先日このブログでお知らせしました


助産院つきひかりさんの

子ども姿勢見直しキャンペーン❤️


いってきました照れ


変わらず居心地が良いつきひかりさん星




我が子を知っている人はわかるかと思うのですが、うちの長女はとっても内弁慶。


見慣れない人の前や慣れない場所では途端に大人しくなるんです笑い泣きほんと喋らないんですチーン



そんな長女がまーーふざけるわ、妹とじゃれあうわ、よくしゃべるわ、まるで家にいるような振る舞いに母としてびっくりびっくりびっくりびっくりびっくり



リラックスしすぎ笑い泣きさすがつきひかりさんです。



つきひかり院長の今井さんのケアを気持ちよさそうに受けた娘たち。



自分の体にピッタリ合う枕も作ってもらいご満悦❤️





そしてうちの長女、寝る時の姿勢がいつもコレ!だったんですが



その理由も判明。


変な寝方〜と笑ってる場合ではなかったチーン




ごめんね長女。





こちらは次女のビフォーアフター、確実に姿勢が良くなってます❤️

腰をそらして頑張ってた姿勢からリラックスした姿勢に✨






体のケア方法や枕の取り扱いについて丁寧にご指導いただき、ウキウキで帰路につきました✨




そしてその晩、長女は腰に手を入れることなく眠りにつきましたびっくりびっくり


びっくり‼️



いろんな側面から体をみつめるのってほんとに大事❣️❣️



枕も調整しながら長く使っていきますー!



楽しい時間をありがとうございました!



素敵なケアをしてくれるつきひかりさんのHPはこちら





皆さんぜひ癒されに行ってみてくださいねニコニコ🌙





こんにちは😊


チャイルドヘルスケア協会講師、足育アドバイザーの寺川のり子です。



ここ最近の子どもたちの体が危ないガーンと言う事はいろんな業界で言われてますよね。

もちろん足業界もそれを感じています。

何もしないで普通に環境に身を任せて育っていくと普通に体が育たない。


危険な世の中です宇宙人くん




現代を生きる子どもたちは今どんな姿なのか、どんな足で、どんな姿勢で、どんな育ちしている最中なのか、大人は子どもの姿をみて学んでいかないといけないな、と思います😌



今日はGW特別企画として、子どもの姿勢を丁寧にチェックしてその子に合ったアドバイスをしてくれる助産院つきひかりさんをご紹介いたします〜❤️


つきひかりさんは私も毎月足育講座で伺わせていただいているのですが、おうちの中に入った途端に心地よく、とてもリラックスができる、なんとも不思議な空間です照れ照れ


早々に我が子2人分申し込ませていただきました爆笑

特にこのマクラ

ずっと子どもたちには体に合った枕を使わせてあげたいなぁと思ってはいたのですがどうしたらいいか分からず、なんだかんだと適当な枕を使っておりました。


でも大人も枕の高さが合わないと体に不調が出ますよね。。。。子どももおんなじです❣️



今回こんな企画を出してくださったつきひかりさんに感謝ですラブ

子供の姿勢が気になっているお母さんお父さんて多くないですか?


GWに不安解消しちゃってくださいー!


姿勢チェックとマクラ作成が楽しみ手間仕方ない寺川でしたー(*≧艸≦)


もちろんつきひかりさんの大人の骨盤ケアもおすすめです!妊娠中の方、産後の方は骨盤ケア絶対です!!!行ったことないわ〜って方は将来の尿もれ予防のために【今】行っておきましょうーUMAくんUMAくんUMAくん






チャイルドヘルスケア協会HagPro family講師、足育アドバイザーの寺川のり子ですニコニコ

 

 

 

子どもの歯歯

 

を育てるのと

 

ランニングランニング

 

を育てるのが似ているなぁって思います😌

 

 

 
子どもの足の話をするとほとんどの人がどの靴がいいですか??と尋ねてこられます。
 
 
もちろんおすすめできる靴、できない靴があるので足育講座ではそんなお話もさせていただいております。
 
(こんなかんじ)
 
でも、良い靴を選んで満足してしまう人が多いし現状に危機感を感じています😭
 
良い靴を買った!というのは
 
良い歯ブラシを買ったのと同じこと。
 
いくら良い歯ブラシを持っていても、磨き方が悪いと虫歯になっちゃいますよね。
 
 
足も同じ。
 
 
良い靴を持っていても履き方が悪いとトラブル起こしてしまうんです。
 
 
履き方も必ず知ってください!!
 
履き方間違えると子どもの動きがどえらいことにガーン
 






 
さらにさらに、良い歯磨きで良い磨き方をしていても、、、
 
ママの判断だけでは不安じゃないですか?
 
 
 
やっぱりプロにもチェックしてもらいたい。
 
我が家は4ヶ月に1回で定期歯科検診にいっています。
 
 
 
『ここがあまり磨けていないみたいですよ』
『糸ようじもしっかり使いましょうね』
『歯並びがこうだからこの時期にこうしていきましょう』
 
プロ目線のいろんなアドバイスをもらえますし、歯磨き丁寧に頑張らねば、とモチベーションアップにもなっています。
 
 
これ!
ここも足とおんなじ❣️
 
最低半年に1回は足をプロに見てもらいましょう!
 
こんなに大切な足なのに・・・
 
歯の生え変わりと同じくらい、子どもの足と大人の足では変化するのに。
なんで日本には足の定期健診がないんだろう。。。
乳幼児健診に足の検診切に願う私です。
 
もう一度言います。
足をプロに見てもらいましょう!
 
ママが気づいていないところを教えてくれますおすましスワン
 
モチベーションをあげてくれます。
 
今我が子の足にはどんなアプローチをしなくてはいけないか、はっきりわかります。
 
歯科衛生士さんに足を・・・・じゃなくてww、足測定士さんに足をみてもらいましょう乙女のトキメキ乙女のトキメキ


 

 
私が主催した海老名の足測定会参加者さんからは
 

●こんなに丁寧に見てもらえると思いませんでした!
●またやってほしい!!(これめちゃめちゃ多いです)
●見てもらって本当によかったー!
 
と嬉しいお言葉をいただきます。
 
 
川崎も残席少なくなってきています。足の測定をしたことのない方は3月21日(日)なにがなんでもスケジュールをあけて神奈川県川崎市に駆けつけてくださいポーン

次、川崎で測定会が開催できるのはたぶん半年以上先になってしまいます💦
 
逃さずに!必要な方に必要な情報が届きますように~!!
 
 
詳細やお申し込みはこちらのリザストイベントページをご覧ください爆  笑
 
 
ついでに最近やっと動かしはじめた私のインスタもフォローしてください。←関係ない(笑)
 
 

こんにちはー!

チャイルドヘルスケア協会HagPro Family講師、足育アドバイザーの寺川のり子ですニコニコ

 

 

いつも講座やブログでお伝えしていますが、今子どもの身体どんどんと退化しています。

 

でもまだまだそんな事実を知らない人も多いのがこの世の中。

私も所属している協会で学ぶまでは子どもの運動量がどれくらい減っているかなんて気にしたことがなかったですガーン

 

 

全国小学生を対象にしている体力測定の平均値がどんどん下がっていると聞いてびっくりしたのを覚えていますびっくり

 

 

 

年々低下していく子どもの体力。

必要な時に必要な動きができず、必要な筋肉が育たないまま身体だけが大きくなっていく。

 

そしてこのコロナ!!!!

 

人と交流する機会が減ったり、外出自体を減らさなくてはいけないためどうしても運動量は落ちてしまう

 

 

 

 

体力をつけるために、我が家も休みの日には極力外にでて体を動かそうとしていますが、平日はどうしても難しいんですよね。。

 

 

 

そこで我が家が取り入れた方法は、、、、

 

毎朝の縄跳び!!

 

学校に行く準備をして、ランドセルを玄関に置いたら、集団登校の待ち合わせ時間になるまでひたすら跳ぶ跳ぶ跳ぶ~!!

 

フェンスに縄跳びをつないでおいて、片方を私が持ち、ミニミニ大繩跳びです!

 

 

時間がない日は5分ほど、長くても20分ちょっとの少ない時間なのですが。

 

雨が降っていない日は毎日毎日跳び続け3か月が経過したところです( *´艸`)

 

5分間でも300回くらいはジャンプできます。

 

 

私がバタバタしていても娘はきっちり準備をし、「ママー!!縄跳びやるよー!!」と呼んでくれますゲラゲラ

朝体を動かす習慣ができてきたので次なる習慣にもチャレンジしたいと思います!!!

 

 

助産師、または漫画家になりたいという娘。両方とも体力必要!!!

ということで我が家は時代に流されず、体力アップを図っております!!

 

 

なにを習慣化させていくか、子育てにはとても必要な部分( *´艸`)

 

チャイルドヘルスケア協会では足の悩みだけでなく、そんなところにも焦点を置いたりいたします。

 

足の話だけではないのですよ。。。。ドキドキ

 

大事な情報をしっかり手に入れて、我が子にあった子育て方法を取り入れてくださいね~!!

 

 

 

子育て情報満載のチャイルドヘルスケア協会無料メルマガはこちらです(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

あけましておめでとうございます。

 

2021年の目標をここに記していきたいと思います。

 

●第3回海老名市

足の測定会の開催

 

12月におこないました海老名足の測定会。

 

なにかしら足にトラブルの種や芽が見つかったママたちはその芽を摘み取るべく、改善行動をとり始めました(*^-^*)

 

半年後、その種はどうなっているのか、ここがなによりも大事!!!

 

なので必ず再チェックができるよう、2021年も足の測定会開催に向けて頑張りたいと思います。

 

コロナよ、早くいなくなれーーーー!

 

 

●神奈川県県央地区に

定期的に足測定を実施してくれる

幼稚園、保育園をつくる

 

ママたちは定期的にチャイルドヘルスケア協会の足測定を受けてくれます。

 

毎回、日程を合わせて予定をあけて、測定して結果を聞いて、子どもの足にあった動きを家庭内で取り入れる。

 

これ結構大変💦

 

もしこれを幼稚園、保育園に行っている間にやってくれたら。。。最高ではありませんか?!

園内で測定をし、先生たちが正しい知識を身につけ、園の子どもたちの足の特性に合った遊びを取り入れてくれたら。。。

 

いいなあ。。

 

最近、私の周りのお母さんたちは足への意識がとても高くなり、サイズチェックはもちろんのこと、靴の履き方や子どものあそばせ方などいろんなところに目を向けてくれる。

 

そんなお母さんたちからよくでる言葉が。。。

 

『家ではちゃんとチェックして履かせるんですが、幼稚園(保育園)ではベルトをしっかり締めてないみたいで。。』

 

年中さんくらいになれば一人でしっかり履けるようになるけど、年少さんだとまだ少しチェックが必要。乳児さんだとなおさら。

 

定期的に足の測定をしている幼稚園、保育園の先生たちはやはり子どもの足、体、動きへの意識が高いのです( *´艸`)

 

ただただ動かすのではなく子どもの足、体にあった動き、というのが大きな違い( ..)φ

 

神奈川県県央地区に子どもの体をみて学んでくれる保育園幼稚園を増やすぞー!!

 

 

●一緒に足の測定をしてくれる

仲間を増やす

 

全国のママ、パパたちが足の測定をしたい、と思ったときにすぐそばに力を貸してくれる足測定員さんがいる幸せ♡

 

サイズだけでない、健康な足をつくるためのあれこれをコーディネートしてくれる存在

 

地域の特性を理解し、その地域にあった動きを教えてくれる。そんな存在をもっともっと増やしたい。

 

そして私たちと一緒に楽しみながら学びあって助け合って、高めあっていける人を全国に!

 

 

 

2021年も楽しく、元気に!!

 

元気で聡明な子どもたちを増やします(*^-^*)

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします!