アラフォー女ふたりとネコの暮らし

アラフォー女ふたりとネコの暮らし

最近、彼女がダンナに見えるような…※同性愛要素が含まれます。

2006年1月から一緒に暮らし始め、2008年7月、マイホーム完成。

世間なんてどこ吹く風、2人のペースで生きてます。


とっくにアラフォー過ぎました!


今週から仕事始め!と言っても火曜だけ、それも外作業で雨。

寒いし備品とか濡れないように気を遣うしでげんなり。

 

再びの5連休に入り、寒くて風も強かったのでおととい昨日と

家で本を読んだりしていたけどなんか気分が沈んでくる…。

よからぬ考えばかり浮かんでくるのでちょっと外で身体を動かそうと、

午前中に家事を済ませて公園まで車でひとっ走り。

 

駐車場で隣の車のおっちゃんに話しかけられた。

 

おねえちゃん、この車なんていうの?

あ、〇△×か~、ええなあ、大きいね。広そう。

 

軽ですけど、中は広いですよ。

この頃の軽自動車は大きいですよね。

(おねえちゃんちゃうよ!)

 

ええなあ、〇△×。運転席も高くて見やすそう。

次は僕も〇△×にしよ~。

 

おっちゃんの次の車の購入宣言を聞きながら用意して園内へ。

 

 

キジバトも寒そう。

 

 

 

いつものジョウビタキ男もまん丸。

 

 

 

晴れたり曇ったり。

 

 

 

池が凍っていたのでカワセミはいないかな?と思ったら、はじっこの方に。

 

氷がないところで小さくなってお魚獲り。

 

 

 

カワセミを見てたらまた別のジョウビタキ男子がやってきた。

さっきの入口君より色がくすんでいる。中口君という名にしよう。

 

 

 

見たくて探していたシメ見っけ。

 

 

 

地面に下りてキジバト夫婦?と仲良くお食事中。

 

園内を時にはサクサク、ゆっくり歩いていると上品な年配紳士に話しかけられた。

何かいるんですか…?と。

てっきり紳士は鳥に興味があるのだと思って、あそこにアオジがいて~とか

説明すると、鳥を見てはるんですね、冬はいいんですか?と。

 

冬は葉っぱが落ちて枝の間が見やすくなって鳥を見つけやすいですよとか

これまた説明すると、紳士はそうなんですか~と言って身の上話が始まった。

 

紳士はこのご時世なので家でおとなしく本を読んでいるんだそうだ。

年はもうすぐ83歳、前は2日で3冊だったがこの頃は目が疲れて

2日で2冊になりました。

 

私、家は〇〇の、あ、ご存知ですか?あの辺の集合住宅に住んでいましてね、

ここからはちょっと遠いんですが、この公園は前に来たことがありまして、

広々して本当に気持ちがいいところですよね。

 

昔は家内と来たんですがね、家内はもう遠い会えないところに

行ってしまいましてね、もう二度と会えないんですよ。

 

それで、ああこの紳士はいま誰かと話がしたいんだろうなと思ったので、

満足するまで話したらいいかな?とそのまま少し立ち話。

 

公園で歩くのいいよね~とか、ここは山に入らなくても広場もいいし、

広場なら常に誰か人がいるから1人で来ても心配がないので

私もたまにお散歩がてら鳥を見に来ています、とか。

 

しばらく話して紳士はおじゃましましたと言って去って行った。

 

 


紳士と別れて歩いていたらまた中口君。まん丸。

 

 

 

ツグミんも。

 

 

 

また別のジョウビタキ男。入口君でもない中口君でもなさそう…。

よし、君は山口君だ。

 

 

 

2時間ほどいてそろそろ帰るかと、出口の方へ向かっている途中で。

 

風に吹かれるルリ発見。男か女か。

 

 

 

眉が出来かけてて肩が少し青いから、まだ若い男の子。

この冬、この公園で初ルリビタキ。一応男子!

 

 

 

明るい場所に出てくると青くなってきてるのがわかるね。

 

 

 

じっと見ているだけだと逃げない良い子でした。

 

 

 

イケメンになれよーーー!

 

今日はおいちゃん達からよく話しかけられる日だったな、と。

 

ま、でも負のオーラ全開で来た割には話しかけられたので、

他人にはあまり悲壮感は漂ってなかったのかもしれない。

それはよかった。

 

帰って晩ご飯にマトンカレーを作っておいしく食べました。

今日は上出来だった。

去年の年末はもず先生も30日まで仕事が決まっていたし、

ソロソロとコロナもまた広がりつつあったし、お正月は

初売りに行くのもなぁ…とためらって。

 

っていうか行く交通費を考えたらネットでポチして

家まで運んでもらったらいいんちゃう?ということで。

何がいいかな?と探したのが12月の初め。

 

