記事の一部より:

・・・羽生さんはこれまで、折に触れて『9歳の自分』を引き合いに出してきた。
・・・小学4年生だった2004年。初出場した全国ノービス選手権を制し、国際大会でも優勝を飾った。
『ただ、それまでの練習は、すごくすごくつらかった。長く苦しい大変な練習が積み重なったからこそ、9歳の時に、ジャンプが一気に全部跳べるようになって、自分が滑りたいスケートができるようになったんです。その時に努力の結果を一番感じられていたからこそ、スケートが好きだったのかなって』
当時は故郷・仙台で、都築コーチの指導を受けていた。トレーニングは厳しく、『全然楽しくなかったですよ、そりゃ。隙さえあれば休むというか、さぼっていました。先生が見ていないところで雪遊びをしたり、野球をしにいったり。そんなやんちゃな自分でした』と笑いながら振り返る。
『ただ、そういう中でも努力をさせられ続けて、頑張ったからこそ、「9歳の自信があふれた自分」が出来上がって今も続いているんだと思います。

都築コーチから課せられた練習の狙いは、はっきりしていた。基礎を作ること、そして長所をとことん伸ばすことだ。

今こどもたちにアドバイスを送るとしたら?そんな問いにこう答えた。
『何事も基礎が出来ているかが、すごく大きいと思います。英語の勉強もそうですが、単語とか文法とか、基礎的なことがないと何もできないですよね。表現する余地もない、みたいな話で。本当につまらない練習かもしれないですけど、そのつまらない練習がいずれ、花を咲かせる時の土になることを想像しながら、基礎練習は常にした方がいいと思います。僕は今もやっています』

いかがでしたか?
バレエで言えば、基礎レッスンはバーレッスンです。つまらないように感じるかもしれませんが、バーレッスンを始める時の立った状態、そこからのプリエ、それらが出来ないと、本当の意味でのバレエを踊る、ということには繋がらず、ある所から必ず行き詰まる事になるのです。

そしてそれは、どんなに踊って来たダンサーでも、バレエをやっている以上は常に突き詰めなければ行けません。
なぜなら、完璧などないからです。

自分は出来ている、と思った人はその先には進めないと思います。

何事も常に謙虚にいる事が大事ですね。😌


 
皆さん、暑い日が続きますが体調は大丈夫でしょうか?
色々な意味で日々の体調に不安を感じる時期ですよね。そんな時は、身体に良い物を食するのは勿論ですが、やはり私は睡眠が大切だと思います。
 
うちは犬を飼っているので、この子に朝5時半に起こされます。😅 ですので、充分に睡眠時間を取るために夜10時半にはベッドに入るようにしています。
 
ただ、何かと夜までやる事があったりするので、毎日という訳には行かないので、どうやったら早く寝られるか考えながら生活しています。😄

 

 

 

 

さて、今日は受験とバレエとの向き合い方についてです。

私の生徒でも、中学受験、高校受験を控えている子供たちが数人います。
 
高校受験ともなると、将来的にバレエダンサーを職業として考えている子は、それなりにその後の進路を考えて高校受験に望む子もいて、高校に入った後は海外のバレエ学校を目指してオーディション、またはコンクールにてスカラーシップをもらい、高校を中退してでも留学する事も視野に入れて話し合われているご家庭もあると思います。
 
✈今は皆さん留学したりするのも早いですね。
私は決して早ければいいとは思いません。もし留学するならば、日本の義務教育はしっかり受けてから、本当に自分の意思で行きたいのか決めた方がいいです。
なぜなら、当然向こうに一人で行けば、初めのうちは、言葉の問題もあり、周りとあまりコミュニケーションも取れず孤独になる事もあるからです。😢
そういう時に、自分の意思で目的を持って行くのと、親や周りから薦められたから何となく行くのとではその環境に打ち勝てるか負けてしまうのか、とで大きく変わってしまいます。
 
話は逸れましたが、、
中学受験をする生徒さんも、高校受験をする生徒さんも、試験間近になるとラストスパートをかけないといけないので、レッスンの回数は減ってきますね。
 
