人の思いは宝物かっこちゃんの新刊「宇宙の足跡」 | New 天の邪鬼日記

New 天の邪鬼日記

小説家、画家、ミュージシャンとして活躍するAKIRAの言葉が、君の人生を変える。



魂友かっこちゃん(山元加津子)から新刊「宇宙の足跡」が送られてきた。

かっこちゃんは前作「リト」のために「モナ森出版」を立ち上げた。
「リト」は「人類への贈り物」とオレが絶賛する傑作なので、ぜひ読んでほしい。


純粋な小犬のリトは、お金持ちのお嬢さん、リトを案内してくれた黒猫たち、ネコ取り、愛犬を捨てようする牧場主など、さまざまな出会いの中で大切なことを学んでいく。
そしてリトに出会ったものたちもリトの純粋な生き方から大切なものに気づいていく。
我々は見えない大きな力(サムシンググレート)に愛され、見守られ、導かれている。
この本は人類の宝物だと思う。

「リト」に関する AKIRAブログ
オレはかっこちゃんの本をほとんど読んでいる。
オレたちが忙しい日常の中で忘れていた「大切なもの」を思い出させてくれるからだ。
「大切なもの」とは、純粋な好奇心、無条件の愛、与え尽くしの心、あなたの使命、生まれてきた意味、
我々がこの世にやってくるときに神様と交わした「約束」かもしれない。

新刊「宇宙の足跡」は、なんと主人公が「あきら」!
恋人まおとのキスシーンまである!
まおはおばあちゃんから「宇宙とつながる方法を見つけなさい」と言われ、宇宙とつながった人が放つ見えない光「キラキラ雪」が見えるようになる。
本当の主人公はあきらの自閉症のお兄さんである。
お兄さんは何百年先の曜日までわかる天才で、体を揺らす「常同行動」をすると、「キラキラ雪」を放つ。
舞台はネパールのお寺やペルーのマチュピチュなどが登場し、祈る人々が「キラキラ雪」を放ち、自閉症の「常同行動」が宇宙とつながる「祈り」だったことがわかる。

本に登場するペルーにある「天野博物館」館長阪根博さんはオレが1999年「アヤワスカ!」を書く旅で、ピザをつまみにビールを飲み明かした恩人なのよ。
バリ島の師匠ユダもかっこちゃんと共通の友達だし、すごい偶然で共通のすごい人に会っている。

この本のラストは感動的で、あきらのお兄さんが子供の頃から走り出してしまう行動の謎が明かされる。
他の人から見たらわからない行動も、深い思いが込められている。
著者であるかっこちゃん自身も校正で読み返し、涙が止まらなかったという。
ファンとしては、かっこちゃんが特別支援学級で出会った子供たちとの交流をもっと読みたい〜。
ぜひシリーズで描き続けてほしい。


全ページカラーで挿入される谷真理子さんの絵がすばらしい!
シャガールを彷彿させるやさしい色彩に吸い込まれ、心がほわっと暖かくなるよ〜。



★最新のコバシャールX AKIRA「縄文の真実」動画が2万人を超える大ヒットになってます!

https://youtu.be/PxCx3s1Vq3Y?si=agVKqPnPgpRsz2uk


★歌う画家 AKIRA「天邪鬼TV」

UFOに拉致されたコバシャールの真実






★大人気の「櫻絵画」で購入可のな作品は唯一こちらのみです。


『櫻10』7万円。M12号(60.6×41.0cm)

メール先着の早い者勝ち。

杉山明 

https://www.facebook.com/akira.sugiyama.351

akiramaniacom@yahoo.co.jp


龍は水を司り、より多くの涙を流した者ほど幸福の高みへ昇っていける。
あなたのやさしさがときに誤解され、人を傷つけ、あなたが傷ついたこともあるだろう。
だけど天はあなたが人を思いやり、いつも必死で生きてきたことを知っている。
あなたがうつむいた顔を上げたとき、天から降りそそぐ祝福の櫻に気づくだろう。


『櫻10』7万円。購入可能。

『櫻10』のライブペインティング


『櫻10』の解説ブログ



 『おてんとうさまはみている』のAmazonレビューを書いて広めていただけるとうれしいです。

マスコミ関係で知り合いのいる方はご紹介ください。


幸せに生きる知恵がすべてつまった日本人のバイブル!

サンマーク(1600円+税)


AmazonURL

https://www.amazon.co.jp/dp/4763141236


★2024年ライブスケジュール