本当は交通費なんか関係なくてデパートでうろうろして

どれがいいかな~?って見るのが楽しいのだけどね。

でもまだうちは必要がないなら人混みは避けるという方針で。

 

色んなデパートのを見たけど、やっぱり馴染みの阪急で。

絶対欲しいものと気になるものをポチ。

 

3日と7日に到着。

 

 

1つめ。気になった方。

 

クールでやって参りました。

 

 

 

加島屋って知ってたけど買ったのは初めて。

 

 

 

 

なかなか渋め。

 

 

 

鮭茶漬けといくらの醤油漬け。 

今調べて知ったんだが鮭茶漬け中瓶が1944円、いくらの醤油漬け中瓶3132円らしい。

2つで5076円のが3240円、初めて買うにはもってこい。

 

もず先生がいくら大好きなのでサプライズで。

 

 

 

炊き立てご飯に鮭といくらで親子丼。

 

うんま~。

もず先生はとっても気に入ったご様子。

来年も見つけたら絶対買おう。なんなら2セット。

 

 

 

2つめ。絶対欲しかったやつ。

 

冷凍で慌てているので画像はこれだけ。

スープストックトーキョーの福袋の大きい方。

20袋で7593円。

 

生姜入り和風スープ ×2

緑の野菜と岩塩のスープ ×2

東京ボルシチ ×2

北海道かぼちゃのスープ ×2

オマール海老のビスク ×2

東京参鶏湯 ×2

オニオンスープ ×2

トマトと鶏肉のカレー ×2

揚げ茄子のラッサム ×1

ラタトゥイユカレー ×1

鶏と茄子のスパイシーカレー ×1

きのことさつま芋のポタージュ ×1

 

色んなデパートから福袋が出ていたけど、阪急の組み合わせが一番好みだった。

ご飯が足りない時にちょっとあると助かるし、我が家では贅沢品。

 

小布施堂の栗菓子の福袋も迷ったけど発売当日の夜には売り切れてしまった…。

 

 

おまけで近所のスーパーで買ったお菓子の福袋。

 

風月堂といえば神戸を応援したいけど、内容がイマイチだったのよね…。

上野風月堂って初めて聞いたわ。

 

 

 

1080円で結構入ってる。

 

 

 

焼き菓子4つ、ブロークンのマロングラッセ、ゴーフルといちごチョコクランチ。

 

年末にデパートで買ったお菓子を先に食べているので味見はまだ。

賞味期限が長いのでゆっくりちょこちょこ食べていくわ。

ゴーフル好きとしては神戸のと違うのか比べてみなくては。

 

買いまくったるぞ~!と思っていたわりにはそれほどでも…だった。

やっぱりビビってしまうけど、福袋めっちゃ楽しい。

昨日からもず先生は仕事始めでございます。

私はまだお休み…。

 

2日に続けて3日も(4日も)運動をかねて探鳥会を決行。

どちらもお久しぶりの場所で今日は3日の話。

 

 

車を止めて歩き出すとすぐ発見!

 

ルリビタキの男子!前日の女子に続いてこの冬お初。

テンション上がるわ~。

 

モデル料を払って撮った美しい写真もたくさん見かけるけど、

私は出来るだけ自分で探して出会った天然モノが良いです…。

 

幸先よくスタートしてほくほくと広場を抜けて歩いて行くと、

遠くの方でまたチラチラ飛んでいる男子が。

 

 

 

遠くて暗いけど。

 

エナガ、シジュウカラ、ヤマガラなどすばしこいいつものメンバーもそこかしこに。

頭上や回りを飛び回るのを楽しみながらのんびりお散歩。

 

 

 

途中で出会ったシロハラ。

 

ぐるりと1周したとこでそろそろお昼にしよう~とベンチで。

手抜きしてコンビニでサンドイッチを買ってきた。

 

 

食べてる近くでガサゴソ。

 

アオジもお食事中。

 

 

 

するとまたパララっと小さな鳥が近くの木を行ったり来たり。

 

また別のルリビタキ。

 

 

 

撮れてないのも含めてこの日4羽目。うれしいね。

 

 

 

真っ青なきれいな子でした。顔をこっち向けて欲しかったな~。

この後、見失ってしまいました。

 

ルリや~!とか存分に楽しんでいたら、上から小さくキョ と聞こえてくる。

控えめにコンコンコンと木をつつく音も。

 

 

音のする方をよく探してみると。

 

大好きなアオゲラ!

 

近くの木をあっちへこっちへ移動するので下に回ったりしてのぞかせてもらう。

 

 

 

存在感があるのにかわいい…。

 

 

 

コツコツコツ。

 

 

 

背中の黄緑と頭の赤いとこがたまらなく好みの色合い。

 

 

 

すごいガニ股。

 

 

 

日が当たると本当にきれい。

 

 

 

同じ木で長い時間穴を開けていた。

 

1日で大好きなアオゲラとルリビタキを見られて超満足。

重たい思いをして大きなカメラを持ちだした甲斐もあった。

 

手持ちなので重すぎて長い時間上を向けないので本当は三脚を使った方が

もっとキリっとした写真を撮れるのだろうけど…。

三脚まで持ち歩くキャパがもうない。

 

 

もず先生は相変わらず面白写真を量産。

 

だから大きければいいというものでは…。

 

明日から代休を取って、もず先生は再びの冬休み(4連休)。

私はたまーの仕事を挟みながら23日まで休み確定。ヤバい。

いつも1月2月は閑散期。

 

ま、好きなことをするための時間と思ってやり過ごそうと…。

元旦は1日中くるみをほじっていたけど、2日は恒例の新春探鳥会。

 

相変わらず〇が丘野鳥クラブのメンバーはもず先生と私の2人から増えない。

しかし、新春探鳥会を制す者がこの冬の探鳥を制すと言っても過言ではありません。

2人の間で…の話だけど。

 

行先は久しぶりの公園。

たいていは空振りだけどたまに大当たりがある。

出発も遅かったのでお散歩がてらゆるゆる行きましょう。

 

 

まずはビンズイ?

 

 

 

ちょっと開けたところでジョウビタキ男。

 

 

 

にっこり笑顔?でポーズ。

 

続いて小鳥のいそうな雑木林ルートに入ってみたけど静かなもの。

また別の開けた場所に行ってみた。

 

 

ベンチで休憩していると…。

 

遠くにモズ子ちゃん。

 

 

 

当たり前だがなかなか用心深くて全身を見せてくれたのはこの時だけ。

 

 

 

ガジャガジャの枝の間から見られている…。

 

 

 

モズ子を見ていたらパラララっと飛んできたジョウビタキ女。

(すぐ飛んで行ってしまった。)

 

 

後ろで何かパタパタ気配がするのでのぞいてみたら…。

 

ルリビタキ女子。おお、この冬お初。

 

 

 

明るいところに出てきてくれたけど、お尻の青いところが見えない。

 

 

 

お腹が空いていたようでひたすら地面でお食事タイム。

 

 

 

近くで見ていてもあまり逃げないかわいらしい子。

 

 

 

最後は看板の上で。バイバイ、また来るね。

 

行った時間も遅く、歩いたエリアもそれほど広くないけどそれなりに楽しめた。

鳥充足率、65%くらい。

 

デパートの初売りもいいけど、やっぱり新春探鳥会よね~(負け惜しみ)。

あっという間に元旦の夜。

 

昨日は紅白を最後まで観て、歌番組もちょっと観て2時過ぎに就寝。

うちにしてはものすごい夜更かしでした。

 

朝はいつもより少し寝坊。

外に出ようかとも思ったけど寒いし…。

明日の方が暖かそうなので家でのんびりすることに。

 

お昼前までだらだら。

よっしゃ、おやつ兼お昼にちょっと作るか~と用意を始めることに。

 

この冬はやってみたいことがあった。

用意も万端。

 

オニグルミを買ったよ。

 

 

 

メルカリでな。

1キロ強入って1000円しないくらい。

 

 

割り方を色々検索したけど和くるみの殻はかなり固いらしい。

 

…ので、専用のくるみ割り器も購入。

 

 

 

くるみのつなぎ目?に沿って刃を当てて握ると割れるらしい。

 

 

 

ほらほら。実が詰まってる。

 

 

 

次々割っていきます。

 

 

 

それを今度は付属の「ほじくるみん」という棒でほじほじ。

この棒が優れもの!

1本しかないので小さめのマイナスドライバーも使ったけど全然違う。

 

しかし時間がかかって昼には到底間に合わなさそう…。

お腹が空いた。

 

 

 

こうなればインスタントしかない。

昨日はお腹がいっぱいで年越しそばも食べてなかったしね。

 

 

 

うまうま。

 

食後のおやつにりんごも食べて、また割ってはほじり、割ってはほじり。

 

録画しておいた番組を流しながら、ただひたすらくるみをほじり続ける1日。

もず先生が なんか楽しいなぁ って。

 

頭を使わず単純な作業に没頭するのっていいのかも。

 

結局、全部剥き終わったら18時半になっていた。

作ろうと思っていたおやつは次回に…。

 

 

 

あれだけがんばって取れたくるみは250gほど。

 

くるみが1000円、くるみ割り器が2000円。高いおやつだわ。

木の実を使ったお菓子が高いのがわかるわ。

 

でも、どうしても和くるみを自分で割って実を取り出してみたかったのよね。

だから大満足よ。

 

ほじっているそばから油がジワーってにじんでくるの。

ちょっと食べたら甘くてコクもあって。

材料に使ったら絶対おいしいに違いない。

 

ただただくるみをほじくって終わった元旦だった。

 

2022年も始まりました。

忘れてたけど、喪中なのでここでは控えめに。

今年もよろしくお願いしますね。