カリフォルニアで統合医療専門医をしているAnTiyaです。

今日は職場が地元のリゾートホテルのボールルームを貸し切って女性のウェルネスデーのイベント。私は朝ヨガ・サウンドバスの担当で、早朝からホテルに到着、気持ち良い1日のスタートを切りました。私はこのようなイベントで写真を撮らない事が多いのですが、みんな帰って片付ける前にパチリ


全米の統合医療リーダーになりつつある私たちのクリニックが主催するこのイベント、スピーカー達がそれぞれの分野の第一人者で、毎年ソールドアウトになっています。ここ数年、この600人くらいしか入れないホテルの場所では、チケットを買えない方々が多くおられ、来年からは1000人キャパのベニューに移動する予定なのだそう。

そんな素晴らしいウェルネスデーのイベントで、宝物のような気づきや言葉をたくさん受け取ってきました。今年のテーマは「トランズフォーメーション」です。

アルバート・シュバイツアが「未来のドクターは患者自身だ」という言葉を言われていたそうなのですが、本当にそんな時代になっています。自分で自分自身の健康をトラックするウェアラブルを使って色々な研究をしておられる先生の発表では、神経変性疾患の奥さんをケアしている男性が、毎日7日もやるのは大変だからと水曜日だけお休みにしておられて、その彼の健康データー解析を統計学者にそのことは知らせずに解析してもらったら「面白いデータが出ています。なぜか水曜日にすごく調子が良いんです。心拍数も睡眠も。彼が水曜日にやってる事がとっても彼に合ってるようです」と言われたのだとか。コロナの症状が出る3日前からなるよ!とウェアラブルのデータの変化が出てることや、排卵を時間単位で予測もできるし、着床したら、その妊娠が継続していく妊娠かどうかもウェアラブルのデータの変化にバッチリ出るのだそう。

医学部の学生の研究では、夏休みの時は調子がすごく良いのにファイナルの時にはストレス初見がバリバリに出てて、その学生くんがアイスバス(氷水のタブ)に浸かっている時のウエアラブルの変化をライブで計測してたものもとっても興味深かったです。

キーノートスピーカーは、ティエラノア・ロードッグ先生です。彼女は医師、ハーバリスト、メッドワイフ(産婆さん)、マッサージセラピスト、テコンドー3段、ネイティブアメリカンの長老的存在、で、ビルクリントン時代にホワイトハウス直結でアメリカの統合医療のシステムを整備し、これまでに3つの医学部の統合医療フェローシップ立ち上げをやってこられたすごい先生!

私は今、この先生の元で、大学が提供する統合医療のフェローシッププログラムの老人医学と呼吸器の2分野のコースディレクターを担当させていただいています。彼女と一緒に仕事できるなんて夢のようです。

彼女のスピーチはいつもスタンディングオベーションなのですが、今回も私のクリニックのデパートメントヘッドや他の参加者、号泣してしまいました。「ホピ族の有名な言葉に、女性が集う時、世界が癒される、という言葉があります」から始まり、アインシュタインの名言「インチュイティブなマインドこそ天からの神聖な贈り物、理論的なマインドはその召使のようなもの、私たちの社会はその召使を重んじ、天からの贈り物をすっかり忘れてしまってる」なども紹介されて、インチュイティブマインドはいつも私たちに寄り添って色々話しかけてきてくれているのに、私たちは子供の頃から、そのインチュイティブマインドを聞かないようにするように教えられてしまってる。私たちはみんなどうやったら健康になれるか知ってるのに、なぜそれができないの?なぜもっと健康になるためにわかっていることをできないの?

彼女の糖尿の患者さんに、機能性医学のスペシャルな遺伝検査、機能性栄養検査、色々な検査結果をもとにカウンセリングしていた時に「あなたは確か二人息子さんがおられましたよね。でもいつも一人の息子さんのお話だけ出てくるのはなぜ?」ふとしたことからそんな質問が出てきて、お話ししたら、しばらく沈黙した後「酔っ払い運転の車のせいで事故死しました」と答えられたのだそう。その後、その患者さんの本心に迫っていく部分でみんな涙。「I am Angry ! 健康で幸せだった息子はあの酔っ払いのせいでもうここにはいないの」そんな怒りと悲しみを抱えたまま食事はこうしなさい運動はこうしなさい、などのアドバイスは全く無効であることを知っておられるロードッグ先生は「あなたは、私に今、どんなことをして欲しいの、私に何者としてあなたをヘルプして欲しいの』そう問いかけます。彼女に必要なのはセレモニー。診察が終わった後で日を改めて、彼女が息子さんの事故死の怒りと悲しみから昇華できるようにセレモニーを行ったのだそう。

セレモニーは「神からのギフトであるインチュイティブマインド」に自分自身の深い部分にある優しい、違うレベルでの「知っている」と再び繋がるためのドアウェイなのだそう。だから、一人一人自分のリチュアル・セレモニーを自分に合った方法でやって、本当の癒しにむかうために、静けさの中で、深い人生の意味を感じ取りながら、自分をより強く、健康にしてくれるチョイスをできるように、自分を統合していくのよ。「人生はこんなにも美しく、複雑で、マジカルで、困難で、簡単で、そんな人生の中で、あなたにしかできない一番あなたにとって宝物のように大切なことをしっかりと感じ取るのよ。あなたがやらなくてはならないことをやりなさい。正直でいなさい。あなたは永遠にこの命が続くと思っているの?癒しは内面からの変革。ある種のトランズセンデンスのようなものです。

彼女はなんとステージ四の卵巣がんからも生還されておられて、ケモや放射線などの治療を受けながら「私はインチュイティブに感じたの。私はこの大地(彼女が住んでいるオフグリッドのナショナルパークの中にあるランチ)が私を癒してくれることを。だから、私は大地に横たわり、地球にお母さんのように包まれて大泣きして、本来の自分ではない部分を手放していったの。私のランチには13匹もクマが住んでいるの。この土地は優しく古代のソウルが住んでいるからクマ達も安心して暮らせるみたいなの」

そこから動物達のお話しになり「例えばワンちゃんのような動物達とソウルメイトのように結ばれている方々いますか?ワンちゃん達はすごいのよ。看取った後も、亡くなった後も、ハートの中に永遠の愛を残していってくれるのよ」でジーンときました。

その後は、数十年前まで選挙権さえなかったアメリカの女性達、そんな女性の強さについてのお話にもなりました。分娩の時にお母さん達はすごい呼吸をして、命をこの世に生み出してくれたのよ。自分の身体の中に新しい命を宿すことができるっていうことの果てしない強さと力、みんなその力を分けてもらってこの世に出てこられたのよ。

だからホビ族は「女性がそのすごいパワーで集まれば、世の中を癒すことができる」そうなっているのだと感じました。

彼女のランチである夏至のセレモニー行きたいけど、患者さんがもう入ってるから今年は無理!いつか彼女おセレモニーにも参加したいです。彼女のブレンドしたハーブティーが美味しすぎました。



私たちのクリニックのエグゼクティブシェフと、ロードッグ先生のもとでハーバリストになったPAの同僚の先生はティーセレモニー・オリジナルブレンド作りのセッションもやってて、私も色々作ってきました。

シャタバリという根っこのお茶は、別名「1000人の男性」と呼ばれており、女性の性欲増強、母乳などをサポートしてくれることが知られています。ボード試験の時に勉強したきりで本物をまだ見たことなかったのですが、そのティーセレモニーのところにあったので、家に持って帰ってみました。中年のクリニックのスタッフは「私のヴァジャイナはモハビ砂漠のようにカラカラ」などジョークを飛ばしながら、多くの女性がこのお茶をお土産に持って帰ってました。私も頑張りまちゅ。改めて、自分が今おかれているこの職場だからこそ出会えてる素敵な先生方、心にジーンと響く宝物のようなメッセージの数々を胸に、これからも精進してまいります。

あっところで、本当に面白いシンクロもありました。朝のスピーカー3人が、打ち合わせも何もなしに、皆スライドの中に身体を車に例えたスライドがあり、サッシーなスポーツカーからボロボロの車になる(老化のネガティブイメージ)や車のメインテナンスのスライド、など打ち合わせも何もないのに、一人の先生のネタが、次のプレセンターの中にも生かされ、同じネタが偶然あったのも、きっと天プロ(天からのプロダクション)私たちよりももっともっと大いなる神様のような存在がきっとこの統合医療の発展を応援してくれてる。そう感じずにはいられませんでした。










カリフォルニアで統合医療専門医、サウンドセラピスト、として仕事してるAn ~Tiyaです。最近、グルーヴ3というヒップホップダンスのインストラクターの資格も取得しました。私はなんでもやってしまうおばはんです。人生楽しまなくっちゃ!

カリフォルニアは今スーパーブルーム真っ最中。野山には色々なお花が咲いています。アンザ・ボレゴという砂漠にも可愛いお花が咲いているから、この週末見に行ってきました。

無計画に急に思いついたので、色々な用事を済ませたら出発が午後になってしまいました。現地に到着時にはステートパークは閉まってしまいます。なので急遽ジュリアンという中間地点の街に一泊することにしました。

5号線を南下しながら、ビーチの景色が良いポイントで潮風を浴び快調に運転しました。


1時間ちょっと運転したところで、でジュリアンという山の上にある田舎町のエリアに近い道中、あっという間に寒くなり道路には雪が積もっています。ヒョウも降ってきました。満月を湖畔で見ようと思っていたのに、雨とひょうで何も見えません。



嵐のようなひょうと風の屋外とは対照的に、ホテルの中には瞑想ルームもあり、心静かな時間を過ごせる雰囲気。クリスタルボウルを持ってきていたので満月の瞑想をしました。




翌朝6時ごろ目が覚め、外を見たら、なんとあんなに荒れていた雲も雪もひょうもいつの間にかクリアになって静かなレイクの側に沈みゆく美しい満月を見ることができました。



運転するのに履いてたビーチサンダルのままホテルにチェックインしてたので、外の駐車場に行った時に凍った地面で滑ってこけてしまいました。でもうまくこけたので無傷。ラッキーでした。駐車場には瞑想ガーデンがあり、ブッダやガネーシャ様がいたので、ここでも少し朝の瞑想をしました。


ホテルをチェックアウトして山を超えて砂漠へ向かいました。車の中では、スポティファイーのおまかせプレイリストから「君が眠りの中で笑顔になってる」というなんとまあ優しい曲が流れてきてヘアピンカーブの山道を走りながら聞き入ってしまいました。スラックギターの少しブルージーでファンキーな音色が旅人気分を盛り上げてくれます。途中で絶景ポイントがあったので車と停めて広い砂漠の景色をエンジョイしました。なんのスケジュールも決めてないから行き当たりばったり、気楽な旅です。


午後11時ごろアンザ・ボレゴのステートパークのビジターセンターに到着し、バーレルカクタスの黄色いお花、紅い花、白い花、あちらこちらに咲いているのを見ていたら、写真に撮れませんでしたが大きなウサギに出会いました。小型犬より大きな巨大ウサギ、すごい速さで飛び跳ねて行きました。何気なく空を見たらエンジェスフィッシュの形の雲がゆったりと泳いでました。休日に見る空はなんてゆったりしているんでしょう!気分最高です!




その後、お友達が教えてくれたグロリエッタキャニオンという場所に向かいました。Googleマップでトレイルヘッドというところまで行ってみたら、道なき道しかなく、ゴロゴロでガタガタすぎる岩道を走り、流石にこれは絶対変だと思い、教えてくれたお友達に電話し、彼女のガイドのおかげで無事辿り着きました。

誰もいない澄んだ空気のこの場所は特別でした。綺麗なピンク、赤、黄色のお花が咲いており、人の想念のようなエナジーが全くなく、すごく軽やかです。ハイエナジーのいわばパワスポです。この場所は Paulo Coelho というブラジルの作家のThe Valkyriesというノンフィクションの小説の中で、自己成長の旅の中で主人公がエンジェルとの会話を果たしたと言われているの場所なのだそうです。


そんな事など全く知らなかった私も少し不思議体験をしました。なんとなく携帯を見たら午後14時14分。ナビゲートしてくれたお友達に、無事着いたよと写真を撮ったら、なんと!灼熱の太陽ー直視しないから気づかなかったんだけど、写真のおかげでHaloが出ているのに気づきました。


おお!こんなに乾燥してさっきまで雲はまばらだったのに素敵!と持ってきたクリスタルとさざなみドラムで深い瞑想に入りました。するとみるみるうちに雲が移動して、なんと漢字が出てきました。不思議!巨・対・龍🐉と読めます。時間を見たら、なんと14:41分。きっと何か意味があるんだろうけどわかんないなあ、解りたいなあと思いながら岩がゴロゴロしたトレイルを登っていきました。人っこ一人おらず、聞こえるのは、お花からお花で忙しく働く蜂さん達の羽音と風の音だけです。先程のビジターセンターでも気づいたのですが、蜂の羽音はCとBの間、きっと432HzチューニングのCです。絶対音感があるので、あっこれさっきのビジターセンターの蜂の羽音と同じピッチだ!と気づきました。とっても心地よい音色です。



その後、ヘンダーソンキャニオンというところに行く途中、迷って偶然龍の場所も通りがかりました。この龍は去年友人に連れて行ってもらった時に行ったのを覚えていて、また行きたいなと思ってたから偶然たどり着けてラッキー!


ヘンダーソンでは主に黄色の綺麗なお花がいっぱい咲いていました。


翌日は仕事なので、午後5時ごろ現地を後にしました。海沿いの5号線でキャンプ・ペナルトンのあたりまできた時に、空が綺麗な夕焼け色になったので、車を止めてサンセットに感謝のお辞儀をしました。


その後、週末よ!まだ終わらないで〜というモードになり、ソルトクリークビーチでサンセットの後のうっすらとオレンジ色が残る空と砂を少し味わい、家に向かいました。途中で朧月が顔を出してくれ、砂漠、満月、海、雪、ひょう、湖、ハロ、漢字の雲、ガイアがこんなにも私たちを愛してくれ話しかけてくれてたんだと気づいて、感謝の心でいっぱいになり、深い眠りにつきました。ママガイアと一日中遊んだ日の眠りは本当に心地よく、素敵な夢を見ました。

あの巨・対・龍🐉という漢字の雲の意味が夢に出てきました。今私たちが巨大だと思っている大きなパワーは、それに対抗するそれよりさらに大きな龍が、虹色に光る太陽の光を放ち、呑み込マレます。そんなメッセージです。地球の環境もやばくなっていますが、そのようなことを作り出してしまった大きな勢力も、さらに大きな虹色の光の龍のパワーには敵わない。だから、大丈夫!私たちができることをやって地球の大ピンチを避けられるよ。そしてママガイアもそれをサポートしているよ。そんなメッセージの夢でした。

今朝起きて、スッキリした朝、なんて幸せでイベントフルな週末だったのだろう!としみじみ感動しました。記録しておきたいので、ブログに書きました。長くなりましたが、ライフ・チェンジングな旅になりました。

皆様もきっと週末の小旅行、経験おありですね。どのような経験をされましたか?

素晴らしい1日を!

















カリフォルニアで統合医療専門医をしているAnTiyaです。

もうすぐ退職です。さらなる人生の内面の高みを目指してメンタリングを受け始めました。
その中でなるほどと思ったことが幾つかあったのでブログに書いておきたいと思います。

「自分は今いるべき場所にいる」私は今の仕事に満足していますし、お友達もよくプライベートでもなかなか充実していますが、単身赴任なので夫とワンちゃんと一緒の時間をもっと確保したいなと思っています。なので、今いる場所は、私が最終的にいつづけたい居場所ではないのです。そして退職したらコスタリカのような大自然の場所に身を置いてパーマカルチャーをやりたいと覆っています。でも今ここにいるのはいるべくしているのだーと考えてみたら実は自分の内面をしっかりと見つめる時間をもらっているのでは?ということに気付けました。そして現職に就く時に「行かずにずっと家にいよう」という声もありました。でも何か大事な学びがあるからここにいるのだと思います。もっと何か学ぶ時なんだ!そう気づくだけで、毎日の仕事や出来事から何か学ポイントを見つけよう!という意欲が生まれます。

そのほかにも「人生をより高みに身ちびたければ、自分が持つ質問や疑問の質を上げる」という原則もありました。質問の質が高いほど人生は高みに近づくのだそう。
「大規模で起こっている環境破壊をタックルするのに、個人でただ農業してるとかビーガンやってるとかだけで良いのか」そんな質問が出てきました。
「もっと大きな事業をやりたいのに、全然貯金もしてないから資金をまず準備して何か始めたほうが良いのでは?」そんな質問も出てきました。
そうか!こうやってどんどん自分が世の中で気になっていることなどに自分がちゃんと解決になってるかどうか、その解決策は自分がこれならいける!っていう規模のものではないことに気付けて、それをなんとかしよう!そんな気持ちが芽生えました。

そしてさらに印象に残ったのは、何かチャレンジングなことが起こった時に
" Don't think happened to me, but think it happened for me" と思いなさいーということです。

これにはハッとしました!早速この言葉をお友達にシェアしました。

色々ジャーナリングしながら、メンタリングで学んだことを消化してシェアしていきたいです。そうすることで、自分自身の人生をより内面の高みに導きたいです。



カリフォルニアで統合医療専門医、サウンドセラピスト、ヒプノセラピスト、音楽家として活動しているAnTiyaです。

私たちの体内には幹細胞というどんな細胞も作り出せる細胞再生の仕組みがあり、健康な細胞を作り出せるはずなのですが、不調和バランスを記憶しているなんらかの仕組みが(エナジーのような仕組みだと思われている)あり、そのため、新たに作られる細胞が病んでる細胞になってしまうため、なかなか治らない慢性疾患などがある。そんなことが最近わかってきてるようです。

大自然の摂理は「自己の保存」であり、大自然に調和して、マインドバディースピリットが全てWhole「完全な」状態であると、その自然の摂理に従う行動を自然にできる正常な状態でいられるのだけど、なんらかの経験をして、自分には何かが欠けているから努力しないと認められない、愛されないなどという認識を幼少時からのいろいろな経験で持ってしまうと、それをセルフトリートメントしようとして短期的には楽しいけど長期的には心身の健康を失わせてしまう生活習慣の数々をやってしまう、つまり一種のアディクションを起こしてしまうのです。

生活習慣改善はモチベーションを上げて、小さなゴールを作り成功を重ね自信をつけながらいくのが通常のやり方ですが、本来なら「なんの努力をしなくても100%を受け入れてもらえ、愛されるべき」子供達が、テストの点が悪いと怒られたり、いじめられて帰ってきたら「この家にはいじめられっぱなしな弱虫はいちゃダメなんだよ、立ち向かってきなさい」など言われてしまうような経験をしたら、それは両親の未熟さなどによるものなのに、子供たちは自分自身に何かが足りないから頑張らないと認めてもらえないと感じ、そこから自分は100ではなく何か欠けていると感じな方生きてしまうのです。

統合医療では幼少時のトラウマはとても大事なので、必ず問診で触れますが、慢性病を持っておられる方々を多くになんらかのトラウマがあります。トラウマをリリースしながら、「私は完全だ」と感じられるようになると自分を健康にしてくれる食べ物、運動、生活へと繋がっていくような感じです。

医療がどんどん本質に近づいていっています。人々をWholeにするためのお手伝いが医療の本質だとも言えると思います。


カリフォルニアで統合医療専門医、サウンドセラピスト、ヒプノセラピストをしているAn -Tiyaです。

日本に年末年始帰国中、ほぼ実家で過ごしていたため見過ごしてた「すずめの戸締り」を近所の映画館で上映してるよとお友達が教えてくれ、早速鑑賞してきました。

近所のシアターは夜ライトアップが素敵でピカピカしています。平日の夜だったためか、なんとすずめの戸締りのシアターにはたった観客二人でした。

パンデミックになってから、きっと初めてのシアターでの映画鑑賞。なんだか、ワクワク



映画に込められたメッセージ、とっても素敵でした。そして英語字幕がとっても素敵!この英語字幕を担当された方のこの映画への深い理解と🩷を感じました。

常世で子供時代のすずめちゃんを励ます大人のすずめちゃんのセリフに「あなたは光の中で素敵な大人に成長するのよ。そう決まっているの」というような言葉がありましたが、英語字幕は "It is written in stars" でした。このようなイディオム、これまで一度も、私の周りの人が話してくれてないのか、初めて聞いた表現で、とってもポエティック。星空の絵がとっても美しいこの映画の世界にぴったりの表現です。

日本語の「そう決まっているのよ」よりも、グッと宇宙の摂理のような運命的に響くこの表現、これからもっと使っていきたい言葉です。そのまま日本語で「そうお星様に書かれているのよ」と言っても素敵!こんな輝いているキラキラした言葉をもっとたくさんまなび、使いたいなと感じました。アファメーションにも使えそうな言葉。早速使います。

英語字幕担当者さんの素敵なセンスに感謝。