【8月7日無料音楽会・Listen to TAIWAN】台湾音楽の美しさを楽しむ

要申し込み

『傾聽台灣』(台湾を聴く、Listen to TAIWAN)~台湾音楽の美しさを楽しむ

台湾屈指のエリート室内楽団である「故郷室内楽団」は、東京築地の浜離宮朝日ホールで8月7日17時からコンサートを行う。このホールは、世界で最も響きが美しい、との高い評価を得た室内楽ホールである。また、本コンサートでは、創意に満ちた台湾民謡・名歌および新作曲が演奏される予定である。

このコンサートは、故郷室内楽団にとって来日公演の21回目コンサートであり、台湾で大変有名なピアニストであるChiao-Han Liao(廖皎含)、国家交響楽団の首席ビオラ奏者であるGrace Huang(黄瑞儀)、ヴァイオリニストShih-Peng Chang、I-Lin Chen(陳宜琳)、Hsiang-Ting Chen(陳香廷)、ソプラノMeng-Chun Lin(林孟君)、フルート奏者Ke-Hsing Chung(鐘可欣)、チェリストYu-Hsien Wu(吳蔦)、ビオリストYa-Ting Chang(張雅亭)などの名演奏家が一堂に会す、台湾音楽の美しさをたっぷり楽しむことができる、幻のコンサートである。

『傾聽台灣』コンサートは、洪一峰作曲の名歌「思慕的人」(恋しき人、The one I long for)を、医師であり作曲家である林肇華(リンチョウカ、Lim Diauhua)が編曲し、廖皎含Chiao-Han Liaoが演奏する、ピアノ独奏から始まる。さらに、ヴァイオリン協奏曲「淡水暮色」、ヴァイオリン独奏曲「感動的回憶」、ビオラ協奏曲「望汝早歸」、フルート協奏曲「採茶歌」、ソプラノソーロ「補破網」、「四季紅」、「月夜愁」、「望春風」、「雨夜花」、ピアノ協奏曲「阮若打開心内的門窓」……などなど、これまでにない、台湾をテーマとした豊かなコンサートである。

日時:2016年8月7日(日)17:00開演(16:30開場)

会場:東京浜離宮朝日ホール
東京都中央区築地5-3-2 朝日新聞東京本社・新館2階
TEL:03-5541-8710

主催:故郷室内楽団

共催:
日本台湾医師連合Fax 03-6280-7892 Email: subaty725@gmail.com
日本台医人協会 Fax 03-3883-8300 Email: ching51fong@ybb.ne.jp
在日台湾同郷会 Fax 048-881-7222 Email: tehaino@nifty.com
怡友会 Fax 0297-45-6750 Email: tcy628@hotmail.com
在日台湾婦女会 Fax 03-3530-0383 Email: takagidc@hotmail.com

入場無料。ただし事前予約が必要。
[申し込み]
希望参加人数、代表者の氏名、電話番号、E mailを明記の上、上記に申し込んでください。或いは申し込み書をご利用ください。





『台湾の声』 http://www.emaga.com/info/3407.html









AD
NEC_9655.jpg

NEC_9656.jpg

NEC_9657.jpg

ミック・ジャガーの矜持
From 島倉原(しまくら はじめ)@評論家



■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■


『三橋貴明の「新」日本経済新聞』

2016/6/30




■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■




-------------------------------------------------------




【PR】

日本が途上国支援を続けられる訳
消費増税、高齢化、千兆円の政府債務
借金大国の日本が世界貢献できる訳とは・・・
http://www.keieikagakupub.com/sp/38DEBT/index_mag1.php




-------------------------------------------------------



「ミック・ジャガーの矜持」
From 島倉原(しまくら はじめ)@評論家



さる6月23日に行われた国民投票の結果、イギリスのEU離脱が決定しました。
結果が判明した翌24日には、世界の金融市場は大混乱に陥り、日本でも日経平均株価が約8%暴落し、年初来安値を更新しています。
こうした状況の中、国民投票のやり直しを求める署名が350万人を突破する一方で、離脱派の一部からも「離脱に投票したことを後悔している」という声が上がっているそうです。
http://mainichi.jp/articles/20160627/k00/00e/030/145000c

