上杉蒼太の鉄道&天体観測日記

上杉蒼太の鉄道&天体観測日記

鉄道全般ならびに鉄道模型、そして天体観測に関するブロクです。特に鉄道模型や天体観測好きの方大歓迎!


テーマ:

昨夜は月齢13。しかも冬なので月は高く上りますが、晴れ間が覗いたので、撮影に挑みました。こういう事をすると本当に貧乏性だと思います。

2019年11月19日

VC200L(焦点距離1800mm・F9)+ SXP赤道儀

KOWA LM75JC+M-GENでオートガイド

カメラ:ASI1600MM-Pro フィルタ:ZWO RGBフィルタ(31mm)

GAIN:300 冷却温度:-20℃

露出時間: R・G・B:各60秒×10 (合計30分)

ステライメージ7・フラットエイド・Neat Image v8・PHTOSHOPCCにて画像処理(対象を中心にトリミング)

 

まずは月明かりの影響を避けられなかったエリダヌス座の惑星状星雲NGC1535です。「クレオパトラの瞳」という別名がある、まるで瞳のような星雲です。正直、半分失敗したと思ったのですが、何とかここまで持ち直しました。エスキモー星雲と違って外周部に模様は無いですが、代わりに「泣きぼくろ」がありますね。月明かりの影響下でもここまで写るので、意外と明るいのかもしれません。

 

2019年11月19日

VC200L(焦点距離1800mm・F9)+ SXP赤道儀

KOWA LM75JC+M-GENでオートガイド

カメラ:ASI1600MM-Pro フィルタ:ZWO RGBフィルタ(31mm)

GAIN:300 冷却温度:-20℃

露出時間: R・G・B:各60秒×10 (合計30分)

ステライメージ7・フラットエイド・Neat Image v8・PHTOSHOPCCにて画像処理(周辺部をトリミング)

 

続いてはケフェウス座の惑星状星雲NGC40「ボウタイ」星雲です。形はシンプルですが、とにかく赤いです。RGB撮影でもRバンドだけ非常によく写っていました。中心星から吹き出したガスが反射して輝いているようですが、赤一色はあまり見ません。普通の惑星状星雲と少し違うのでしょうか?

 

非常に寒かったものの、晴れ間の時間はそれなりに長かったです。月明かりが無ければ系外銀河シーズン入りを宣言してM81を狙っていたところでしたが、とても無理でした。次の機会を狙います。

長焦点大口径砲・VC200Lの出番の始まりです。

 


テーマ:

いきなりですが、車で遠征するのが好きです。リモート天文台などという贅沢品がないので遠征するしかないのですが、やっぱり遠征は楽しいです。車を走らせながら好きな歌を聞くのも楽しみの一つですからね。今回は悪天候を避けて太平洋側まで遠征しました。

さて、先日テストしたSuper Multi Coated TAKUMAR135mm・F2.5(前期型)を実戦に投入してみました。

2019年1月14日

Super Multi Coated TAKUMAR135mm・F2.5(前期型)

(焦点距離135mm・F2.5⇒ステップダウンリングでF3まで絞った) SXP赤道儀

カメラ:ASI1600MM-Pro フィルタ:ZWO RGBフィルタ(31mm)

GAIN:300 冷却温度:-20℃

 露出時間:Hα180秒×18  OⅢ180秒×15  (合計99分)

ステライメージ7・フラットエイド・PHTOSHOPCCにて画像処理(トリミングなし)

 

まずはぎょしゃ座のIC417を中心とした領域です。構図をミスして縦になってしまいました……。

それでも、IC417・IC405(勾玉星雲)・IC410・Sh2-230(IC417の上にある二等辺三角形の星雲)・Sh2-231(左隅の赤い天体)・Sh2-237(ICI417の下にある天体)・M38・M36をまとめて写すことができました。

この辺りを135mmで撮影したのは初めてですが、IC405・IC410以外にも散光星雲が散らばっているのがわかります。

 

2019年1月14日

Super Multi Coated TAKUMAR135mm・F2.5(前期型)

(焦点距離135mm・F2.5⇒ステップダウンリングでF3まで絞った) SXP赤道儀

カメラ:ASI1600MM-Pro フィルタ:ZWO RGBフィルタ(31mm)

GAIN:300 冷却温度:-20℃

 露出時間:Hα180秒×18  OⅢ180秒×15  (合計99分)

ステライメージ7・フラットエイド・PHTOSHOPCCにて画像処理(トリミングなし)

 

続いては初めて本格的に撮影したIC2177「わし(かもめ)星雲」です。こちらもよく写りました。鳥の頭に当たるSh2-292、他にSh2-293・295(292の下にある円形の星雲)、Sh2-297(翼の先にある円形の星雲)、M50も写っています。

当初はBORG67FLで狙うつもりだったのですが、IC417のついでということでオールドレンズで撮ってみましたが、予想以上の写りの良さでした。

 

このレンズ、隅の方で収差が発生していて星の形がおかしくなっていますが、星像自体が小さいのであまり気になりません。まあ、47年前のレンズなので贅沢は言えませんけどね。

 

ちなみに私がヤフオクで入手したこのレンズはピント合わせもスマートで、非常に使いやすいです。オーバーホールしたのだと思いますが、1万ちょっとで手に入れたレンズとは思えない使いでの良さです。今後もナローバンド専用で使うことになりそうです。

 


テーマ:

午前3時過ぎに目が覚めて、外を見たら快晴だったので、さっそく先日購入したばかりのSuper Multi Coated TAKUMAR135mm・F2.5(前期型)の撮影テストをしてみました。

まずは本命のナローバンドから。はくちょう座のIC1318を中心に狙ってみました。

2019年1月12日 午前5時28分~39分

Super Multi Coated TAKUMAR135mm・F2.5(前期型)

(焦点距離135mm・F2.5⇒ステップダウンリングでF3まで絞った) SXP赤道儀

カメラ:ASI1600MM-Pro フィルタ:ZWO RGBフィルタ(31mm)

GAIN:300 冷却温度:-20℃

 露出時間:Hα60秒×12  (合計12分)

ステライメージ7・Neat Image v8・PHTOSHOPCCにて画像処理(トリミングなし)

 

予想以上によく写りました。天体薄明が始まった直後でしたが、サドル周辺の星雲を写すことができました。また、右側にはNGC6888「クレセント星雲」も写っています。

下の方が暗くなっているのは建物の屋根に引っかかったからです(電線もあったのですが、これは特に影響しなかったようです)。これならAOO撮影も十分だと思います。

なお、ステップダウンリングで58mmから49mmまで絞っていますが、この方法はゴットハンドさんのブログ記事を参照にさせてもらいました。オールドレンズの活用といい、本当に勉強になります。

 

IC1318が撮影可能になる前に、RGB撮影も試してみました。対象はこと座のベガです。

2019年1月12日

Super Multi Coated TAKUMAR135mm・F2.5(前期型)

(焦点距離135mm・F2.5⇒ステップダウンリングでF3まで絞った) SXP赤道儀

カメラ:ASI1600MM-Pro フィルタ:ZWO RGBフィルタ(31mm)

GAIN:300 冷却温度:-20℃

 露出時間:R・G・B各15秒×8  (合計6分)

ステライメージ7にて画像処理(トリミングなし)

 

コンポジットして、レベル調整をしただけの画像です。青ハロが出ましたが、これは予想通りです。むしろやや控えめのよう気もします。この青ハロですが、ステライメージ7の青ハロ除去機能を使うとこうなりました。

これなら十分に実用的ですね。この前のテスト撮影でも感じましたが、ナローバンドだけでなくRGB撮影でも使えると思います(但し、ピント合わせは各バンド単位に行う必要があります)。

 

F値の明るい単焦点オールドレンズは本当に使えますね~。また買ってしまったりして。

 

 

 


テーマ:

新しい機材を購入しました。焦点距離135mm・F2.5のカメラレンズですが、中古で1万円ちょっとで入手できました。……と書くと何を買ったかお分かりの方もいると思います。

M42接続のオールドレンズ・Super Multi Coated TAKUMAR135mm・F2.5(前期型)です。前から明るい単焦点レンズが欲しいとは思っていのですが、シグマどころか貧乏人の味方・サムヤンでもそれなりの値段がするのが難点でした。ところが、ゴットハンドさんのこのブログ記事(https://blogs.yahoo.co.jp/ohsamanou/22348827.html

)を見て、オールドレンズの可能性に気づきました。ヤフオクで探してみると本体・フード・革製のケースまで付属した一品があったのでついに買ってしまいました。本当ならばさっそく天体写真でテストといきたいところですが、例によって例のごとく天候不順ですので、室内で普通にテストしてみました。

 

レンズをM42-EFマウント変換アダプター経由でEOS60D(かつて天体撮影にも使用していたノーマル機)に接続し、レンズ側で絞りをマニュアルに変更し、F4.5まで絞って撮影してみました。ホワイトバランスはオート、露出時間1/8秒で撮影しました(三脚を使用)。

被写体はゲーム「東方project」第7弾「東方妖々夢」に登場する亡霊のお嬢様・西行寺幽々子のフィギュアです(適当な被写体が無かったので)。

……(驚いて声も出ない)

 

1971年製造のカメラレンズなのにこの写りです。ちなみにRAWで撮影して補正無しで現像しただけの画像です。もしかすると、ナローバンドどころか普通に撮影してもそれなりの写真が撮れるのかもしれません。オールドレンズ恐るべし!

 

天体撮影の結果についてはまた報告します。

 


テーマ:

あけましておめでとうございます。今年もこのブログをよろしくお願いします。

さて、冬コミ(コミックマーケット95)から帰ってきた翌日、わざわざ太平洋側まで出て撮影してきました。

2018年12月31日

タカハシFC-76DC(76Dレデューサー装着・焦点距離417mm・F5.5) SXP赤道儀

KOWA LM75JC+M-GENでオートガイド

カメラ:ASI1600MC-COOL フィルタ:ZWO Lフィルタ(31mm)

GAIN:300 冷却温度:-20℃

 露出時間:120秒×10

ステライメージ7・PHTOSHOPCCにて画像処理(トリミングなし)

 

まずはふたご座の散開星団M35です。撮影したのは2回目ぐらいのはずですが、綺麗な天体ですよね~。M35の下に写っているのは散開星団NGC2158ですが……球状星団にしか見えませんね。

 

2018年12月31日

タカハシFC-76DC(76Dレデューサー装着・焦点距離417mm・F5.5) SXP赤道儀

KOWA LM75JC+M-GENでオートガイド

カメラ:ASI1600MC-COOL フィルタ:ZWO Lフィルタ(31mm)

GAIN:300 冷却温度:-20℃

 露出時間:120秒×12 60秒×3

ステライメージ7・PHTOSHOPCCにて画像処理(トリミングなし)

 

続いてはとも座の散開星団M46とM47です。残念ながらガイドの調子がイマイチでした。ただ、M46の方は惑星状星雲NGC2438もかすかに写りました。

 

2018年12月31日

タカハシFC-76DC(76Dレデューサー装着・焦点距離417mm・F5.5) SXP赤道儀

カメラ:ASI1600MC-COOL フィルタ:ZWO Lフィルタ(31mm)

GAIN:300 冷却温度:-20℃

 露出時間:60秒×20

ステライメージ7・Neat Image v8・PHTOSHOPCCにて画像処理(トリミングなし)

 

最後に、北の空のやまねこ座に移動したウィルタネン彗星です。何とかもう一度撮影することができました。彗星を中心にコンポジットしています。残念ながら尾は捉えることはできませんでした。

 

今年も撮影を続けていこうと思っていますのでよろしくお願いします!

 


テーマ:

冬コミの準備が忙しくてアップが遅れました。バラ星雲と同じ日に撮影したカリフォルニア星雲です。

2018年12月15日

タカハシFC-76DC(76Dレデューサー装着・焦点距離417mm・F5.5) SXP赤道儀

KOWA LM75JC+M-GENでオートガイド

カメラ:ASI1600MM-Pro フィルタ:ZWO RGBフィルタ(31mm)

GAIN:300 冷却温度:-20℃

 露出時間:Hα180秒×20 +B・180秒×10 (合計90分)

ステライメージ7・フラットエイド・Neat Image v8・PHTOSHOPCCにて画像処理(トリミングなし)

 

本当はHαGBにする予定だったのですが、ガイドが何故か不調で、Gバンドは捨てざるを得ませんでした。それでも、Bバンドは使えたのでHαBBにして仕上げてみました。カリフォルニア星雲はGバンドはほとんど映らなかったのでこれでも問題なさそうです。

でも、中途半端なのでまた撮り直すかも……。

 


テーマ:

冬コミの原稿があるのにも関わらず、太平洋側まで遠征してきました。といっても今回は牡鹿半島ではありません。もう少し近い場所です。さすがに太平洋側。よく晴れていました。ただ、非常に寒くて霜に悩まされました。

2018年12月15日

タカハシFC-76DC(76Dレデューサー装着・焦点距離417mm・F5.5) SXP赤道儀

KOWA LM75JC+M-GENでオートガイド

カメラ:ASI1600MM-Pro フィルタ:ZWO RGBフィルタ(31mm)

