お盆前に千葉センターから引き取りの相談がありました。

 

センターからの相談は、大抵はすごい高齢だったり、何か事情のある子達。

2頭のポメラニアンの持ち込みがありました。

 

元飼い主さんが亡くなってしまい、親戚の人がセンターに持ち込んだのだそうです。

 

■2018年8月16日千葉県動物愛護センター(本所)引き取り

【30千葉-10】ポメラニアン♀マリア

 

推定14歳 体重2.5キロ

心臓の雑音もあります。

 

後ろ足、変形していて、ちゃんと歩けていません。

 

【30千葉-11】ポメラニアン♀ジェシカ

推定10歳 体重2キロ

 

 

全身、脱毛しています。

でもとても元気です。

 

2頭とも、同じ飼い主さんで、きっと室内でフリーで過ごしてきたんだと思いますが、突然お盆前のセンター収容、しかもエアコンのない千葉センター本所・・・

 

とりあえず昨日は満員の事務所にお泊りで、今日は協力病院でいろいろ診ていただきます。

情報では2頭とも通院治療をしていたとのこと。心臓の悪い子の方はお薬を飲んでいたのだとしたら、放置されて10日ぐらい、お薬なしで過ごしていたのでしょうか。

 

早く、治療してあげなければ。

 

毛のない子の方。

甲状腺機能低下症を疑われてしまうかもしれませんが、私の過去の経験では、こんな状態のポメラニアン保護犬が、安定した生活をすることで、1年後には毛が生えてモフモフになった思い出ばかりです。30頭こんな子がいても、ずっとこのままだった子は1頭もいなかったなあ。

センター収容がその子の犬生で最悪の時代だとすれば、これからはよくなっていく犬生になるはずだから、この子もきっとモフモフになると信じています。

 

毛が生えたらきっともっと可愛いポメラニアンになると思います。

 

もしお気持のある方がいましたら、この子達もよろしくお願いします。

 

~今、事務所では ポメ祭り~

元気すぎて静止画像が全然撮れないポメ♂キット(性格すごくいいです)

 

同じく静止画像が撮れないポメ♂カール

(性格いいですが、若干子犬のような痛くない甘噛み傾向・・(;^_^A)

 

両者、里親会に参加します~会いに来てくださいね

 

詳しくはこちら

 

8月22日(水)、小中学生対象、夏休み保護犬新聞づくりも参加者募集中

 

詳しくはこちら

 

-------------------------------------------

 活動をお知らせする為にランキングに参加しています。

クリックのご協力をお願いします!

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

 

 

8月12日

今年3年目になった小中学生対象夏休みイベントの2日目を迎えました。

2日目も定員30名お申し込みがあり、当日お一人だけ欠席になりましたが、保護者の皆さんやご兄弟の皆様を入れると60名以上の皆様で、やはり熱気あふれるものになりました。

今年で3年目の『夏休み自由研究・保護犬新聞づくり』ですが、いきなり作業には入らず、作業できるように保護犬についての講座を行います。

 

でも、愛護団体だからと、その経験談だけで講座を行いがちですが、数々の学校訪問でわかったのは、犬を飼ったことのない、触ったことのない子達も必ず半分は、いるということ。

まずは犬を飼うことにまつわる責任について気づいてもらえるように、子どもの気持ちに沿ってのお話をパワーポイントで電子紙芝居風にお話します。

 

そのあとに、現状の殺処分や繁殖屋のお話、私たちの活動の体験談を実際の画像を使って伝えます。

 

今回は参加のお子さんからの質問で、「今までで1番辛かったことは?」というものがあり、ちょうど翌13日で四十九日を迎えるマイクを思い出して、あれあれあれ・・・・

 

ちょっと胸が詰まって涙腺緩くなり、答えられなくなってしまう・・・という予告しない一面がありましたあせる

 

いつもの私のペースと違っていて、自分でも慌てたんですが、メンバーには、「かえって皆さんに伝わった」「もらい泣きしているお母さんがたくさんいた」とのことでホッとしました。

 

さあ、そのあとは、新聞作りです。

 

毎回、反省に反省を重ね、こちらで用意する資料もより工夫をして、できるだけお子さんが自分の力で使えるものを用意します。

(次世代チームは本当に前向きな人たちのチームワークでできています)

 

 

その甲斐あって、3年前は全然手が付けられなくてず~っとアドバイス続けていた子が毎回5人ぐらいいたのに、昨年は2~3人、今年はゼロになりました。

最初の説明だけで、手が動いているのが凄い。

今年は1回目も2回目もさくさく新聞やレポート(中学生)を作っていく子達ばかりで、本当に嬉しかったです。

 

