NEC_9304.jpg

51CkuNTpxDL.jpg




●日本学を学ぶのに最良の無料メルマガ「国際派日本人養成講座」紹介

前号にて述べた「日本学」を学ぶのに最良の無料メルマガの一つは、私にとって、伊勢雅臣氏発行の無料メルマガ「国際派日本人養成講座」である。それでは、同メルマガの内、最新号、『「希望の同盟」対「憎悪の同盟」』(抜粋)を以下で紹介する。
(転送歓迎とあるので)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■■ Japan On the Globe(984) ■■ 国際派日本人養成講座 ■■

Common Sense: 「希望の同盟」対「憎悪の同盟」
~ 安倍首相の真珠湾スピーチから

日米同盟はシナ・北朝鮮の野望から世界を救う「希望の同盟」。

■転送歓迎■ H29.01.08 ■ 48,760 Copies ■ 4,292,543Views■
無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/

__________
あけましておめでとうございます。本年も引き続き、発信に努めますので、よろしくお願いいたします。

■1.「1人、ひとりの兵士に、その身を案じる母がいて、父がいた」

「耳を澄ますと、寄せては返す、波の音が聞こえてきます。降り注ぐ陽の、やわらかな光に照らされた、青い静かな入り江」

ハワイのうららかな日射しに照らされた真っ青な海が目に浮かぶようだ。平成28年12月27日、安倍首相の真珠湾でのスピーチの出だしである。

その真珠湾に眠る米軍兵士たちに、首相は思いを馳せる。

__________
耳を澄まして心を研ぎ澄ますと、風と、波の音とともに、兵士たちの声が聞こえてきます。あの日、日曜の朝の、明るく寛(くつろ)いだ、弾む会話の声。自分の未来を、そして夢を語り合う、若い兵士たちの声。

最後の瞬間、愛する人の名を叫ぶ声。生まれてくる子の、幸せを祈る声。一人ひとりの兵士に、その身を案じる母がいて、父がいた。愛する妻や、恋人がいた。成長を楽しみにしている、子供たちがいたでしょう。

それら、全ての思いが断たれてしまった。その厳粛な事実を思うとき、かみしめるとき、私は、言葉を失います。その御霊(みたま)よ、安らかなれ――。思いを込め、私は日本国民を代表して、兵士たちが眠る海に、花を投じました。[1]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

慰霊とは、まさに戦いで亡くなった人々のありし日に思いを馳せ、その人のかけがえのない未来が失われてしまった事を悼む心から始まる。


■2.「勇者は、勇者を敬う」

かつての敵どうしが、こうして互いの英霊に哀悼の誠を示すとき、和解が訪れる。

(中略)

■3.「和解の力」

こうした慰霊を礎(いしずえ)として、日米は強固な同盟関係を築いてきた。

__________
あの「パールハーバー」から75年。歴史に残る激しい戦争を戦った日本と米国は、歴史にまれな、深く、強く結ばれた同盟国となりました。

それは、いままでにもまして、世界を覆う幾多の困難に、共に立ち向かう同盟です。明日を拓く、「希望の同盟」です。私たちを結びつけたものは、寛容の心がもたらした、the power of reconciliation、「和解の力」です。

私が、ここパールハーバーで、オバマ大統領とともに、世界の人々に対して訴えたいもの。それは、この、和解の力です。戦争の惨禍は、いまだ世界から消えない。憎悪が憎悪を招く連鎖は、なくなろうとしない。寛容の心、和解の力を、世界は今、今こそ、必要としています。

憎悪を消し去り、共通の価値の下、友情と、信頼を育てた日米は、今、今こそ、寛容の大切さと、和解の力を、世界に向かって訴え続けていく、任務を帯びています。日本と米国の同盟は、だからこそ「希望の同盟」なのです。[1]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■4.「リメンバー・パール・ハーバーの意味を反転させ上書きした」

安倍首相は真珠湾の光景に戻って、スピーチを締めくくる。

__________
私たちを見守ってくれている入り江は、どこまでも静かです。パールハーバー。真珠の輝きに満ちた、この美しい入り江こそ、寛容と、そして和解の象徴である。

私たち日本人の子供たち、そしてオバマ大統領、皆さんアメリカ人の子供たちが、またその子供たち、孫たちが、そして世界中の人々が、パールハーバーを和解の象徴として記憶し続けてくれることを私は願います。[1]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「リメンバー・パール・ハーバー(真珠湾を忘れるな)」とは、日本軍の真珠湾攻撃を「卑怯な騙し討ち」として、フランクリン・ルーズベルト大統領が米国民の憎しみを煽った言葉だった。そのパールハーバーを、安部首相は「和解の象徴として記憶し続けて」と訴える。

メールマガジン「政治の本質」No.326で、筆者のロベルトさんは「リメンバー・パール・ハーバーの意味を反転させ上書きした」と評した[2]。安部首相の崇高な願いを無視して、この言葉を復讐心を込めたまま使い続けることは、「寛容の心」を持たない人間の仕業となった。


■5.感謝の声と憎悪の声と

安部首相は演説後、真珠湾攻撃を経験した元米兵3人に歩み寄り、一人ひとりを抱擁した。最年長のアル・ロドリゲスさん(96)は各国メディアに取り囲まれて、「首相が来てくれて本当に感謝している。これは和解(の象徴)だ」と話した。[3]

アメリカの代表的なニュース放送局CNNは、安部首相の真珠湾訪問を「歴史的訪問」と報じ、75年前の真珠湾攻撃を近くで目撃していたというロバート・リー氏(95)の「安倍首相の真珠湾訪問は、日米関係の『癒しの最高潮』だ」という言葉を紹介した。[4]

一方、シナ外務省は、安部首相の演説について、「アジアの被害国にとっては、巧妙なパフォーマンスを何度繰り返しても1度の誠実な反省に及ばない」と、例のごとく謝罪要求を持ち出した。韓国の聨合ニュースも「戦争への謝罪はおろか、反省にさえ言及しなかった点で、日本の侵略を受けたアジアの被害国の反発は少なくないと予想される」と、同工異曲の批判を繰り返す。

「アジアの被害国」と言っても、こういう声に同調するのはシナと南北朝鮮の特定アジア3国のみであることは、すでに明らかとなっている。しかも、いままで何度、日本が謝罪しても、繰り返し謝罪や反省を求めるその魂胆は、世界の人々に知れ渡っている。

首相の演説には、こうした声に対する先手が打たれていた。

__________
戦争の惨禍は、いまだ世界から消えない。憎悪が憎悪を招く連鎖は、なくなろうとしない。
寛容の心、和解の力を、世界は今、今こそ、必要としています。[1]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

シナや韓国のあくなき謝罪要求は、「憎悪が憎悪を招く連鎖」に囚われた声として、世界の人々から見下される事になる。

(中略)

■8.「希望の同盟」は日米両国にとって歴史的必然

安倍首相の言うとおり、「憎悪を消し去り、共通の価値の下、友情と、信頼を育てた日米」だが、この「共通の価値」とは、自由と民主主義のことである。しかし、戦後の日本がアメリカから「自由と民主主義」を学んだと考えるのは正確ではない。

弊誌922号「アメリカの国体、日本の国体」ではこう述べた。

__________
アメリカの国体が「自由を求める人びとの国」であるとすれば、日本の国体は「一つ屋根の下の大家族」である。[b]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

わが国の国民は「一つ屋根の下の大家族」の中で、「大御宝」として大切にされてきた。
およそ、わが国ほど「人民を圧政下におく独裁者」の少なかった国は希であろう。

その中で、拙著『世界が称賛する 日本人が知らない日本』の第三章で述べたように、「自由」は日本の政治伝統であった[c]。その土壌があったからこそ、戦後の自由民主主義も何の抵抗もなく短期間に根づいたのである。

アメリカは国民の自由、日本は国民の幸福と、それぞれの国体は違えど、シナや北朝鮮のような圧政が支配する独裁政治体制は、日米共に天を抱くべからざる敵である。ここにこそ「希望の同盟」が日米両国にとって歴史的必然である理由がある。

その日米が先の大戦で互いに戦うはめになったのは、それぞれの政府内部にソ連のスパイが入り込んで、両国を誤った戦いに引きずり込んだからだった。[d]

現代も「憎悪の同盟」は日本国内に触手を伸ばしている。偏向マスコミ、偏向教育、反基地闘争などは「憎悪の同盟」の工作である。我々は国内外で「憎悪の同盟」と戦っていかなければならない。
(文責:伊勢雅臣)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上は抜粋であるが、詳しくお知りになりたい方は、下記をご参照下さい。
■■ Japan On the Globe(984) ■■ 国際派日本人養成講座 ■■
■ 48,760 Copies ■無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎心と脳力upの健康医学 by Dr.斉藤英治 のバックナンバーはこちら
⇒ http://bn.mobile.mag2.com/bodyView.do?magId=0000146702&l=byb0cf6024

◎心と脳力upの健康医学 by Dr.斉藤英治 の配信停止はこちら
⇒ http://mobile.mag2.com/mm/0000146702.html?l=byb0cf6024










AD
┠──────────────────────────────────
┃日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信 ┃ http://www.realist.jp
┠──────────────────────────────────
├ 2017年01月18日 『戦争論』入門 クラウゼヴィッツの「正しい読み方」
──────────────────────────────────
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼奥山真司の「アメ通LIVE!」(2017.01.17)
/THE STANDARD JOURNALのライブ ストリーム(風)
https://youtu.be/tQbWDNgiIGI

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
おくやま です。

お知らせです。新刊が発売されます。

すでに何度もここでお知らせしているのでご存知かもしれませんが、その内容は、クラウゼヴィッツの戦争論がどのように読まれてきたのか、そしてどのように読むべきなのかについて、さまざまな文献を比較検討しながら研究したものです。

もちろん体裁は「入門書」なのですが、どちらかといえば「総論」に近いかもしれません。

クラウゼヴィッツも人の子です。
彼はたしかに偉大な「戦争の哲学書」を書いたわけですが、だからといってそこに書いてあるものが完全に正しいわけではないのですが、未完の本であったために誤解され、誤用され、利用されてきたことはもっと認識されてもいいですよね。

ところが一番の問題なのは、それがどれほど未完であったか、という認識のないままに、いまでもそれをまったく問題ないものとして引用している、という態度なのかと思います。

この本には、このような問いに対する答えがいくつか書いてあります。ぜひご参考にしてみてください。

「日本語版へのまえがき」として原著者から日本の読者向けに一文いただいているので、今回の発売記念としてここで特別に公開しておきます。

( おくやま )

※参考
【Youtube動画】
▼奥山真司のクラウゼヴィッツ『戦争論』講義
https://goo.gl/NpiHLM

===

本書は、クラウゼヴィッツが生きている間に自ら経験した戦争(フランス革命戦争とナポレオン戦争)から得た教訓についての研究書であるが、ここで明らかになったのは、彼の考えが二つの段階を経ているということだ。

一つ目は、これらの戦争が戦いの形を永久に変えてしまい、将来のすべての戦争はこのパターンを追従することになる、と考えたということだ。

ところが後に、彼はこの間違いに気づき、非常に限定的なものから全面戦争、つまり非常に抑制的なものから無制限な暴力、あるいは小さな狙いから無制限な狙いまで、戦いの種類には移り変わるスケールの上のもののように、実にさまざまなタイプのものがあると考えるようになった。

彼の考えをまとめたものが『戦争論』だが、この著作は彼が死んだ時にはまだ修正中であり、結果としてこの本は矛盾だらけの内容となってしまったのである。

ところがこのような欠点に気づかず、クラウゼヴィッツのいくつかの偉大なひらめきに圧倒された多くの読者たちは、『戦争論』に書かれている内容を無批判に受け取ってしまった。
彼らはまだ議論しつくされていない文章を部分的に取り出したことに気づかずに、自分たちに都合の良い教訓を引き出したのだ。

端的にいえば、彼らが得た教訓は間違っていたのであり、その間違いが致命的であったともいえる。
そしてこのような間違いは、互いに利益となる「安定的な講和の追究」というクラウゼヴィッツ自身も見逃していた考えを、
「すべての戦争は軍事的勝利の追究、つまり我が意志を敵に屈服せしめるもの」
という考えへと変化させてしまった。

したがって、クラウゼヴィッツを読んだ多くの人々に見られる第一の特徴は、彼の本に示された教訓を無視したということではなく、むしろ誤った教訓を得たということになる。

第二の特徴は、彼らの全員(われわれも含めて)がその本(というよりもすべての本)を、自分たちの文化のレンズを通して読んだということだ。

彼らは『戦争論』の中に自分たちの好みのフレーズやアイディアを見つけたのだが、これは彼らが生きていた時代やその雰囲気、それにその当時に置かれていた環境によって影響を受けていたということだ。

彼らは、クラウゼヴィッツがそれを書いていた時代の言葉の意味ではなく、その後に含まれるようになった意味を受け取るようになり、本来の微妙な表現や、その矛盾や限定的な議論を無視したのである。

したがって、クラウゼヴィッツの解釈の歴史は、政治思想や政治文化の発展の歴史が凝縮されたものであり、そのテーマが戦争に関わるものであった。

結果として、本書はクラウゼヴィッツの著作が、人々が自らの価値観や政治・イデオロギー的な見解から論じたい議論を擁護するために、異なるイデオロギーを通じて、いかに多様かつ選択的な読まれ方をされてきたのかを論証したものだ。

===

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□

▼▼奥山真司の現代のクラウゼビッツ『戦争論』講座▼▼

■<クラウゼヴィッツ>は、現代でも実生活で<使える>理論です。■

「クラウゼヴィッツのドイツは何度も負けてるじゃない」
「それに、テロとの戦いとか、21世紀の戦争って昔とは違うでしょ」
「『戦争論』なんて机上の空論でしょ?仕事にはつかえないよ」

と思ってませんか?

いきなり結論から断言してしまいますね。

クラウゼヴィッツは、使・え・ま・す。

日本に居るとなかなか実感できないと思いますが、クラウゼヴィッツの『戦争論』は、世界中でトップレベル、最先端の戦略家たちが今現在においても愛読し、研究し、その成果は日々進化し続けています。

さらに断言してしまいますね。

今、あなたがお持ちのクラウゼヴィッツ解説本は
す・べ・て・<処分>し・て・く・だ・さ・い。

最新の、そして、世界基準レベルのクラウゼヴィッツ理解に追いつくことができる方法があります。

クラウゼビッツの『戦争論』の中でも特にカギとなるキーワードは、『三位一体理論』と『絶対戦争論』です。

そして、わたしたちは、もしかしたら、既に無意識のうちにこの『三位一体理論』を使っていたっ?!
かもしれません。つまり、クラウゼヴィッツは実生活でも十分に応用可能な理論なのです。

と言われても、

「学問的な戦略理論はいいから、あの『戦略の階層』のように、その理論がそのまま自分の仕事や生活に活かせるなら勉強してみたい!」

ですよね?

そこで・・・

英米において戦略研究の分野でトップレベルの一人、“現代の世界三大戦略家"であるコリン・グレイに師事した奥山真司先生が、欧米トップクラスの『戦争論』をやさしく大胆に、スッキリと講義します。

これを聴けば、人類が生存する限り決して廃れることのない、永遠不滅の理論である、クラウゼヴィッツの理解を通じて、さまざまな珠玉の教訓が実感されてくることと思います。

続きはこちらから



~クラウゼビッツ入門~
▼奥山真司の現代の
クラウゼビッツ『戦争論』講座
http://www.realist.jp/Clausewitz.html

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□

※このメルマガは転送自由です。(ただし出典を残して下さい)

▼「奥山真司のアメ通LIVE!」番組へご意見・ご感想はこちらから
http://www.realist.jp/goiken.html

▼Youtube THE STANDARD JOURNAL
https://www.youtube.com/user/TheStandardJournal

▼「THE STANDARD JOURNAL ~『アメリカ通信』」
http://ch.nicovideo.jp/strategy

▼FacebookPage:「THE STANDARD JOURNAL」
https://www.facebook.com/realist.jp

★奥山真司への講演依頼・執筆依頼は、【webmaster@realist.jp】までお問合せ下さい。

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信 のバックナンバーはこちら
⇒ http://bn.mobile.mag2.com/bodyView.do?magId=0000110606&l=byb0cf6024

◎日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信 の配信停止はこちら
⇒ http://mobile.mag2.com/mm/0000110606.html?l=byb0cf6024










AD
NEC_9938.jpg




■■■ JOG Wing ■■■ 国際派日本人の情報ファイル ■■■

地球が逆回転し出した日1853 其の二

MoMotarou放送局
■■ 転送歓迎 ■■ No.2637 ■■ H29.01.18 ■■ 8,186部■■


1//∞//平成二十九年////////2677//////2017////


<<< JOKK-WAHAHA, こちらMoMotarou放送局です。>>>


みなさん、こんにちは。
MoM放送局のMoMotarouです!


【地球が逆回転し出した日1853 其の二】

江戸時代を通じ「武家社会」であった当時の日本人は、中韓両国人に比べ、危機意識に格段の差があった。今日日本のあるのはそのおかげである。―――「国民の歴史」西尾幹二著―――

☆彡

トランプ新大統領の登場に現世界は大賑わい。私たちはちょっと一休みして、、、

(「国民の歴史」より転載 )
■朝鮮はなぜ眠りつづけたのか
近代日本史は東アジアの国際情勢と密接不可分な関係にあった。以下に述べる三つのポイントを前提として踏まえなければ、歴史はそもそも叙述できない。

まず第一は、近代日本の出発点にはイギリス、ロシア、フランス、オランダ、アメリカ、ドイツなど列強の迫りくる具体的な武力脅威があったことだ。アジアでは当時、国境は名ばかりで、塀も柵もない荒れた原野を野盗の群れが走り回っていたに等しい。

すなわち欧米列強の植民地支配は、列強の相互牽制以外は無制約で、支配圏の確定は明治維新以前に完了していたのではなく、近代国家としての日本の独立維持の長い努力のプロセスにおいて進行中であった。

イギリスのインド支配の完成は明治維新の十年前だが、ビルマのそれは明治十九年、マレー半島の完全な植民地化は明治四十二年である。

フランスが清仏戦争で清からベトナムを奪うのが明治二十年。インドネシアが正式にオランダ領となるのは明治三十七年である。そして南太平洋からはアメリカが北上してくる。アメリカによるハワイの併合が明治三十一年、フィリピン奪取も同じ年であった。他方、北からは不凍港を求めて南下してくる最大の脅威ロシアがあった。

『明治の日本人はどんなにか心細かったであろう。そもそもこの心細さが歴史のすべての話の基本でなくてはならない』。

■日本の自助努力
ついでそのように不安なときに、頼りになるべき中国(清)が自国の領土保全もままならない官僚的老廃国で、朝鮮はその属国にすぎなかった。これが第二のポイントである。

朝鮮半島は北からの脅威のいわば吹き抜けの通路であった。明治日本は自衛のためにも朝鮮の清からの独立と近代化を願い、事実そのために手を貸したが、朝鮮半島の人々はいつまでたっても目が覚めない。

自国さえ維持できない清に、朝鮮半島を牛耳ったままにさせ、放置しておけば、半島はロシアのものになるか、欧米諸国の草刈り場になるだけであったろう。

つぎに起こるのは日本の独立喪失と分割統治である。日本は黙って座視すべきだったろうか。近代日本の選んだ道以外のどんな可能性が他にあったであろう。

『江戸時代を通じ武家社会であった当時の日本人は、中韓両国人に比べ、危機意識に格段の差があった。今日日本のあるのはそのおかげである』。

第三のポイントは、中国と韓国は無力であったにもかかわらず、日本に理由なき優越感を示し、扱いにくい、面倒で、手に負えない存在であったことである。(転載 終)



■我が国に忍び寄る闇(やみ)
前号に引き続き“その頃”の我が国を取り囲む状況を調べて見ました。やはり祖先たちの日本は“その他”と違っていたのでした。頭が上がりません。

天皇陛下が「辞任」できるように、法整備が急速に進められています。一回出来たことは「先例」となって再度できる。「君主制」の終焉も目指せる事になります。日本共産党の目指す所と一致してきた。首相は内政に注意した方が良い。

庶民が頑張る大日本! (笑)!!!

<<< それでは皆様御機嫌よう。 JOKK-WAHAHA^^ こちらMoM放送局です! >>

*お勧めサイト
・馬淵睦夫元ウクライナ大使の内緒話8回 公開第1-7回分 8回目は検討中 多数視聴感謝します。
第一回https://www.youtube.com/watch?v=-wGOoYfstAM
・馬渕睦夫「和の国の明日を造る」第35回
https://www.youtube.com/watch?v=I7uuLeAp2Ec&t=728s
・【討論】大晦日スペシャル-日本はどこにいる?どこに行く?
https://www.youtube.com/watch?v=pmKKG-Ze-Hk&t=1486s―「安倍さんはもっとはっきり物を言ってくれ(河添恵子)

・♪JOKKWAHAHAこちらはMoMotarou放送局♯ ブログ版 転載中心 度々更新
http://blogs.yahoo.co.jp/momotarou100
/////////////////////☆/////

----------------------------------------------------------
購読申込・購読解除・既刊閲覧・:
まぐまぐ: http://www.mag2.com/m/0000013290.htm
Melma!: http://www.melma.com/mag/56/m00000256/
Mail: ise.masaomi@gmail.com または本メールへの返信で
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
http://blog.jog-net.jp/
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
-----------------------------------------------------------

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル のバックナンバーはこちら
⇒ http://bn.mobile.mag2.com/bodyView.do?magId=0000013290&l=byb0cf6024

◎JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル の配信停止はこちら
⇒ http://mobile.mag2.com/mm/0000013290.html?l=byb0cf6024










AD