めまい診療 

とりあえずの目標をたててみました。日本初の神経耳鼻咽喉科医(心療耳鼻咽喉科)を目指す。心と全身を診れる耳鼻科医になる。地道に歩む。楽しく働く。いつも笑っている。

耳鼻咽喉科心身医学研究会 も発足しました!psychotology研究会もあります。(サイコオトロジー)

めまいと頭痛のアンケート開始しています。こちら(再度公開

ご協力ありがとうございます。これまで137名の方の回答を頂いております(平成23年3月時点)。
これらの結果は一時的に報告します。こちらです。 いただきました質問への回答もこちらにまとめます
このブログは個人の情報の整理のために書いております。
メッセージを送られる際は個別には解答をせずブログでの解答となりますのでご了承ください。

人気blogランキングへ


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

突発性難聴後の耳鳴に対する治療予後の検討ですが

突発性難聴後の耳鳴に対する治療予後の検討ですが
目新しいかんじは
THI高値、難聴軽度 耳鳴のラウドネスは関係なくピッチが高い場合と低い場合
が予後良好と言うことでした。

THI高値というのはなんとなくわかります。

また耳鳴のピッチはこれまでちゅうもくしたことがないですが高い耳鳴は治りやすい印象はありました。

低い耳鳴は低音難聴に伴うものでは難治な印象でした

 

治療前後の2週間のTHIをみているようでしたので

どちらかというと耳鳴は長期予後の方が興味があるところです。

137名の耳鳴患者をTHI高値、低値に分けて検討しているようです。

Otol Neurotol
. 2022 Jun 17. doi: 10.1097/MAO.0000000000003546. Online ahead of print.
Prognostic Factors Influencing the Tinnitus Improvement After Idiopathic Sudden Sensorineural Hearing Loss Treatment

HITにおける頸部からの体性感覚入力の影響を見たものですが

Front Neurol
. 2022 May 17;13:881411. doi: 10.3389/fneur.2022.881411. eCollection 2022.
The Role of Neck Input in Producing Corrective Saccades in the Head Impulse Test
Shinichi Iwasaki 1, Teru Kamogashira 2, Chisato Fujimoto 2, Kayoko Kabaya 1, Makoto Kinoshita 2, Tatsuya Yamasoba 2

名市大の岩崎先生の論文です
HITにおける頸部からの体性感覚入力の影響を見たものですが
ゲインとおバーとサッケードに影響を与えるといっています。

首を固定してHITを行うBITを行っているところがポイントですが

コロナワクチン接種と前庭神経炎の関係

コロナワクチン接種と前庭神経炎の関係

コロナワクチン接種後のめまい、難聴をよくめにするのですが印象として前庭神経炎症例が増えているという感じはありました。この論文ではコロナワクチン接種時期に前庭神経炎の症例が多いことを疫学的にしらべたものです。
年度ごとのめまい疾患のデータベースがないとできない仕事ですね


Vestibular Neuritis Following COVID-19 Vaccination: A Retrospective Study.
Kamogashira T, Funayama H, Asakura S, Ishimoto S.
Cureus. 2022 Apr 19;14(4):e24277. doi: 10.7759/cureus.24277. eCollection 2022 Apr.
 

水分摂取とめまいの関係

メニエール病に対する水分摂取量法が広く行われるようになってきました。

他のめまい疾患と水分摂取の関係を調べた論文です。

前庭神経炎とメニエール病

前庭神経炎とBPPVの間でさをみとめたとしています。

 

J Int Adv Otol
. 2022 May;18(3):264-268. doi: 10.5152/iao.2022.21303.
Is Inadequate Water Intake a Risk Factor for Vestibular Disorders?

『蕉窓雑話』(しょうそうざつわ)

『蕉窓雑話』(しょうそうざつわ)は、和田東郭が自身の医説や治験について説話をした折に、門下生がその内容を筆記したもの。東郭の没後、門人によって刊行された。全五巻

 

漢方の達人である和田東郭の考えを知ることができると言うことで

これを新見先生が飛訳したものを読んでみようと思います。

前庭性片頭痛の治療に影響する因子について検討した論文です。

Neurol Res
. 2022 Mar 29;1-8. doi: 10.1080/01616412.2022.2056341. Online ahead of print.
Factors determining the response to treatment in patients with vestibular migraine


前庭性片頭痛の治療に影響する因子について検討した論文です。
論文が入手できずよめていませんが

片頭痛予防治療としてアミトリプチリン、フルナリジン、プロプラノール、トリプタノール、ベンラファキシンの任意の薬剤を最大量まで2ヶ月使用し、効果が無い場合には違う種類のものに変更し、さらに効果が無い場合には二種類併用として治療効果を判定した。
一剤で50%以上改善したものと異なる種類の二剤で改善したグループを50以上の改善を認めなかったグループについて臨床経過について比較した。


女性にしばしばみれるアロデニア、合併する不安とうつと、不安によって増悪する発作間欠期のめまいが治療効果を低下させる。耳閉感がある場合には片頭痛治療に抵抗するメニエール病の共存があるかもしれない。

問題点
抄録からはどの時点での改善効果を、何の指標を用いて評価したかについては記されていません。

頚性めまい

久しぶりの更新です。

 

頚性めまいというのは不明確な診断名とされていましたが

バラニー学会から論文が発表されました

この論文でも結局ははっきりしない状態という結論です。

 

外傷後のバレーリウ症候群が頚性めまいの例としてあげられています。

 

その他lどのようなめまい疾患でも頸部動作にて症状が悪化するので頚性のめまいなのか

他のめまいが頸部運動で悪化しているのかの鑑別が困難と言うことです。

 

 


頭部運動はどのようなめまい疾患でも症状を悪化させる
頭部運動で症状が悪化する代表的疾患としては前庭性片頭痛がある。
前庭疾患による頸部緊張が頸部の運動を制限する原因にも結果にもなるので頚性にめまいが生じているかははっきりしない。

これまであまり研究されていないが頸部の痛みが血管迷走神経や心血管系に作用してめまいを誘発する可能性がある。
頸部筋肉のスパズムがめまいを誘発している可能性のある患者に頸部の深部感覚障害が関係しているかどうかについて検討が必要である。
現時点ではバラニー学会は頚性めまいについて明確な診断基準を呈示することはできないとしている

漢方治療について

最近の漢方の話題(滋賀県の先生にご指導)

 

 

1 小柴胡湯加桔梗石膏の長期処方の代わりに
小柴胡湯と桔梗湯
として
さらに前者を柴胡桂枝湯に変更

2 暗い不安のタイプには分心気飲として苓桂朮甘湯+半夏厚朴湯

3PPPDのPTSD型には神田橋処方(71四物湯+60桂枝湯またはその変法 桂枝加芍薬湯)処方
 

最近のめまいの漢方治療

最近のめまいの漢方治療

派手は苓桂、天気は五苓、幽霊めまいは半夏白朮天麻湯


めまいの漢方治療について「立てば苓桂、回れば沢瀉、歩くめまいは真武湯」と言う有名な言葉が古典にありますがこれを現代流にアレンジしたものが以下になります。

派手な服装には苓桂朮甘湯
天気病には五苓散 五苓散テストとして的の変化など体調の悪くなりそうなときに二包五苓散を頓服させるのが有効
幽霊のような地味な服装でやせていて冷えてそうな方には半夏白朮天麻湯というかんじのことです。

めまいの漢方治療にお悩みの方には覚えておいていただけますと幸いです。

漢方について

 

漢方薬についてですが

私は胃腸が弱いので漢方はちょっと

と言われることがあります。

 

胃に触る漢方としては地黄が有名ですが

その他の生薬では大黄・芒硝・当帰・石膏・麻黄がある。

特に虚証の方には出やすい傾向があり注意が必要。

 

また生姜は制嘔と胃をあたため蠕動運動をしやすくする効果があり胃腸にやさしい生薬ですが、元々胃腸が丈夫な方には更に運動を亢進し

胃腸の不快感が出る事が稀に出ることがある。

体力が非常に充実した方が補中益気湯を服用されるイメージです)

 

呉茱萸湯を片頭痛によく使うのですが

【呉茱萸湯の生薬】

呉茱萸:温め、鎮痛と止嘔の効果があり、消化管の循環を促進し、鎮痙、制嘔、鎮痛する

生姜:制嘔、温める効果、呉茱萸を補助する

人参・大棗:胃腸機能を改善し、大棗と組み合わさり消化吸収を助けて全身の機能状態を改善する

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>