すごい面談で社員との想いをつなぐ後継者の心のパートナー
NEW !
テーマ:

 

 

 

昨日の続きです。

 

 

来期の利益が赤字になるのは、

新商品の単価が安いからです。

 

 

 

 

 

 

業界の中で比較しても安い。

原価や投入時間を考えても安い。

 

 

 

 

 

経営者自身も分かっているけど、

『今は値上げできない。』とのこと。

 

 

まだ、

満足できるサービスを提供できないから

自信がない。という。

 

 

 

 

『いつ値上げします?』とお聞きすると、

 

 

『それは考えていなかった。』と。

聞いてよかったです。

このままじゃ、万年赤字でした。

 

 

 

『どんな条件が揃ったら値上げできるか?』

考えて頂く。

 

 

条件がいくつか出てきます。

①商品というかサービス自体の質

②スタッフの技術力

③お客様へのスタッフの対応の質

 

 

 

それぞれを具体的に聞いていくと、

いつまでにどんな状態にしたいのか?

明確になってきます。

 

 

『そのために何をするのか?』を考えると、

計画ができちゃいます。

 

 

 

質や技術力?

同じような言葉ですが、

自分達の評価お客様の評価って、

視点が違います。

 

 

 

 

 

お客様は下から見上げているので、

同業者との僅かな差は、よく分かりません。

どっちも同じに見えます。

 

 

 

 

専門家同士では高いレベルで見ているので、

違いが分かります。

経営者は、どうしても、

質の高いものを求めがちです。

 

 

 

違いなんて分からないのに、

『同業者に比べて、より質の高いものを』

なんて考えがちです。

 

 

 

むしろ、そんな違いって、

お客様にとっては、どうでもいいものです。

 

 

商品の質よりも、お客様への配慮の方が

お客様にとっては価値があります。

 

 

 

 

 

 

 

①商品というかサービス自体の質

②スタッフの技術力

 

先程の、この2つをお客様から見ると、

すでに満足されるレベルに

達しているはずです。

 

 

 

 

この会社がこれから、

一番力をいれるのは、こちらです。

③お客様へのスタッフの対応の質

 

 

 

 

これは、お客様から一番分かり易く

同業者との差別化できるものです。

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

社長の『お金』と『人』へのストレスを減らし

『納得できる意思決定』をサポートする

金沢の 企業未来デザイナー

 

〒920-0024 金沢市西念2-35-23

奥伸ビル202号室

 

小林弘昌税理士事務所 代表税理士

株式会社ツナガル 代表取締役

TEL: 076-223-2229   

FAX: 076-223-6781 

携帯:090-1120-3808

 

ホームページはこちら

http://kanazawa-kaigyou.com/

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス