源氏物語イラスト訳【夕顔415-1】作りごと | 源氏物語イラスト訳(受験古文無料学習ツール)

源氏物語イラスト訳【夕顔415-1】作りごと

作りごとめきてとりなす人ものしたまひければなむ。あまりもの言ひさがなき罪、さりどころなく。

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

【源氏物語イラスト訳】

 

作りごとめきとりなすものしたまひけれなむ

訳)作り話のように言っ取り沙汰するいらっしゃっので

 

 

あまりもの言ひさがなき

訳)必要以上におしゃべりが過ぎるというは、

 

 

さりどころなく

訳)まぬがれがたいわけで

 

 

【古文】

作りごとめきとりなすものしたまひけれなむあまりもの言ひさがなきさりどころなく

 

【訳】

作り話のように言っ取り沙汰するいらっしゃっので必要以上におしゃべりが過ぎるというは、まぬがれがたいわけで

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

■【作りごと】

■【―めく】

■【て】

■【とりなす】

■【人】

■【ものしたまふ】

※【ものす】

※【たまふ】

■【けれ】

■【ば】

■【なむ】

■【あまり】

■【もの言ひ】

■【さがなき】

※【さがなし】

■【罪(つみ)】

■【さりどころなく】

※【さりどころなし】

 

重要古語一覧はこちら

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

☆本日の『源氏物語』☆

 

ここまでで、源氏物語第4帖「夕顔」の巻は終わりです。

 

ここまで、「帚木」、「空蝉」、「夕顔」と続いたのは

中の品(中流階級)の女性との恋愛話でした。

 

このあと、第5帖「若紫」の巻です。

教科書にも採用されている、なじみのある巻ですよ♪

チュー

 

 →今回のイラスト解釈はこちら

 →今回の重要古語はこちら

 

​-

 


 

>>次(若紫)へ