GAIN:300 冷却温度:-20℃

 露出時間:Hα300秒×12 +G・B各300秒×6 (合計120分)

ステライメージ7・フラットエイド・Neat Image v8・PHTOSHOPCCにて画像処理(トリミングなし)

 

冬の定番の一つ、バラ星雲をHαGBで時間をかけて撮影してみました。やっぱりこの天体綺麗ですよね。ようやく満足のいくバラ星雲が写せました。

 

実はこの日、ウィルタネン彗星も撮影しようとしたのですが、パソコンのバッテリーが切れてしまい駄目でした。ちなみに肉眼では確認できず、双眼鏡でようやく見える程度でした。冬の天の川がうっすりと見えるぐらいには暗い空だったのですが……。

ちなみに双眼鏡は新しく買ったKOWAのYF30-6です。安くて、軽くて、しかもよく見えるという三拍子そろった双眼鏡ですぐに気に入りました。三脚には固定できないので手持ち限定ですが、軽量なので首から下げてもあまり苦になりません。双眼鏡入門用としてはかなりの良品だと思います。

 


テーマ:

牡鹿半島遠征第3弾はオリオン座のM78星雲です。

2018年12月1日

タカハシFC-76DC(76Dレデューサー装着・焦点距離417mm・F5.5) SXP赤道儀

KOWA LM75JC+M-GENでオートガイド

カメラ:ASI1600MM-Pro フィルタ:ZWO RGBフィルタ(31mm)

GAIN:300 冷却温度:-20℃

 露出時間:L300秒×15 +R・G・B各180秒×5 (合計120分)

ステライメージ7・Neat Image v8・PHTOSHOPCCにて画像処理(トリミングなし)

 

正直ここまでよく写るとは思いませんでした。非常に暗い空と冷却CMOSカメラ、そして高性能な鏡筒の組み合わせが決まったと思います。タカハシの鏡筒というとFSQやイプシロンというイメージが強いですが、FC-76DCでも十分にいけることがよく分かります(二枚玉とはいえれっきとしたフローライトですからね)。

それにしても、M78は少しアイリス星雲に似ていますね。同じ反射星雲だからかもしれませんが、こちらは暗黒帯も横切っていて一段と複雑です。

 


テーマ:

長時間撮影の合間に、接近中のウィルタネン彗星も撮影してみました。明るさのわりに淡いので、遠征しないと撮れませんでした。しんどいですが、遠征は色々と楽しいです!

2018年12月1日

タカハシFC-76DC(76Dレデューサー装着・焦点距離417mm・F5.5) SXP赤道儀

KOWA LM75JC+M-GENでオートガイド

カメラ:ASI1600MM-Pro フィルタ:ZWO RGBフィルタ(31mm)

GAIN:300 冷却温度:-20℃

 露出時間:R・G・B各60秒×5 (合計15分)

ステライメージ7・Neat Image v8・PHTOSHOPCCにて画像処理(トリミングなし)

 

冷却CMOSカメラでRGB別に撮影して、彗星の核を中心にコンポジットした為、星像がおかしなことになりましたがまあそれはご愛嬌ということで。彗星自体はよく撮れたと思います。

残念ながら尾は確認できませんでした。ただ、左上の方向にわずかに伸びている部分はあるのでごく淡い尾はあるのかもしれません。


テーマ:

再び牡鹿半島まで遠征してきました。到着してからしばらくしてからはかなりの風が吹いていたのですが、SCWの予想通りに収まり、寒いながらも色々と撮影できました。

2018年12月1日

タカハシFC-76DC(76Dレデューサー装着・焦点距離417mm・F5.5) SXP赤道儀

KOWA LM75JC+M-GENでオートガイド

カメラ:ASI1600MM-Pro フィルタ:ZWO RGBフィルタ(31mm)

GAIN:300 冷却温度:-20℃

 露出時間:L300秒×15 +R・G・B各180秒×5 (合計120分)

ステライメージ7・Neat Image v8・PHTOSHOPCCにて画像処理(トリミングなし)

 

最初はおうし座のM45「プレアデス星団(すばる)」です。お手軽撮影などで何度も撮っていますが、今回は2時間かけて露出してみました。F5.5と桁外れに明るいわけではないので分子雲もくもくというわけにはいきませんでしたが、ここまで撮れました。

 

ガイドをM-GENにしたお蔭で、今回の遠征ではガイドの失敗はゼロでした。やっぱりいいガイドは必須ですね。ストレスのかかり方もまったく違います。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス