トピックス

トピックス

身近で起こっている動物に関する事件や情報の発信blogです。

私たちは、犬猫の殺処分ゼロを目指す活動と、

「生き地獄」で生きている子達を救う活動をしています。

 

アイドッグ・レスキュー隊 


 HP  「活動日記」

2024年5月19日 読売新聞オンライン

 

徳島の開放型シェルター

接客や世話 貴重な人手

 

 徳島市津田浜之町に4月オープンした県内初の開放型保護猫シェルターを、学生ボランティアが支えている。放課後などに駆けつけ、接客や猫の世話などに奮闘。運営するNPO法人「あわねこ保育園」のメンバーは、学生に感謝しながら「野良猫の過酷な実情を知り、解決策を考えるきっかけにしてもらいたい」と期待している。さらに活動を維持・強化するため、クラウドファンディング(CF)での協力を呼びかけている。(吉田誠一)

 

 同シェルターは県営住宅跡に地域貢献施設として開設。毎日午前11時~午後8時、有料で入場することができ、現在猫が約80匹いる。猫との触れ合いを求めたり、譲り受けようと考えたりする入場者が多く訪れ、その対応や広いスペースを掃除する手間が増えた。同園のメンバーら大人十数人に加え、中高生や大学生のボランティア計約10人と運営。貴重な人手となっている。

 

 

 ボランティアの作業は多岐にわたる。猫の餌やり、トイレ処理、入場者の受け付け、猫グッズ販売に加え、合間の作業リストは12項目もある。猫が近くで日なたぼっこをする大きな窓を拭き上げ、猫の毛などが落ちた床を掃除し、洗濯物を干してたたむ。猫たちにブラシをかけ、口周りを丁寧に拭くなどの世話もする。

 

 鳴門中1年の福池葵さん(13)は、母親が同園を支援していて関心を抱いた。「シェルターには病気の猫もいるが、人に感染しないし元気。ストレスを与えないように気をつけている」と話す。

 

 入場者の受け付けは、通信制高校1年斉原 光嬉みつき さん(15)らが担当。オープン後まもなくから手伝い、入場者から料金を受け取ったり、猫グッズを紹介したり。「様々な猫がおり、それに合わせた餌を間違えないよう特に注意している。猫のことをもっと学びたい」と意欲的だ。

 

 園長の井上智美さん(50)は「ボランティアの子どもたちは、よく頑張っている。まずは保護猫の世話を楽しみ、不幸の連鎖を止めるには何が必要かを、考えるようになってほしい」と見守る。まだボランティアの手は足りないといい、参加を募っている。

 

活動維持・強化へCF 6月3日まで

 

 同園は2018年に結成され、負傷、衰弱した野良猫を保護し、不妊手術をして現場に戻す「TNR」活動を中心に活動。昨年9月には過去最多の約200匹を保護し、これまで340匹を超える猫に手術した。

 

 シェルターの入場料やグッズ販売の収入もあるが、高齢や病気の猫を保護するケースが増え、高額の治療・薬代など医療費が園運営費の7割に上るという。

 

 今年もCFサイト「レディーフォー」で、6月3日まで300万円を目標に募集。18日現在、約250万円集まっているが、目標額に達しなければ返金する必要があるため、同園は協力を求めている。問い合わせは、各種SNS(あわねこ保育園で検索)のDMから。

 

2024年5月19日 岐阜新聞

 

 

 動物愛護や犬や猫との共生について考えるイベント「みんなで考えよう、動物のこと」が18日、岐阜県大垣市外野のイオンモール大垣で開かれた。県とイオンモール大垣の主催で、官民協働での動物愛護啓発事業は県内で初めてという。県生活衛生課の担当者は「今、県内の身近な動物たちがどういう状況に置かれているのか、そこにどう関わっていくのかを多くの人が考える機会にしてほしい」と訴える。

 

 県内の動物愛護ボランティアや動物愛護推進員の7団体・個人が協力し、各団体が犬猫の飼い方に関する相談会を実施。会場の一角には、地域の猫が殺処分されないよう不妊去勢手術をして元の場所へ戻す「TNR活動」や災害に備えたペットのしつけなどに関するパネルを設置し、犬や猫が迷子になった時に身元を確認できるマイクロチップや迷子札の装着を呼びかけた。

 

 保護猫の譲渡会では、猫たちが快適に過ごせるよう内部を改装し、ケージや上り下りのできるキャットステップなどを備えた移動譲渡会用バス「ネコのバス」が登場。家族連れらが次々に訪れ、相性の良い猫を探していた。

 

 安八郡安八町のパート職員は「ペットショップと違って、猫と触れ合いながら、飼う子を選べるのが魅力」、長男で名森小学校4年生(9)は「うちには2匹の保護猫がいる。こうしたイベントで、猫たちがもっと救われるとうれしい」と話した。

 

2024年5月13日 読売新聞オンライン

 

 飼育する犬猫のけがや病気で輸血が必要となった時、ドナーをどう探すかが飼い主たちの悩みとなっている。ペット熱の高まりで求める治療が高度化する一方、動物病院がドナーとして飼育する「供血犬(猫)」の頭数には限りがある。ネットやSNSでドナーを探す飼い主もおり、動物病院を中心に飼い主同士の協力の輪を広げようという動きもある。(河部啓介)

 

SNSで募る

「ペットの輸血が、ここまで難しいとは思わなかった」。東京都内の会社経営女性(46)は今年3月、約10年前から飼っていたマルチーズの「しろ」(11歳、雌)を病気で失った。

 

 数年前から心臓が悪く、昨年末に容体が悪化。手術をしようと考え、横浜市の動物病院に相談したが、珍しい血液型だったこともあり、「今すぐ用意はできない。早くて3か月後になる」と言われた。

 

 すがる思いでSNS上に投稿し、十数人の返信があったが、血液型が適合せず、しろは手術ができないまま息を引き取った。

 

 

 ネット掲示板を運営するNPO法人「迷子犬の掲示板」(東京)には、ペットの血液ドナーに関する相談が毎月15~20件寄せられる。5年ほど前までは月数件で、年々増えているという。

 

 ペット保険を扱う「アイペット損害保険」(東京)によると、ペットの手術1回あたりの保険金請求額は2018年の平均約15万円から、22年には約18万円に増えた。大阪公立大の鳩谷晋吾教授(獣医学)は「ペットは家族という意識が強まり、飼い主が求める治療が高度化している」と語る。

 

売買規制

 

 動物の血液は、ヒトの血液と同様、医薬品医療機器法で売買が規制されている。そのため第一の選択肢となるのが、各病院がドナーとして飼育する供血犬だ。

 

 大阪市天王寺区の「クレア動物病院」は、飼育に力を入れる病院の一つ。現在4頭の供血犬がおり、田中誠悟院長は「ネットで調べて相談にくる飼い主も多い」と話す。

 

 ただし、劣悪な環境で飼育し、繰り返し採血すれば虐待で動物愛護法に抵触する恐れがあり、飼育コストがかかる。クレア動物病院では、24時間温度管理する犬舎や運動不足を予防するドッグランを整備。1頭につき月約7万円が必要だという。

 

 また、輸血を伴う治療が5年前の月平均1回から最近は6回に増えた一方で、「日本獣医輸血研究会」が定めるガイドラインでは採血は3週間~3か月以上の間隔を空けるなどと定めている。田中院長は「病院が受け入れ体制を充実させることが大切だ」と話すが、動物病院の規模や経営状態により飼育頭数には限界があるのが現実だ。

 

協力模索

 こうした中、飼い主との協力体制を模索する動物病院もある。
 

 奈良市の「奈良動物医療センター」は17年から治療に訪れた飼い主にドナーを依頼する仕組みをつくり、現在、犬猫を合わせ約45匹に登録してもらっている。

 

 

 約10年前は7頭飼育していた供血犬(猫)は今はゼロになったが、年間100件程度の輸血に対応できているといい、市橋くみこ獣医師は「供血犬(猫)には、一般のペットと同等以上の飼育環境を提供したい。それにはコストがかかり、治療費に反映せざるを得なくなる」と話す。

 

 京都市の「かもがわ動物医療センター」は6月にも獣医師や飼い主でグループを作り、犬の「輸血バンク」をスタートさせる予定だ。

 

  東京農工大の 呰上あざかみ 大吾准教授(獣医腫瘍学)の話 「供血犬は、動物愛護の観点から際限なく増やすことが難しい。飼い主同士の協力でドナーの確保が進むのなら、もう一つの望ましい方向ではないか」

2024年5月8日 FNNプライムオンライン

 

中国に現れた“パンダ犬”をめぐり、動物虐待論争が起きている。“パンダ犬”は、中国・江蘇省泰州市の動物園で撮影された映像に映っていた。

FNNプライムオンライン(FNNプライムオンライン)

 

  【画像20枚】中国・江蘇省の動物園で目撃された“パンダ犬” 

 

仲良くじゃれ合ったり、壁をよじ登ろうとしている2匹は、毛が短く整えられ、顔全体は白い毛で覆われているが、目と耳や前後の脚などは黒い毛だ。 パンダの子どもにも見え、別の動画にも「泰州動物園パンダ」と表示されているが、実はチャウチャウ犬だった。

 

“パンダ犬”は集客目的?「動物虐待」との意見も

中国メディアは、動物園側がお客さんを増やすために、白と黒に染めた“パンダ犬”を用意したと報じている。 

 

5月の大型連休に動物園を訪れた客がパンダ犬の映像や画像をSNSにアップすると、一気に広まり、連休期間中は毎日数万人を超える人が訪れたという。 

 

中国のSNSには、このパンダ犬について「かわいい」「見に行きたい」といった声が多くある一方で、中には染めたことによる「動物虐待ではないか」という意見もある。 

 

動物園側は、パンダ犬が来た時には、すでに白黒に染まった状態だったと説明している。

「1匹約10万5000円」問い合わせ殺到

FNNは、この“パンダ犬”を動物園に販売した業者を取材した。

 

販売業者は、「(多くの地方の動物園は)パンダを受け入れる条件に達していません。このパンダ犬は、多くの室内外の動物園に適応して受け入れることができます」「われわれが提供しているのは、室内と室外あわせて80カ所以上です」と話す。 

 

パンダの代わりに白羽の矢が立った“パンダ犬”は1匹約10万5000円するというが、問い合わせが殺到しているという。 

 

過去には、同じくチャウチャウ犬を白と黒に染めた「パンダカフェ」をオープンし、話題となったが、この時も「動物へのカラーリングは虐待にあたるのでは」と一部で批判も起きた。

 

パンダ犬への塗装は虐待ではないのか?販売業者に聞いてみると、「動物虐待ではないと思う。人と同じように、人も年を取ったら美しさを追求するために髪を染めたりするでしょう」という答えが返ってきた。 

 

地元政府関係者は、「動物園側はパンダとは言っていません。パンダ犬です。ここにパンダがいないのを補うため」と問題視しない姿勢だ。 

 

(「イット!」5月8日放送より)

2024年5月15日 KOREA WAVE

 

【05月15日 KOREA WAVE】余命宣告を受けた飼い主が、そのペット犬をやむを得ず遺棄して亡くなったという話が韓国で伝えられた。 

 

動物保護団体LCKDインスタグラムキャプチャー(c)news1(KOREA WAVE)

 

動物保護団体LCKDのインスタグラムアカウントに9日、京畿道城南市寿井区太平洞(キョンギド・ソンナムシ・スジョング・テピョンドン)の炭川(タンチョン)付近の公営駐車場で、手紙とともに発見された犬「モチ」の話がアップされた。 

 

「モチ」の飼い主が残した4枚の手紙には、胃がんで余命宣告を受け、最後まで面倒を見ることができなくなり、代わりに家族になってくれる人を求めるという内容が記されていた。 

 

飼い主は次のようにつづっていた。

 

「5年前に家族を交通事故で亡くし、一人残された。とても辛くて失望した時も、私だけを見つめてくれるモチを見ながら耐えてきた。地獄のようだった私の人生にとって唯一の喜びであり、子どものような存在だった」 

 

「失った家族の分まで抱きしめて、最後まで守ってあげようと心に誓った。でも私は末期の胃がんで、すでに他の臓器に転移して余命宣告を受けた。この子より先に逝かなければならなくなった」 

 

飼い主によると、数カ月間、引き取り先を探し回ったものの、結局、見つからなかった。「私のいない家で私を待ち続けて飢え死にするのではなく、新しい家族と出会って幸せに暮らしてほしい」という思いから手紙とともにモチを遺棄したという。

 

最後にはモチに伝える言葉が記されていた。「愛するモチや。必ず生きてほしい。言うことをよく聞いて愛され、健康で幸せに」

 

インスタグラムの投稿には1万1000を超える「いいね」がつけられた。その際、あるネットユーザーが動物保護施設から聞いた話として、飼い主はこの投稿の数日前、モチを駐車場に置いてから自ら命を絶ったと伝えている。