こちらは、愛護団体「アイドッグ・レスキュー隊」の

ケイト家一時預かりの子を紹介しています。



HPはこちら↑



活動日記はこちら↑「アイドッグ活動日記


●当ブログに初めて訪問された方は、カテゴリー

皆さんに伝えたい保護活動」 覗いていただけると嬉しいです。



現在、当ブログの主人公(里親募集中)


●ポメラニアン♂マイク(推定10歳)




プロフィールはこちら


●ポメラニアン♂ドリス(推定4~5歳)




プロフィールはこちら
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

犬と(多分)合宿生活 (^^ゞ

2016-08-18 テーマ:ドリス

写真を撮ったのは、夜中3時半ごろ。暗闇です。


この時間にブログをアップしたり、メールを

送ったりすると、スタッフに「いつ寝ているの?」

って心配されます。



話せば長いので割愛しますが、早い話、

犬と一緒に寝たい為、でも犬を全て

ベッドに入れるのは、(一応)里親さんに

アドバイスする立場上、よくないので


預かり最初は預かり犬だけをケージ、

またはクレートで寝かして管理するの

ですが、


そのうちしっかりと管理しなくては

いけない子以外はフリーでネンネ・・

 というアマアマ生活になります。

先住コロが起きた。


私もベッドではなくパソコンを開いたまま

犬の傍で寝ちゃった…という日がありますあせる


あ~あ、寝ちゃった。これから仕上げなくては・・・

という日。

まるで合宿みたいな気分になりますが、

実は幸せ(*^▽^*)


この写真、我が家には何年たっても、

おしもの弱い女子が1名いて、色々な子が

出入りする為、いまだにしょっちゅう水たまりがあり、


 

フローリングに敷いてあるマットの下に、

常に白いトイレシートを敷いています(→o←)


 



コロの横にゴロンしていたドリスが起き上がりました。


おしっこをあらぬところにしない先住犬だけ

しかいない・・・という方には理解できない

かもしれませんね。



ドリスはこういう夜中にさわっても、全く怒りません。


っていうと、意味のわからない人いるかも

しれませんが、


我が家のコロは、寝ている時に不意打ちで触ると、

ガウガウ来ますよ。


寝ている時っていうのは無防備なので、危険な

子はいきなり触るとガウガウすることがあります。



起き上がって、暗闇で膝に上がって来るドリス。



その後のドリスのネンネ姿


実はソファーにもたま~に、本当にたまに

されるのであせる、人が座っていない時は、されても

いい、布のシートがかかっている次第です。


てか、我が家には、犬の居間があって(私の

居間とも言いますが・・笑)には使い捨ての

家具しかおけないですね。


ドリスのおトイレも完璧です。


できれば若いご夫婦、ファミリーでも中学生以上の

大人家族・・・・・が向いているかなと思います。


他の犬とは全く心配いりません。

雄同士でもドリスが強く出ることはありません。


何かトラウマを持った子にも見えません。


そのうちカフェにデビューさせてみますね。


ドリスは里親募集中。プロフィールはこちら



保護活動について一般の人に知っていただきたい為、

「ポメラニアン」ランキングに参加しています。




↓クリックの応援をお願いします。



にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ  にほんブログ村 犬ブログへ






-----------------------------------------



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

マイク、ドリスお散歩事情

2016-08-10 テーマ:マイク

我が家滞在の犬達をお散歩に連れて行く時に



●元気なドリスとチュナ組

30分以上



ドリス(左)とチュナ(右)


●あまり歩けなくなったコロ(年齢的なものも

ありますが、慢性のヘルニアらしく動きは

ゆっくりです)と、心臓が悪いマイク組。

10~15分ぐらい

という順序で行くのが理想です。


マイク。心臓が悪いというのに、自転車が来る

度と犬に会うたびに番犬活動に大騒ぎです得意げ


しかし、我が家では犬の性質(誰が一番で誰が

何番かという序列をすぐにつくる犬の性質)を

考慮して・・・・


我が家ではどの子もハーネスを目にすると

大喜びなので


1、先住コロ

2、先住チュナ

3、保護犬マイク

4、保護犬ドリス


の順番に装着させてあげなければ納得いかない

と思っているのですが、


というか、順番を守らなければ、寂しそうな

顔になるので、耐えられずに順序を守って

いたのです。


ドリスです。お散歩だーいすき。


そうするとチュナが歩みの遅いコロの

付き合いをしなければいけないか、またこの

暑いのに、順序を守っていると何度も

お散歩に行かなければいけなく、


とうとうそんなルールを破って、もっぱら最近は

ドリス×チュナ

コロ×マイク


で2回、早朝は行き来をしています。



しかし毎回、順風満帆とは言えず、この日は、


ドリス×チュナが行く時に寂しそうな顔をしていた

マイクが可哀想に見えて、結局3頭で。


マイクは途中大騒ぎするので、そこから抱っこ・・・


などして汗だくで歩きました。



ドリスは、お散歩で他の犬ともご挨拶ができるし


誰が寄って来ても問題なしです。




意外や意外、マイクは小さい子が触ろうとすると

う~、って危険犬になります(@Д@;