12日の参加メンバーは、

ピース母さん(パワポ)、ちーさん、ぽまむさん、キトリさん、私で、お手伝いにケロさん、ゆみくまさんが来てくださいました。朗読メンバーがギリギリだったので、お手伝い、大変助かりました。ありがとうございました。

 

 

毎回、学校訪問の時は子供たちに感想を提出していただき、その都度皆で目を通して反省会を開くんですが、今回は保護者さんからの感想をいただき、とても参考になっています。

感想の一例です。

 

・今春、我が家にも保護犬を迎え入れ、その年の自由研究にと今回、受講させていただきましたが、良い内容過ぎて是非、都内の学校を回ってほしいと思いました。

 

・有意義な時間を過ごすことができました。次世代を担う子供たちの教育は、効果的な活動で、近い将来、殺処分の数が大幅生減少すると思います。

 

・我が家の娘は犬を飼いたがって仕方ありませんが、ただ可愛いからではなくて、「犬を飼う」ということと、「命の大切さ」を学ぶことができたと思います。

 

・とても有意義な感動するお話でした。自然や動物の命はとても大きな存在であり人間の小さな在り方、勝手な行動はこれからの子供たちに伝えていかなければならない大きな問題だと思いました。

 

ほとんどお褒めの言葉をいただき、ありがとうございます。

 

さあ、次は、

8月22日(水)を残すのみとなりました。

 

まだ空きがありますので、お早めにお申込ください。

昨年は夏休み宿題の追い込みで、満員御礼となっています。

 

日時:8月22日(水)

    午後1時30分~3時30分 

 場所:東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10階

    東京ボランティア・市民活動センター (飯田橋駅となり)

 

対象:小学3年生以上 (保護者同伴も可)

 

材料費:300円

 

 持ち物:筆記用具、ハサミ、のり

 

★中高生は、独自の自由研究レポート作成も可(お手伝いします)

 

★新聞づくりの前に、パワーポイントを利用して講座を行います。

※この時間のみ、未就園児以下のお子さんの付き添いができませんので、

1階の休憩場所などでお待ちください

(各種カフェやアイスクリーム屋さんなどあり)

 

 

●お申込み方法

 

こちらのフォームでお申し込みください。

https://ws.formzu.net/fgen/S2128319/

 

お問い合わせはこちら

 

 

 主催:アイドッグ・レスキュー隊 次世代チーム

-------------------------------------------

 活動をお知らせする為にランキングに参加しています。

クリックのご協力をお願いします!

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

 

 

 

第44回 アイドッグ夏のプチ里親会in ジョンカフェ

 

犬の数が多すぎて、急きょプチ里親会を行うことにしたのですが・・・・

プチではなくなってしましました(笑)

 

 
 
 
日時・8月25日(土)13時~16時 
会場・CAFE JOHN
『カフェ&ドッグスペース ジョン」
江戸川区北小岩8-14-20 
北総線 新柴又駅より徒歩7分

当日の連絡先:080-7898-7495

(アイドッグ・レスキュー隊)

 

※先住犬を連れてこられる場合、

フリーで遊ばせることはできません。

必ずリードをつけて、

飼い主様の目が届くように

お願い致します。

 

※当日は駐車場のご用意がございません。

近隣のパーキングをご利用くださいませ。

(駅周辺にもパーキングがございます)

 

 

 

参加犬は体調などにより予告なく変更する場合があります。

 

 眼球摘出前のメアリーにも是非あっていただきたく、当日はずっと抱っこで参加します。

皆様のお越しを心よりお待ちしています。

 

★ただいま、以下のもののご支援を募集しています。

 

・子犬用フード(子犬たちに)

・子犬用粉ミルク

・ロイヤルカナンアミノペプチドフォーミュラ(かいくん、もなか用)

・一般フード(アダルト、シニア小粒)

 

その他、通年募集しているもの

・トイレシート(ワイド、ダブルワイド、レギュラーの順に)

・未使用切手、はがき

 

●支援物資の送付受付先

 

〒125-0052 東京都葛飾区柴又5-30-7 アイドッグ事務局
            TEL 080-7898-7495(荷物専用電話)

 

 

-------------------------------------------

 活動をお知らせする為にランキングに参加しています。

クリックのご協力をお願いします!