そして、
それまでは、しっかりバレエの基礎をやっておくべきです。
特に中学受験をする生徒さんは、小学校高学年が基礎を学ぶ大事な時期です。この時に基礎をやっておくのと、やっていないのとでは随分違うと思います。
受験が終わって戻って来た時に身体が思い出しやすいですし、中学生になる頃には身体も変わって来ているので、その時点から基本的な事を学び初めないといけないのは本人はかなり大変だと思います。
 
たくさん回ったり、高く足を上げたり、バレエらしい品を作ったり、など一見派手に見える事に興味を持ちやすいですが、子供達がもっとバレエの基本に興味を持ってくれるように私も日々勉強中です。🙋
 
 
キラキラプライベートレッスンのお申込みはこちらをご覧下さい。下矢印
 
レギュラークラス情報

 

【大人クラス】

まじかるクラウン シムズバレエ(吉祥寺)

 (火) am11:00-am12:50 レベル1 ポワント可

 (金) pm1:00-pm2:40     ベーシック

    pm2:50-pm3:20     (希望者はポワント)




【子供クラス】

おすましペガサス バレエアート

 (月) pm4:45-6:15 (小3~小5くらい)

 (土) pm3:45-5:15(基礎強化クラス小3以上)、pm4:45-6:15(アドバンスクラス少6以上)

皆様、如何お過ごしでしょうか?

毎度の事ですが、本当にご無沙汰してしまい申し訳ないです。

 

毎日が駆けずり回るように時間が過ぎていて、どうして毎日こんなに忙しいのか?と思っていますが、自分で決めてこの生活をしているので仕方がないです。。

 

さて、今日は丹田についてお話です。

丹田とは、おへその下にある下腹部の事を言います。

ピラティスをやった事のある方は聞き覚えがあるかと思いますが、ピラティスでは丹田を意識してそこを中心としてエクササイズを行って行きます。

確かに、ピラティスをする時は丹田を意識して行うので、必然的に腹筋、特に深層部分は鍛えられますし、丹田だけを意識する事で股関節に余計な力が入らずに動けるようになるので、私はとても好きですね。

実際、ボストンではカンパニーにピラティスのインストラクターが定期的に来ていたので、受けているとセンターが感じ安くなり、パフォーマンスレベルも高くなりました。

 

ただ、現在思う事は、バレエでの中心は丹田では低すぎるのではないか、と思う事です。

 

現役の頃は、身体もきくし、強いのでピラティスほどのエクササイズをすれば当然パフォーマンスレベルは上がると思いますが、もっとみぞおちくらいに中心を意識すれば、腹筋、背筋、その他体幹の筋力を十分に活用出来て、身体のブレが少なかったのではないかと思います。

 

実際、今プライベートで教えている子供達に、みぞおちを意識してレッスンをさせると、腰に乗ったり、お腹が落ちたりする事が少なくなりました。

 

難しいお話になってしまいましたが、是非皆さんも、レッスンでの立った時の身体の高さを意識してみて下さい。😊

 
皆さん、こんばんは。
少しずつ初夏の雰囲気を思わせる季節になって来ましたが、如何お過ごしでしょうか。
 
私は相変わらず走り回っていますが、それでも今時間を共有したい人がいます。
皆さんは日々の忙しさの中、大事な人との時間を共有出来ていますか。
植物が育ち、花が綺麗に色づくこの季節を大事にしたいですね。
 
 
さて、今日は、
身体の使い方
についてです。
 
使い方、と言っても詳しくはなるべく余計な力、感覚を削ぎ落とし、意識をしなくてはいけない部位のみに集中して動けるのが理想です。
 
例えば、、
アームスを動かす時に、肘や手首で動かすのではなく、手先を動かす方向に向けて行くと、それがよく先生方が仰る先端まで意識を持ってに繋がって行きます。
 
また例えば、
足をデュバン(前)に出して行く時、それが床でも空中でも、股関節の力を抜いて足先を意識をして動かす事が大事です。
しかし、それには身体がキチンと起立していて(腰や足に乗っていない)、足先が緩んでいない事が必須です。
 
そのように動かそうとすれば、自然と大きく動けるようになりますよ!