トピックス

身近で起こっている動物に関する事件や情報の発信blogです。

私たちは、犬猫の殺処分ゼロを目指す活動と、

「生き地獄」で生きている子達を救う活動をしています。

 

アイドッグ・レスキュー隊 


 HP  「活動日記」
NEW !
テーマ:

山陽新聞デジタル 2/17(金) 8:30配信

用水路に転落した岡山県玉野市内の
男性(78)を発見し、助けたとして15日、
医療アドバイザー橋本良美さん(52)
=玉野市=ら4人と、犬の忠太郎
(ちゅうたろう)=雑種、雄4歳=
が市消防本部から表彰された。

「忠ちゃんが見付けてくれて本当に
よかった。すごいね」。橋本さんは
一緒に喜んだ。
{58F3615E-5DDF-4A75-ABC0-8531C0B64AB7}
表彰された犬の忠太郎

橋本さんは県動物愛護センター
(岡山市北区)との共同事業で、
犬の保護に取り組むボランティア団体
「あにまるセカンドライフin岡山」を
運営。忠太郎を保護犬として世話している。
{9C376939-347D-485E-B30A-E5962D945FAB}
用水路に転落した男性を助けた現場で、
当時を振り返る橋本さんと忠太郎

 「ワンワンワンワン!」。
昨年12月6日午後0時半ごろ、
玉野市東高崎。橋本さんに連れられて
散歩していた忠太郎が、激しくほえて
走りだした。

「普段はおとなしいのに。
どうしたんだろう」。

ぐいぐいと用水路まで引っ張られた。
何かを吸い込むような音が聞こえた。
のぞき込むと、水面に男性の口元が。
呼吸の音だった。

 橋本さんはすぐに用水路
(深さ約70センチ)の中へ。
男性を引き上げようとしたが、
水を含んだ服が重く持ち上がらなかった。
「人が落ちてるの。死にそうなの」。
大声に、近くの同じ会社に勤務する
井上祐一さん(54)=同市、
三宅将生さん(50)=同、
岡武遼佑さん(23)=岡山市南区=が
駆け付けた。4人で男性を引き上げた。

橋本さんは近くに住む親戚に119番を
依頼。医療機関で働いた経験から、
脈拍数などのバイタルサイン(生命兆候)、
意識レベル、けがの有無などを確認。
救急隊員が到着するまで気道確保を
続けた。男性は市内の病院に搬送され、
一命を取り留めた。

市消防本部が人命救助で犬を
表彰したのは初めて。井上さん、
三宅さん、岡武さんも表彰された。

表彰式が消防本部であり、橋本さんと
忠太郎が出席。澤満也消防長が感謝状と
記念品を手渡し、早期発見と機転の
利いた迅速な行動をたたえた。
橋本さんは「男性が助かって何より」
と話した。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
AFP BBNews 
2017/02/09 18:30(ニューデリー/インド)
{97CF950B-2430-4B44-85A4-997A37F0FC11}

【2月9日 AFP】インドの私立校数百校で
使われている教科書に、科学実験と
称して生徒たちに子猫を窒息させるよう
促す記述があったとして、出版社に怒りが
向けられている。

問題の教科書では「わたしたちの
グリーンな世界」と題したページで、
2匹の子猫を使った実験を紹介していた。

実験は、空気穴の開いた箱と開いていない
箱を用意し、それぞれに子猫を1匹入れる
というものだ。

説明文には、次のように書かれている。
「小さな子猫をそれぞれ箱に入れます。
箱を閉めます。しばらく放置して、
箱を開けましょう。何が見えますか? 
空気穴のない箱に入れられた子猫は
死んでしまいました」


動物愛護の活動家らによると、既に複数の
学校がこの教科書から問題のページを
切り取る措置を取ったという。また、
出版社は新版には問題の実験を掲載
しないと約束したという。
実際にこの実験を行った生徒がいたか
どうかは不明。

インドの教科書をめぐっては、明らかな
誤りや物議を醸す内容を掲載して
ニュース沙汰になることが少なくない。

過去には、日本が第2次世界大戦
(World War II)中に米国に核爆弾を
投下したとの記述が掲載された
教科書もあった。(c)AFP
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
毎日新聞 2/13(月) 9:00配信 

 タニタ(東京都板橋区)は、愛犬家に
向けた、歩いた歩数が動物愛護活動への
寄付金になる「ワンコとお散歩活動量計」
の予約受け付けを開始した。

{85561D9C-B47B-4C59-BDF4-3B5BBB69669E}
歩いた歩数が寄付金になる「ワンコとお散歩
活動量計」=タニタ提供


 ネットを使った会員制の健康管理
サービス「からだカルテ」(有料)と
連動し、歩数や活動量の変化をチェック
できる。

売り上げの一部と、歩いた歩数
(1日8000歩あたり5円)が
寄付金となり、犬や猫の殺処分ゼロを
目指す活動「Project 
Zero」に寄付される。

 購入は同社オンラインショップ(http://shop.tanita.co.jp)で。

3種類(トイプードル、柴犬、チワワ)で
合計2000台の個数限定。
トートバッグ付きで各7020円
(「からだカルテ」3カ月分の利用料金
含む)。3月下旬出荷予定。
【村田由紀子】
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
日本海ニュース Net Nihonkai 2017年2月15日

 獣医師たちが運営する全国でも珍しい
動物愛護施設「人と動物の未来センター
 アミティエ」(鳥取県倉吉市下福田)が、
2013年9月の開設から16年12月
までに、計180匹の犬や猫が新しい
飼い主に譲られるという実績を上げた。

今後は、施設内にしつけ方教室や
講習会などが開けるような部屋を整備
することが目標という。
{064CD2D5-7300-44D1-A442-C2C09C0D08F6}
犬たちの健康状態を確認する高島所長=
倉吉市下福田の「人と動物の未来センター 
アミティエ」

 施設を運営するのは動物臨床医学
研究所(倉吉市八屋、山根義久理事長)。

譲渡された犬や猫の病気を治し、
不妊去勢手術をし、マイクロチップを入れ、
新しい飼い主を探すまでを引き受けている。

 中でも力を入れているのは新しい
飼い主探しで、飼い主になる人に対しては、
過去の飼養経験や飼育場所などを問う
ほか「終生飼養する覚悟を持っているか」
「家族全員が賛成しているか」なども
尋ねる。

この予備審査をクリアした人の中で
月1回開かれる3時間の講習会を
受けた人だけが、新しい飼い主と
認められる。

 飼い主と認められるまでの基準が
厳しかったため、開設してから半年間は
新しい飼い主が現れなかったというが、
同研究所の高島一昭所長は「犬や猫の
運命は飼い主次第。いい飼い主に
譲渡したい」とその理由を語る。

新しい飼い主の元に行った犬や猫で、
飼えないからと施設に戻されることは
ほとんどないという。

 新しい飼い主の中には高齢という
理由で犬猫を飼うのをためらう人も
いることから、高島所長は「今はまだ
力不足だが、将来的には、やむを得ず
終生飼養ができない人の犬や猫を
受け入れ、新たに飼い主を探すといった
動物を巡る社会の中心の施設にして
いくのが夢」と話す。

県くらしの安心推進課によると、
収容中の死亡を除く犬猫の殺処分数は、
982匹(2013年度)805匹
(14年度)619匹(15年度)。
新しい飼い主の元に引き取られる
割合はまだ低く、犬猫を取り巻く環境に
課題は多い。(加嶋祥代)


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

AbemaTIMES 2/8(水) 15:23配信

 ニュースサイト「ハフィントンポスト」が
紹介した、“犬を無理やり水に入れる
“動画“が波紋を呼んでいる。

この動画はハリウッド映画の製作現場で
撮影されたもので、濁流で溺れている人を
犬が助けるというシーンのために、
犬を強制的に濁流に流す様子が
収められており、突き落とされた犬が
最後は溺れて水の中に沈んでいく様子が
見て取れる。

犬と人間との絆を描いた人気映画の
舞台裏のショッキングな実態に、
抗議活動が展開される事態になって
いるという。

 人間のために働く動物たちは、
私たちの身近な所にも増えてきている。

{4585BE4C-FE2B-419C-B3F5-C353197BC94E}
「アニマルライツセンター」に寄せられた内部告発。

動物と触れ合えることがコンセプトの
飲食店の中にも、悪質なものが現れる
ようになった。

 「狭い場所で長時間足に紐をつけた
まま飼育をし、糞尿を増やさないために
水分も与えず、ストレスのために体調を
崩したフクロウを死ぬ直前まで病院に
連れていくこともなかった。しかも、
死んだフクロウは裏の空き地に埋められて
いたそうだ」。

 これはある“フクロウカフェ“の
スタッフによる内部告発だ。

 動物の権利を守る活動をしている
保護団体「アニマルライツセンター」は
ウェブサイトにこの告発内容を記載、
所轄の保健所に指導を依頼するとともに、
全国の猛禽類の展示業者などに
フクロウカフェの撤廃を要請した。

 「アニマルライツセンター」からの
抗議に、あるフクロウカフェの店長は
「野生のフクロウと、卵から人間が返した
フクロウとは全く性質が異なるという
ことも分からないまま、フクロウカフェが
悪だという認識を植えつけられてしまって
いる」と、複雑な心境を明かす。

動物研究家のパンク町田氏は
「フクロウカフェにいるようなフクロウは、
ヒナの頃から人間が身近な存在だと
教え込まれているので、皆さんが
想像するほどストレスのかかるもの
ではない。野生動物でも人間と触れ合う
ことを求めている場合もある」としながらも、「飼育下に生まれたフクロウであっても
家畜ではない。普通、動物同士が
触れ合うのは、生殖のため、獲物を
捕らえる時、自分が獲物として襲われる
時など、限られた場合のみだ。

長時間人間に触れられることは、
ある程度ストレスにはなっているだろう。
触りすぎは良くない」とも話す。

 日本では去年、動物愛護管理法が
改正され、下記のように、犬・猫カフェに
関する規制緩和や基準づくりも
実施されている。

 ・犬と1歳未満の猫は午前8時から
午後8時まで展示可能(成猫は
午後10時まで)

 ・長時間展示の場合、途中で
休憩時間を設ける

 ・高齢猫を展示する場合、定期的に
健康診断を受けさせる等、健康に
配慮した扱いが必要

 このように法規制も「ペットビジネス」
に追いついてきてはいるが、対象と
なるのは犬と猫だけで、それ以外の
動物に関しては整備が不十分なのが
現状だ。

 パンク町田氏は「人気に便乗して
できたお店は、自分の知識や技術が
向上する前にオープンさせてている
可能性も高い。“展示“や“保管“として
登録、業務を行う動物取扱業の場合、
年に一回講習を受ける義務がある。
飲食スペースで動物を飼う業務も、
その中に入れて欲しい」と訴えている。(AbemaTV/AbemaPrimeより)


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。