アイドッグ活動日記

犬猫の殺処分ゼロの日を夢見て活動する愛護団体
「アイドッグ・レスキュー隊」の活動ブログです!

動物愛護団体 『アイドッグ・レスキュー隊の活動ブログです。


初めて訪問された方は、こちらの記事 をご覧ください。


HPはこちら↓



●アイドッグの活動方針


1、動物愛護センターに収容されている期限の切れた

犬等の引き取りと里親探し。

2、1以外の環境で行き場を失った犬等の保護へのご相談等

3、次世代を背負う子供たちへの啓発活動


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

※保護犬の医療費や活動費のご支援をお願いします。


賛助会員、保護犬基金などのチャリティーショップこちら


みずほ銀行 高砂支店 普通 2120706 

アイドッグ レスキュー隊
 

ゆうちょ銀行 記号 10170 番号 13406961

アイドッグ レスキュー隊

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


facebookはこちら↓




●里親希望ページはこちら


●里親募集の子や、アイドッグへのお問い合わせはこちら


●アイドッグ・スタッフブログはこちら



●責任者ケイトの預かり日記はこちら↓                     

   「ケイトログ・夢が叶うまで」




●動物関係の最新のニュースをお伝えしています。 → トピックス

インスタグラムはこちら↓


●ブログランキングに参加しています!1日1回、

パソコンからクリックの応援をお願いします。→                                 




テーマ:

この1週間、日々目まぐるしく動いているので、ブログが追い付かないのですが、まとめてお伝えします。

 

【29柏市-2】Mダックス♂

■2017年3月27日柏市動物愛護ふれあいセンター引き取り

 

推定1~2歳 体重4.8キロ

まめちこさんがブログで書いてくださっていますが、センターからの情報は、首の所に腫瘤があるとのこと。

 

また難しい手術?その腫瘍は悪性だったらいやだなあ・・・

最悪の事態を考えて、都内の病院での診察をするのに引き取りのまめちこさんに直行して

落ち合うことになりました。

(※腫瘤と思っていたのは唾液が固まっていたものでした。抗生剤投与だけですみました)

 

 

この日、私はジョンママさん預かりの圭三の膝を見ていただくのにピックアップ、まめちこさんは先日引き取ったチワワの女の子の、やはり足が緩いので連れて、病院で待ち合わせ。

 

圭三はすでに別の病院で去勢済み。

でも、膝が外れるとのことなので、念のために外科専門の院長に診ていただいて手術が

必要ないという診断を受けて安心したかったのです。

ここところ何頭も、一度は避妊去勢が終わったのに、あとから何かが出てきてこちらの病院で結局は再手術・・・ということを繰り返したため、それなら1回の麻酔で

済むように、心配なことがある子は先に診ていただこうと3頭もつれてきました。

 

結果的に3頭とも、今すぐに手術が必要な状態ではありませんでした。

 

ただしこちらの病院に来ると費用がかさみます。

レントゲンやエコーなどで総額18,000円ぐらいかかりました。

でも、他の病院では基本的に避妊去勢のみなので、2回も手術をする羽目になるよりは

まだいいのです。

 

実はこちらの病院に、私は前日も足を運びました。

--------------------------------

3月26日

 

チワワ♂ベイブです。

 

3週間前からAという病院で肺炎という診察。

2週間通って、ますます咳がひどくなり、Bという病院へ行くと器官虚脱という診断。

どちらが正しいのかわからない状態で、一向に良くならなく、サードオピニオンでこちらの病院へ立ち会いました。

 

結論として、重度の器官虚脱ということになりました。ただし、肺炎のような症状も出ていた

とのこと。どちらの病院の判断も正しかったのですね。

 

ポメラニアン♂マイクが同じ症状なので、慌てることなく預かりのMIYAAN さんに伝授できました。会の子で重度の器官虚脱の子、これで3匹目です(^^ゞ

 

実はさらにこの前日・・・・・

-----------------------------

3月25日

 

21日までポンタママさん、24日までけーこさんにプチ預かりしていただいたルリィです。

 

ルリィを我が家に1泊させて、翌日の朝、6時に家を出て飛行機に乗って北の地に向かいました。

1年も前から預り希望を出してくださったKazuさんは、私の実家に向かう途中の地に住んでいる方です。

 

 

アイドッグ・レスキュー隊の預かりさんは関東4県でお願いしているため、本来はお断りするのですが、あまりにも熱意があったということ、どんな犬でもお預かりしてくださるということで

病気があって看護、介護の必要な子、看取りを見込んだ高齢の子、預かり先が見つからない子がいれば実家に帰る途中に立ち寄って、お願いするつもりでした。

 

はるばる札幌の地に行きました。

まだ雪がありました。

 

ルリィは、まだ断定はできませんが多くの行動から、クッシングの疑いがあり、食べても

食べても太らず痩せています。

さらに多飲多尿、ご飯を求めて異常にあちこちさまよったり、サークルが大っ嫌いで、出ようとしてジャンプをして歯を挟めて怪我をしたりしました。そのため、お留守番のない家庭で面倒を見ていただくことにしました。

 

Kazuさんは遠方でしたけどお留守番がなく、ルリィのことをしっかり預かってくださるとのことでしたのでお願いしました。

 

これからのルリィの里親募集は北海道地区だけで行うかどうか、じっくり考えてから募集

いたします。

 

今、消化器サポートの食事を徹底していただき、1か月後に検査の予定です。

協力病院などないので、まだまだ医療費がかさむと思いますが、応援をよろしくお願いします。

 

 -------------------------------------------------

 

 活動をお知らせする為にランキングに参加しています。

 

クリックのご協力をお願いします!

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(2)

テーマ:

大変遅れましたが、18日の巣鴨の里親会へ足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。当日の様子はこちらケロさんが上げてくださっています。ご支援もありがとうございました。

(ルッツ君の里親様、お店にご支援品を置いてくださってありがとうございました)

 

先日、足が急に痛んで緊急で引き取ったチワワ♀ヨークと同時期に千葉市センターに

収容されていたもう1頭のチワワさん

 

【29千葉市-4】チワワ♀

■2016年3月22日千葉市動物保護指導センターより引き取り

推定8~9歳 体重2.8キロ

 

センターでは「とてもいい子です」とお墨付きなんですが、とにかくビビリとのこと。

それはそうだ。

センターなんてところに、箱に入れて収容されたら、怖くてしかたがないでしょう。

特に、それまで幸せな場所で生きていたのに、急に環境が変わった子にとっては。

 

トリミング後

いつもありがとうございます。

 

現在、足が緩くてパテラの疑いがあるため、外科に強い病院で月曜日に診ていただき、

手術が必要か判断を仰ぎます。

預かり先はさくらママさんの予定。

応援よろしくお願いします。

 

先日のあとりえももさんの展示会から、チャリティー商品の売り上げの一部を、アイドッグ・

レスキュー隊へ、20,971円ご寄付いただきました。ありがとうございました。

あとりえもも展では、アイドッグ・レスキュー隊の活動のコーナーを作ってくださり、展示もしていただきました。5月にもまた展示会をされるそうで、がんばってくださいね。

 

ほかにもたくさんのご協力やご寄付など、ありがとうございます。

追って掲示板などで ご紹介します。

 

 

賛助会員様、保護犬基金を送ってくださる皆様のお陰で、このような活動ができています。

保護犬の医療費の応援を、どうぞよろしくお願いします。

 

保護犬基金は一口1000円からです。こちら

アイドッグ・レスキュー隊の賛助会員として応援してくださる方はこちら

 

※いずれもクレジットカードの利用ができます。

 

 -------------------------------------------------

 

 活動をお知らせする為にランキングに参加しています。

 

クリックのご協力をお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:

先日、プチ預かり中のスピッツ♀ポルカ、チワワ♀ヨークについて、引き取り時には

想像できなかった展開になり、驚いたり悲しんだり、心配したりしています。

ご報告します。(画像はケロさん、けーこさんより拝借)まずはポルカより。

 

●スピッツ♀ポルカ

いろいろ事情があり、ケロさんプチ預かり中。こんな展開になる予想はしていなかったので、

お世話になってます~

 

3月20日ごろ

避妊手術後、陰部からの出血が収まらなくて、手術していただいた病院に一旦通院。

膀胱炎の疑いはあるものの、あまりにも多い出血に、こちらの病院では細かい検査ができないため、設備の整った大きな病院に行くことを指示。とっても不安がよぎります。

 

3月21日大きな病院での診断

引き続き、陰部からだらだらと血が出ていた様子で、予約した病院へ。

エコー検査の結果、膀胱に腫瘍らしきものが見られるので、夕方まで預かってもう少し詳しい検査をしたいとのこと。

 

結石かと思っていたんですが、石はどこにも見つからなく、別の要因があるそうです。

膀胱や血液検査も正常でした。

 

さらに調べてみると、どうやら膀胱ではなく、膀胱の位置にあるのは子宮の様。

 

展開が変わって、その後、疑われているのは、取ったと思っていた子宮はまだ残っていて、

その中に腫瘍があるのではということ。(大変、驚いています)

とにかく開けてみないと良性か悪性かわからない。

 

「子宮の中に」つまり、先日避妊をした時には、子宮の中に膿がたまる子宮蓄膿症併発で

子宮を取ってくださったはずだったのですが、どうやら奥に大きな腫瘍ができていて子宮の役目を果たさず、卵巣と子宮までの管が子宮の役目を果たしていた?そしてその部分に子宮蓄膿症のような症状が出ていて、先の病院ではここのみを摘出・・だったのかと思います。

 

そして、腫瘍のせいで、通常は真ん中にある丸い膀胱が右に(写真では左)に押し上げられていました。

膣からの出血は子宮に残っている液が漏れていたとのこと。

このあと、しばらく入院、今月の最終週に再手術することになりました。

 

ケロさんの所で人間に抱っこされる心地よさを知ったポルカ

 

今まで生まれてから人の儲けの道具としか扱われなく、愛情のかけらも受けることなく生きてきた繁殖屋の子、ポルカ。

ここまで酷くなる前に、何らかのサインが1度ならずや、何度も何度もあったと思います。

 

人間だったら想像できないほどの痛みも伴ったはず。

何故、苦しんでいる動物を前に、平常心で放置できるのか、そんな人間が今ものうのうと

商売をしていることがまかり通っている日本の業界。許せません。

 

苦しくても生き地獄で生きていくしか道がなかったポルカ。

犬は人間の10倍も痛みを我慢するといいます。

 

でも、でも、ポルカは。

ポルカはここから生きる道があってよかった。

 

一緒に預かっていただいているオレオと安心して寝ているポルカ

(入院前の写真です)

 

この繁殖屋が6畳に100頭のいろいろな犬を閉じ込めて繁殖させているという情報を耳にしました。

ここにいる子達は、ポルカと同じような苦痛を強いられていると思います。

 

日本が動物先進国の仲間入りをするためには、たくさんの問題を解決しなければいけないと思います。

その一つに、日本独特のお金儲けの繁殖屋(その種に愛情をもって残していこうと計画してブリーディングしているブリーダーとは違います)のビジネスが成り立っている現状にメスを

入れていかなければ、どれだけの尊い命が血を流して涙を流しても追いつきません。

 

ここの繁殖屋は氷山の一角だから、ここを潰しただけでは自己満足に過ぎず、大きな流れは変わらない。行政は真剣に力になってくれない。

大きな流れが変わるためには法律が変わるのを待つしかない。

 

今まではそう思ってきました。でも。

この現状は尋常ではないのではないでしょうか。

 

この業者はずっと追っていき、何らかの行動を起こしたいと考えました。しかし同時進行で

今年も、繁殖屋で苦しんでいる子達を助ける機会があったら助けていきます。

 

私たちは一進一退、協力病院というお世話になっている病院がいくつかありますが、本当に

保護犬のことを中心に考えて、超格安で避妊去勢をお願いできる病院は活動拠点に近くなく、滅多に利用できません。

そのため、避妊去勢の他に各々の医療措置、預かっている間に追加でかかる医療を合わせると、大体、トライアル時に里親さんにご負担いただく金額になります。

 

ですが、度々ポルカのように、最初の避妊去勢だけで終わらず、のちに高度医療のできる病院で再手術、と高額医療費がかかる子が後を絶ちません。

それでも個人ボランティアではなく、組織を作って団体で頑張っている限り、あきらめたくは

ありません。

 

賛助会員様、保護犬基金を送ってくださる皆様のお陰で、このような活動ができています。

スピッツ♀ポルカの医療費の応援を、どうぞよろしくお願いします。

 

保護犬基金は一口1000円からです。こちら

アイドッグ・レスキュー隊の賛助会員として応援してくださる方はこちら

 

※いずれもクレジットカードの利用ができます。

 

 -------------------------------------------------

 

 活動をお知らせする為にランキングに参加しています。

 

クリックのご協力をお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(13)

テーマ:

本日は、10時~16時まで、巣鴨にて里親会を開催します。


皆様、お誘いあわせの上、お越しください。


ポメラニアン♀ラヴィ、預かりさんに不幸があったため、不参加になりました。会いに行く予定にされていた方、大変申し訳ありません。





一昨日引き取りのトイプードル♀きらは、プチ預かり先が見つかりましたので、本日巣鴨に連れていき引き渡しします。

 -------------------------------------------------

活動をお知らせする為にランキングに参加しています。


クリックのご協力をお願いします!↓




 


いいね!した人  |  リブログ(5)

テーマ:

BJ経由、横浜センターより1頭だけ引き取り協力をしました。


【29神奈川-2】トイ・プードル♀

■2017年3月16日横浜市動物愛護センター引き取り


推定5~6歳 体重3.15キロ(センター内)のところ


なんと、協力病院で測ったところ、2.7キロまで減っていました。

センターの生活はものすごくストレスだったのでしょう。


別途、男の子もいましたが、今回はこの子のみの協力。



協力病院にはいつも、避妊の時に見つかった腫瘍があれば取るようにお願い

しています。


今回は少し大きい乳腺腫瘍が見つかりました。

予定より費用がかかってしまいますが、病理にもできるだけ出すようにしています。


小さなトイプードルさん。名前はきらちゃんとしました。


今回は預かりさんがあくまで、事務局の2階、プチシェルターにてのお預かりです。

いつからプチシェルターになったのか・・・

---------------------------------------------------



●よろしければ、他にもたくさんの医療費がかかっている子を抱えている

アイドッグ・レスキュー隊に保護犬基金 のご支援をお願いします。

 ※1月より、クレジットカードのお支払いができるようになりました。

●また、以下のご支援品もお待ちしています!


・トイレシート ワイド、レギュラーどちらも

・紙おむつ マナーバンドLかLL、S、SS

・紙おむつ女の子用M

・タオル(中古で可)もしくはキッチンペーパー

・ウエットフード、ドライフード


●支援物資の送付受付先

〒125-0052 東京都葛飾区柴又5-30-7 アイドッグ事務局
            TEL 080-7898-7495(荷物専用電話)




 -------------------------------------------------

活動をお知らせする為にランキングに参加しています。


クリックのご協力をお願いします!↓




 


いいね!した人  |  リブログ(2)