ところで、このようなことを書くと、すぐに

しつけの先生のような方が、読書登録に来られる

のですが、申し訳ありませんが、マイクは

心臓も悪くて、咳も出て大変だし、


10分程度のお散歩しかしていないし・・・


特にしつけでどうしようとは考えておりません。


(読書登録は、ご商売目的の方は承認して

おりません。申し訳ありません)


あ~あ、またやっちゃった。となること多々ですが

未然に興奮させないように、気を付けております。



以上・・・・

昔の自分に戻って、預かり犬の頻繁な

アピールしなきゃ、と思ったケイトでした。



-----------------------------------------


保護活動について一般の人に知っていただきたい為、

「ポメラニアン」ランキングに参加しています。




↓クリックの応援をお願いします。



にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ  にほんブログ村 犬ブログへ






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

紹介遅くなりました。ドリスです!

2016-08-07 テーマ:ドリス

初めまして、ドリスです。




推定4~5歳 体重4.8キロでした。


実はこのお方、千葉センターからの引き取りでしたが、

本当ならば処分、されるところでした。


引き取りまでのいきさつはこちら   


センターというところは、本当に異常な雰囲気があり、

犬にとっては地獄の一歩手前だということが

よくわかりました。


色々な子がいますが、中には(我が家の

コロのように)アマアマで育って、家族以外の

人とは人見知りする子、我が儘に育って

しまった子もいます。


最初のセンターで3週間過ごし、処分と判断、

その後、処分場のあるセンターに移されて

さらに3週間、クレートの中で過ごした後、

晴れて引き取った日の様子


ですが、本当に


 「怖い、怖い、怖いよ~」


って思って、最後の力を振り絞って 


 自分が生きる為の、最後のありったけの

抵抗をした子もいるのです。

センター引き取りの日


私は、保護活動を長いことやっておりますが、

幅広く犬のことなら何でも

自信を持って扱えるというわけではありません。


と、周りには話しています。


ところが、ある人に、自分ではそういっているけど

私は自然に犬種に分けての接し方が

身に着いていると言っていただけました。


そうういえば、ガウガウな子でも、我が儘から

来るのか、過去の何かのトラウマから来るのか

によって対応が一律ではなく、


とにかくしつけだけでは解決するとは思わず

かなりマニアックに接します(笑)


具体的にいえば、ビシッと叱ってしつける子、

咬まれても(前代未聞の?)叱らずに

「わかっているよ」と伝える子、様々です。




今回は、センターが団体にも出せないと

判断された子だったのですが、


これでも石橋を叩いて渡るように犬を見て

いるので、他の犬種だったら、そのような

判断には、はいそうですかと引きさがるかと

思います。


でも、真にこの犬種の子の考えていることとか

誤解される動きを理解しているからこそ・・・


もしかしたら犬を大きくひとくくりで見ている

人たちの、大きな誤解ではないかと


ちょっと気をつけるだけで、誤解は解けるの

ではないかと思ったので、

思い切って、引き取りを申し出ました。



引き出して、明日で10日目になります。




結論から言います。


ドリス、全くガウガウ犬ではありません。


どこが「咬み犬」なのか、わからないぐらいに

普通です。


まだ10日です。

だから観察の余地はあるかもしれません。


ですが、1か月経って、変わらなければ、

プロフィールの


 ・センターに捕獲されるときに怖さから職員

さんを咬みましたので、初めて犬と生活する

中学生以下のお子様には向きません。



この項目を外すことも検討しています。
 

その場合、何でもない子が処分に送られる

予定だったということになります。


我が家で試みたこと


1、最初の3日・・・何かあった時の為に、ハーネスを

つけっぱなしで過ごしました。

後に、首輪のリードをつけっぱなしに変えました。


2、あえてこちらからべたべたせず、放置。


ガウガウある子については、いつもこんな感じ。

とにかく「咬ませる」行為を出来るだけさせないように

「咬ませる」経験をさせないように徹底させます。


3、目やにを取る時はなるべく外で。

お手入れは基本、あまりせず、どうしてもしなくては

いけない時は、外か、階段の上(高い所)で


それで、他のお家だったらないと思いますが

我が家では



4、先入観を与えないようにと、家族に、この子の

ガウ疑惑を一切告げていません。

(他の人はマネしないでくださいね)


やってくる犬にしか、べたべたしない我が家では

本当にガウガウしちゃう子だったらすぐにわかるし

そうではない子とも、うまくやれるのです。


でも、ドリスは、初日から娘の隣に座ってこれ。


10日近くたって、我が家の誰も、この子の過去を

予想する人はいないぐらいです。




娘の足の前にいるのはマイク


※マイクは現在、また咳が出て、毎日

夜中に頓服(咳止めシロップ)を飲んでいます。


他の犬に対しても良好。 


主としてマイクを取り仕切っている先住犬のチュナ


現在の我が家の犬の力関係では、

 

先住のコロ < 先住のチュナ < マイク

 < ドリス

 

ドリスはこれ、わきまえている子です。




先住コロは、初日、元気なドリスが近付くと

吠えていましたが、逆に大きなコロが吠えるのを

聞いて、端っこの方で小さくなっていたドリスです。

もう一つ、


これもマニアックかもしれませんが・・・・(笑)


多くのしつけトレーニングをされている方は

こういう子を前にしたときに、まず正しい

しつけを入れることから始めるかと思います。


私はこの子にはそれを始めません。


ドリスがセンターで騒ぎを起こしたこと

職員さんを2度噛んで、2度目には職員さんの

手から血がポタポタ落ちたということ


このこと自体、もしかしたら、ドリスにもわかって

いない極限に追い込まれたときの過ちであるならば。


「私は何も聞いてないよ。何も知らないのよ」


そういう態度でドリスにのぞんでいます。


多分、ドリスにとっては、私に知られたくない

失敗があり、忘れたい事実だと思います。



「だから、私は、ドリスのこと、大好きだよ。

わかっているよ---------------------」


私も、人に誤解されることがあった。

信じてもらえず、頑張ったことも伝わらないことが。


でも、私は辛かった過去は振り返らないよ。

今の姿を見てきっと、わかってくれる人がいる。


ドリスも同じだよ。


生きていてよかった。


これからは、幸せになれる日を夢見ていこうね。

ドリスにはこう話しています。



ドリスのプロフィールはこちら


里親募集開始しています!


-----------------------------------------


保護活動について一般の人に知っていただきたい為、

「ポメラニアン」ランキングに参加しています。




↓クリックの応援をお願いします。



にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ  にほんブログ村 犬ブログへ






みみぃ、トライアル開始、正式譲渡報告

2016-07-12 テーマ:ミミィ

改めまして、みみぃ、トライアルを6月18日に

開始後、順調に正式譲渡になっております。


応援ありがとうございました。



トライアル持参品↑



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


トライアル報告(抜粋)です~

 

6月18日

こんばんは

その後、みみぃちゃんは、すっかりなれて、
手に鼻をすり寄せなぜてくれと甘えています(^_^)v

ご飯も、きれいに完食。


夜は、涼しくなったので、9時に夫と3人で、
少し散歩します。




6月19日

昨夜は、オシッコをされ、ゲージに入れ、
2時頃寝付いたから、自分の部屋に帰ると夫。


朝4時30分に見に行くと、ゲージの前に枕と
毛布があり、そこで夫が寝ていた模様。
どっちが番犬やら?


9時、一眠りして、ゲージから出る。
元気に探索行動。私や夫が動くと付いて歩く。

夫が、我慢出来ず、溺愛モード全開。


ミミィも、甘えて鼻先を手に持っていき、
なぜなぜ。とっても甘え上手。
のんびり過ごしています(^_^)v




6月21日

2日目から、夜は、二階の私の寝室で過ごし、
本日は、朝4時から、遊んで攻撃で起こされ、
4時30分から、散歩。


隙さえあれば、常に上手に甘えに来て、
うちでそれを拒める人は皆無です。


よくペロペロと手を舐めて来て、可愛がって
くれてありがとうと言ってくれているようです(笑)。


本日、ぬいぐるみを私がいい子していたら、
血相変えて飛んで来て、

「いい子は、私でしょう」

と言うように、目の前にちょこんとお座りして
見つめ、甘えて来ました(笑)

何をしても、すべてが可愛いミミィちゃんですm(_ _)m




6月24日

可愛いミミィちゃんは、朝が早く張り切って
朝の散歩に出掛けます(^_^)v

洗濯取り込み、リビングでフリーで留守番していた
ミミィちゃんの所に戻るとテーブルの上に乗って、
まるで品評会の犬のように得意顔。


「アラッ」と声を上げると、しまったと言う顔で
慌てて、ビョ~ンとテーブルから降りて、
「何かありましたか?わたちは、知りませんよ~」と
すまし顔。

本当は、叱らなくては、いけないのに、なんだか
その様子が可笑しくて(^w^)大笑いしてしまいした。

みみぃは、本当に面白い子ですね。




6月28日

ミミィちゃんのジャンプ力半端なく凄いです。

人間の夕食の準備中、自分のご飯と勘違いして💦
えらく張り切ってビョ~ンビョ~ンジャンプして
危ないので、ゲージでお休み願います(笑)

トイレットトレーニングは、なかなかうまくいかず、
色々な所での失敗が続きましたが、可愛いのであまり
気にならず、「まあ、いつか出来るようになるさ」
と思っています(笑)

朝の散歩に早く行きたくて、私が目覚めると
大喜びでペロペロ舐めて、ぴょんぴょん。

まったく、生きる命力に溢れた可愛いミミィに
毎日元気を貰っています(笑)


7月1日

はい、是非、正式譲渡でお願いしますm(_ _)m


みみぃ、どんどん図々しくなってきます(笑)


そこがまた、可愛いくて可愛いくて、騒ぐだけ
騒いで、散歩にご飯食べて、グーグー寝てるが、
愛しくて(^O^)。

本当はシーツでできる子なんですね。
かしこい子ですが、新しい環境では、戸惑って
当然ですし、ミミィちゃんがその気になるのを、
気長に待ちます。

外れてもやる気は認めて、大いに誉めてあげます(^O^)。


毎日、可愛いみみぃと居られる私は幸せです。


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


ここまでです。


みみぃ、里親さんの所で、ミミという名前に

なりました。

 応援して下さった皆様、ありがとうございました。


望んでいた幸せ、みみぃだけを可愛がってくださる

アマアマな環境。


いつかまた会えることを楽しみにしています。


-------------------------------------


いつもそうですが、預かりっこのトライアル報告は

嬉しく、待ち遠しく思います。


そして目の前からいなくなった子を懐かしく思い

「可愛かったなぁ」って、そのぬくもりを愛おしく

思います。


スタッフの皆さんは1年目、まだ2匹目3匹目・・と

いう人も多く、寂しくて涙、涙・・・っていう人も

何人もいるようです。


私が新人の頃は、そういう預かりっこへの「愛情」と

「寂しい」という感情を大切にしたいと思っていて、

当時の先輩たちに向かって


「私は保護犬を、次々預かっては、何の感情もなく
里親に出す、預かりのプロだけには絶対には

なりたくない。」

と、豪語していました。


今も、その気持ちは同じです。


ただ・・・違ってきたことは一つだけ。


昔は・・・本当に最初の頃は、

「(ご縁に)妥協は絶対にしたくない」って

言っていたのですが


今は、目の前の1頭の子のみが幸せになって

欲しいとは思いません。


その子を最高の人に託す、という思いが強くて

それまでに来た里親希望さんをお断りして


長時間かけて自分の納得のいく里親さんに

出会うまで待つというのは、預かりさんの

自己満足になりえる危険性をはらんで

いるのでは?と思うようになりました。


だから、私が後輩預かりさんに伝えたい
ことは、


目の前の子だけを助けたいの?

自分の満足の為にボランティアをしているの?


そうではなくて、生き地獄で生きているもっと

たくさんの子達に目を向けてみようよということ。


こんな猛暑の中で苦しんでいる子を1頭でも
助けるには、ご縁の可能性がある子は
早く決めてあげて、辛い思いをしている子に
席を開けてあげようよ。

ということです。

そういう思いがあれば、目の前の子とのサヨナラの
寂しさなんて、本物じゃない。

本物は、目の前の子の幸せを願う喜びなんですよ。

こんなボランティアをしている、多くの人に
伝わって欲しいなと思います。

里親希望を出す方には全員が、途中で
挫折してペットショップに走ることのないように

皆様もご自分の環境が、どんな子を迎えるのに
適しているか、考慮しての応募であってほしいと
思っています。

-----------------------------------------


保護活動について一般の人に知っていただきたい為、

「ポメラニアン」ランキングに参加しています。




↓クリックの応援をお願いします。



にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ  にほんブログ村 犬ブログへ







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

みみぃの報告の前に、ルージュ

2016-07-12 テーマ:ルージュ

遅くなって、本当に本当にすみません~


こっちのブログでは謝ってばかりなのですが、

本当はこっちのブログこそ、私の宝物が

たくさん詰まっているので、いつか以前の

ようにコンスタントに更新できたらなと

思っているのです。


みみぃのトライアル報告の前に、4月に

1週間だけ預かって、すぐにトライアル、

正式譲渡になったルージュの、トライアル中の

お写真だけ抜粋してアップしますね。


前回の様子はこちら










現在、可愛らしいお姉ちゃんと優しいパパママ

との間で、幸せな生活を送っているるねちゃんです。


お伝えするのが遅くなり、申し訳ありません。

-----------------------------------------


保護活動について一般の人に知っていただきたい為、

「ポメラニアン」ランキングに参加しています。




↓クリックの応援をお願いします。



にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ  にほんブログ村 犬ブログへ






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>