トピックス

身近で起こっている動物に関する事件や情報の発信blogです。

私たちは、犬猫の殺処分ゼロを目指す活動と、

「生き地獄」で生きている子達を救う活動をしています。

 

アイドッグ・レスキュー隊 


 HP  「活動日記」
NEW !
テーマ:
西日本新聞 2016年06月10日 13時40分

熊本地震で仮設住宅が建設される
熊本県内16市町村の全てが、
ペット同伴での入居を認めることが
県への取材で分かった。
「1人暮らしの高齢者などにとって
ペットは家族同然で、孤独を癒やす存在」
として県が5月、市町村に配慮するよう
求めていた。

 県によると、
2004年の新潟県中越地震でも
関係自治体で同様の措置が取られた。
一方、11年の東日本大震災では一部で
ペットを原則不可とする自治体もあり、
ペットとの暮らしを優先して車中泊を
選ぶ被災者もいたという。

 県は4~5月、県内の避難所でペットを
飼っている被災者の状況を調査。
飼い主のほとんどが、仮設住宅で
ペットとの同居を望んだという。
16市町村は仮設住宅計2689戸を
建設する。既に入居が始まった甲佐町では、
90戸のうち25戸がペット同伴だった。

 16市町村ごとにペット同伴の
細かな決まりは異なり、原則室内飼いと
する自治体もあれば、制限していない
自治体もある。熊本市は、入居申請者に
動物アレルギーの有無を記入してもらい、
ペット同伴世帯は、ペットを飼っていない
世帯と別の区画に配置するなど配慮する。

=2016/06/10付 西日本新聞夕刊=
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
京都新聞 【 2016年06月11日 11時12分 】

京都府長岡京市奥海印寺谷田地区の
住民が、犬の散歩中に
独居のお年寄り宅を見回る
「わんわんパトロール隊」を結成し、
孤立防止に努めている。昨年には、
自宅で倒れていた高齢者を
犬が発見するお手柄もあった。
発足から6年、
高齢住民への気配りに対して、
市老人クラブ連合会(市老連)が
隊の活動を高く評価している。



犬の散歩をしながら高齢者の見守りや不審者をチェックする
衣川隊長(左)たち=長岡京市奥海印寺谷田


 同パトロール隊は、
地域で散見された高齢者の孤独死や
窃盗被害、犬のふん害などをなくそうと
2010年9月に結成。
犬を飼っている住民に入隊してもらい、
散歩中に独居老人宅の前を通る時、
ポストに新聞や郵便物がたまっていないか
などを確認してもらう。
不審者のチェックやごみ拾いを行うほか、
専門の講師を招いて犬のしつけ教室も
定期的に開催している。

 当初は30世帯で発足し、
現在は25世帯ほどが参加している。
新たに犬を飼い始めた世帯もあり、
入隊を促している。

 昨年1月の夜には1人暮らしの
高齢女性が自宅玄関で転び、
出血状態で倒れているのを巡回中の
隊員の飼い犬が知らせ、
隊員が119番で救助した。
隊長の衣川幸夫さん(77)は
「寒い日だったので気づかなければ
凍死していたかもしれない」と振り返る。

 また、犬の散歩中にふんを片付けない
飼い主に注意したり、
不法投棄されたごみを見つけて
整理したりした事例もある。

 市老連は、高齢者の見守り活動を評価し
、全国老人クラブ連合会が各地の熱心な
活動に贈る「活動賞」にこのほど推薦した。
衣川さんは「光栄なこと。隊員を増やし、
これからも高齢者の見守りと
地域の安全確保に努めたい」と、
意欲を見せる。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
CHUNICHI WEB 2016年6月8日


ペットの飼育放棄が社会問題となる中、
熊野保健所にも多くが殺処分となる
猫や犬が持ち込まれ、職員らを
悩ませている。職員は飼い主に
去勢、避妊手術を勧めるとともに
「最後まで愛情をかけて」と
呼び掛けている。

 熊野市と御浜、紀宝町を所管する
同保健所に二〇一五年度に収容した猫は
百七十四匹、犬は四十一匹。
それぞれ百五十四匹と二十三匹が
殺処分された。本年度も二カ月で
猫四十六匹、犬三十匹を収容している。



収容された子猫を抱く尾崎さん=熊野保健所で

 収容数自体は十年以上にわたって
減少傾向にはあるものの、人の都合で
動物の命が奪われている現実に変わりない。
離乳していない子猫は収容したその日の
うちに薬剤で安楽死となる。

 持ち込まれる理由はさまざまだが、
保健所衛生指導課技師で獣医師の
尾崎由佳さん(28)によると、
飼い主の入院や施設入所によることのほか、
「(犬が)年をとり世話が大変」
「出来が悪いので別の犬を飼う」
と言う人もいるという。尾崎さんは
「手放すなら殺処分されるところを
見てほしい」と貴重な命を実感するよう
訴える。

 一三年の動物愛護管理法改正で
飼い主には終生飼育が義務付けられ、
県は「殺処分ゼロ」を目標に据えた
県動物愛護管理推進計画を進めている。
同保健所では昨秋から譲渡活動を始め、
地元メディアに子猫の写真掲載を
依頼したり、市民の催しで写真展示する
などして大切に飼ってくれる人を探している。
現在も生後約二カ月の猫五匹を収容しており
引き取り先を募っている。
(問)同保健所=0597(85)2159

(福永保典)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
タウンニュース 多摩区版 掲載号:2016年6月10日号

川崎市動物愛護センター(高津区蟹ヶ谷)が
2015年度、
収容した犬の殺処分ゼロを達成した。
13年度から3年連続の達成。
猫の殺処分も9匹と、前年度より3匹
減った。多くのボランティアと協力し、
新しい飼い主探しに努めた結果だという。



職員から哺乳を受ける生後間もない子猫

 「ボランティアの皆さんと手を
つないで取り組んだことが、殺処分数の
削減につながった」と同センターの
小倉充子所長は話す。

 約30のボランティア団体が同センターと
協力して、毎月第3日曜日に「譲渡会」を
開催し、新たな飼い主との出会いの場を
設けている。また、飼い主に対しても、
ボランティアと共にしつけ教室や
適正飼養を呼びかけるキャンペーンも
実施。最後まで責任と愛情を持って飼う
「終生飼養」の啓発に努めるなど、
動物の命をつなぐ活動に取り組んでいる。
小倉所長は「飼い主も簡単に動物を
手放すのではなく、新しい飼い主を探す
努力をしていただくことが大切。
今後はしつけ教室などを通して、
無責任飼い主ゼロを目指したい」
と強調する。

 15年度、飼い主から引き取るなどして
保護した犬は94匹(前年度比47匹減)、
猫は473匹(同34匹増)。
保護された犬や猫は、
55人の個人ボランティアが散歩や
哺乳などに協力する。
家庭で飼育されることを見据えて、
外の空気や人に慣らせておくためだ。
ボランティアからは「動物がここ
(センター)に来るのは本来幸せでないこと。
その中で自分ができることを手伝えれば」
という声がある。

 昨年11月には、川崎市獣医師会と
技術支援協定を結び、同センターで
保護された負傷動物の治療を強化。
職員が現場で技術を学ぶ研修も行い、
不妊・去勢手術の技術向上も図っている。

動物愛護基金を設置

 市は今年度から「動物愛護基金」を
設置。寄付金を募り、動物の譲渡活動や
ボランティア活動の支援に活用する。
フードや、ゲージ内に敷く毛布などの
物品の寄付も受け付けている。

 同センターは18年度末に
中原区平間に移転し、市民と動物が
触れ合える交流施設として
整備される予定。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
Hazard Lab 2016年06月10日 11時54分


ブルターニュと飼い主でハンドラーのデニス・コーリスさん
(Texas Task Force 1テキサス都市捜索救助チーム)


アメリカ同時多発テロが起きた
2001年9月、世界貿易センターで
不明者の捜索にあたった災害救助犬の
最後の1頭が亡くなった。
米国中の国民がメスの
ゴールデンレトリバーへ
追悼の気持ちを捧げている。

 今月6日にテキサス州で
16歳で亡くなった「ブルターニュ」は、
2001年9月11日の米同時多発テロでは、
テキサス都市捜索救助チームと共に、
10日間にわたって世界貿易センターの
グラウンドゼロで活躍。

 テキサス都市捜索救助チームによると
、ブルターニュは生まれてから2カ月目の
子犬のときに、
消防士のデニス・コーリスさんの
飼い犬となった。
ちょうど1歳を迎えたときに、
国が認定する災害救助犬になるべく、
テキサス州の都市災害救助チームで
訓練を始め、週30時間に及ぶ猛特訓を
受けた。

ブルターニュとコーリスさんの
ペアにとって、
最初のデビューとなったのが911。
彼女たちは仲間の災害救助犬
300頭と共に、米国史上最悪の
テロ現場で1日12時間の捜索活動を
続けた。

「現場に着くまで、私たちは
もっと多くの人を救えると
信じていました。でも厳しい現実が
待っていたんです」とコーリスさん。

 その後もふたりは、2005年8月に起きた
ハリケーン・カトリーナの水害を
はじめとする多くの災害現場で活躍。
9歳で救助犬の仕事を引退後も、
地元の小学校で目の不自由な子供が
読書をする時のサポート犬として働いた。
昨年末にブッシュ元大統領が
テキサス州の図書館を訪問した際には、
案内役も務めた。 

 ブルターニュは、
2014年には米国の動物愛護協会が授賞する
「英雄犬」の賞にノミネートされ、
ハリウッドのレッドカーペットにも
登場したほどだ。

 近年、米国で最も愛された
ブルターニュの死を受けて、
テキサス都市捜索救助チームは、
公式ホームページに声明を発表した。

「ブルターニュとすべての働く犬たちへ。
世界中の人々の命を救う無私無欲な
あなたたちの魂に心から感謝します」

お疲れさま、ブルターニュ、安らかに。



現役時代のブルターニュ(テキサス都市捜索救助チーム)


休むのも最前線で(テキサス都市捜索救助チーム)
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。