(画像は三立新聞より)

 

今天我被三立新聞訪問有相關福原愛生小孩.

#台湾 #福原愛 #出産 #坐月子 #三立新聞

 

今日はいつものように日本語の授業の

はずだったのですが、その前に台湾のお友達から

電話。いつもはラインなどでやりとりしているので

電話がかかってきて何か緊急な用事なのかなあと

思ってました。

 

そしたら台湾の習慣のことを聞かれてそれから

あれよあれよという間にテレビのニュース番組の

インタビューの運びとなっておりました。

 

 

(画像は三立新聞より)

 

 

ん、人生ってこんな風に急な展開もあるのね、

とのんびりな私はびっくりしておりました。

 

そして、夜のニュース。

なんとインタビューで台湾の三立の

テレビニュースに出演しました!

 

 

(画像は三立新聞より)

 

よろしかったら、ご覧ください。

なんかあまりにいきなりでなんの準備もなくて

そのまんま出演しておりますσ(^_^;)

これでいいのか?

普段着の私といえば聞こえはいいですが、

すっぴんで失礼します(*^o^*)

 

福原愛さんが出産していたのはニュースで

知っていましたが、わたしは大学内にいてそのすぐ

隣の病院だったということでまたびっくり。

ご出産おめでとうございますビックリマーク

 

福原愛さんが出産して、台湾の坐月子についての

ニュースで私がインタビューを受けています。

おめでたいニュースでインタビューを受けれて

光栄ですニコニコ

 

 

 

"好羨慕台灣產婦" 日本人不坐月子 台灣飲食講究.限制多|【LIVE大現場】20171013|三立新聞台

 

 

ママになりました(福原愛さんブログ)

 

 

台湾観光、台湾旅行には

台湾滞在記わたしが海外旅行でよく使うサイトはこちらです。

台北のホテル

高雄のホテル

 

ブログ一覧記事

台湾 天気・気候

台湾 ブログ

台湾 グルメ・食材・レシピ

台湾 観光・旅行・ホテルなど

台湾 ショッピング

台湾 美容・コスメ・ダイエット

 

 
読者登録してね
 

ホームページ 台湾手帳 (台湾観光、台湾グルメ中心に更新しています。)
facebook 台湾手帳(旧名称:Feel Taiwan 感じる台湾 台湾情報サイト)
You Tube Travel 台湾旅行 Feel Taiwan 感じる台湾
twitter twitter (台湾日常のつぶやき)
台湾公認インスタグラマーInstagram
Pinterest angelak51
 
 
今日もご訪問ありがとうございます。    
ハッピーな一日を!(o^-')b     
台湾ブログランキングに参加しています。    
クリックの応援していただけるととても励みになります。    
みなさま、ありがとうございます。    
我參加比賽blog-ranking    
請幫我按下面的banner投票謝謝你支持我的blog    
謝謝你!    
 にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村    
ブログランキングならblogram
 台湾の写真などはこちらから
                   

 
AD
ちょっと前のことですが、主人が同じ大学の
別の学部の先生と久しぶりに会ったと言っていました。

普段はみなさん忙しいし、同じ大学と言っても、
学部が違えば、会う機会が少ない方もいらっしゃいます。

久しぶりに会って話をしたら、奥様が出産された
そうで、もうすぐ退院すると言っていました。
でも、退院といっても、坐月子中心からの退院です。

台湾では出産した女性は出産後一ヶ月、産後の休養を
します、それを「坐月子」と言いますが、これはもう
伝統になっています。

もちろん、出産した後、何日かで退院して自宅で
「坐月子」をする人もいますが、最近では病院が
「坐月子中心」というセンターを、一般病棟とは
別に設けていて、そこで「坐月子」をする人も多い
ようです。
そこでずっと寝泊りして、一ヶ月過ごすのです。
食事もついていて、だいたい「坐月子中心」の食事は
以前他の病院へお見舞いへ行った場合にもそうでしたが、
一日5食が一般的のようです。

食事は体の栄養補給を考えた薬膳料理などが中心の
場合が多いようです。栄養たっぷりなので、これを
5食となると、太ってしかたないのではとちょっと
心配になります。

部屋はホテルのようになっていて、赤ちゃんのお世話も
してくれて、至れり尽くせりといった感じでしょうか。
こういうところは家族に負担がないのがいいですが、
やはりそれなりに出費はそこそこします。
ここは、この奥様の場合一日5000元ほどしたそうです。
それを一ヶ月なので結構なお値段ですね。

内訳は基本の3000元に、赤ちゃんの料金(お世話とかで
しょうか?)、他諸々で合計5000元なんだそうです。
基本の3000元はちょうどホテルなんかの宿泊料と
考えると、やはりこれくらいするのでしょうねえ。

こちらの「坐月子中心」のサイトを見ると七つ星ホテル式と
書いてありました。またある「坐月子中心」のサイトでは
最高級坐月子中心と書いていありました。
こういうサービス市場も競争があって、いろんな付加価値を
つけて、集客しているようです。

どこの「坐月子中心」がどうなのか、どこがいいのかわたしは
わかりませんが、「坐月子」をされる方、こういうところも
あるんだという参考にしてください。


四季台安醫院

柏仁醫院 POJEN HOSPITAL


読者登録してね ペタしてね


今日もご訪問ありがとうございます。
すこやかな一日を!(o^-')b
クリックの応援よろしくお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ




世界各国のブログはこちらから


台湾滞在記

内祝い


台湾滞在記




主人の後輩に子どもさんが生まれたので、主人と

大学内の人が一緒に出産祝いをしました。


先日内祝いでお返しをいただきました。

ちょうど生まれてから一ヶ月。


台湾では満月=マンユエと言って、その時に内祝いを

します。


コーヒー味のスポンジケーキにクリームとくるみが

のったもの。シンプルで、美味しくいただきました。


男の子なんかだと、油飯=ヨウファンに煮卵とかの

組み合わせ。女の子はこういったシンプルなスポンジ

ケーキが多いようです。もちろん、油飯もケーキも

両方というご家庭もありますから、一概にはいえません。


以前、ご近所の友達が出産した時に話を聞いたのですが、

こういった内祝いは自分から探しに行かなくともいいのよ

と言っていました。

どこかからか出産を知った業者が(どちらの商売人さんも

いろいろと方法があるようです)サンプルを持って

来るので、というのが真相だそうです。


こういった内祝いの会社、生まれてきたお子さんを

めぐって、各社争奪戦と行ったところですね。




台湾滞在記



ケーキの箱を見ると、ケーキ屋さんの名前が

アンジェラ。私の名前と一緒です。偶然です。



このケーキの箱の上の白いところに名前と書きましたが、

この名刺大のカードに、日本で言うのしのような感じで

ご両親の名前と生まれてきたお子さんの名前が書いて

ありました。


また、新たな命の誕生。

後輩のおうちもにぎやかになります。




今日もご訪問ありがとうございます。

嬉しい一日でありますように。





ブログランキングに参加中です。

クリックの応援よろしくお願いします船



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ





ケーキ



先日、主人の友達に日本で言う内祝いをいただきました。


出産されたのでお祝いを持っていきましたが、

そのお返しです。満一ヶ月経つと、台湾では内祝いをする

習慣があります。


いただいた箱の中にはカステラと油飯(おこわの

ようなもの)=ヨウファンが入っていました。


台湾では通常、出産後満一ヶ月になると、

女の子だとケーキ、男の子だと油飯をお返しに

するそうです。


油飯が入っている場合は煮卵なども入っています。


油飯は日本で言えば赤飯みたいなものですね。

この内祝いの習慣も日本と近いですね。




参加中です。
みなさまのONE CLICK、よろしくお願いします。

うさぎ人気blogランキング


にほんブログ村 海外生活ブログへ





さて、台湾では出産した女性は
坐月子(ツウォユエズ)
一ヶ月お休みです。

これはお母さんの体を休めて、回復させるまたは
体質改善という意味があるようです。

この坐月子(ツウォユエズ)というのは
古くからある伝統的なもので、会社勤めの人でも
必ず一ヶ月の休みを取ることが出来るのです。

(一ヶ月の休みは有給扱いだそうです。大盤振る舞い
ですね。うらやましい。)

この坐月子(ツウォユエズ)には
いろんな決まり事があって、こちらの人は
これを結構慣習として守っているようです。

まずひとつは、風にあたってはいけない。
そして、水を飲んではいけない。または、
水に触れてはいけない。なので、お風呂や
シャワーもいけません。なので、タオルなどで
体を拭くそうです。


また、食べ物は鶏を米酒とゴマ油で煮たスープと
決まっているらしく、滋養をつける意味があるそうです。

でも、これ毎日らしいので、嫌いな人はどうなるんだろうと
思ってしまいます。また、結構栄養たっぷりで、こってり
なので、太ってしまうのでは?と思うのですが…。

とにかく授乳やトイレや食事以外はじっと
しているようです。
その間は実母やお姑さんや親類の人が赤ちゃんの世話を
してくれるそうです。


休みたくても休めない、家事をしたくなくても
しないといけない、体調も思わしくない、なんて
日本のお母さんが聞いたら、うらやましいような
話しです。

もともと台湾では大家族が多く、
家にはおとうさん、おかあさん、兄弟、姉妹、
その奥さんや夫など、大勢一緒に住んで、
それが普通ですから、子供の世話や家事を
分担しやすい環境と言えます。
料理はお母さんが作っているというところは
多いようです。娘や嫁はそれを食べてると
いう感じでしょうか。
まあ、各家庭の事情などあるでしょうから、
一概に全部そうだとは言い切れませんが、
比較的出産後も子育てはしやすいのでは
と思います。

さて、この坐月子ですが、
義理の妹が入院中、看護婦さんに薬を飲むように
言われ、看護婦さんに聞いた一言が
「水飲んでいいですか?」でした。
義理の妹は坐月子のことを気にして
聞いたのですが、それはいとも簡単に
「もちろん飲んで下さい。西洋医学では
そのようなことは言いませんので。」
「欧米なんかでは出産して次の日には
自分で車を運転して帰ったりしますから…」
と言われました。もちろん彼女は水で薬を
飲みました。

私はこの坐月子に逆らうつもりはありませんが、
それだけに縛られてしまうのはよくないのでは
と思います。もちろん、古くから言われている
事にはそれなりの理由がありますから、
守ってしかるべきだと思いますが、ある程度は
柔軟性を持っていてほしいな、と思います。


しかし、そういう私も万が一自分の出産の時には
柔軟性を持って取り組めるかどうか、定かでは
ありません。

というのも、こちらの人はこういうことに
関して結構頑固ですから…。
さて、どうなることやら…(^_^;)?
激しいバトルとなるのか?はたまた、やんわりニコニコ
笑いながら少しずつ崩して行くのか?
そこのところは、もし実体験があったら、
その時に。

http://www.e384.com/imadoki/01china/china_19.html
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Cosmos/3360/tsukiko.htm
生まれる前から喧々諤々あーでもないこーでもないと
やっているのが、赤ちゃんの名前。

両親やおじいちゃん、おばあちゃんが
一番最初に赤ちゃんにあげるもの、また思いを託すもの
-それが名前である。


なので、今日はちょっと名前に関する話を…。

主人の弟が暦に載っている姓名判断のいい画数を
見ながらいろいろとメモしていたが、
出産時にはまだ決まっていなかった。
台湾でのいい画数は、ちらっと見たら
日本のそれとほとんど同じだったように思う。

私もまだこちらでの名前は、どういうのが
男の子で、どういうのが女の子かわからないが、
玉や芳いう文字がつくのが女の子というのと、
恰や君という文字が女の子特有だということを
前に教えてもらったきりだ。

この赤ちゃんが生まれた日がちょうど國父記念日だったので、
冗談で「x 國父」って言ったら、みんなの爆笑をかって
しまった。(xのところは苗字。)

日本では姪っ子と親友の子供に、名づけでは
ないが、画数を見てあげた。趣味が高じて
姓名判断の本を読んだりしているうちに
自分以外のほかの人のを見たりするようになった。
みんな元気に育っている。嬉しいものだ!
占いに惑わされてはいけないが、
子供には、少しでもいいものを、と願うのが
世の両親の常だ。

ちなみに
台湾では、姓が一文字というのが圧倒的である。
たまに二文字の人もいるが、例えば欧陽さんなどが
そうである。姓一文字に名前が二文字というのが
通例だ。姓では、陳さん、林さん、李さんなどなど。
名前は、日本のようにお母さんから一文字とったりと
いった名づけの仕方はしないよう。
また、人と同じになるのを嫌うので、必然的に
各人それぞれの名前になる傾向がある。
なので、いろんな名前がある。まして日本では見ない
漢字が多いので、ちんぷんかんぷん?これ名前って
いうのもよくある。例えば、主人の指導教授だった
人は名前が福田だった。日本だと苗字なのだが…。
ところ変われば様々。


私の名前などは台湾では男のような名前で、結婚式の時には
主人の親戚が勘違いして、私の弟の名前を主人の
名前と一緒に書いて送りものの中に入れていた。???
おかしいやら、恥ずかしいやら…。

台湾の名前で、なにかぱっと目でみてわかるものがあると
いいのだが、今のところは資料がないので、また今度。

とにかく、今生まれてきた赤ちゃんやこれから
生まれるであろう赤ちゃんが、平安無事に育つ
世の中であることを祈ってやまない…。



これから赤ちゃんの名前を考えたいという人には
無料のサイトがあったので、リンクで見てみて下さい。
http://www.urban.ne.jp/home/ho5135/
生命の誕生!

昨日、赤ちゃんが生まれた。
生まれたての赤ちゃんを見るのは、人生で初めて。
ドキドキ、わくわく、なんだか興奮気味…。

顔をのぞくと、まあ~なんとしっかりした顔立ちか!
生まれて7時間あまりというのに、もう大人のような
顔つき。

皆の期待と不安を一身に背負った赤ちゃんは、
そんなことは露知らず、母体からやっとのことで
外界に出てきた安心からか、安らかにスヤスヤ
眠っている。

いえ、といっても私の子供ではない。
主人の弟の奥さんが昨日昼出産した。
夜、お見舞いに行くと、義理の妹はベッドに坐っていた。

彼女の白目は赤く充血して、顔はむくれている。
かなり、いきんだんだろうなということが想像出来る。
普段は弱音を吐かない彼女も、この時ばかりは想像を
超えるものがあったよう。今日彼女が出会った、
想像を絶する出来事を語ってくれた。

「うちのお姉ちゃん(彼女には二人姉がいます)、
ちょっと痛いだけって言ってたけど、とんでもなく痛かった!」

彼女よりはるか?年上の妊娠・出産経験のない私は、
聞いてるだけでちょっとビビッている。
鶏のように卵で産めればいいのに、なんて思ってしまった。

坐った姿勢を変えるのにも、かなり大変なようだ。
本当に痛々しい。

よくぞ頑張った義理の妹よ!
これからは、ゆっくり静養しなさいね。
台湾伝統坐月子(ツウォユエズ)で…

そう思っているうちに
とっかえひっかえいろんな人が病室?に
やって来た。

おじさん夫婦もやって来た。
みんな赤ちゃんの顔をのぞいている。

普段はめったに笑顔を見せないクールな舅に
「おめでとうございます。」と言うと
思わず頬を緩めて、微笑んだ。
この可能性を秘めた小さな命は
それほどに人を変える力を持っているのである。


つづきはPart 2で…