ヒーリングルーム Angel touch

ヒーリングルーム Angel touch

ヒーリングルームAngel touchのブログです。
【より善く生きるためのヒント】
として、
癒しのステップに役立つヒントを綴っていきます。


誰でも
後悔を伴うような失敗をしたことがあったり、
誰かや何かから

「被害を被った」と感じるような出来事があったりしますよね。

今日はそんな想いをどう扱うか、というお話です。

人生においては誰にでも、必ずある体験なのですが、
そこで発生した感情の扱い方には差があり、
場合によってはこういった体験がきっかけで鬱になってしまいます。

少しの間ならそれも仕方がないかもしれませんが、
何年もに渡りその状態が続いてしまうのだとしたら、
お世辞にも健全な状態とはいえませんし、
「仕方がない」わけでもありません。


シンプルに考えて、
何か間違いをしてしまった、という時、

それに気づき、
そこから学びを得て、
修正すること、
次に同じようなことをしないようにしていくこと以外に、
私たちがやれることはありません。


時間を戻して、

「なかったこと」にしてやり直すことはできないのですから、

それしかないのです。


でも、
ずっと自分やその対象を責め続ける、
不満を言い続ける、

という状態に陥る場合があります。


まず最初に言っておきますが、
どんなことが起きたとしても、


何を見て、何を選択するかはあなた次第、です。

ですから、
同じような体験をしても、
前向きに手放して行動できるか、
ずっとそこに居続けるかは、
あなたの選択です。
誰かのせいではありません。


では、
うまく手放すことができず、
いつまでも(例えば何年も)自分や相手に対して責め続けることをやめられない場合、

なぜそうなってしまうのでしょうか?

「ひどいことをした(された)」
という思いが強ければ強いほど、
なかなかそこから移動できない(手放せない)

ということになりがちですが、


理由の一つに

「正しさ」に対するこだわり

があります。


「正しさ」「正義」を振りかざすほど、
そこから動けなくなるのが、私たちです。

文字通り、

「それが正しい(そこから移動するのは間違い)」
と思っているからです。

責めるのが自分であれ、
他人であれ、
責める側は責められる側に対して
「あなたは間違っている、だから責められて当然、
 責めている私は正しいのだから責め続けて良い」


と思ってしまっています。


「どうだったら、どうなったら、
 それ(責めること)をやめるのか(許すのか)?」


については考えられずにいます。

やり続けること(責め続けること)に正当性を感じているからです。


しかし、何度も言いますが、時は戻りません。

(覆水盆に返らず)

起きたことは変えられないのですが、
どこかでそれ(起きてしまったことそのものをなかったことにする、

あるいは出来事そのものを変える)
を願っていて、

それ以外の選択肢に対しては納得しようとはしていないのです。

もしかしたら、

かつて自分がずっと責められ、許してもらえなかったという体験をしてとても傷ついていて、
そのリベンジをしているのかもしれません。
(母親からそういうことをされたというケースも少なくありません)

「私はあの時どんなに謝っても許してもらえなかったのだから、
同じように許さないで良いのだ」

と、どこかで思っている、という場合があります。

あるいは、

正しく生きなければ自分をOKにできない、

と、自分に「正しく生きること」「正しい行動をすること」

を強いている場合もあります。

そうなると、自分に対しても他人に対しても、
「正しい行為」以外は受け入れることができません。

正しさは、人をがんじがらめにするのです。


しかし、実際には、

「正しい行為」だけをして生きていくことなどできません。
私たちは失敗をする生き物であり、
うまくいかないことから学ぶ生き物
だからです。

そしてそれは
「解決することから逃げている行為である」
ということに気づかなければなりません。

つまり、

本音の部分では解決したくないから、

いつまでもその行動(言動)を続けているのです。

不満をいい続けること、
あるいは
自分を責め続けることは、

実は

「前進しないため」の最大の武器になります。

反省し続ける、
後悔し続ける、
こんなに傷ついたのはあなた(それ)のせい、と言い続ける、

これらは皆、私たちをその場に留まらせることができます。

でもそれは、
自分自身を苦しませ続ける行為でもあります。
自分が楽になることはありませんし、
満足することもありません。

例え原因が「誰か」や「何か」という、
外側からやってきた(ように見える)ものだとしても、
そういう点から見て、

自分を苦しませ続けることは「正しい行為」ではないのです。

つまりその状態でいることがすでに「正しく」ありません。(笑)







「辛い体験」はさておき、

自分の人生をより良いものにしていく、
ということに着目した場合、

「正しさ」は必須ではありません。


残念ながら、
正しさをいくら主張し続けていても、
自分が幸せになることはありません。


むしろそれは自分を追い詰めるアイテムとなります。

不満を言えば言うほど自分に不幸を引き寄せることにもなります。
顔の表情にも出てしまいます。

顔は正直です。
素敵な美人さん、ハンサムさんでいたいなら、
心を綺麗にしていかないといけません。

(実際、不満を抱え続けている人は、
 顔の表情に「不満を抱えている」状態が現れてしまいます)


正しさを自分の支柱にしている人は、
自分が「正しくない」と感じたことを許容できません。


でも、
実際には「絶対的に正しい」ことなどなく、
正しさを振りかざすのだとしたら、
それは自分の視点でしか判断していない証拠なのです。

そのような正しさは、時には暴力になります。

正しさが暴力となるとき、
相手に対する感謝やリスペクトが足りていません。


どんなシチュエーションでも、
自分が得たもの、
学べたことがありますが、そこに目を向けることができないのです。

そこに対する感謝が本当にあるならば、
そこまで正義を振りかざすことはないからです。



(ネコはシマシマだって言ってるでしょ!!)
(そんなぁ・・・)

 



世の中には理不尽なことはいくらでもあります。
納得がいかないことも。

「何故私がこんな目に」
「なんでこんなことになっているの、ひどい」


それを言い続けるのは自由です。

でも、そのシチュエーションが自分の目の前にあるのは、
自分が引き寄せたということでもあり、

それをどう捉えて、どうに対処していくかという

学びの「きっかけ」にすぎません。



「私の言っていることが正しい」
と言い続けたところで、
事態は何も変わりません。

あなたが満足行くまで「お詫び」をし、
あなたをなぐさめ、
あなたが満足行くように誰かが状況を変えてくれる、

なんていうことは起こらないのです。


私たちの人生はどの体験も

「お勉強」です。

そこから何を学ぶか、その後どういう行動をするか、
どう意識を変えるか、
ということが本質なのだと理解できれば、

不満を言い続けたり、
自分を含めた誰かや何かを責め続けたりするのではなく、


「ではどうすればよいのか」
という方に意識を向けることができるはず
なのです。

自分が変えられることがあるなら、それをするか、
何もできないなら黙って受け入れ、受け流すか、
あるいは関わるのをやめるか。


私たちがやることはそのどれかしかないのです。

正しさを求め続け、
こうするべきだった、(でもできていない)ということに縛られると、
そうできなかった自分や、目の前の誰かは

「罪」となります。

しかし罪などどこにもありません。

それは自分で作り出して、

自分がそう思っているだけなのです。


失敗をしたとして
あるいは、されたとして

過ちを認め、謝って、
できる償いはしたのなら、 
それでおしまい、です。


逆にそれ以上何をすればよいのでしょう…?


それ以上やりようがないことを謝り続けるのも、
悔い続けるのも、
責め続けるのも、

終わりにしましょう。



そんなことをしていても、
自分だけでなく

誰も幸せになりません。


そして人生はいつ終わるか、誰にもわかりません。

あれこれ不満を垂れて、

その場から動かずにぐずぐずしている暇など、全くないのです。

自分を苦しめることを正当化していては、
この世界にやってきた「宿題」も終わりにできなくなってしまいます。

そして何より、

あなたが幸せに生きられるようになることはないのです。


自分の身に起きたことはすべて自分の体験であり、
自分が引き寄せ、
学びのきっかけにしたのだ、
ということを受け入れ、
自分に寛容になりましょう。


大丈夫です。
私たちは皆、誰もがそんなに正しくないし、
ちゃんとしていません(笑)

自分だって大してちゃんとしていないけど、それでいいんだ、
と許せるようになりましょう。

そして
「どうなりたいのか」
「どういう現実を目の前にしたいのか」
に意識を向けましょう。


あなたの目の前に広がる世界は、

間違いなく「あなた自身」が創っているのですから。



(間違えた? 

 じゃあアタシが直してあげるニャ)

 

 

 

 

 

こちらのブログを始めてからは、

こちらで記事を書くようになっていますが、

 

以前はHPのコラムにアップしていました。

 

ブログは書きやすいし皆さんも見やすいかなと思うのですが、

過去記事にどんなものがあるかはわかりにくい、

という点があると思います。

 

そこで今までのブログの記事で、

普遍的に役立つと思われる記事をコラムのページにアップしました。

 

 

ヘルスケアコラム

https://angeltouch-healing.jp/healthcare_column.html

 

ヒーリングコラム

https://angeltouch-healing.jp/healing_column.html

 

 

記事は下の方に行くほど新しい記事になっています。

 

アップしたのはかなり前の記事でも、

 

内容としては

「いつでも、必要な人にとっては役に立つ」

ように書いていますので、

 

色々な方に役立てていただきたいという思いもあり、

過去記事を閲覧しやすいようにしました。

 

古いものはかなり前の記事なので、読みにくい部分もあるため、

こちらも順次整理してもう少し読みやすく更新していこうと思っています。

 

ピンときた記事を有効活用していただけたら嬉しいです。

 

 

 

(必要な時に、必要なメッセージが見つけられますように。)

 

 

 

 

 

私も昨年参加したサマースクールですが、

今年はこのような社会状況の中で、

開催が困難となってしまいました。

 

今年は昨年と同じ「ファミリーコンステレーション」がテーマでした。

とても良いワークショップだったので、

クライアントさんたちにもお勧めしておりましたが、

来年に向けてインフォメーションミーテイングを開催することになったそうです。

 

////////////////////////////////////////////////

 

【サマースクール・インフォメーションミーティング】


2020年7月5日(日) 19:00〜20:30
ZOOMにてオンライン開催します

参加費:無料
 

サマースクールに興味がある方ならどなたでも参加できます

 

当日のお時間が難しい場合は録画視聴が可能です

 

右矢印お申し込み・詳細はこちらから

 

////////////////////////////////////////////////////

 

参加無料ですし、後日の動画視聴も可能です。

ご興味のある方はぜひラブラブ


 

私の昨年のサマースクールの体験談はこちら↓

 

『学び続ける勇気、変わり続ける勇気』

https://ameblo.jp/angeltouch-healing/entry-12500735003.html

 

『ファミリーコンステレーションで得られるもの』

https://ameblo.jp/angeltouch-healing/entry-12504186826.html

 

 

(来年は行けるといいね。)

 

 

 

 


この数か月の社会状況の変化によって、

私たちの生活は一変していますが、
 

生活だけでなく、

無意識の中で「ストレスを処理する方法」にも変化が生じています。

簡単に言うと、

「大きな抑圧が生じている」

ということです。


私たちは通常、
意識的にせよ無意識的にせよ、

受けたストレスを自分なりの方法で「解放」しています。

生体には知性があるので、
「ため込んでしまったら良くない」ことは、よくわかっているからです。

生体が健康であれば、
できるだけ「軽い症状」を少しずつ出して、
バランスを保とうとします。

例えば

 

「ちょっと風邪気味」とか
「鼻水が出る」

「少し咳が出る」

「軽い頭痛」
 

というようなことです。

それでも足らなくなったら少し強い症状を出すことになります。

それが

「風邪ひいた」

だったり、

「熱を出した」

だったりします。


ところが。。。

この数か月の社会的状況は、
私たちにそれをできなくさせてしまいました。


風邪を引くことができないどころか、
外出時に「咳払い」さえできないような、

異様な雰囲気が漂っていることは、
皆さんご存じのとおりです。

このような状況があると、
意識的にも、無意識的にも

「出してはいけない」というプレッシャーが働きます。
 

その結果、私たちは
「ちょっとした症状」を出せなくなってしまったのです。


では本来、

「ちょっとした症状」で出すはずだったもの(ストレス)は、

どうなるのか…?

もちろん、ストレスを受けていないわけではありません。
むしろこの数か月は、色々な意味で普段よりも

不安や恐怖、心配といったストレスを受けていた人も多いはずです。

ではそれはどこに行ったのでしょうか…?
知らない間に体の外に出ていってくれているなら、

万々歳、ですが、
残念ながらそんな都合の良い話にはなりません。

それは私たちの内側の奥深くへと、

押し込まれてしまっているのです。

これは実は、とても大きな問題です。
今はその影響をあまり実感していないかもしれませんが、
やがてはその結果が色々と表面化してくる可能性があります。

一つは

精神感情面の不安定さが増す可能性

うつ病なども、増える可能性があります。


もう一つは

気がついたら大きな病気になっていた、
ということが増える可能性


小さな、ちょっとした症状で小出しにできない分が溜まっていって、
どうしても抑え込めなくなった時に「ドカン」とやってくる、


という可能性が大きくなってしまうのです。


そんなことにはなりたくないですよね。

だからこそ、

「風邪をひいてもいいんだよ」
と、自分に言ってあげましょう。


風邪をひいてもいいし、
鼻水や頭痛を出してもいい。

 

たまには体調を崩してもいい。

それをいちいち「コロナかも」と心配する必要はありません。

何か症状が出たらそれをすべてコロナウィルスに繋げるのは

おかしな話です。

コロナウィルスだけが病気ではないのですし、
それよりも普通の風邪の方がよほどかかる可能性はあるのですから。。。(本当は)

 

 
 
 

(たまに風邪引くくらいが普通だニャ)





そして、

ここ数か月の私たちには、「太陽の光」が足りませんでした。
 

その結果、

アレルギー反応がひどくなったり、
鼻炎が出たり、
だるさが抜けなかったり、、


という方が少なからずいました。

緊急事態宣言も解除になり、
外に出る機会も少しずつ増えたかもしれませんが、

勤めて太陽の光に当たる時間を作りましょう。


太陽の光は私たちに生きるためのエネルギーを与えてくれます。
免疫力も高めてくれます。
そして何よりも一番殺菌・消毒になります。


「除菌、殺菌!!」と躍起になってしまうなら、
体全体を太陽光に充ててください。

それが一番安全で、健康的な「防衛策」なのです。

除菌や殺菌よりも、
「ちょっとしたことでは負けない」強い生体にしていくこと、
健康状態を上げていくことの方に意識を向けましょう。


「敵」を作ってそれを「抹殺」するのではなく、
「負けない自分」になればいいのです。

そしてそれ以外に、私たちが生き抜く道はありません。



こちらの記事も参考にしてね↓



 

 

(本当は太陽が解決してくれる。。。かもしれない)
 
 
 



 


最近はスピリチュアルという言葉もかなりメジャーになり、
10年前と比べると明らかに、
エネルギーや魂についての話題も増えています。

スピリチュアルな話題を普通に、
当たり前の話題として話せるような世界に進んでいることは、
とても素敵なことであり、
世の中としては良い方向に行っていると感じていますが、

今日はあえて少しシビアな話をしようと思います。


『罠』にひっかからないために必要な視点

です。

長いので、興味のある方だけ読んでください。



(良~く見極めないとね)

 

 



人生という名の自分の道のりに、

「これでいいのかな…」
「こんなはずでは…」
「なんでこんなことに…」


と思うような状況があって、


ある種の救いを求めている場合や、
「どちらの方向に行ったら良いのかわからない」

という時、

『スピリチュアルアドバイス』
にも、つい頼りたくなりますよね。

もちろん、
良いアドバイスをしてくれるヒーラーさんもたくさんいますので、

全てのスピリチュアルアドバイスを否定するものではありません。

 

そこはご承知おきください。


良いアドバイスを参考にするのは、もちろん有益なことと思います。

でも。
あくまでもそれは、

 

「参考にする」

 

ということです。




もしその「アドバイス」をくれる人が、

命令をしたり
脅してきたり

こうでなければならない、
こうしなければならない、

という態度であれば、


注意してください。


迷っている時は誰でも、

「こっちに行きなさい」
「正しい道はこちらですよ」
と言われる方が楽です。


つい、そういった『押しの強い人』に頼りたくなります。

誰かに言われたことを聞いてそれを実行するだけの方が


考えなくてよい = エネルギーを使わなくてよい 
 

からです。

でも、自分の人生の方向は自分で決めるものであり、
どんなに偉い人や素晴らしい人からの言葉であっても、
「誰かの言う通りにすれば良い」ものではありません。

自分以外の誰かが決めて良いものではないのです。
(たとえ親であっても、です)


「スピリチュアルアドバイス」を提供している人ならば

『神さまや天使、ガイドスピリットがそうに言っているんだ』

と言うかもしれません。
(そういう場合が多いでしょう)


でも、

それを鵜呑みにする前に、まずは冷静になりましょう。



そもそもそれは本当かどうかわからないわけです。
あなたには見えないのですから。

言っている方も、

本当に見えたり聞こえているかどうかは定かではありません。
もし本当に見えたり聞こえたりしていたとしても、
その存在は残念ながら、『神さまや天使のフリ』をしているだけのものかもしれません。
(実際にそういう場合もありますので)



さらに。

たとえば『神さま』がいたとして。。。
本当の神さまやガイドは命令なんかしません。

こうしなければあなたは救われない、
なんて言いません。

神さまの視点から見たら私たちの選択なんて、
どちらでもいいことばかりだからです。

究極を言えば、
「私たちが何をしようが、なんでもいい」
のが神さまです。

そもそも、
『神さま』がそんなに狭い了見であるはずがないではありませんか。

少なくとも私は、
指図をしたり、言うことを聞かないなら罰するだの、
アセンションできないだのと脅す「神様」は必要ないと思います。

神さまから見たら、
私たちが失敗していることなんて、
大したことではなく、
それは皆「経験」です。

『うまく行かないことで学んでいる』

という点で見たら、

私たちは『常にうまく行っている』のです。




(うまくいっていない、と思わなくていいのにニャ)




いつの時代にも、どのレベル(人間であれ、天使であれ)でも、
信用できる存在とそうでない存在がいます。


恐怖を与えるようなことを言って、
「こういう風にしないとあなたの魂は救われない」
とか、
「このままではあなたはアセンションできない」
と言ったり、

魂の成長や前進のためには
あれを買う必要がある、
これを使う必要がある、
と『指定』する



あなたは選ばれた人だから、
周りの人は理解できない、
あなたが波動を上げたから周りはついて来られない、
だから理解されなくても仕方がない、
と言う。。。



そんなことを目の前にしたら、


「あれ?おかしいぞ??」
 

と冷静になりましょう。


もちろん、良い意味で人生が切り替わる時にも、
自分の周りが大きく変化することもありますし、
それを周りにはなかなかわかってもらえなかったり、
変な心配をされてしまうこともあるかもしれません。

一概にはいえませんが、

だからこそ、
あまりにも強引に引っ張られる感じがあるなら

冷静に考えてみる必要がある

ということなのです。


アドバイスは、
人間でも神さまでも天使でも関係なく、
誰からのメッセージであっても

「有効かどうか」は同じです。

有用なアドバイスは人間でもしてくれる人はいますし、
天使やガイドからだと言われても、無用なアドバイスもあります。

そもそも、

なぜ同じことを人間から言われた時には受け入れないで、
見えない存在からのメッセージだとまことしやかに信じてしまうのでしょうか…?


おかしな話ですよね。
見えない存在を「過大評価」しないようにしましょう。


同じことを人間の友人や知り合いから言われてもその通りだと思いますか?

これが大事なポイントです。

そしてもし本物のスピリチュアルヒーラーだったら、
ことさらに見えない存在が見える、聞こえる、

というような「アピール」はあまりしないはずです。
本当の実力がある人は、謙虚で静かであり、強制などしません。


もし「アピール」してくるのであれば、

「要注意」ということです。


(その道、ほんとに大丈夫?)





では、何故そういう罠に引っかかってしまうのでしょうか。

それは、精神面が弱く、
建設的批判力が足らないから
です。

建設的批判力が足らないと、
物事を冷静に考えることができず、理論的に考えることができません。

そして感情面も弱いため、押しの強い人、すごそうな人に

「認めてもらいたい」

という感情に負けてしまいます。

「自分は頭が良い」と思っているような人は特に、
「だから私は騙されたりしないし、大丈夫だ」

というエゴもプラスされて、罠を見抜けなくなる、ということもあります。

「私が心を惹かれるのだから本物のはずだ」と思ってしまうのです。



最終的には、

それを選択し、そちらに進んだ自分が

「ハッピーなのかどうか」

を考えることが大事です。

ハッピーなら、
理由なく、理屈なくハッピーであり、
難しいことはさておき元気で明るいのです。


「なんだか最近元気そうだね」

そうに言われるくらいなら、大丈夫ですよね。


もちろん、不幸探しをし続けているならそうにはなりませんが、
ヒーラーのアドバイスを聞いて何かを変えたり新しい行動を取ったとして、 そちらに進んでいることが自分にとって本当に良い方向なら、

これをしないと幸せになれない
(これをやれば幸せになれるはずだ)


とか

私の人生はこの道で正しいはずだから大丈夫だ
(だから苦しくてもこの道でなければならない)



とか、

そういう理屈は抜きです。


ではどうすればよいのか、
ということの答えを言うならば、

『無条件に、

ただの自分の存在をOKと思えるようになる』

ということだけ。


それが本当の自己肯定であり、
自分の人生にOKを出す、ということです。

スピリチュアルなヒーリングの道に進み、
魂の試練とか魂の約束なんてものを果たさなければならない、
なんていうことはありません。

結局それは、
『何かをしないと(成し遂げないと)自分をOKにできない』
というところから抜け出せていない
のです。

何もしていなくても
何者でもない私でも

自分をOKだと認められること。

本来の自分にOKを出せていれば、
人生の選択を誰かにゆだねることもなくなりますし、
何をしていても「私の人生はダメだ」とはならなくなります。

もちろん、
「それがうまくできないからスピリチュアルなアドバイスを求めているのに」と思うかもしれません。
でも、今日書いたような罠に引っかかってしまっては、思っていた結果はいつまでたっても得られません。

誰かに認めてもらうためにやろうとしていないか?

よく考えましょう。


そもそも、「何者か」にならなければ人生は落第、
なんていうことはありません。

なぜそんなに「何者かになりたい」のか?
それを考えましょう。

それがあれば自分をOKにできる、というのは、
条件つきの自己肯定であり、

それは自己肯定ができているとは言いません。

本来の自分のことを大事にできていない、

ということを解決していく必要があるのです。



もう一点。

『あなたがやらないと、

家族もご先祖も救われない』


これも要注意です。

こういう話題も一つの「罠」です。


そんなことは全くありません。


あなたはあなたなりに一生懸命やってきたし、今もやっている。
それで充分良いのであり、それ以上やりようがありませんよね。


ご先祖様がどうのとか言われる筋合いはないのです。

家族もご先祖も、

誰もが自分の問題は自分でやるしかなく、

解決の道は他にありません。


自分以外の誰かが代わりにやってあげることなどできないのです。


もちろん、

何かしら自分が取り組むことが、

結果として家族みんなの助けになったり、

良い影響を及ぼすことはあります。


でも、あなたは自分のためにやるのです。

一番の理由が『家族のため』になるのは違います。


そして十分頑張って、それでも補えないなら、

それは仕方がないことですし、

自分以外の人の人生に責任を負うことはできません。


つまりご先祖様たちにはそれぞれ新たに生まれ変わって自分の問題をやっていただくしかありません。
魂は人間としてこの世界に来ている間にしか、成長できませんし、
自分の問題は自分でやるしかないのですから。


だからみんな、何度も生まれ変わっては、

学んでいるのです。




(自分のことは自分でやろうぜぃ

何度でも生まれ変わっていいんだし♪)

 




辛いことも悩みもうまくいかないこともひっくるめて、
そのまま受け入れていける自分を目指しましょう。


「その方向」をしっかりと見つめていれば、
やみくもに「見えない存在」に頼らずとも、
それはできるようになるのです。


こちらの記事も参考にどうぞ✨
https://ameblo.jp/angeltouch-healing/entry-12448507786.html 

『大事なのは「どこから来たか」ではなく…』 スピリチュアルなセッションを受けた時、セラピストやヒーラーから言われたアドバイスについて 「?」 と思ったことはありませんか?  最もそうなアドバイスかもし…リンクヒーリングルーム Angel touch 

 



(行先は自分で決めるのが、楽しいよ!)