New 天の邪鬼日記

New 天の邪鬼日記

小説家、画家、ミュージシャンとして活躍するAKIRAの言葉が、君の人生を変える。



――――◆◇◆◇◆ アルバム 歌詞と解説 ◆◇◆◇◆――――


アルバム販売ページ:http://akiramania.thebase.in/
サイトからの購入ができない場合はakiramaniamusic@gmail.comにメールしてください。


アルバム、名言写真集Will の 海外発送も承ります。(一部地域を除く)→ AKIRA ALBUMの注文方法がかわります。海外発送もはじめます。


★ たくさんの自殺志願者を救ってきた「COTTON100%」がNHK日本の100冊に選ばれました。


★ 動画ページ  【 1.Shino Tanaka 】 【 2.Toshi 】 【 3.Mr.ピーン


曲集(コードつき) ★ライブスケジュール


テーマ:

 

{41BA0C1D-34C3-4281-BB25-036DB46E2C3C}


「弱視」(ロービジョン)ってなんだ?

 

 

 

あなたが物を見るとき、角膜、水晶体、硝子体を通って、網膜の中心窩(ちゅうしんか)にピントが合ってその情報が脳に伝わる。

弱視は、この視覚情報が伝わる経路のどこかに支障があって、世界が抽象画のようにぼやけてしか見えないのだ。

さとみにとって世界はにじんだ抽象画なのだ。

「私は三人兄弟で父も弱視でした。

私は3歳で養護施設に預けられ、ずっと親に捨てられたと思い込んでいました。

大人や人間への不信感がつのり、どう人と接していいかわからなかったんです。

学校でいじめられても、親に迷惑かけないように言えず、まわりの人や先生に当たっていました」

抽象画にしか住めない自分を恥じ、自分は劣った存在だと「自分で自分をいじめてきた」。

上司の言葉に落ち込み仕事を辞め、絶望のどん底でたAKIRA ライブに出会う。

 

{9E6F11EC-FA12-4E16-88AA-70B313E75D4A}


「全盲のコンちゃん、半身麻痺のケンちゃん、この人たちはあたしよりも過酷な運命を背負ってるくせに、なんでこんなに笑えるんだ!?」

 

ってカルチャーショックを受ける。

AKIRAさんから、勇者は自分が重い石を運ぶ姿を人に見せ勇気を与えると聞き、20年以上つづけているマラソンで私もみんなに勇気を与えたいです」

さとみは女性アスリートで100キロマラソンまで完走するからハンパじゃない。

 

{C6B4EB1B-1380-4282-8B02-5E3DC2AD14B5}

弱視のアスリートは道路も折り返し地点もゴールも識別しづらいので、「エスコートランナー」がいないと走れない。
あなたがキヨブタで初主催の決めたさとみのエスコートランナーになってほしい。

 

エスコートランナーは「影でアスリートを支える人」だが、あなたがいないとさとみは走れないのだ。

 

{AA776C54-F744-4316-9E81-C27CB0C06D1B}

夢がなかったら、夢をもってるひとを応援することからはじめよう!

 

 

{902CE7C8-D89C-4200-A905-2B7B0B84C683}

「父も弱視でした。私は3歳で養護施設に預けられ、ずっと親に捨てられたと思い込んでいました。

 

 

大人や人間への不信感がつのり、どう人と接していいかわからなかったんです。

学校でいじめられても、親に迷惑かけないように言えず、まわりの人や先生に当たっていました。

やっと親の深い愛情に気づきました。寂しい立場の人の気持ちがわかるようになりました。

上司の言葉に落ち込み仕事を辞めたおかげでAKIRA ライブに行け、意を決して主催します!!」

こんな最高の勇者を応援しようじゃないか。

全国から弱視のスーパーアスリートさとみの「エスコートランナーよ、集まれ~」。(勇者さとみへのクリスマスプレゼントもあるとなおいい。笑)

当日の目玉はさとみの人生を語るミニオペラがある。

日本全国から走りつづける勇者さとみに会いに来い!

{47718FB7-3E40-4110-928C-3747510BB3B9}

1215日(土)愛知県一宮市「カフェ バンヤンツリー」にてAKIRA Xさとみライブ

 

参加費 3500円+ケーキ+1ドリンク500

当日500UP

予約問い合わせ:nikonikosatochan0210@gmail.com

電話:09087372676

{D5318F66-54B7-4398-84BA-12457D2D5632}

★アルバム販売ページ:http://akiramania.thebase.in/ 

アルバム、名言写真集Will の 海外発送も承ります。(一部地域を除く)

→ AKIRA ALBUMの注文方法がかわります。海外発送もはじめます。

 


テーマ:

121日かおりん主催の福井ライブを、映像作家の助田直喜さんが動画編集してくれました。

すばらしい映像なのでぜひごらんください。

https://www.facebook.com/100011090794340/posts/724331957946491/

 

こちらが高画質バージョンです。

Youtubeが観れる TVをお持ちでしたら是非大画面で観てください、当時の感動が蘇りますよ!」助田直喜

 

https://youtu.be/ObTrqJBZh8s

 

★アルバム販売ページ:http://akiramania.thebase.in/ 

アルバム、名言写真集Will の 海外発送も承ります。(一部地域を除く)

→ AKIRA ALBUMの注文方法がかわります。海外発送もはじめます。

 

 


テーマ:

 

{FF3D7D95-FDE9-4152-9506-A87E1FC9E24D}


福井県越前町

 

 

 

★★★「こばせ」(開高丼コース25000円)

https://tabelog.com/fukui/A1802/A180201/18000759/

海に面した昭和ちっくな宿が予約が取れないわけは「開高丼」にあり。

 

{8DA14B50-449B-4BA8-BC0D-5642B65ACD66}

 

{381CD2B4-0C04-43A9-A4C4-53A0C5AA06D7}


食通で有名な作家 開高健さんは、11月~12月だけ漁が解禁されるセイコ蟹を求めて何度も「こばせ」にかよい、「セイコ蟹だけの丼をつくってくれ」と言ってできあがったのが「開高丼」である。

 

 

蟹の煮汁で炊いたご飯にこれでもかとセイコ蟹がおおっている。

身に内子と外子とかに味噌がからみ、世界一贅沢な丼だ。

しかし2ヶ月限定の大人気で、「開高丼」だけでは予約が取れない。

開高丼コースなら数ヶ月前から予約が取れたので、へれんとしんちゃんと3人でいただいた。

コースは酢で〆た蟹、かに味噌、コリコリしたつぶ貝の刺身、蒸した越前ガニがどーんと2匹、甲羅に蟹としめじをいれ半熟の卵蒸し(これが黄身に合う!)、さらに越前焼きガニ、ラストの「開高丼」も驚きの量で、大満足!

一生でこれだけ蟹を食うことはもうないだろうなあというくらいの感動である。

 

{F307295D-A85A-4202-A702-F95BCF948D83}

 

{DFC301AB-7241-4E48-B00E-127A63FA02FE}

 

 

{3CE5CFBF-EB65-42D9-8729-4BE25370A1AB}

 

 

{A721941D-E880-4189-AD89-EF2D0823DEB1}

 

 

 

 

石川県小松市

★★★「まつ家」(ミシュラン★。懐石料理。ランチ8000円~)

https://tabelog.com/ishikawa/A1702/A170202/17002165/

小松市唯一のミシュラン★、梯川に面した数寄屋造りが美しい創業80年の老舗である。

四代目の御主人 森泰洋さんは、関西割烹重鎮・生間流高弟 家高博光氏の門下となり、「生間流包丁道」を修める。

藤原氏がはじめ平安時代から続く「生間(いかま)流包丁道」は、烏帽子、袴、狩衣姿で、まな板の上の魚や鳥に直接手を触れずに包丁を使う料理儀式だ。(同門の家元は、京都の萬亀楼)

 

{5B023BCE-B7E5-49FE-AC91-A371D7A1CC9F}


まつ家は安宅漁港からあがる魚介を中心に、旬にこだわり、たくさんの人をもてなしてきた。

 

グル友酒ちゃんと一食一食感動しながら食べた。

美しい川面をながめる個室座敷、ご主人がていねいに仕込み、新鮮な魚介を吟味した料理はどれもこれも誠意に満ちている。

掃除のいきとどいた建物も接客も一流だった。

 

{5DA0E7F6-E43D-4BF9-A42C-210240DCE704}

 

{7D5757EA-11B3-4B46-8E1D-198EA442CF48}

 

 

{27B52A3E-A078-4AB7-94F7-7B4F8A6D2E56}

 

 

{D6D69AFC-90FB-4FB4-8FB3-771CE9641651}

 

 

{50D92F55-2BAB-4055-AEEB-9B34B2088B75}

 

 

{1F904E41-4945-4461-8EA9-D82CF5B9B854}

 

 

{B375F691-2381-4316-B24A-58E5296ABAFE}

 

 

 

 

「玉子巻屋」(だし巻き卵。500円)

「まつ家」の2軒となりにある「卵巻屋」を見つけた。

調べると朝の6時から市場に下ろし、8時くらいには売り切れてしまうという。

午後2時だったが、「神様のえこひいき」を確信したオレと酒ちゃんが訪ねると、

なんと2本だけ売れ残っていたのだ!

富山の高級玉子を8個も使い、少し甘めに焼き上げられた卵巻きはご主人の真心が込められている。

 

{62BED9F5-DBA1-4FCD-A25C-DC80AD0B450B}

 

 

 

石川県金沢市

「黒百合」(おでん。500円~)

https://tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17000022/

美食の街金沢は、京風の出汁で上品な「金沢おでん」も有名である。

なにしろ人口比では日本一おでん屋が多い。

前回行った「竹千代」、「三幸」、「大関」、「高砂」、「赤玉」、「菊一」、「若菜」などの名店が並ぶ。

「黒百合」は金沢駅構内にあるためいつも行列なので、時間をはずしていきましょう。

なんといっても冬の北陸でしか食べられない「蟹面」(かにめん)は必食だ。

香箱ガニの殻に、取り出した身や内子やミソを詰めて蒸し、おでんのだしで軽く煮る。世界一贅沢なおでんである。

牛すじも白味噌なのよね。

 

{B2ED87D3-B3D5-4F22-846C-158093D4097A}

 

{8714088A-2CE5-4475-8C68-A0F8BF4269CF}

 

 

{97259E4F-68B8-4AF7-AE27-2CD952EE76C3}

 

 

 

 

「ひらみぱん」(パン。200円~)

https://tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17006812/

金沢で一番好きなパン屋さんだ。

カフェスペースは朝から満席で、クロックマダム(目玉焼きのせ)やキッシュ、ベーグルやソーセージパンが人気。

しかしどのパンも美味しくて、ほっこりする。

 

{D9E5AC4B-F047-40CF-B280-9D6C70D0D4E6}

 

{80453A13-A7DD-40CC-AC89-AAE0B10216D4}

 

 

 

 

東京新橋

「ガネー舎」(スープカレー。ランチ1000円~)

https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13001507/

米山シェフは札幌「アジャンタ薬膳カリィ本舗」で修行されたという。

アジャンタといえば札幌スープカレーの元祖である。

1970年代、喫茶店だった「アジャンタ」はマスターの辰尻宗男が病気の父のために薬膳カレーをつくり、常連に食べさせたら好評を博し、1980年あたりにカレー専門店「アジャンタ インドカリィ店」をオープンする。

カレーの人気投票で1位になり、行列店となる。

宗男さんが亡くなり、「アジャンタ薬膳カリィ本舗」はお弟子さんが継ぎ、「アジャンタ インドカリィ店」は奥さんが継いでいる。(阿佐ヶ谷のアジャンタはまた別)

定番のとりカリィ(1000円)は薬膳スープで、毎日でも食べられそうなやさしい味だ。

30種類以上のスパイス、15種類の漢方が繊細なバランスを保っていて、あきがこない。

 

{F1E01AF4-7D2C-4B4E-ADEF-7FA1EED0E4C4}

 

 

 

東京東銀座

「ダルマサーガラ」(ミシュランP。南インド料理。ランチ1500円~)

https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13002374/

ミシュランでピググルマンを獲得した本格的南インド料理が食べられる名店だ。

マドゥライ出身の5つ星ホテルで働いていたシェフが紡ぎ出す料理は豪華で奥深い。

ハラールの認証も受け、化学調味料や添加物、グルテンも使用しないのでベジタリアンやヴィーガンも安心して食べられる。

これはインドやスリランカでも最高級ホテルじゃないと食べられない。

{E98542C5-9EC3-4CCF-A970-217DA2C5ED35}

★アルバム販売ページ:http://akiramania.thebase.in/ 

アルバム、名言写真集Will の 海外発送も承ります。(一部地域を除く)

→ AKIRA ALBUMの注文方法がかわります。海外発送もはじめます。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス