New 天の邪鬼日記

New 天の邪鬼日記

小説家、画家、ミュージシャンとして活躍するAKIRAの言葉が、君の人生を変える。


――――◆◇◆◇◆ アルバム 歌詞と解説 ◆◇◆◇◆――――


◆ アルバム販売ページ:http://akiramania.thebase.in/


サイトからの購入ができない場合はakiramaniamusic@gmail.comにメールしてください。


☆ オンラインAKIRAサロン「AKIRAの縁側 魂を喜ばせる暮らし」開設!詳しくはこちら


☆ AKIRA YouTube チャンネル開設! akira mania ch.


★ たくさんの自殺志願者を救ってきた「COTTON100%」がNHK日本の100冊に選ばれました。


★ 動画ページ  【 1.Shino Tanaka 】 【 2.Toshi 】 【 3.Mr.ピーン


ライブスケジュール



106

万人が登録する「街録ch」(がいろくちゃんねる)にでた。

202212910日の兵庫ピラミッドライブ、11日の京都ネアリカ大会の翌日、 1212日東京六本木にあるアークヒルズカフェで録画された。


編集者元良モトラが三谷三四郎監督を紹介してくれた。

オレは街録chを知らなかったが、応募してもなかなか出られない人気番組だそうだ。

三谷さんとは初対面だし、彼もオレがどんな活動をしているかも知らない。

「ニューヨークで麻薬の売人をやっていたひとりの男」としてインタビューを求められているので、素直に答えていった。

ウォーホルがインタビュアーにいった言葉を思い出す。

「きみがぼくにどう答えてほしいか教えてくれ。そのとおりに答えるから」

まるで他人の人生を俯瞰するように、35年も前の記憶がするすると出てくる。

たぶん「COTTON100%」や「ケチャップ」を書いていたからだろう。

インタビューを終えて印象に残ったのは、

「こんなむちゃくちゃな人生を、よくもまあ生き延びてくれたなあ」

そしてその経験がぜんぶ今の作品に生かされているという、感謝だ。

この作品を産むために、あの若者は命の崖っぷちまで旅してくれた。


忘れていた遠い過去を思い出すのはとても新鮮な経験だ。

三谷さんもアシスタントの中垣さんもニュートラルで素敵な人だった。


241800〜に公開されて、たくさんの好意的なコメントが寄せられる。

 AKIRAというアーティストを知らない人たちばかりなので、貴重なコメントだ。

「うさんくさい」というのもあったが、「そのとおり!」と笑った。


こちらからYouTubeで見られます。(41分)

あなたの感想をFacebookにコメントください。


https://youtu.be/DTjpEwWotLA


 ハロウィン肖像画は幸運な5名で締め切りました。


吉永くみ子(神奈川県)

めぐ&ひろし(香川県)

垂井定子(和歌山県)

松本加奈子(栃木県)

中園慶子(滋賀県)


78月にタイで制作予定。

画集用撮影と個展が済めば10月にお届けできる予定です。




動画怜子のライブペインティング

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=915176699825949&id=100000789583722


動画2 怜子のハロウィンメイクと解説

https://fb.watch/irxCggxShN/




なっちのライブペインティング動画1

なっちのハロウィンメイクと解説動画2



えみぽん動画1



ハロウィン肖像画シーズン

2彩乃(岐阜)

彩乃動画1

 https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=6011191645634802&id=100000789583722


 ハロウィンメイク&解説動画2

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=862740518274424&id=100000789583722




1、ハロウィン肖像画シーズンⅡ −1Eagle Moon Mami(大阪)

まみの動画1

https://www.facebook.com/akira.sugiyama.351/videos/722503219187822/


ハロウィンメイク&解説動画2

https://www.facebook.com/akira.sugiyama.351/videos/1318387425611473/


アメブロ

https://ameblo.jp/akiramania/entry-12783420305.html




★22ndLives Amazing23rdLives Beautiful 

20221225日発売。2500円。

歌詞カードポスターつき。アルバム購入者には無料ダウンロードできるQRコードもついています。

1枚のみ購入の方は「子供」か「老人」と明記ください。


AKIRA2枚セット5000円購入ページ

https://akiramania.thebase.in/items/70224672


「子供」アルバム2500円購入ページ

https://akiramania.thebase.in/items/70219151


「老人」アルバム2500円購入ページ

https://akiramania.thebase.in/items/70224353


★今週のV log




★2022−2023年ライブスケジュール



★ AKIRAアルバム購入サイト





伊藤怜子の両親は創価学会の信者で、とくにお母さんが祈ると、家の中で物音がしたり、

不思議な現象がおこったりしたようです。

玲子自身は創価学会や特定の宗教には属しておらず、すべての宗教は一つだと思っています。

玲子は母親のシャーマニックな能力を受け継いで、ヒーラーをやっています。

ネイティブアメリカンのドラムヒーリングやオリジナルのワークでたくさんの人を癒してきました。


ハロウィン肖像画1枚目のまみや4枚目のなっち、そして怜子もネイティブアメリカンつながりですね。

いつものように写真とライフストーリーをお願いしたのですが、こういう返信がきました。



私はバッグボーンを今の時点では書きたくなくて

理由はAKIRAさんの捉えてる私を表現してほしくて


見られる人は解説を見ずに感性だけで

それをそのまんま感じてくだされば素敵なだなぁと

ホントは写真も見ないで描いて欲しいくらいです


おいおい、そりゃあないだろ。

そこで怜子のハイヤーセルフに何を書いたらいいか聞きに行きました。



おーここがビバリーヒルズか、プール付きの豪邸ばっかだなあ。

おっと、日本語の表札、「伊藤怜子はいやーせるふ」

ピンポーン、

あっ、ごめんください、わたくし伊藤怜子さんの絵を描かせていただく、絵師の AKIRAと申します。

その怜子さんのハイヤーセルフ様にちょっと聞きたいことがございまして。

あがんな

あがんなって、ずいぶん高い階段だな。


Hほう〜そなたが怜子の絵師か?絵師が来たのは初めてじゃ。

おい絵師、絵師、なんでも聞いてくれ。


絵師、絵師と連発されると、死んだ才能みたいな気分になってきたな。

こんな豪邸、さぞかし家賃もお高いでしょうね?


あっはっは、高いよ。ハイヤーセルフだけにな。


はあ、もう帰ろうかな。


そう急ぐでない。


家賃を払うのに、ご職業は何をやってらっしゃいます?


キャブドライバー。


キャブドライバーって、タクシーの運転手!?


ああ、ハイヤーセルフだけにな。


やっぱ帰ります。


これこれ、何か聞きたいことがあるんじゃろ?


そうだった、ハイヤーセルフ様は怜子さんのどんな絵を望んでらっしゃいますか?


あの子はなあ、ご先祖さまや人々の魂のためによく働いておる。

だから逆に、自然体で美しいあの子を描いてほしいんじゃ。

行きたいところへ旅をして、美味しいものを食べて、自分を一番喜ばせている怜子の笑顔じゃな。


Aわかりました。ちなみになんでさっきから爪先立ちで話しているんですか?


わしは上から目線でないと話ができない。


はい、みなさんもごいっしょに、ハイヤーセルフだけにな。

おあとがよろしいようで。



ちなみに絵の背景はメキシコのようにカラフルな家が建ってますが、イタリアの「チンクエ・テッレ」5つの村という意味です。

オレが30年くらい前に住んでいたイタリアのフィレンツェから車で西へ行くとピサの斜塔で有名なピサがあって、海岸線を北上すると3時間くらいでチンクエ・テッレに行けます。

ジェノバやミラノへ行く通り道でもあるので、23回訪れました。

海を眺めるテラスでいただくシーフードがうまいのよ。


怜子の「怜」という漢字は、象形文字まで遡ると、「冠を被って神にひざまづく心」

という意味で、天と地を結ぶ存在という意味になるそうです。

クリームイエローのとろけるような空と、海、大地の岩に寄り添うように住む人々が一体となって怜子を彩っています。

怜子のイメージが海というで、非常に美しいグラデーションで海を描きました。

 AKIRAサインは柵の日陰にレリーフで立体的に描かれてます。

画面右下にこのサインを入れることによって、画面左上の建物とX構図でバランスが取れます。



ハイヤーセルフ様の言うとおりシンボルはほとんど描きません。

怜子のハロウィンメイクは、ひたいにコラソン(ハート)に3つの木の芽が生えています。

目は植物界を象徴するパーマネントグリーンに赤い花が咲いてます。

ほほは可愛いドクロライン。

あごは神聖な心を表すハスの花。

白いドレスには、降り注ぐ祝福の花。

右肩の黄色い家にコラソンマーク。


家のすべての窓に暗くならないようにカーテンなどの色を入れています。

坂道の階段も細かく描きいれました。

変則的なX構図によって躍動感を出す挑戦もしています。


出来上がってみると、すべての色彩が花開くような、地上に実現したニルヴァーナのような幸福感あふれる傑作が誕生しました。



動画怜子のライブペインティング

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=915176699825949&id=100000789583722


動画2 怜子のハロウィンメイクと解説

https://fb.watch/irxCggxShN/




なっちのライブペインティング動画1

なっちのハロウィンメイクと解説動画2



えみぽん動画1



ハロウィン肖像画シーズン

2彩乃(岐阜)

彩乃動画1

 https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=6011191645634802&id=100000789583722


 ハロウィンメイク&解説動画2

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=862740518274424&id=100000789583722




1、ハロウィン肖像画シーズンⅡ −1Eagle Moon Mami(大阪)

まみの動画1

https://www.facebook.com/akira.sugiyama.351/videos/722503219187822/


ハロウィンメイク&解説動画2

https://www.facebook.com/akira.sugiyama.351/videos/1318387425611473/


アメブロ

https://ameblo.jp/akiramania/entry-12783420305.html




★22ndLives Amazing23rdLives Beautiful 

20221225日発売。2500円。

歌詞カードポスターつき。アルバム購入者には無料ダウンロードできるQRコードもついています。

1枚のみ購入の方は「子供」か「老人」と明記ください。


AKIRA2枚セット5000円購入ページ

https://akiramania.thebase.in/items/70224672


「子供」アルバム2500円購入ページ

https://akiramania.thebase.in/items/70219151


「老人」アルバム2500円購入ページ

https://akiramania.thebase.in/items/70224353


★今週のV log



★2022−2023年ライブスケジュール



★ AKIRAアルバム購入サイト



この絵ではとんでもない奇跡が起こった。

オレは何も知らずに選んだ背景のステンドグラスのモスクへ、なっちと娘の姫は4年前実際に行っていたのだ!(なっちの事情で国名は伏せます)
この国やそのモスクへ行ったへ日本人はほとんどいない場所なのに、オレは35年前にいき、なっちたちは4年前に行っていた。
ハロウィン肖像画のモデルとなった荒井憲子は「AKIRAさんはその人のハイアーセルフとつながって絵を描いていると思う。描かれながら過去のトラウマがどんどん癒やされていくのを感じた」と言っていた。
しかし無数にある背景の中からこのモスクが選ばれることは、宝くじを100万回連続当選するよりも少ない確率だ。
やはりなっちの0ポイントフィールド(全記憶の貯蔵庫)にアクセスして、ここが選ばれたとしか思えない。



なっちに送ってもらったライフストーリーは長いかもしれないが、大河小説のように魅力的なので、そのまま載せさせてもらおう。

私は鳥取で長女として生まれる。
両親が私の名前を呼んでも反応しなかったことから、おかしい?と思って病院で調べたら、
耳が聞こえないということがわかった。

保育園&幼稚園の時は、母と一緒に電車に乗って聾学校へ通学。
そこで、発音の出し方の練習をした。
当時の聾学校幼稚園では、キュードを覚えて、キュードでお話してた。

小学校は、近くの難聴学級がある小学校へ。
小学2年に引っ越ししても、新しい家からバスで通学。
小学生の頃は発音が下手くそで、友達が、何を伝えたいのかを聞きながら、発音を直してもらった。
周りが健聴者ばかりだったので、コミュニケーション言語は口話が主だった。
両親が創価学会の会員だったので、学会活動や仏教の学びに参加してた。
法華経や、仏教の教えを、その時に学ぶ。
宗教に関しては、それが原点になっている。

中学生時代
市民会館に手話サークルがあるのを知り、夜に自転車で手話サークル通いが始まり、
そこで手話を覚える。
そこから、他のろう者との付き合いが増えていく。
学校生活にはなかなか馴染めず、友達らしい友達はいなかった。
インディアンの言葉に興味を持ち、インディアンの本をたくさん買い、本からインディアンの叡智を吸収していた。

高校時代
高校からは、難聴学級がない普通の高校で、勉強についていくのがやっと。
流行には乗れてなくて、同級生とは話が合わず、休み時間はいつもひとりぼっちだった。
孤独な環境で、すごく寂しくて、授業中に耐えきれず涙を流した記憶がある。
その時から、インディアン、アイヌの世界にどっぷりハマる。
同級生とは考えや興味あるものが違っていたから、話が合わなかったとは今ならわかる。
ずっとインナートリップをしていた。
自己追求、自分との声を聴く、自分の心の深海へ潜っていくことをよくやっていた。
小学校から絵を描いてたり、漫画を描いていて、同人誌を創っていた。
漠然と、大学行く時は、芸術大学に行こう、と進路を考えていた。
短大を調べていたら、心にピピってくる短大が見つかったが、母からは違う短大を勧められた。
どうしても自分が行きたい短大だったから、自分を信じてやっていれば、第一志望に通った。
この時、弟が母と喧嘩ばかりするようになり、中学時から学校へ行かなくなり、引きこもりに。
家の中は弟が暴れて壊されたものがたくさん。

短大時代
2年間、色んなことを学べることができた。
卒業前、テストがある日の1/17に阪神大震災が起こる。
自分の部屋の中で鏡が倒れるのを防ぎ、無事助かった。
結果的に、テストの時間がなくなった。
テレビのニュースを見て、いてもたってもいられず、自分に何が出来るのかを考えて、神戸まで船に乗って行って、
ボランディアで、震災したろう者支援のお手伝いをした。
震災した時の神戸は、とても悲惨だった。
「ボランディア」に対しての感じ方、想いもこの時に創られていった。
卒展に向けて描いた作品が、賞をもらえた。
短大時に、アートジュエリー教室でジュエリーの作り方を学んだ。
そこで、仕事を紹介してもらった。

社会人時代
ジュエリー職人見習いを始め、色んな仕事を経験していく。
ろう者だから、やりたい仕事が出来ず、仕事に対しても制限されていることに、もやもやするようになった。
ジュエリー職人見習いを3年で辞めた後、北海道で牧場のアルバイトした時、
社長の車を借りて、中標津、根室あたりを観光し、憧れだったアイヌ人の村へ行って、アイヌ人たちと交流する。
言葉はわからなかったけど、心がふれあうものを感じた。
耳が聞こえない自分は何も出来ないんだ…、誰にも話できる人はいないんだ…と悩み、死にたいと感じたことが何回か。
大阪職業訓練校へ行き、MacというPCと出会い、使い方を学ぶ
そこから、大手の電器会社へ転職。
色々と仕事を経験させてもらい、リクルート会社へ転職しDTPオペレーターの仕事へ。
ずっと、自分の持つ才能を活かせる仕事を探していた。


その時に付き合っていた人との子供がいることがわかり、
事情があって、自分一人で育てるのが難しくて、子供をおろしてしまった。
その時、お腹にいた子供と約束したこと。
「もし次にお腹にやってきたら、私が一人でも産んで育てられるような私になるね」と。
その子供と約束したことが今、叶っていました笑

インディアンへの想いが深くなり、初めての海外旅行はアメリカのグランドキャニオンに行く予定が、
時差ぼけで寝坊してしまって、結局は行けなくなった。
けれど、ラスベカス、L.A.、カリフォルニア、とツアーしてきた。

両親が創価学会で、私は2世だったけれど、
色々な宗教や仏教、先住民族たちのことを調べれば調べるほど、
結局、みんな言ってることは同じ、
元々は同じ神で、国によって言葉や文化が違うのと同じように
そこで暮らしている人たちがわかりやすいように、言葉を変えているだけなんだ、ということに行きつき
創価学会を辞めて、無宗教に。
無宗教だけれど、大いなる神はいる、ということを心の中で信じているだけのこと。

2008年、パワーストーンと出会い、お持ち帰りしたパワーストーンをおでこに置いた時、
体の中で音が響いてくるスイッチが入った。
生まれてから、全く音が聞こえなかったのに、体の中に音楽が流れるようになり、最初はびっくりした。
けれど、今は、音楽が聴こえる、聞こえない、は、私の体調のパロメーターになっている。
この時から、携帯に宇宙人が突然現れたりと、不思議体験が始まった。

2009年3月
ある日、眠れず早朝に目が覚め、携帯でネットサーフィンしていた時、
マヤ族の13代目最高神官アレハンドロ・シリオ・オクスラさんさんが、初めて日本に来られるのを知る。
神戸に来られるのが、その日だった。
これは行かないと!と感じて、神戸までアレハンドロ・シリオ・オクスラさんの講演会を聞きに行った。
そこで筆談通訳してくれる人をお願いしたら、ご縁ある方が筆談通訳してくれて、
アレハンドロ・シリオ・オクスラさんの最後のマヤの予言のことを聞くことができた。
2012年の地球の変化のことについて。
そこで出会ったヒーラーさんと仲良くなり、共に行動していくことに。


体の中に響いてくる音楽を感じるようになってから、セドナ行きが決まった。
2009年10月ごろ
セドナに行った時、ホピ長老と仲良しなガイドさんに
「予言の岩」を案内してくれた。
中学生の時にテレビでいた「予言の岩」がとても印象的に記憶に残っていて
テレビで見た「予言の岩」が、リアルで見れたことに感動。
「預言の岩」を見ていた時に感じたことは、
「人々の意識によって、未来の地球が変わっていくなにを、どう選ぶかが、とても大切なんだな」というメッセージを受け取った。
みんなが共に野菜を育てて、愛と調和の中で平和に幸せに暮らしている世界。
未来の地球からのメッセージをこの時に受け取りました。

そこで目に入った小さな可愛らしい石を見つめていたら、
ガイドさんが「あなたのものよ」と言われて、日本に持って帰り、
ずっと肌身離さず「ホピの予言の岩」のエネルギーを持ち歩くことに。
モンでスマ池でエネルギーを感じていたら、現地ガイドさんから、「あなたはインディアンね」と言われた。

フェニックスでヒーラーさんに、体の中に響いてくる音楽のことを聞いたら、
「それは生命の音だよ。その音を奏でるには、クリスタルボウルがいいよ」と
言ってくれた時、柱の時計がピーンって鳴ってくれ、YESのサインだね、と教えてくれた。
その時、「クリスタルボウル」という言葉を聞いたのが最初だった。

ヒーラーさんが、チャネリングで見てくれたこと。
訳あって手放した私の子どもが、亡くなられた父方のお祖母さんと手を繋ぎながら
やって来てくれた。
ニコニコ笑顔で笑ってくれてた。大丈夫だから安心してね、と言ってくれた。

ガイドさんの友達がクリスタルヒーラーさんで、その日に自分の国へ帰るということで会いに行った。
会った時、大きなカイヤナイトを頂き、ハグしていたら、なぜかわからないけど、涙が溢れてきた。
初めて会った女性なのに、なぜか懐かしい感覚が会った
その女性が「私の妹よ!」と言ってくれた。
この時、私の魂の家族は、世界中あちこちにいるんだな…と感じ始めた。
セドナで、「過去世」との統合と癒しのエネルギーを受け取った。

日本に帰って、「クリスタルボウル」を調べていたら、北海道に在住していたクリスタルボウルヒーラー、けいこ先生と出会い、けいこ先生が神戸に来られた時に、クリスタルボウルセッションを受けて、クリスタルボウル講座を受けることに。
クリスタルボウル講座の最後の夜に、けいこ先生の演奏会があり、
けいこ先生から私に、「演奏会の前座として、クリスタルボウルを演奏してね」と
突然言われて、いきなりのデビューを飾ることに。
2010年5月の時。
アレハンドロ・シリオ・オクスラさんの講演会で出会ったヒーラーさんからメッセージを受け取って動くことに。

2010年8月8日(日)
私は 富士の山中湖へ クリスタルボウルを持って富士山のお祭りの日に、山中湖で、クリスタルボウルの演奏会をやる。

2010年8月8日
この日のために、マイボウルを探すのと、富士山での下見を兼ねて、富士山へ行くことに。
演奏する場所が決まり、マイクリスタルボウルとも出会い、
2010年8月8日、初めての個人でのクリスタルボウル演奏をスタートした。
この時は、眠っていた新しい龍の目覚めのエネルギーだった。

富士山山中湖でクリスタルボウルを演奏していたら、遠くから白鳥が近づいてきて、近くで優雅に身繕いしていた。
演奏が終わったら、湖の湖面が小波を響かせて、アンコール!アンコール!と言ってくれた。
再び演奏始めたら、小波がピタッと止まった。
ヒーラーさんから、私のクリスタルボウルは、エレメンタルオーケストラを奏でる音だよ!と名付けてくれた。
この時から、クリスタルボウル奏者としての人生がスタートした。

クリスタルボウル奏者として独立することを決めて12月に独立した後
運命の2011年3月11日がやってきた。東北大震災。
その時から、大地と海を癒すために西日本あちこちクリスタルボウル演奏しに周っていった。
テレビで、福島の原爆のことを見たことが衝撃的で、阪神大震災の状況と重なり、ある考えが浮かんできた。
「これから先、どう生きて行ったらいいんだろう??」
友達に誘われ、フィンドホーンに行った人が経営しているカフェに行った時
そこである本と出会い、その本の表紙を見ただけで鳥肌が立つ。
私にとっての鳥肌は、「これだ!」というお知らせ。
その本は、震災が起こり、東京都が破壊され、都市の機能が麻痺した未来の日本で、
生き残った人たちがどのように暮らしているか??が書かれた本だった。
そこには、パーマカルチャー、エコビレッジ、などなど、大地に根差し、
人々と繋がり、共に支え合うコミュニティビレッジのことが書いてあった。
ホピの予言の岩からのメッセージと重なり、これからの地球の未来はこれだ!と感じ、
そこから、パーマカルチャーや、エコビレッジなどの団体を調べ、参加して学ぶことに。
浜松から諏訪大社まで、塩の道を歩いて、塩を届けていき、屋久島から諏訪湖までの
エネルギーを結んできたりした。

宮古島へ行き、龍の穴に出会い、そこで生まれた新たな地球で活躍する龍神たちのエネルギーを富士山の胎内洞窟へ届けていく役割も。
大地への祈りを兼ねて、宮古島から富士山まで西日本を旅してきた。

ある時、大阪駅の大きなデパートのエレベーターの中で同級生のろう者と偶然に出会い、その同級生の腕には、赤ちゃんが抱っこされていた。
赤ちゃんを見た時、「私のこどもを産みたい!」とこの時に閃いた。
その時から、妊活スイッチが入ったようなw
活動している中で、妊娠が発覚。
最初に赤ちゃんがお腹にやってきた時の状況とまったく同じだった笑
今回は迷わず一人で子供を産み育てていくことに決めた。
誰にも相談せず、自分一人で選んで決めて、愛知県岡崎市の吉村医院と出会い、
大阪から愛知県まで検査しに通院してきた。

臨月になり、赤ちゃんがいつでもいいような時になり、
私のラッキーナンバーが「8」だし、よく「8888」のナンバーを見るから、
もしかしたら、私の赤ちゃんは「8月8日」に生まれてくるんじゃないかなぁ〜と
ぼんやり感じていたら、本当に、「8月8日」の朝にお印が来て
お産の準備が始まり、19時8分ぴったり地球にやってきたw
あと1時間遅ければ、夜の8時(20時)8分だったのになーと、今は笑い話。

姫ちゃんが生まれた日の夜、吉村医院での中で見た夢。
鬼滅の刃の炭治郎の心の世界のように、どこまでも広がる青い空に、青い海原の中で
イザナギとイザナミが空に浮かんでいた。
「私はナギ」「私はナミ」
「ナギが息を吹きかけ、ナミが起こされ動き、世界が創られる」
というとても深い印象的なメッセージのある夢を見た。


20歳に、同級生のろう友達が交通事故で亡くなり、身近な人がお空に帰ったこと
友達の母がとても嘆き悲しんでいるのを聞いた時、追悼文集に提供する文章が浮かんできた。
「人の魂はみんな、宇宙の旅人である」
「生まれ変わり、また繰り返し人生を生きていく」
というようなポエムを書いていた。
20歳の時は、仏教の教えによって輪廻転生のことを知っていて、そこから、魂は宇宙を旅していて、いろんな星を旅していて、何度も人生を経験していることを魂の奥で感じていた。
↑これが、AKIRA歌との出会いに繋がっていたのかも。

姫ちゃんを産んでからは一人でゆっくりと子育ての時期へ。
2013年、子育てするために、今の住んでいる所の地域へ引っ越しすることに。
今までは色んなところへ旅してきたけれど、
子どもが生まれたことで、じっくりとお家や地域と関わっていくように。
二人っきりの家族。
姫ちゃんとずっと向き合ってきた。
姫ちゃんの要望に応えられなかった時は、ずっと泣きっぱなしだった。
初めての子育ての中で、両親への感謝の心が生まれてきた。

今までは、弟が中学校から学校へ行かなくなり、そこから何十年も引きこもりになり、
その原因は、母親の心配性と手を出していく所が原因だけれど、
耳が聞こえない姉を持つことで、母から、お姉さんのサポートをしてねと
言われたのがイヤだったということを、弟から聞かされて、
自分が耳が聞こえないことに対して否定的な気持ちになってしまった。
弟が引きこもりになったのは、母の性格が原因だ、とずっと母を責めていたけれど、
私に子どもが生まれ、子どもを育てていくことで、逆に母や父の気持ちがわかるようになった。
今は両親に感謝の気持ちがある。

バラバラで、不完全な家族だったけれど、ある時、AKIRAさんのことを知り、ブログを最初から読んできて、これまで私が感じてきたことと近いところがある!というのを感じ
興味を持って、神戸のライブに初めて参加して、ステージに初めて呼ばれて、そこから人生が変わりました。
AKIRA歌の歌詞を読んでいくと、私が感じていていたことがたくさん繋がってきた。
その時に、AKIRAさんの歌を他の聾者にも聞いてほしい!と感じ、
歌に手話がついた、AKIRAライブを主催することを決めた。
動いている途中に、父に胃がんが見つかり、AKIRAさんも同じ胃がんの経験があったから、
両親にもAKIRA歌を聴いてもらいたいって思って、鳥取ライブをすることに決めた。
鳥取ライブは、両親、家族との和解。
大阪手話ライブは、聾者、手話歌を初めてつけて演奏することに。
そこで、他の聾者たちにも、AKIRA歌を知って聴いてもらい、自分の夢が叶いました。


手話ライブをやってくれる聾者へとバトンタッチし、
さらにAKIRA歌に手話をつけて広めていくように、動画撮影をすることに。
まず、浮かんだのが、レラさん。
レラ、という歌の手話歌動画のイメージが浮かび、そこから他の歌のイメージが浮かんでくる。
動画撮影は初めてなので、いろいろと迷ったり悩んだり、喧嘩したりしながら、
少しずつ形にして来て、やっとDVDができた。
奈良と北海道での撮影。
北海道では、レラさんとAKIRAさんのコラボライブ企画を。
コラボライブ企画したら、みんたるには人がいっぱいになって、エネルギーあふれるライブになった。
手話歌動画に参加することに快く承諾してくれた人たちには感謝いっぱいです。

エネルギーを使い果たして、いろんなことを手放していく。
原点に戻り、クリスタルボウル奏者として続けながら、自分を模索していく。
畑も始めて、地域に沿った暮らしを模索。

2019年1月に初めてパートナーの国へ行く。
そこにある歴史のある建物や人々のあったかいおもてなし、文化の違いを知る。
ものすごくおもてなしの人が多くて、家族を大切にする人が多い。
対話と買い物のやりとりを楽しみ、バザールでの楽しみ方があった。
歴史のある文化を知り、何十億年前からの塩の洞窟にも入る。
姫ちゃんの中に流れている、もうひとつの世界がつながった。

※その旅でなっちと姫はこの絵に登場するモスクにあるステンドグラスの回廊へ実際に立っていた。

2020年コロナが流行
その間に、友達の紹介で、NPOのキッチンで、支援員として働くことに。
障がい者支援として、キッチン内の流れを経験していく
コロナ流行のため、マスクをする人が増えてきて、コミュニケーションが難しくなってきた。
手話を使ってほしい、コミュニケーションに配慮を考えて欲しい、と何回も意見を出してきた。
その意見さえも聞き入れず、福祉系の職場だけど、合わないなぁと感じるようになり、
ますます「手話」の大切さを実感。

2022年の1月に、福祉のキッチンに声をかけてくれた友達といろいろ話してきて
一緒に独立して、NPOを立ち上げようか、と決めて動き始めた。

手話でつながる「にじのかけはし」として3月に活動をスタート。
そこからコツコツと手話の普及を進めてきた。
手話Cafeのイベントやマルシェを企画し、60人以上もお客様が来てくれた。
ご縁とサポートのおかげで、活動の認知が広がっていき、手話レッスンも始まり、
手話カフェ、手話食堂もスタートすることに。
手話Cafeは、前から温めていた夢だったので、その夢のひとつが叶いました。

さらに大きな夢である、自然に寄り添い、昔ながらの暮らしを学ぶ学び舎、
森の楽園、森の学び舎となる拠点とご縁を頂き、それをスタートするために
今、動いているところ。

2023年4月には新しい場所へ引っ越しし、新拠点で、新しい活動をスタートするために動いています。
そこでは、手話のある世界で、エコビレッジみたいな、ホピの予言の岩で受け取ったメッセージと
311から未来の方向のメッセージとつながる活動を進めていく予定です。
(なっちのライフストーリーはここまで)


この絵はオレが1988年28歳のときにいった中央アジアにあるモスクが背景だ。
オレが訪れた当時は戦争中だったが、このモスクで天国を感じた。
奥行きのある回廊にステンドグラスの光がしきつめられ、その奥には針でついたような小さな光が見える。
これはなっちを守り導いてきたシャイニングソウルであり、なっちが光へ帰る場所だ。
娘を抱いたなっちが遠くを見つめている。
今まで過ごしてきた苦難の道を振り返り、これからつづく美しい花道へ踏み出そうとしているかのようだ。
闇に光が散りばめられた画面にはおごそかで、なっちの表情は人間の崇高さに満ちている。
姫は母を抱きながら手で英語の手話「I Love You」を送っている。
なっちのハロウィンメイクは、ひたいにクリスタルボウルのハーモにを表す8色の虹に、宇宙の始まりと終わりの音「オーム」(チベットではオムマニペメフム)の梵字。
目はなっちの聖数である八芒星。
ほほにはエジプトのアンククロス(生命の力)。
あごにはなっちのマヤ暦のKINである赤い龍。
姫のひたいにはホピのマーク。
ほほにはホピの精霊ココペリ。(知らずに描いたが、姫はランドセルにココペリの人形をつけて小学校へ通っている)

AKIRA作品のほとんどは集合無意識の井戸から汲み上げた直感でつくられているが、これほどあり合えないシンクロは初めてだったわ。
やはり見えない力に支えられ、作品を創らせてもらっているのだなと、つくづく感じるシンクロだった。


なっちのライブペインティング動画1

なっちのハロウィンメイクと解説動画2



えみぽん動画1

動画視聴者限定

ハロウィン肖像画シーズン7月にタイで制作予定)

4名のみ募集

12万円(月1万円の12分割までOK



ハロウィン肖像画シーズン2彩乃(岐阜)

彩乃動画1

 https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=6011191645634802&id=100000789583722


 ハロウィンメイク&解説動画2

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=862740518274424&id=100000789583722




1、ハロウィン肖像画シーズンⅡ −1Eagle Moon Mami(大阪)

まみの動画1

https://www.facebook.com/akira.sugiyama.351/videos/722503219187822/


ハロウィンメイク&解説動画2

https://www.facebook.com/akira.sugiyama.351/videos/1318387425611473/


アメブロ

https://ameblo.jp/akiramania/entry-12783420305.html




★22ndLives Amazing23rdLives Beautiful 

20221225日発売。2500円。

歌詞カードポスターつき。アルバム購入者には無料ダウンロードできるQRコードもついています。

1枚のみ購入の方は「子供」か「老人」と明記ください。


AKIRA2枚セット5000円購入ページ

https://akiramania.thebase.in/items/70224672


「子供」アルバム2500円購入ページ

https://akiramania.thebase.in/items/70219151


「老人」アルバム2500円購入ページ

https://akiramania.thebase.in/items/70224353


★今週のV log



★2022−2023年ライブスケジュール



★ AKIRAアルバム購入サイト



お笑い王国大阪、笑いヨガのホープえみぽん(岡本笑美子)登場!


大阪の西成でコーヒー店を経営する両親のもとに1959年9月23日誕生。
父方の祖父は一代で稼ぎすべて使い尽くした遊び人で、愛人宅に連れて行ってもらい、おしめを替えてもらったこともあるそうだ。
幼いの頃はお店が忙しいと母方のお寺に度々預けられるが、初孫のため可愛がられるのを良いことに、叱られるとお寺に出家じゃない、家出する。
祖母より「女の子は笑顔が1番や!」と教えられ、ニコニコするとお客さまから「可愛いなぁ〜」と言われ、4歳の頃からレジの横に座り笑顔で「ありがとうございました」と手伝う。
笑顔歴60年の筋金入りだ。
さらに中高生の喫茶店入りが禁じられていた時代に、中学生のえみぽんは店を仕切るほどになる。
本人は「大人の中で育ち可愛げのない子供だった」というが、偉大な笑顔に到達する英才教育だとオレは思う。


小学校高学年時、髪が天然パーマで体格が良かったため高校生とまちがわれる。
そのため中学3年になったあたりで胸やお尻を触る痴漢は一見ふつうに勤めている人が多いと知る。
ホームレスのオッチャンは子どもに優しかった。
逆に25歳ころまで天然パーマのため三つ編みにしていて、高校生とまちがわれたこともある。
大阪ワースト3に入る中学校に通っていた時、西成暴動が起こり機動隊の花道の中を通学した。
当時の西成は日本一危険な場所と呼ばれ、ヤクザの親分さんが来ると見張りがついて他の人が入れない〜!
優しいおっちゃんのお客さんがテレビに顔が出て拳銃所持で捕まってた!
古くは父が包丁で対応することがあった!
薬中の人がトイレから出てこなくて大騒ぎ!
しかしえみぽんは「いろいろある西成が大好きです〜」という。

危険な中学校から女子高に入り、事件が起こらなくて退屈していた。
その頃は阪神タイガースの選手の追っかけをして甲子園通いする。


短大を卒業後に2店目を開店して任される。
いっしょにお店を手伝ってくれた人が元北新地のホステスさんで、夜遊びなどいろいろ学んだ。
彼女のパートナーがかなり年下で結婚せずに楽しそうなので、「こんな生き方もあるんや!」と影響を受ける。
約8年で閉店して、両親が高齢なので現在の本店にもどる。
オレも2020年の勇者の祝祭で本店「珈豆」にいかせてもらったが、昭和を残した西成遺産なのよ。



えみぽんが8歳の時に捨て猫を拾う。
昔はペットフードはなく人間の食べる缶詰をやっていていると、目玉がない子猫が続けて産まれた。
可愛い猫は貰われて行くけど、障がいのある子はえみぽんが家族として育てた。
お客さんが店の前で車にひかれそうな子を連れてきて、そのまま居ついた子はお医者さんに余命3年と言われたけど17年生きた。
叔父の会社のビルの間に挟まれてた子猫はお尻にウジ虫がわいてたけど、7年生きてくれた。
耳の聞こえない猫は左右の目の色違い可愛いかったけど、ギャーとなくのでお嫁にいけずに
最高12匹かってたという。
最後の猫が亡くなると、姪っ子が猫アレルギーになり、今のえみぽんの部屋は昔の猫部屋をリフォームした。


「笑いヨガ」に出会い、日本中に笑い友だちができて、世界でも笑いヨガ仲間ができる。
インドの笑いヨガ研修で北海道の植田みゆきちゃんから「AKIRAさんはいいよ〜」
と聞いてAKIRAライブにいって衝撃を受ける!!

2019年にまさかのフラダンスをはじめる!
友人のじゅんこちゃんに「くみ先生がAKIRAさんの曲に振りをつけてくれるよ!」の言葉に喜び、またまた素晴らしい仲間と楽しんでる。

オレは世界に喜びをふりまくえみぽんの笑顔と逆境で輝く命のたくましさを表現したかった。
メキシコのフォルクローレダンス(民族舞踊)は蝶のようにカラフルなスカートをはためかせる。(お花ちゃんゲスト参加)
ギタリスト(ジャポ似)やトランペット(コンちゃん似)の楽団が続き、画面から賑やかな音楽が聴こえてきそうだ。
えみぽんの満面の笑顔にひきよせられ、オレンジ色のモナルカ蝶(オオカバマダラ)が乱舞する。
「旅する蝶」と呼ばれるモナルカ蝶は、毎年11月~3月カナダから寒さをしのぐために何億匹もメキシコのユネスコ世界遺産(ミチョアカン州の森林地帯)にやってくる。
メキシコ人はモナルカ蝶を誇りに思い、祭りにモナルカ蝶の衣装やフェイスペインティングも登場する。
メキシコの祭りに登場する巨大人形の悪魔が追いかけてくる。
「わいが悲しみに満ちた世界を必死で創ってんのに、われ勝手に喜びに満ちた世界を創ってやないでーー!」
えみぽん「じゃあ、悪魔さんも楽しんじゃえば?」
悪魔はえみぽんの魔法でマラカスをもたされ、あせって顔が笑える。
ホテルのバルコニーからパレードをながめる群集はモナルカ蝶までひきつけるカリスマダンサーに驚いて目が釘づけだ。


ハロウィンメイクのひたいはえみぽんに生かされた猫の守り神。
目のまわりは美しさとたくましさのモルカナ蝶。
あごはえみぽんのふるさと西成のマーク。

ベートーベンの「喜びの歌」みたいな歓喜の瞬間を切りとったやばい絵がこの世に誕生した!


えみぽん動画1

動画視聴者限定

ハロウィン肖像画シーズン7月にタイで制作予定)

4名のみ募集

12万円(月1万円の12分割までOK


ハロウィン肖像画シーズン2彩乃(岐阜)

動画1

 https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=6011191645634802&id=100000789583722


 動画2

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=862740518274424&id=100000789583722




1、ハロウィン肖像画シーズンⅡ −1Eagle Moon Mami(大阪)

動画1

https://www.facebook.com/akira.sugiyama.351/videos/722503219187822/


動画2

https://www.facebook.com/akira.sugiyama.351/videos/1318387425611473/


アメブロ

https://ameblo.jp/akiramania/entry-12783420305.html




★22ndLives Amazing23rdLives Beautiful 

20221225日発売。2500円。

歌詞カードポスターつき。アルバム購入者には無料ダウンロードできるQRコードもついています。

1枚のみ購入の方は「子供」か「老人」と明記ください。


AKIRA2枚セット5000円購入ページ

https://akiramania.thebase.in/items/70224672


「子供」アルバム2500円購入ページ

https://akiramania.thebase.in/items/70219151


「老人」アルバム2500円購入ページ

https://akiramania.thebase.in/items/70224353


★今週のV log



★2022−2023年ライブスケジュール



★ AKIRAアルバム購入サイト




ガラス作家、鈴木彩乃は、ネアリカ大会で何度も入賞しているマルチアーティストだ。

彩乃の文章から抜粋する。


子供の頃から物作りが大好きで、母からもらったビーズを繋げてネックレスを作ったり、モチーフを作ったりしてた。

作り方の本を見るのも大好きで、デザインやカラフルなビーズたちにいつもわくわくしてた。

大学生になって、大阪のビーズ専門店に行ったら、ビーズや金具がすっっっごいたくさん置いてあって(しかも安い)、そこから道具をちゃんと揃えて、本格的にアクセサリー作りを始めた。

目標は「自分が結婚する時に、身につけるアクセサリーを全部自分で作ること」

有言実行した。友達から依頼を受けてティアラを作ったり、妹が結婚する時もアクセサリーを作ったり、ブーケも作ったりした。

大学時代、ゼミの先生に「いつかマルシェとかでお店を出してみたい」なんて言ってたのが、まさか現実になるなんて!!

しかも栄養士辞めて生業になっちゃった(笑)



「無いものは作ってしまえ」主義なもんだから、出店の時のディスプレイも、試行錯誤で作る。

それが他の作家さんの目に留まって、オーダーを受けたりもした。(カルトナージュ:フランスの伝統工芸)

ビーズ、カルトナージュ、造花、お花、ネアリカ、ガラスなど、その時その時で素材は違っても、ずーっと作り続けてる。

きっとそれはこれからも変わらないんだろうなぁと思う。

中から湧き出てくるものを、納得いくまでとことんやる。

これを生業として生きていけていることは本当に幸せだし、ありがたい。



猫とは赤ちゃんの頃から暮らしてるからか、とにかく猫が大好き。

道端の猫にも、つい 話しかけてしまう。

家の猫は、ペットではなくて、家族。

当時、姉妹の順番は、

わたし の四姉妹 

中二の夏休みに、猫を題材にして、おばあちゃんの指導の元で描いた日本画は、守り神のようにずっとリビングに飾ってある。


ふうは、動物病院に貼ってあった「里親募集」の紙を見て、母親が一目惚れしてやってきた子。


家にやって来た時、先住猫から「ふぅーーーー!」って威嚇されてたことから、名前が「ふう」になった()

すぐ噛むし、抱っこ嫌いでなかなか抱っこさせてくれないし、、でも可愛くて可愛くて仕方ない。

実家にいた時は、毎日のように布団で一緒に寝てた。


今も実家に帰った時は必ずふうの顔を見て、可愛いー大好きーってハグしてキスの嵐。

そう言えば、初代の猫は、この抱き方できたけど、ふうはこの抱き方はできないのよ。嫌がりすぎて。

だからAKIRAさんの絵は、奇跡の一瞬みたいな感じで嬉しい。(以上抜粋)



この絵はメキシコシティにあるハンドクラフトの迷宮「シウダデラ」市場である。

メキシコのハンドクラフトはネアリカをはじめ、クオリティにおいてもバリーションにおいても世界ダントツ1位。

シウダデラ市場もっ巨大でおそらく世界最大規模だろう。

色とりどりのタペストリーやおみやげ品をバックに猫を抱いた彩乃が立っている。

主人公が色に埋もれないように白いケープにしたのだが、突然ひらめいたのが彩乃の傑作ネアリカ「ルーツ」だ。

この作品は彩乃が市役所にいって調べた自分の家系図からできている。

「そうだ、彩乃作品をどんどん取り入れ、彩乃の創作人生を描こう!」

タペストリーに彩乃の7ネアリカ作品、ガラスアクセサリーは頭と首、ネアリカ、合計18個も描きこまれている。

「シウダデラで彩乃個展!」である。

彩乃の黒猫ふうがほとんど1色で描かれ、色彩の洪水の中でブラックホールになり、画面を引き締めている。



左下から時計回りでシンボルを解説する。

1、箱の下段:苦難を超える勇者バッファロー。慈愛と豊さのシンボル海亀。人と神をつなぐメッセンジャー鹿カウマユリ。

2、両脇が黄色い輪っかの天使と黄色い角の悪魔。

真ん中が「フロール・コン・オッホス」(目のついた花)8枚の花びらが目になっている。

「辛いことが起こっても視点を移動させてみると、世界が変わる」というシンボル。

3、箱の上段:左のスカルはひたいに永遠の渦巻をつけた祖先。右のスカルはひたいにコラソン(ハート)つけた、高齢者施設で栄養士をしていた時の利用者さん。真ん中は猫のスカルで、彩乃が飼って死んでいった猫の守り神。

4、歌と創作の女神は、彩乃の創作と音楽を励ます。

スカートにはウイチョルのオッホ・デ・ディオス(神の目)。

5、左上白タペストリー;羊、鹿、鳥、牛で、豊かな自然界のシンボル。

6、黄色タペストリー:幸運を呼ぶ花、「メキシコひまわり」=チトニア、ポインセチア。

7、赤のタペストリー:世界一美しいモルフォ蝶は死と再生のシンボル。

彩乃のネアリカ作品が7つ並び、

8、右2段目の黒いタペストリー:コラソンチャーム:愛とスピリットのお守り。

9、丸いポンポンチャーム:魔除け。ハートや花やスカルのモチーフ。チアパス州ミゲル・デ・アジェンデが発祥。髪飾りから部屋の装飾に使われる。

10、ウイチョルビーズでAKIRAサイン。



彩乃作品を模写してわかったが、幾何学模様なのに「これしかない!」という線が選ばれているのに驚いた。

彩乃は子供の頃から自然を観察してきて身につけた黄金比でできている。

模写で大変苦労したが、想像を超える傑作ができあがった!


F15号(652×530mm


後からでもいいので、ぜひあなたの感想を動画のコメント欄にお寄せください。

絵を描くモチベーションが上がります!

次回予告。大阪笑いヨガのエース、えみぽん登場〜。


動画視聴者限定

ハロウィン肖像画シーズン7月にタイで制作予定)

4名のみ募集

12万円(月1万円の12分割までOK


ハロウィン肖像画シーズン2彩乃(岐阜)

動画1

 https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=6011191645634802&id=100000789583722


 動画2

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=862740518274424&id=100000789583722




1、ハロウィン肖像画シーズンⅡ −1Eagle Moon Mami(大阪)

動画1

https://www.facebook.com/akira.sugiyama.351/videos/722503219187822/


動画2

https://www.facebook.com/akira.sugiyama.351/videos/1318387425611473/


アメブロ

https://ameblo.jp/akiramania/entry-12783420305.html




★22ndLives Amazing23rdLives Beautiful 

20221225日発売。2500円。

歌詞カードポスターつき。アルバム購入者には無料ダウンロードできるQRコードもついています。

1枚のみ購入の方は「子供」か「老人」と明記ください。


AKIRA2枚セット5000円購入ページ

https://akiramania.thebase.in/items/70224672


「子供」アルバム2500円購入ページ

https://akiramania.thebase.in/items/70219151


「老人」アルバム2500円購入ページ

https://akiramania.thebase.in/items/70224353


★今週のV log



★2022−2023年ライブスケジュール



★ AKIRAアルバム購入サイト