人気ブログランキング参加中! ぽちっとクリック♪

★協賛ブログ更新情報 2連発!!

最右翼勢力
最新エントリー「薩長・西南内閣の対韓同化・共生!」
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51875435.html
☆韓国への慮り 第2次安倍内閣が発足…!
☆かつてロシアで今、北鮮! 半島への進出・防衛・投資を強いられる事態は必至

『新風連』 最新エントリー「鈴木信行という男」
http://shinpuren.jugem.jp/?eid=787


★右も左も同和VS同和の構図の中で

先の衆院選で大勝したのは日本維新の会でした。

代表が17年ぶりくらいに衆議院議員に返り咲いた石原慎太郎で、代表代行が大阪市長・橋下徹の維新は近く「2人代表制」に移行します。

衆院では野党第一党の民主党に肉迫する54議席を獲得。日本未来の党に合流した旧・減税日本の河村たかし辺りが加わっていたら、さらに伸びたかも知れません。

選挙後の首相指名投票では橋下が「安倍晋三に投票する」としたのに対し、「党の存立意義を成さない」とした石原の苦言で、結局、維新は石原への投票がなされました。

あわや分裂!・・・とも思われましたが、むしろ早くも分裂・解党の危機にあるのは未来の党でした。


維新の会こそは近い将来、リベラル民主党にとって代わり、自民党の新たな対立軸としてタカ派競争を繰り広げ、野党第一党の座を占めていくことになるでしょう。

その先頭である石原・橋下は言わば「出自を問うな」コンビで知られています。『週刊朝日』が橋下の出自を追及する連載を開始しようとしたことは記憶に新しいところですが、このほどアジアプレスが週刊朝日による一連の出自報道について部落解放同盟幹部へのインタビュー記事を掲載しています。インタビュー記事は三部構成で掲載される予定で、まずは第一弾が掲載されました。

以下、少々長くなりますが、インタビュー記事の引用です。


$在特連BLOG
週刊朝日「橋下市長記事」と部落問題~何が問われたのか(1)

週刊朝日「橋下市長記事」と部落問題で、何が問われたのか。週刊朝日の連載記事が橋下徹大阪市長の政治手法と「出自」を結びつけたことの問題点について部落解放同盟の赤井隆史氏に話をきいた。

◆橋下市長の政治手法と「出自」を結びつけた意味

2012年10月、週刊朝日(10/26号)が掲載した橋下徹大阪市長の出自をめぐる記事に対し、橋下市長は「人格を出自と血脈に結びつけた記事」などとして週刊朝日・朝日新聞の取材拒否を表明した。その後、週刊朝日は「記事に問題があった」として連載中止を決定、編集長更迭、発行元の朝日新聞出版の社長辞任へと至った。問題の核心はどこにあるのか。部落問題とは何か。 部落解放同盟・大阪府連の赤井隆史氏に話をきいた。
(前3階 1/3・構成:アジアプレス編集部)


◆記事を読んでどう思いましたか? 

赤井:まず、「ハシシタ-奴の本性」という題名に驚きました。非常にセンセーショナルな書き方で、何を意図したものなのか、と感じました。当然のことながら、部落にかかわることをここで指摘するのかなと思いましたが、本文を読むと、やはりそういうことが書かれてある。日本維新の会のパーティーで出会った老人の話は、ニュースソースとしては非常にあいまいなもので、核心のある話でもない。そこに橋下市長の実父のことが「水平社あがり」と出てきます。年齢からしても水平社とはつながらない。(話が)事実なのかどうかも含めて非常にあいまいな表現で書かれてあります。そして橋下市長の、いわゆる乱暴な政治手法は、その生い立ちや生まれに由来しているんだ、と。つまり橋下ファミリーのルーツにあるんだ、となっています。

こういった書き方に終始した文章は、当然のことながら非常に差別的であるし、なぜこれを週刊朝日がここまで書いたのかというようにも感じました。私たちから言えば、いわゆる被差別部落問題を、日本社会のなかにあってこういった劣悪な実態にある、一日も早く改善しなければならないと、マスコミのなかでも全国的に、そして第一義的に取り上げてくれたのは、そもそも朝日新聞なんです。週刊朝日は、現在は別会社といえども、その朝日がそうしたことを書くということについては非常に驚きを持ちました。


「ハシシタ-奴の本性」「橋下徹のDNAをさかのぼり本性をあぶりだす」というタイトルですが、これ自体が、出自にまでさかのぼって、橋下市長の人格を形付けて、あぶり出すんだ、ということです。そういうことそのものに差別性を感じます。実父が、いわゆる暴力団関係者であるといわれるところとか、お父さんの兄弟の関係者、さらにはその息子さんが、いわゆる事件に関与するようなところまで結びつくわけです。そして、その「根本」が、部落に生まれ育ったという出自にあるんだ、と。ここまでくると、あまりにも露骨な差別表現だといわざるを得ない。

◆橋下市長は、同和地区の名前を出したことも問題と指摘し、週刊朝日、朝日新聞もこれをうけて、「おわび」を出しました。

赤井:同和地区名を書いたことだけをもって差別だ、というような見解を私たちは持っているわけではありません。ただ、全体の文脈の性格というものが重要だと思います。文脈が非常に差別的な場合、そこに同和地区名を書くことで、より矮小化、焦点化される。ここで地域名を出してくることは必要性のないことですし、差別を助長する行為になる。(記事中には)大阪のある特定の地区の名前が出てくるのですが、結局、その後、その地域には取材攻勢がかけられたり、住民へのインタビューとか、様々な形で地域に混乱が持ち込まれている。地域名を出されたところには、当然、いま住んでいる人がたくさんいるわけです。地域の子どもたちは学校に行っていますし、日常生活がある。この点への配慮のなさは、やはり問題があると思います。


◆記事を読んで「ひどい」と思うか、「まずい」と思うかで、大きく違うと思いますが、ひどい、と思う編集者が内部にいれば、こういう記事にならなかったのではないでしょうか。

赤井:報道と人権委員会の「見解」を見れば、発行にあたっては内部で相当議論があった、とありました。そこで「まずい」のではないか、という話がやはり出たようですね。それでも、佐野眞一氏が書いた文章だから、ということで編集長の一任で発行に至った。内部では、「このまま出したらまずい」という声はあったのでしょう。

何回か連載を予定したのでしょうが、題名が「ハシシタ-奴の本性」で始まる限りはやはりダメなものなのです。週刊朝日は、(編集の過程で)「これはひどい」という感性がなぜ働かなかったのか。そこについては、今後、私たちは明らかにしていきたいと思っています。
(つづく)
 

【赤井隆史(あかい・たかし)】
部落解放同盟中央執行委員・大阪府連合会書記長。
橋下行政改革による同和関連事業の大幅な再編、廃止方針に反対し、今年6月には大阪市役所を「人間の鎖」で包囲するなどしている。

【部落問題】
日本の人権問題のひとつ。封建時代の身分制度の最下層におかれた人びとは、その多くが、動物の皮革産業、牢獄の番人など、いわゆる人が嫌がるような仕事に従事してきた。こうした背景から「賤民」として社会から蔑みや偏見の目で見られ、地域から外れた集落や川べりなどに追いやられて暮らしてきた。明治維新の「解放令」以降も、人びとへの差別意識は引き継がれ、近代国家の成立過程で社会構造のなかに差別が組み込まれてきた。人びとは、劣悪な住宅環境や、出自を理由にした不当な就職差別、結婚差別などに苦しんできた。同和問題とも呼ばれる。

【部落解放同盟】
部落差別の解消を求めて結成された団体。前身は1922年に結成された全国水平社で、変遷を経て、1955年に部落解放同盟となった。社会的な差別解消への取り組みのほかに、被差別部落地域での住宅状況改善や、環境整備を求める行政への働きかけ、企業・公的機関への人権啓発、お年寄りのための識字学級などの活動をおこなってきた。過去には差別事件に対する激しい糾弾闘争が問題となったこともある。日本の同和団体の中では最大の組織。

(アジアプレス12月27日配信)


部落解放同盟中央執行委員で同大阪府連合会書記長・赤井隆史のプロフィールにあるように、解放同盟は未だに同和特権の削減、見直しに対して市庁舎に押しかけるなどして大々的な抗議を繰り広げています。昔のような荒っぽい手口ではないかも知れませんが、未だに猛威を振るっています。これを受けて同和特権を新たな形で継続させようとする市長・橋下も相当に狡猾です。

その部落問題とはアジアプレスの説明書きにもあるように、明治維新後の解放令によって差別されたわけでもない者らが「差別された」と称しては権利・補償・賠償を求めるに至りますが、同様の手口で在日も権利・補償・賠償を要求し、カルト信者も宗教弾圧されてきたと称してはカルト特権に浴しています。

解同はその歴史も長く戦前から戦後にかけて存在します。前身は水平社。水平社博物館に見られるように、その系譜は発足以降、今も脈々と生き残っています。インタビュー記事の最中、赤井は「橋下の父が水平社に関係していたというのは年齢的にあり得ない」旨を述べていますが、十分にあり得る話です。


赤井は部落問題について、これを真っ先に取り上げてくれたのが朝日新聞であり、その朝日が橋下の「出自攻撃」をしたことについて驚きを禁じ得ない旨を述べていますが、部落問題など当の朝日でさえ追及するほどに元より形骸化した問題だったんですよ。

その形骸化した同和特権(予算)の問題に、いかに同和出身者と言えども橋下としても取り組まざるを得なかったわけです。表層的なポーズとしてもね。

そこへワイらの特権を削るな、差別だ、権利を寄越せ、補償・賠償しろと不当な要求で圧力をかけ続けているのが解同みたいな同和勢力です。
・・・ハシシタと同等か、それ以上に乱暴な政治的手法じゃないですか!


橋下がどうこうと言うより、この赤井とかいう奴の出自を問うたほうがよく分かりますよ。

(解同幹部の出自を追ったら意外や部落・同和とは関係がない、まんま「エセ同和」だったりして。同和出身者でも解同への参加を拒むケースは多々ありますので、その逆も十分に考えられます)

同和地区の名称が出されたことで、その地域にマスコミの取材が来たとか被害者ヅラしていますが、オウム事件じゃあるまいし、マスコミ関係者が殺到したということはありますまい。

その地域の人たちとしては、私たちの町にはこんな特色がありますとアピールしてやりゃ良いんですよ。

私が生まれ育ったのは橋下と同じ大阪・八尾市ですが、同じ八尾でも外れの外れのほうでしたから、そんな地域だと自慢するようなこともないんですけどね。まぁ中心部だと魅せるところが色々あるでしょう。


人気ブログランキング参加中! ぽちっとクリック♪

★協賛ブロガー「みたいな実さん」の別館『いがぐり史料館』
http://igagurisiryoukan.blog.fc2.com/
随時更新中です♪


↓こちらも随時、更新しています!

『パチンコ廃止を求める会』公式サイト
http://www.pachinko-abolition.net/

パチンコ廃止を求める会BLOG
http://blog.ap.teacup.com/nopachinko/

パチンコ廃止を求める会掲示板
http://8200.teacup.com/notpachi/bbs

政教分離を求める会公式サイト!
http://seikyou-bunri.net/

政教分離を求める会BLOG
http://cultbuster.seikyou-bunri.net/

政教分離を求める会・掲示板
http://8232.teacup.com/cultbuster/bbs

【在特連 協賛ブロガー・団体一覧】(敬称略)
有門大輔(BLOG『最右翼勢力』)
みたいな実(BLOG『みそ汁の具』)
けんぶつ流れものの独り言
NPO法人 外国人犯罪追放運動 公式サイト
NPO法人 外国人犯罪追放運動 BLOG
太賢(BLOG『山伏の日々』)
かず(BLOG『普通じゃないサラリーマンのブログ』)
小松.com(BLOG『小松ドットコムさんのブログ』)
レックス(BLOG『新・創価学会の集団ストーカー日記』)
新しい風を求めてNET連合
 

在特連への加盟募集!
賛同される方は下記へお問い合わせ下さい。
omiyahonbu@gmail.com
事務局代表:有門(ありかど)まで

人気ブログランキング参加中! ぽちっとクリック♪