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

 

 

 

ご報告が遅れました。先日のまめちこさんご夫妻の愛知県からの搬送の帰り、横浜に立ち寄って、以下の子達の引き取りをしています。本当にお疲れ様でした。

 

BJドッグレスキュー経由で引き取っています。

 

■2018年8月6日横浜市動物愛護センターより引き取り

【30神奈川-10】Mダックス♀詩織

推定7~8才 体重4キロ台 乳腺腫瘍あり、摘出済み病理結果待ちです。

ミイッチーさん預り

 

【30神奈川-11】Mダックス♀ジュリエッタ

推定7~8才 体重4キロ台

元気で人懐こい

らむさん預り

 

【30神奈川-12】柴犬♀ゆい

推定7歳 体重8.6キロ

 

4月に子犬を産んで、そのままずっとセンターで子育てをしていたそうです。

柴犬う・・・・ん。尻尾丸まっているし、柴犬であせる

 

穏やかで人懐こい子です。

 

さくらママさん預り

 

【30神奈川-13】柴mix子犬♀海

【30神奈川-14】柴mix子犬♂サン

【30神奈川-15】柴mix子犬♂チャプ

 

最初は1匹、ゆいちゃんの子犬がいると聞いていたのですが・・・

引き取るという段階になって、実は3匹もいるとあせる

 

推定3.5カ月 体重そろそろ4キロ

 

優しいうすきさん~

3匹預かってくださることになりましたが、絶対に今、わちゃわちゃな状態だと思います!

 

私、5年前ぐらいに中型mix子犬を2匹、2.5カ月から4カ月ぐらいまで預かりました!

そのとき、かなりわちゃわちゃでしたが、だんだん大きくなる子達を見て「ヤバイヤバイ」と当時一緒にボランティアしていたBJ代表と騒いで、私は動画をブログで駆使して、なんとかそこで里親様をゲットしたのを思い出しますが~。

あの~、今、その子犬時代卒業ぐらいのヤバイ大きさでないですかね?あせるあせる

 

ということで、この子達、3匹も長期間、うすきさんの家に置くわけにはいかないと思っていますよ笑い泣き

里親希望様大大大募集中! 譲渡の流れはこちら

 

犬が多すぎて~えーん

急きょ、夏のプチ里親会をジョンカフェで開きます!(8月25日)詳しくはこちら

子犬たち参加します!

うすきさんのブログはこちら

 

そのほかのブログはこちら

 

★★いつもご支援ありがとうございます。★★

 

メアリーのためにたくさんのご支援やお声がけ、ありがとうございます。

8月25日、夏の里親会に、メアリーでも連れていきます。

 

 

★ただいま、以下のもののご支援を募集しています。

 

・子犬用フード(子犬たちに)

・子犬用粉ミルク

・ロイヤルカナンアミノペプチドフォーミュラ(かいくん、もなか用)

・一般フード(アダルト、シニア小粒)

 

その他、通年募集しているもの

・トイレシート(ワイド、ダブルワイド、レギュラーの順に)

・未使用切手、はがき

 

●支援物資の送付受付先

 

〒125-0052 東京都葛飾区柴又5-30-7 アイドッグ事務局
            TEL 080-7898-7495(荷物専用電話)

 

 

-------------------------------------------

 活動をお知らせする為にランキングに参加しています。

クリックのご協力をお願いします!

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

 

 

一連の引き取り犬の記事の前に1頭、記録しておかなければいけない子がぬけていました。

 

■2018年7月29日放棄犬の引き取り

【30協力-35】Mダックスmix♀のんのん

推定7歳、体重6.6キロ

 

詳しい流れは記載できませんが、福祉関係のお仕事をされているスタッフあぷりこっとさんが関わった、犬飼育不可のアパートで虐待されて飼われていた子の放棄です。

医療も全く行っておらず、腫瘍をぶら下げて、この猛暑にベランダで飼われておりました。

性格はちょっと気質が強いところもあり(強くならざるを得なかったのか)、あぷりこっとさんが最初に提案されたミミという名前のはかなげなイメージはなく、(アイドッグでは1年以内に使用している名前は使わないというルールもありますので)、即却下(笑)、

 

のんのんという名前で、今まで受けられなかった医療を全て行いました。

現在、避妊と同時に大きくなった腫瘍の切除と病理をお願いして、きれいになっていますが、たくさんの医療費がかかりました。皆様からのご支援を使わせていただいています。

 

詳しくはこちら

心ある預かり先(この子限定の預かりも可)、里親希望をお待ちしています。

 

★★いつもご支援ありがとうございます。★★

 

メアリーのためにたくさんのご支援やお声がけ、ありがとうございます。

ヒアレインがたくさん送られてきて、助かっています。

 

最初の腫れは収まってきていますが、充血がひどく、やはり両目眼球摘出は免れそうもありません。

今、義眼の提案もいただいていますが、保護犬にお金のかかる義眼をすべきなのか。

メアリーにとっては眼球摘出さえすれば痛みもなくなって過ごせるから十分では?と、いろいろ考えております。皆さんはどう思いますか。

 

もう1週間点眼をして、最終的に眼球摘出の判断を仰ぎたいと思います。

-------------------------------------------

 活動をお知らせする為にランキングに参加しています。

クリックのご協力をお願いします!

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村