399号目 あなたの間違った個人信用情報が拡散されていませんか? | すごい面談で社員との想いをつなぐ後継者の心のパートナー

テーマ:

 

 

個人信用情報について、

こんなことがありました。

 

 

 

個人信用情報について

私が以前に書いたブログはこちらです。

 

 

 

225号目 破産していても諦めないで!

 

 

 

 

 

 

海外からの送金を、

カード会社を通してしている会社です。

 

金融機関からの送金だと手間がかかりますが、

カード会社を使うと簡単だからです。

 

 

 

数年前に、

スタッフによるカード使用に伴う不正により、

カード会社から目を付けられている会社です。

 

 

スタッフに全部任せていたことが問題ですが、

それをきっかけに、

個人信用情報に対して、敏感になっています。

 

 

 

 

 

そんな中で、メインのカード会社から、

冷たく連絡があったそうです。

『カードの使用を停止します!』

 

 

 

 

取引が停止になると、

海外から入金がされなくなっちゃいます。

 

 

 

 

 

 カード会社に、

停止する理由を聞いても教えてもらえません。

 

 

 

個人信用情報を扱う機関は、次の3つです。

 

画像をクイックすると、別ウインドゥで開きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分で個人信用情報を照会すると、

見覚えのない『延滞情報』が、

出てきました!

 

 

 

 

 

携帯電話の端末を買い替えたときのもの。

普段の使用料は引き落としなんですが、

そのときだけは、支払用紙が送られて、

金融機関で期限内に支払いを済ませています。

 

 

 

 

 

 

この方は、

個人信用情報に敏感になっているので、

支払った後直ちに、携帯電話会社に連絡し、

期限内に入金になったことを確認しています。

 

 

 

 

なんと、

携帯電話会社の誤操作が原因でした。

 

 

 

 

 

入金確認をした際の、

電話での通話が録音されており、それを確認すると、

携帯電話会社のミスだと分かりました。

 

 

 

入金になっているのに、

未入金のままとして、処理しちゃったようです。

 

 

 

 

未払い、延滞の情報は、

正しいか、間違っているかを問わず、

この間にも、拡散されます。

 

 

 

 

恐ろしいことに、

『 この人はブラックです!』と、

どんどん拡がっていきます。

 

 

 

 

 

人の手を介して行うことなので、

間違うことはあり得ます。 

 

 

 

 

 

原因は分かった。でも、

『個人信用情報』の記録は、

間違っていたとしても、簡単に消えないんです。

 

 

 

携帯電話会社の担当者が言うには、

『消せないんです。』

 

 

 

 

 

分かっているけど、

『なんとかしようとは思わんのか?』

やっちゃったことの責任くらい感じて欲しい。 

 

 

 

続きは別の機会に・・・・・・。

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

社長の『お金』と『人』へのストレスを軽減させ、

『納得できる意思決定』をサポートする

金沢の 企業未来デザイナー

 

〒920-0024 金沢市西念2-35-23 奥伸ビル202号室

 

小林弘昌税理士事務所 代表税理士

株式会社アークシードラボ 代表取締役

TEL:  076-223-2229   FAX:  076-223-6781 

携帯:090-1120-3808

 

ホームページはこちら http://kanazawa-kaigyou.com/

 

 

小林弘昌さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