しかしながら、実際に離脱するのは2年も先の話です。
したがって、残留派の巻き返しの動きはともかくとして、離脱派の後悔は現実にデメリットを感じたからでは当然ありません。
離脱票を投じたある男性の「正直ショックを受けている。まさか実現するとは思ってなかった」という発言にもあるように、金融市場の混乱も含め、現実に離脱が決定してみると思いのほか空気が一変し、漠然と先行きへの不安が一時的に高まっている、というのが実際のところでしょう。

そもそも金融市場、あるいは市場関係者の反応にしたところで、長期的に見れば本当に合理的なものかどうかは大いに疑問のあるところです。
そのことは、イギリス国債の市場価格が上昇(利回りは低下)する一方で大手格付け機関はそれを格下げし、そうかと思えばイギリスポンドは暴落する、といった一貫性に欠ける反応にも表れています。

こういった場合、「金融市場の真の不安定化要因はイギリスのEU離脱とは別のところにあり、真の要因ではないイベントを引き金とした今回の混乱は、内在する不安定化要因がそれだけ深刻であることを示唆している」という解釈がしばしば成立します。
いずれにしても、金融パニックの本番はむしろこれから、と想定しておくべき理由は十分ありそうです。

他方で、今回のイギリス国民の決定の妥当性やその影響については、こうした一時的な混乱や、それを受けた近視眼的な報道に惑わされることなく、より長期的な観点から考える必要があります。
三橋貴明さんはEUという国際協定の下で移民を制限できない状況を念頭に、『今回のイギリスのEU離脱国民投票における離脱派の勝利は、(EUという国際協定の下での)グローバリズムに対する反発です。厳密に書けば、「グローバリズムによる主権喪失」に国民が耐えられなくなった結果、離脱派の勝利に至ったのです』と述べられています。
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2016/06/27/mitsuhashi-426/

イギリスがEUに加盟したのは1973年のことです。
イギリスの16~64歳男性の就業状況の推移を示す下記のグラフは、まさしくその頃から雇用環境が悪化し、就業率が低下する一方で(働く意志を表明していないが故に失業者とすらカウントされない)非労働力人口の比率が上昇を続けていることを示しています(1番目のリンクはツイッター、2番目のリンクはフェイスブックページへの投稿です)。
https://twitter.com/sima9ra/status/747835816404099072
http://bit.ly/2903jke

上記グラフのデータ元であるイギリス国家統計局のサイトでは、移民関連のデータはせいぜいここ10年くらいしか確認できませんし、就業状況のデータについても1971年以降しか確認できません。
したがってこのデータだけでは、EU加盟やその結果としての移民増加がこうした雇用環境の悪化と直接結びついているか否かは、必ずしも明らかではありません。

しかしながら、こうして1970年代以降長期的に雇用環境が悪化する様は、拙著『積極財政宣言:なぜ、アベノミクスでは豊かになれないのか』でも紹介した、アメリカの就業状況の推移と非常によく似ています(こちらは1948年以降のデータが存在しているので、1970年代以降とそれ以前との傾向の違いが明瞭です)。
拙著では「これは、グローバル化の進展によって国際移動の自由が増した資本の論理が強まるにつれて、徐々に雇用環境が悪化していることの反映と考えられる」(206ページ)と述べましたが、特にアメリカにおいては、1965年に定められた修正移民法において一定の条件を満たせば移民の総数規制の適用外とし、労働の面でもグローバル化が促進されたことによって、アジアやメキシコ、そして中南米の新興国からの移民が幾何級数的に増加したことが、長期的な雇用環境の悪化を加速したと考えられます(2番目のリンク『米国の移民』by 日本貿易振興会、37~40ページ参照)。
http://amzn.to/1HF6UyO
https://www.jetro.go.jp/jfile/report/05000661/05000661_001_BUP_0.pdf

また、上記のグラフが示すように、1992年から1993年にかけて、イギリスの就業率はリーマン・ショック直後並みに低下し、(非労働力人口の比率がまだ低かった分)完全失業率はそれ以上に高水準でした。
その頃即ち1992年9月のイギリスは、国内経済が悪化しているにもかかわらず、ドイツに連動した金融引き締め政策を維持することのジレンマに耐えかね、統一通貨ユーロの前身であるERM(欧州為替相場メカニズム)から離脱しています。

つまり、金融引き締めと緊縮財政の違いはありますが、当時のイギリスは今以上に経済政策上の主権を喪失した、ある意味では現在のギリシャにも似た状況にあり、そのくびきから逃れることで、ようやく最悪に近い経済状況から脱却することができたのです。
こうした一連の歴史を踏まえれば、イギリスは今回のEU離脱決定によって、グローバリズムに一線を画し、長期的な雇用環境の悪化に歯止めをかけ、国民経済を立て直すチャンスを得たと言えるでしょう。

その意味では印象的と言いますか、見方によっては実に的確なコメントをしていたのが、かのローリング・ストーンズのミック・ジャガーです。
彼は今年4月に行われたテレビ番組のインタビューで本件について問われ、以下のようにEU離脱に理解を示すコメントをしています。

"To me personally, I don't think [the result] is going to make a huge difference. I think to the country in the short term [leaving the EU] will be detrimental. In the longer term, in a twenty-year term, it might turn out to be beneficial".
(僕個人にとっては、大きな違いはないと思う。[EU離脱は]国にとって短期的には有害だと思うけど、20年くらいの長期で見れば有益かもしれない。)
http://www.nme.com/news/mick-jagger/92772
http://nme-jp.com/news/21872/

格差拡大が助長されるグローバリズムの下では、彼のようなセレブリティは、どちらかと言えば恩恵を被る立場に属するでしょう。
そうした個人的な立場から一線を画し、国益を重んじた彼のコメントは、当たり前のようでいて、今日なかなかお目にかかれないような気がします。

上記のコメントはよもや長期的な経済分析に基づいたものではないと思いますが、イギリスがEUに加盟し、グローバル化が本格化する前の1960年代からスーパースターだったミック・ジャガーのことですから、個人的な利害の差は大した問題ではない(格差が縮小しても、国民全体が豊かであれば、その分自分も豊かになれますし)ことを経験に基づいて理解し、冷静に国益を考慮できたのかもしれません。
それならそれで、やはり彼の見識は、歴史を踏まえた長期的な判断こそが重要であることを示しているのではないでしょうか。


片や我が国では、7月10日に参議院選挙が行われようとしています。
論点としてあまり大きく取り上げられてはいないようですが、グローバリズム政策の典型であるTPPについて、各党の賛否は大きく割れているようです。
果たしてどのような結果が待っているのでしょうか。
http://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_pol_election-sangiin20160626j-04-w430

↓今回の記事が「参考になった」と思われた方は、下記サイトにアクセスの上、ブログランキングボタンのクリック、ツイッターやフェイスブックでの共有など、より多くの方への拡散にご協力いただければ幸いです。
http://keiseisaimin4096.blog.fc2.com/blog-entry-178.html

〈島倉原からのお知らせ〉
手前味噌ですが、日本経済の現状を長期的かつ多様な観点から分析しているという点では、なかなか他に例のない一冊だと思います。
↓『積極財政宣言:なぜ、アベノミクスでは豊かになれないのか』
http://amzn.to/1HF6UyO

本文中でも述べたように、私自身は「金融市場の真の不安定化要因はイギリスのEU離脱とは別のところにある」と考えています。
そうした見地に基づいて目先の動向とは一線を画し、イギリスや世界経済の今後について考察しています。
前回…

[続きはコチラから]
https://mypage.mobile.mag2.com/WebLeading.do?id=4FFF91e3EJ6&position=4500&l=byb0cf6024#position

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎三橋貴明の「新」日本経済新聞 のバックナンバーはこちら
⇒ http://bn.mobile.mag2.com/bodyView.do?magId=0
001007984&l=byb0cf6024

◎三橋貴明の「新」日本経済新聞 の配信停止はこちら
⇒ http://mobile.mag2.com/mm/0001007984.html?l=byb0cf6024









AD
ν あなたの人間力を高める ν
───────────────
致知出版社の「人間力メルマガ」 2016.6.30


最新号の特集テーマは「思いを伝承する」です。


トップインタビューを飾るのは東京農工大学特別栄誉教授・遠藤章さん。

幾度もの失敗や試練を乗り越え、コレステロール値を下げる奇跡の薬「スタチン」を発見し、エジソン、ライト兄弟らと並び、日本人として初めて全米発明家殿堂入りを果たしました。

その成功の軌跡と研究一筋に懸ける思いから、人生のヒントが得られます。


最新号のラインナップはこちら
⇒ http://www.chichi.co.jp/info/month

───────────────────

◎対談◎
「いま、後世に語り継ぐべきこと」

山谷えり子(参議院議員)
×
ケント・ギルバート(米国カリフォルニア州弁護士)


テレビでもお馴染みの弁護士ケント・ギルバートさんは近年、客観的な外国人の視点で日本への提言を積極的に行い注目を集めています。

今号では参議院議員の山谷えり子さんとともに、日本の教育の問題や、戦後日本の精神を蝕んできた洗脳プログラムの問題などを交え、これからの日本のあり方について語り合っていただきました。


─────────

「我が故郷、北方領土返還への思いはやまず」

高岡唯一(北方領土元島民)


ロシアに不法占拠されたまま、いまなお返還の目途が立たない北方領土。

長年、領土返還運動に携わってきた北方領土元島民の高岡唯一さんに、いまも戻らぬ故郷への思いを語っていただきました。


─────────

「百年先を思いては人を育てる」

保 巖(錬心舘総本山宗家
国際少林寺流空手道連盟会長)


錬心舘総本山宗家の保巖さんに、父親である開祖の思いを受け継ぎ、空手道を世界へと普及させてきた歩みを伺いました。


⇒ http://online.chichi.co.jp/ext/teiki.html
─────────

◎対談◎
「途上国のビジネスに懸ける思い」

小田兼利(日本ポリグル会長)
×
水野達男(マラリア・ノーモア・ジャパン専務理事)


日本ポリグル会長の小田兼利さん、マラリア・ノーモア・ジャパン専務理事の水野達男さんは、ともにアフリカなどの僻地で環境ビジネスを成功させられました。

いろいろな逆境を乗り越える中で、他国の人たちのために生きる喜びを知ったお二人。

その生き方からは私心をなくした時、活路が見えてくることを教えられます。


─────────


他にも連載記事では、


◎私の座右銘◎

川端克宜(アース製薬社長)

「人生に夢があるのではなく夢が人生をつくるのだ」


◎生涯現役◎

佐藤愛子(作家)

「書くことだけが私の生きる道」


など充実のラインナップはこちらから
⇒ http://www.chichi.co.jp/info/month

───────────────────
あなたの人間力、仕事力を高める月刊誌『致知』
───────────────────

∥毎月858円で、人間力が高まります∥

───────────────────
最新号のテーマは「思いを伝承する」
───────────────────

定期購読のお申込みはこちらから
⇒ http://online.chichi.co.jp/ext/teiki.html

(※『致知』は書店ではお求めいただけません)

───────────────────
人間力メルマガをあの人にも伝えたい!
───────────────────

・簡単に「人間力メルマガ」のことをお知り合いの方に紹介できます!

⇒ https://fofa.jp/chichi/a.p/114/

───────────────────

▼アドレス変更&配信停止
・自社配信版
⇒ http://www.chichi.co.jp/mailmaga

・まぐまぐ版
⇒ http://tinyurl.com/beuxmwu

・よくあるご質問・お問い合わせ
⇒ http://www.chichi.co.jp/faq

───────────────────

致知出版社 〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-24-9
電話 03-3796-2111 FAX 03-3796-2107


◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎致知出版社の「人間力メルマガ」 のバックナンバーはこちら
⇒ http://bn.mobile.mag2.com/bodyView.do?magId=0000192277&l=byb0cf6024

◎致知出版社の「人間力メルマガ」 の配信停止はこちら
⇒ http://mobile.mag2.com/mm/0000192277.html?l=byb0cf6024










AD