トピックス

トピックス

身近で起こっている動物に関する事件や情報の発信blogです。

私たちは、犬猫の殺処分ゼロを目指す活動と、

「生き地獄」で生きている子達を救う活動をしています。

 

アイドッグ・レスキュー隊 


 HP  「活動日記」

2022年5月13日 ABEMA TIMES





 去年11月、兵庫県にあるペットショップの脇で腰をかがめて、バケツから何かを撒く男。板を手に取り、その上にかぶせるとその場を立ち去った。



 半透明の板の裏には15cmにも満たない小さな鯉が10匹、死んだ状態で放置されていた。バケツをもった男は、道端に鯉を捨てていたのだ。


 その1カ月前には、同じ場所に30匹にも及ぶ金魚が捨てられていた。こちらも半透明の板の裏に隠すように捨てられていた。カメラには、やはり同じ男が板の裏をのぞき込んで立ち去る姿が映っていた。


 動画の撮影者によると、死んだ鯉や金魚を捨てているのは「ペットショップの経営者」だという。


「多分、死んでしまったものを猫に食べさせるためにやっているんですよ。猫が食べているんで。猫の飼い方とか教えてあげないといけない立場の人間がこういうことをするっていうのは、いかがなものなんですかと(思います)」


 このような行為が、近所の人にも影響を及ぼしている。


「うちの敷地にも猫が来てフンをしたり、ニャーニャーと泣いたりするので、ネットを張るなど対策を講じている。側溝にペットショップの水槽の汚水を捨てるので、臭いが酷くて困っている」


 さらに、他人の駐車場に白い軽自動車でやってきたペットショップの経営者。足早に縁石のところまで歩いてくると、バケツいっぱいに入った粉のようなものをぶちまけそそくさと立ち去った。


 その正体は“鳥のエサ”。朝になると無数の鳥が集まり、騒がしく鳴くだけでなく、いたるところにフンを落とすため、近隣住民は頭を抱えている。


「ペットショップの経営者が、野鳥に対して餌をまいているんですよね。経営者の方にお話して、『こういうことはやめていただけませんか』と、お客さんも駐車場に車を止めないといけないので、ということも言ったら、『わかった』といいながら何百回も繰り返してきたんですよ。500回以上(やっている)」


 ペットショップの経営者は、注意をされても「どこにやってるん?やってへんやん?証拠でも見せてくれ、やってたら悪いけど、見たらな」と逆上していた。 


 警察からも注意をしてもらったが、反省した様子は見られないという。別の日の夜、再びパトカーがやってきたときも、警察官に対し「知らんがな!あんた何を思って言ってるわけ?誰かあんたのこと呼んだん?」と怒声を浴びせた。


 今年に入ると、空き家の解体現場に立ち入って、資材を散らかしたり、空き瓶を投げ捨てたりするなど、新たなトラブルも確認されている。


 一連の動画を撮影した男性によると、このペットショップ経営者は警察に対し、「死んだ魚を路上にまいていたのは、ゴミ業者に引き取ってもらおうとしたところ、生臭いと怒られて外に出して乾かしていた」などと話し、鳥の餌をまいたことについては謝罪したという。


 このトラブルについて市の担当者は「環境を保全するための条例」に基づいてペットショップを訪問し、苦情が寄せられていることを説明した際に、ペットショップの経営者からは『エサやりはもう行わない』ことを確認しているが、「条例には強制力がなく、対応には限界がある」としている。(『ABEMAヒルズ』より)

2022年5月12日 ねとらぼ






 スキー場が閉鎖されればされるほど、チョウが生きられなくなる環境になることが、東京農工大学や東京大学などの研究で明らかになりました。定期的な草刈りなどが行われなくなり、ゲレンデが草原から自然本来の状態とは異なる森林になることが影響しています。



 同大学によると、スキー場は、ゲレンデやゴンドラの下など、同じ場内でも草刈りの管理の頻度が異なる場所が存在することから、さまざまな生き物の生活の場所となっています。


 しかし、スキー場は気候変動の影響を受けやすく、先進国ではスキー・スノーボード人口が減少。日本では、2012年までに全763カ所のスキー場が造成されてきましたが、2012年時点で全体の37%にあたる284カ所のスキー場が閉鎖され、閉鎖されるスキー場の数は年々増加中です。


 研究結果によると、スキー場が閉鎖されたあと、営業停止からの経過年数に伴って観察されるチョウの種数や個体数が減少しました。ゲレンデは草原から森林へと変化しますが、自然本来の状態の森林にはならないため、チョウの幼虫が食べる植物や成虫が吸蜜する花が減少すると考えられるそうです。


 同大学は「一般的に、スキー場を新設すること自体は、地域の生物多様性に負の影響を及ぼすため、生物多様性の保全を考えるとスキー所の増加は歓迎されることではありません」としながらも、チョウ全体にとって重要な生息地を提供していることから、「定期的に人為的な管理を実施することで、様々なタイプのチョウ類種を保全できる保護区的な環境として機能し得るかもしれません」とコメントしています。



2022年5月11日 朝鮮日報







 ロシアによる軍事侵攻を受けているウクライナから飼い猫と共に脱出し、故郷の韓国に到着した韓国系同胞のAさんが、飼い猫を処分されるという危機に直面している。


 今月3日にやっとのことでウクライナの国境を越え、ハンガリーを経て生後4か月の子猫と共に韓国に到着したAさんだが、Aさんの飼い猫の入国は韓国政府によって阻まれた。韓国農林畜産検疫本部がAさんに対し、出発国の発給した猫の検疫証明書を提出するよう求めたのだ。


 Aさんは「戦火のさなかにあるウクライナでは検疫証明書の発給は不可能だった」と説明したが、農林畜産検疫本部は「猫を送り返すか、2か月間当方で保管した後で殺処分(安楽死)するほかない」と伝えた。


 農林畜産検疫本部は現在、Aさんの飼い猫を米国に移送する方法を検討している。同部の関係者は「米国の空港には検疫証明書がなくても運が良ければ入国させてくれる所があると聞いている。そこに猫を移送し、Aさんが米国に行って米国政府の発行する検疫証明書を受け取って韓国に戻ってくればよい」と説明した。

2022年5月11日 Jタウンネット




日本屈指の観光地として知られている奈良公園。この場所を訪れたとき、目に入れないことのほうが難しい存在が「鹿」である。

一緒に写真を撮ったり、鹿せんべいをあげたり、交流したことがある人も多いだろう。


そんな奈良公園の鹿との触れ合いについて、2022年5月4日にツイッター上で行われた注意喚起が注目を集めた。


あるツイッターユーザーがそんなつぶやきと共に、公園で採取したマダニの写真を投稿したのだ。


奈良公園の鹿にはマダニがいる――今まであまり聞いたことのない話だ。そのためか、この投稿は5月10日17時までにリツイートが7871件、いいねが1万件と大反響となっている。


鹿にハグをする人の姿も

9日、Jタウンネット記者の取材に応じたツイートの投稿者は鹿の観察と撮影が趣味で、毎日鹿と接しているためマダニにはかねてから注意を払っていたと語る。

また、鹿に触れずとも、公園や雑木林のマダニが手の上や服に付いてることもあるため、度々確認するようにもしているのだそう。

そんな投稿者がツイッターで注意喚起を行うきっかけになったのが、大型連休の出来事だった。



また、注意喚起のツイートには、次のような思いも込めていたという。


公園側での注意喚起は?

では、奈良公園側ではマダニに関して何か注意喚起を行っているのだろうか。

10日、記者が奈良公園の管理や整備を行う奈良公園事務所の職員にマダニへの注意喚起を行っているかを聞くと、「マダニに関する注意喚起は行っていない」と回答。その一方で、こんな話をしてくれた。


マダニに咬まれるというと、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)を心配する人もいるだろう。病原体を保有するダニに咬まれることで感染する病気で、重症化すると死亡することもある。

国立感染症研究所のウェブサイトを確認したところ、最新2021年7月28日時点のデータでマダニによるSFTS症例の届出地域に奈良県は含まれていないが、注意するにこしたことはない。

この機会に野生動物である鹿との接し方を考え直してみるのはいかがだろう。鹿たちは離れたところから眺めるだけでも、じゅうぶん可愛いのだし。

2022年5月11日 NST新潟総合テレビ







今月8日、新潟県佐渡市役所の本庁舎前で行われていた狂犬病の予防接種の際に注射針が誤って犬の飼い主の左手親指に刺さる事案が発生しました。


飼い主は接種部位に痛みが出たことから、2日後に市に電話で相談。飼い主は佐渡市内の病院を受診し、塗り薬を処方され、1週間の経過観察となっています。


佐渡市は、今回の事故について、獣医師の判断により飼い主が飼い犬を抱きかかえながら予防接種する際に発生したとして、県獣医師会佐渡支部に対して安全管理の徹底について改めて要請しました。


佐渡市は今回、ワクチンは体内に入っていないとみていますが、狂犬病のワクチンが万が一体内に入ったとしても、不活化ワクチンのため問題はないということです。