トピックス

身近で起こっている動物に関する事件や情報の発信blogです。

私たちは、犬猫の殺処分ゼロを目指す活動と、

「生き地獄」で生きている子達を救う活動をしています。

 

アイドッグ・レスキュー隊 


 HP  「活動日記」
NEW !
テーマ:
2016年08月21日 06時12分 ビジネスジャーナル

1970年代に端を発するといわれている
ペットブーム。一般社団法人
ペットフード協会が2016年1月29日に
発表したデータによると、犬や猫の
飼い主は近年やや減少をしているものの、
日本全国で犬は約991万頭、
猫は約987万頭と犬猫合わせて約2000万頭
近く飼育されているという。


「Thinkstock」より

 同協会のアンケートによると、
犬猫の両方で飼う理由の1位として
「生活に癒し・安らぎが欲しかったから」
というものが挙げられており、
ペットが飼い主のストレス緩和の
一助を担っていることは間違いないだろう。

 しかし、ペットが飼い主に
「癒し・安らぎ」を与えていても、
周囲の人間にはストレスを与えている
可能性があることを飼い主は決して
忘れてはならない。これを忘れてしまうと
モンスターペアレンツならぬ
「モンスター飼い主」になってしまう
からだ。

 実際に多くの人々から、
モンスター飼い主による被害の声が
寄せられた。今回はその一部を
紹介したい。

●迷惑かけても知らんぷり

「マンションの駐車場を出て
エントランスのほうに向かって
歩いていたら、突然大きな黒い
ドーベルマンのような凶暴そうな犬を
2匹連れた人が入り口から入ってきて、
その犬が私に向かって、ものすごい
勢いで吠えてきたのです。その声は
とても大きく、エントランス内に
響き渡り、私は心臓が止まるかと
思うくらい怯えたのですが、飼い主は
謝る素振りもまったく見せず、
そのまま通りすぎて、しかもなんと
その犬を連れたままエレベーターに
乗り込んだのです。それ以降、
エレベーターを乗り降りする際や
エントランスを歩く際は、常に
ビクビクしてしまいます。本当に
非常識きわまりないと思います」
(30代女性)

「朝、出勤のためにマンションの
エントランスに向かっていたところ、
ドアが開いた瞬間に大きな犬が2匹、
私に向かって猛スピードで走って
きました。私は一瞬何か起こったのか
わからず、パニック状態になって
カバンを落としてしまうほど混乱して
しまいましたが、結局その犬は
私の横を通りすぎていきました。
マンションの住人が犬と一緒に
ジョギングをした帰りだったようで、
犬のすぐ後からその人が走って
きましたが、まったく謝ることなく
通りすぎていきました。頭が
おかしいのではないでしょうか?」
(40代女性)

「通勤時間帯に公園のすぐ側の
道路を車で出勤するのですが、
大型犬を3頭ほどノーリードで散歩
させている人がいて、非常に迷惑して
います。リードがないので犬が道路に
飛び出してきたり、道路で寝そべって
いたり、車に対して吠えかけてくるので、
いつも神経を使って車を走らせています。
また、ノーリードで自由に動きまわって
いるので犬の糞尿も片付けていない
ようです。私も犬を飼っていますが、
こういったマナーの悪い飼い主が
多いために、ほかの常識あるペットの
飼い主まで非難されることになるの
です。うんざりですよ」(20代女性)

 今回アンケートを取った結果、
大型犬の飼い主に関する苦情が一番
多いようだ。こうした「迷惑な飼い主」
たちは、「自分の愛犬はきちんと躾を
しているからノーリードでも大丈夫」
といった過信や、「公共の場所は
みんなが使う場所だから自分も好きに
使ってよい」といったマインドを
持っている様子がうかがえる。

 ちなみにノーリードでの散歩は、
動物愛護法の第7条「動物の所有者又は
占有者は、命あるものである動物の
所有者又は占有者として動物の
愛護及び管理に関する責任を十分に
自覚して、その動物をその種類、
習性等に応じて適正に飼養し、又は
保管することにより、動物の健康及び
安全を保持するように努めるとともに、
動物が人の生命、身体若しくは財産に
害を加え、生活環境の保全上の支障を
生じさせ、又は人に迷惑を及ぼすことの
ないように努めなければならない」
という部分に抵触し、東京都などの場合、
拘留または20万円以下の科料に
処せられる可能性もある。

●他人の家の庭で鳴き続ける

 このほかにも被害の声は多い。

「スーパーやコンビニエンスストアに
買い物に行くと、飼い犬のリードを
ガードレールなどに結んで放置している
飼い主がいますよね。以前、リードに
結ばれた落ち着きのない小型犬が
歩道を動き回っていて、そのリードが
足に引っかかり転んでしまったことが
あります。私も買い物帰りだったので、
買ったばかりの玉子がグチャグチャに。
怒りをぶつけようにも飼い主が不在で
やるせなかったです。それ以来、
そんな犬を見かけたら避けて歩くように
しています」(50代女性)

「最近、電車内でよく見かけて迷惑だと
感じるのが、ケージにも入れずバッグの
中に小型犬を連れて歩いている飼い主。
たぶんぬいぐるみ感覚で犬を連れまわして
いるのでしょうが、朝の通勤時間帯に、
しかもキャンキャン吠える小型犬を
電車内に連れ込むのは神経を疑います。
盲導犬などきちんと躾をしているなら
納得できますけど、吠える犬を電車に
連れ込むのはどうかしていますよね」
(20代男性)

「家の近所に猫を6~7匹飼っている家が
あるのですが、その家の猫は避妊手術を
していないようで、発情期を迎えると
その鳴き声がうるさくってたまりません。
その家の住人もうるさいと感じているのか、
猫を夜中に家の外に出すのですが、
私の家の庭で何時間も鳴き続けるもの
ですから、発情期を迎えるのが憂鬱。
一度、抗議をしましたが『うちは猫を
自然のまま飼ってあげたいんです』と
言っていて、開いた口が塞がりませんでした。
多頭飼いをするくらい猫が好きならば、
しっかりと責任を持って飼ってほしい
ものです」(50代男性)

 犬ほど飼育の手間がかからなく、
近年のブームもあって飼い主が微増し
つつある猫にもモンスター飼い主がいる。
避妊手術は確かに飼い主の判断する
ところではあるが、それで迷惑をかけて
いてはどうしようもない。動物愛護法の
第7条には「動物の所有者は、その所有
する動物がみだりに繁殖して適正に
飼養することが困難とならないよう、
繁殖に関する適切な措置を講ずるよう
努めなければならない」という項目も
あり、この部分に抵触している可能性も
考えられる。

「住んでいる家のすぐ近くに近隣では
有名な鳥の愛好家の住居があって、
かなり迷惑しています。家の中で
飼っているのですが、かなりの数を
飼っているようで朝方になると鳥の
鳴き声が騒音レベル。また、
どういうわけか余った餌を庭に撒いて、
野鳥に餌付けをしているようで、
餌と糞の臭いは窓を開けられないほど。
洗濯物も鳥の糞が怖くて外に干せません。
正直、引越しも考えています」
(30代男性)

 飼い主がペットに愛情を注ぎ
すぎるあまり、結果として常識や
マナーの範疇を超えてしまうと、
近隣の住民との裁判沙汰に発展する
こともある。今後ペットを飼うこと
を考えている人は、自分が
モンスター飼い主にならないように
気をつける必要があるといえよう。
(文=編集部)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
佐賀新聞 8月20日(土)12時49分配信

佐賀県警佐賀署は19日、詐欺の疑いで、
千葉県市川市の容疑者(25)を逮捕した。

 逮捕容疑は2014年11月、ペット犬の
情報サービスウェブサイトの掲示板で、
掲載していたゴールデンレトリバーの
子犬を譲り渡す情報を見てメールを
送ってきた佐賀市の30代女性に
「医療費や空輸代金など5万3千円の
負担が必要。先に3万円を振り込んで」
などと返信し、3万円を指定した
金融機関口座に送金させてだまし取った
疑い。

 容疑者と連絡が取れなくなった女性が、
佐賀署に被害を届け出ていた。
同様の手口の余罪があるとみて調べている。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
山陽新聞デジタル 8月17日(水)8時10分配信


岡山県動物愛護センターで新たな飼い主を待つ犬

岡山県動物愛護センター
(岡山市北区御津伊田)と岡山、
倉敷の両市保健所で収容した犬の
「殺処分」が激減している。
2015年度は101匹と、この5年間で
10分の1になった。ペットの安易な
引き取り要請を自治体が拒否できる
ように定めた改正動物愛護管理法の
施行で、引き取り数が減少したことに
加え、収容後に新たな飼い主を見つける
「譲渡」の増加などが背景にあると
みられ、救われる命は着実に増えて
いるようだ。


岡山動物愛護センターと岡山、倉敷両市で収容した
「殺処分」と「譲渡」の推移

犬の殺処分 岡山県内で激減 
5年間で10分の1、譲渡が増加

岡山県動物愛護センターと岡山、
倉敷の両市保健所で収容した犬の
「殺処分」と「譲渡」の推移

 センターと両保健所によると、
10年度に1161匹に上った殺処分は
年々減少し、13年度(310匹)は
前年度比で7割の大幅減を達成。
施設別でみても、15年度はセンター58匹、
岡山市保健所16匹、倉敷市保健所27匹と、
いずれも5年前の10分の1に抑えられた。

 要因の一つは収容数の減少だ。
センターでは、飼えなくなった犬の
引き取り数が15年度に53匹と、
10年前との比較では10分の1以下に
減った。正当な理由がなければペットの
引き取り要請を自治体が拒否できるように
定めた改正動物愛護管理法(13年9月施行)
が奏功しているとみられる。

 「収容数が減れば殺処分数は確実に
少なくなる。犬を連れてきた飼い主には
できる限り自らの手で譲渡先を見つける
よう促している」とセンター管理課の
安井正広課長は強調する。

 一方、センターと両保健所が力を
入れるのが「譲渡」だ。センターは
収容した犬と引き取り希望者を
マッチングさせる「譲渡会」を月4回開催。
ホームページには収容した犬の種類、
性別といった特徴と写真も掲載しており、
譲渡数は15年度268匹と、5年前の1・8倍に
増えた。岡山、倉敷の両市保健所も
年々増加傾向を示し、15年度はそれぞれ
164匹、224匹だった。

 センターによると、県内では民間に
よる犬の保護、譲渡の取り組みも活発に
行われ、殺処分抑止に貢献しているという。

 安井課長は「殺処分がゼロにならない
限り尊い命は失われている。飼い主には
家族の一員として最期まで向き合うよう
働き掛けていきたい」と話している。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
神戸新聞NEXT 8月16日(火)16時58分配信

生きた飼い猫を焼却炉で焼いたとして、
兵庫県警生活経済課と垂水署は16日、
動物愛護法違反の疑いで、神戸市垂水区に
住む無職の女(31)を逮捕した。

 逮捕容疑は今年4月18日、
自宅マンションのベランダで、生後
約6カ月の雄の猫を鉄製の焼却炉
(高さ59センチ、直径37センチ)に
入れ、死なせた疑い。女は県警の調べに
「取り返しのつかないことをした」と
容疑を認めている。

 県警によると、女の親族から同日、
「女がインターネット上に虐待の動画を
投稿している」と通報があった。
駆け付けた垂水署員らが事情を聴いた
ところ、女は猫を焼いたことや、
スマートフォンで撮影した動画を
交流サイト「フェイスブック」に
投稿したことを認めたという。
女はその後、本人の同意を得たうえで
精神科病院に任意入院となっていた。

 県警によると、事件後、ネット上で
動画を見つけた市民から通報が相次いだ
という。焼却炉からは犬1匹の死骸も
見つかっており、県警が関連を調べる。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
東京新聞 2016年8月16日 夕刊

東京都港区の東京メトロ銀座線
青山一丁目駅で十五日、盲導犬を連れた
会社員品田直人さん(55)
=世田谷区=がホームから線路上に転落し、
電車にひかれて死亡した事故で、
視覚障害者の関連団体からは
「盲導犬や白杖(はくじょう)を持った
人がいたら、積極的に声を掛けてほしい」
との声が上がっている。

 赤坂署によると、品田さんには
視覚障害があった。事故当時はお盆時期で、
ホーム上に人影はまばら。駅のカメラには
ホームの端付近を盲導犬を連れて歩き、
徐々に線路方向にずれて行く品田さんの
姿が映っているが、周囲の人が注意を
払う様子は確認できなかったという。

 盲導犬を育成する公益財団法人
アイメイト協会(練馬区)は
「視覚障害者は周りの状況が分かりにくい。
危険と感じたら『ストップ』や『危ない』
と大きな声で知らせてほしい」と強調する。
駅係員は「白線の内側に下がってください」
と呼び掛けていたというが、同協会は
「視覚障害者はどこが白線か分からない」と
訴える。
 一方、ホームには点字ブロックがあったが、
一部が支柱と重なっていた。東京メトロは
この点字ブロックは、端に近寄らないよう
警告するために設置されており、上を
視覚障害者が歩くことを想定していないと
いう。都盲人福祉協会(新宿区)の
笹川吉彦会長は「障害物を避けるように
点字ブロックを敷設している駅もある。
もう少し配慮があってもいいのでは」と
話している。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。