My favorite things..~Joli Ange Ballet Studio~

My favorite things..~Joli Ange Ballet Studio~

日々のこと。。徒然に。

この投稿をInstagramで見る

・ YOUTH AMERICA GRAND PRIX 2021 日本予選 ・ 2020.10.22〜10.25 於:兵庫県尼崎市  あましんアルカイックホール ・ ・ 今年はangeからは1名のみ出場でした。 ・ コロナ禍での開催でしたので今年は審査とスカラシップクラスのみ(WS無し)、表彰式含めjudgeの先生方もオンラインでの審査と今までとは大きく変わる中での開催となりましたが、この状況下に於きまして無事に、また円滑かつ安全にコンクールを開催いただきましたこと 主催の方々、スタッフの方々のご尽力を想いますと、心から感謝の気持ちでいっぱいです。 本当にありがとうございました。 ・ ・ 去年初めて、右も左も全くわからないなりに憧れの気持ちでYAGPに出場したのどかでしたが 今年はさすがにprecompetitiveの中でも最上級学年ともあり ある程度の覚悟の上での出場でした。 ・ 昨年よりオーディションにより選抜いただいた日本ジュニアバレヱやAMステューデンツなどの経験から 本人なりにスタジオの外の世界も知るようになり求められるものもそれなりになってきて 今までのように狭い世界の中でただただ楽しいだけでバレエを続けるわけにもいかなくなってきた事に ようやく気が付けたのが発表会前の7月下旬。 そこから暗黒の闇のような、のどかにとって初めての深いスランプに陥りました。 ・ スランプから抜け出させるためには私自身も本人の気付きと行動を見護るしかなく、手も出せず 発表会後に受けたコンクールも のどからしくない踊りで見事にボロボロ、同時に大粒の涙もボロボロこぼしました。 ・ そこからユースに向かうまでにもなかなか抜け出せない紆余曲折があった中、いくつかの約束事を守ることを条件に迎えた本番、なんとか、見事にスランプを自らの力で乗り越え 今までの本番の中でも1番良い踊りを魅せてくれたのが何よりの収穫でした。 ・ のどかは私の言う言葉の意味まで ひとつひとつを真摯によく受け止めてくれます。 それを活かし切るまでに時間を必要とする分、廻り道をした分だけ糧となるものに出逢えるチャンスだと私は思うので 廻り道を無駄とは思わずに成長し続けて欲しいと願っています。 ・ そして今年は前日尼崎入り→翌日本番→本番後、子役リハーサルに直行のため飛行機にて帰京→翌日スカラシップクラスのため再度尼崎入り....という錚々有り得ないスケジュールで頑張りました。 この激動をのんちゃんの1番近くで寄り添っていただけたママにも感謝ですね。 ・ ユースの期間は毎年私にとっても多くの学びとこれからの課題を与えてくださいます。 その課題ひとつひとつを受け止め、私自身もステップアップできますように また、来年生徒たちをこの場所に連れて来ることができるようにここから改めて精進を重ねてまいりたいと思います。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 #joliangeballet #joliangeballetstudio #ジョリアンジュバレエ #ジョリアンジュバレエスタジオ #anstugram #anstanews #angemignon #港区バレエ #元麻布バレエ #麻布十番バレエ #白金バレエ #麻布バレエ #六本木バレエ

joliangeballet(@joliangeballetstudio)がシェアした投稿 -

この投稿をInstagramで見る

♡ 【心からの感謝をこめて。】 去る8月21日、おかげさまでJoli Ange Ballet Studio第6回発表会が無事に終演いたしました。 舞台が終わって2週間、、日常には戻りましたがこの状況なので、舞台が終わり抜け殻状態で呆然としながらも内心ドキドキで過ごしておりました。 この舞台に関わってくださいました皆さまへのお礼も行き届かず失礼を致しまして本当に申し訳ございませんでした。 ・ 本番から2週間、、、なんとか。 今のところ何事もなく。。 本当に奇跡としか言いようがないです。 ・ 大好きなange生たち。 そして今でも何かあると駆けつけてくれて助けてくれるange OBたち。 頼りになる心強いangeペアレンツの皆さま。 第一回より変わらずangeの舞台をつくってくださるスタッフの先生方。 この状況下にも関わらずお手伝いにいらしてくださいましたバレエ団の皆さま。 舞台に華を添えてくださいましたゲストダンサーの皆さま。。 私ひとりの力では為し得ることは出来ませんでした。 たくさんの皆さまの力とお導きあってのことと心から感謝の気持ちでいっぱいです。 ・ 本来であれば5月5日に本番を迎える予定だった発表会が緊急事態宣言によるホール閉鎖で、本番を残すところ1か月で延期を決め、その後も日程や会場が変更に次ぐ変更となり ようやく迎えられた発表会 こんな想いで迎える発表会は後にも先にも、もう今回だけでいいというのが本音ですが 幕開きのエネルギーと輝きに満ちた生徒たちの笑顔は、きっと一生忘れることができません。 ・ まだまだ先の見えない状況の中、この数ヶ月で様々な想いを経験し、ひとまわりもふたまわりも逞しく成長してくれた生徒たちの存在が誇りであり、私たちの希望でした。 ・ 胸がいっぱいになりすぎて言葉が先に続きませんが これからも頑張ります。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。 ・ 動画はOB生が舞台袖で撮っていてくれたものです。 私も知らなかった生徒たちのリアルな姿が映っていて胸がいっぱいになりました。ありがとう。 ・ バラの花束は移転の際にお世話になった恩人の方のご家族よりいただいたお花束。#africarose というカラフルなバラ✨✨一歩でも前進できるように頑張ります。 ・ 最後のバルーンはペアレンツの皆さまからお贈りいただきました。 よく見るとスタジオのロゴや、今回のパンフレット表紙のコッペリアのイラストが描かれてあって、この写真は前日に撮ったものなので人影もなく少し淋しいですが💦 当日は会場を華やかに彩ってくれました✨✨ @rollysballoonfactory ありがとうございました✨✨ ___________________________________ @joliangeballetstudio #joliangeballet #joliangeballetstudio #ジョリアンジュバレエ#ジョリアンジュバレエスタジオ

nakashima misato(@angeballet)がシェアした投稿 -