源氏物語イラスト訳【若紫62-1】尼君 | 源氏物語イラスト訳(受験古文無料学習ツール)

源氏物語イラスト訳【若紫62-1】尼君

尼君、髪をかき撫でつつ、
「梳ることをうるさがりたまへど、をかしの御髪や。いとはかなうものしたまふこそ、あはれにうしろめたけれ。…」

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

【源氏物語イラスト訳】

 

 

尼君、髪かき撫でつつ

訳)尼君が、髪かき撫でながら

 

 

梳ることうるさがりたまへをかし御髪

訳)髪を梳(す)くことうっとうしがりなさるけれど美しい 御髪だこと

 

 

いとはかなうものしたまふこそあはれにうしろめたけれ。…」

訳)とても頼りなくいらっしゃることが、かわいそうで気がかりだわ。…」

 

 

【古文】

尼君、髪かき撫でつつ
梳ることうるさがりたまへをかし御髪いとはかなうものしたまふこそあはれにうしろめたけれ。…」

 

【訳】

尼君が、髪かき撫でながら

髪を梳(す)くことうっとうしがりなさるけれど美しい 御髪だこととても頼りなくいらっしゃることが、かわいそうで気がかりだわ。…」

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

■【尼君(あまぎみ)】

■【を】

■【かき撫で】

※【かき撫づ】

■【つつ】

■【梳(けづ)る】

■【を】

■【うるさがり】

※【うるさがる】

■【たまへ】

※【たまふ】

■【ど】

■【をかし】

■【の】

■【御髪(みぐし)】

■【や】

■【いと】

■【はかなく】

※【はかなし】

■【ものしたまふ】

■【こそ】

■【あはれに】

※【あはれなり】

■【うしろめたけれ】

※【うしろめたし】

 

重要古語一覧はこちら

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

☆本日の『源氏物語』☆

 

尼君と少女若紫との会話場面です。

 

見ているのは光源氏――

 

尼君は、若紫の幼稚さを

老婆心から嘆いているのですね;;

 

えーんえーんえーん

 

 

 →今回のイラスト解釈はこちら

 →今回の重要古語はこちら

 

​-

 


 

>>次へ

 

>>初めから読む