・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・


生徒の満足度90%超!
大学受験の予備校で、現代文の指導をしているaikoです。

「大学の、その先」を考えた教育を提案します。

 
はじめましての方はこちらもどうぞ。
リブログ、大歓迎です。
 
・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・



先週ブログ記事を全然書けなかったのは
模試や参考書の原稿を複数抱えていて
その締め切りが重なっていたからなのですが、
少し光が見えてきました。


秋以降の模試も作成しています。
現代文はまず本文を探さなきゃいけないので
かなり大変です。。。
本文を決めても使用歴や著作権の問題で
ボツになったりもするし。



いまの現代文の主流は
「傍線を引いて その内容を説明させる」
という形式ですが、

本文に傍線を引いて
記述式の答案を作成したり
正答の選択肢を作っていて
心底 思います。


むなしい。


特に小説や随筆の場合です。


だってさ、
筆者が選んで書いた表現がベストに決まっているんですよ。

だから選択肢で説明し直すのは
劣化版を作る作業でしかない。



そして、
名作であればあるほど
論理的に説明できないんです。

できないし、しない方がいい。
でもしなくてはならない。


練られていない文章ならまだしも
一流の作品、特に「最高の」小説や随筆に
傍線を引いて説明し直すなんて
とても勿体ないことですし、
名文であればあるほど
 「言い直し」は劣化版になる。

むなしいです。

かといって、一流の作品以外を出題するのは 
プロの仕事じゃないしね・・・



模試の素材(=問題文)探しの度に
こんな名作があるのかと感動に震え

答を作る度に つまり説明する度に
むなしくなる。

というのは、おそらく 
良識ある現代文科の教員なら
皆思うことなんだろうなー。


古文や英語と違って
(古文や英語は 言語自体の理解を問うものだし)
「芸術作品を言い直す」作業に
どれほど価値があるのかしら。






とはいえ。

1つの言葉を
別の言葉で言い換える作業
重要なのは もちろんです。


うちの予備校だと 30代の私は
まだまだしばらく「若手」なんですけど、
(キャリア10年で若手って)

会議では
私以外は皆東大卒だし
私の倍生きている先生も多いしで、
自分の不勉強さというか
語彙の貧しさを 切実に感じます。。。


完成された芸術としての 小説や随筆に
心から敬意を払って
あえて言い直していく作業は、
それはそれで芸術なのかな とも思う。

そのくらい、命をかけて
模試って作られているんですよ。笑



中学受験の問題では、なかなか
心震える本文や選択肢には 出会えません。

小学生の理解の 限界なんだろうな。


東大や京大の問題を読みなれていると
やっぱり物足りない。笑

ただ、開成と桜蔭は 別かな。
本文が秀逸です。






7月の勉強会にご参加くださる方に
まだ詳細も送れていませんが、
(申し訳ありません、しばらくお待ち下さい)

そろそろ8月の勉強会も考えないとなぁ。


6年生対象で「御三家特訓」を行う予定です。
そこでは 子ども達も
大学受験を彷彿とさせるような
名文に 心震える体験ができるよう
問題選び中です。

本文を読むことで 心震えて
解答を作成するために 言葉と格闘して。


もちろん普段の国語塾でも
なるほど!とかすごい!はもちろん
心震える感動を共有できるよう
頑張っているのですが、
御三家特訓では大学受験レベルに近い中学受験の過去問を扱う予定です。

楽しみです(*´ω`*)










・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・


生徒の満足度90%超!
大学受験の予備校で、現代文の指導をしているaikoです。

「大学の、その先」を考えた教育を提案します。

 
はじめましての方はこちらもどうぞ。
リブログ、大歓迎です。
 
・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・



先日の件について
たくさんの方にご心配をおかけしてしまい
大変 申し訳ありませんでした。

事前に私が判断基準を明確にしていれば
今回の混乱は避けられたことと思います。

大変申し訳ありませんでした。
どうもありがとうございました。







この時期の受験生には 甘く接して良い、
飴です、飴
といったことを書いてきました。


この、飴。


当たり前だと思っていたので
具体的には書いてきませんでしたが、
考えてみれば私の当たり前が
他の方の当たり前ではないかもしれないので
具体的に書いてみます。


大前提として、
飴というのは具体的なご褒美を指す
わけではありません


お母様の笑顔だって、じゅうぶん飴です。

勉強の度に 
いちいちご褒美をあげる必要はない。


もちろん、頑張った!という日に
豪華なご飯やおやつを用意したり
普段はしない外食をしたり
ということは あるでしょう。

また、本人が自発的にご褒美を設定した場合
(ここまで頑張ったら、どうしてもみたいテレビ番組をみても良い?など)
程度によりますが、可能だと思う。


でも、
○○できたら
△△を買ってあげる
という提案を親からすることは
最も避けるべきこと
だと私は思っています。


テストの点数に応じて
お小遣いの額が変わるシステムを
導入している家庭もあるようですが、
だめ、絶対


そんな損得勘定でしか
勉強のモチベーションを保てないなら
勉強なんて させない方が良いです。



私にも、美味しいご飯がご褒美です!



飴を具体的に言うなら
①お母様の笑顔
②おおらかな学習計画
③少し長めの睡眠時間
④美味しいおやつとご飯
ではないでしょうか。


しんどい時期も、あと少し。

夏が見えてきましたので
体調管理に気をつけて 頑張りましょう!






・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・


生徒の満足度90%超!
大学受験の予備校で、現代文の指導をしているaikoです。

「大学の、その先」を考えた教育を提案します。

 
はじめましての方はこちらもどうぞ。
リブログ、大歓迎です。
 
・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・



昨日は「ここが知りたい!中学受験」を開催しました!

朝一番から予備校で2時間授業して
12時30分から勉強会開催。
質疑応答含め2時間の会でした。
(延長、すみませんでした)


私の勉強会、なぜかお天気の悪い日が多いのですが(私が雨女なのか?)、
昨日は天気がよくて良かったです。

今回も遠方よりご参加くださった方もいらして。
ご参加くださった皆様、
どうもありがとうございました!





今回は28名のお母様にご参加頂きました。
どうもありがとうございました。



今回は
①中学受験の流れ
②塾について
③学校について
④受験のメリットとデメリット
が大きな柱でした。


メインは③学校情報。
これだけで1時間以上話しましたが、
話し足りなかった・・・


全体的な話に加え、

お一人3校ずつ挙げて頂いて
各校の「今」を
教員仲間などから話を聞いたうえでお話しているのですが、

人数が多いと学校数も多くなるから
大変でした。

でも
「情報を一人で集めていると自分が求めた情報しか入ってきませんが、28人の母親が集まる会となると、注目していた学校以外の情報も入ってくるので視野が広がってとても興味深かったです!」
と言っていただけたので、頑張って良かったです。


男女別に開催を!というご意見も頂きます。
ありがとうございます。
ただ、異性のきょうだいがいる方(特に双子や三つ子)のことを考えると
別にするのも考えもので・・・悩ましいです。
申し訳ありません。
しばらくは男女合同でいきます。


「学校選びのヒントも大変為になりました。行ってはいけない学校の条件に深く頷きました。」

「保護者目線の情報ではなく、教師側からのお話というのは貴重だなと思いました。」

「目からウロコがボロボロと落ちる、説得力のあるお話に引き込まれっぱなしの2時間弱でした。
霧が晴れて、学校選びの基準が明確になりました。
受講して、よかった〜!!と大満足で帰路につきました。本当にありがとうございました。」


就学前のお子様のいらっしゃる方もいたので
細部まで幅広くカバーするよう気を付けました。
お力になれたのなら幸いです。



お土産のかりんとう、何味でしたか?


「中学受験から先の中学、高校、大学、就職までを見据えたプロセスをざっくりとですがイメージすることができました。」

毎回繰り返しますが、
中学受験はゴールではありません。

目の前に中学受験があると
どうしても短期的に物事を見てしまいますが、
人生は長いです。


中高は大事な6年間ですが、
18歳以降の方が もっと大切です。
親の心構えはとても大切ですよ。


心構えという点でいうと、
「お母様に注意して頂きたいこと5ヶ条」も
好評でした。

「親がクリアする5ヶ条、冷蔵庫に貼っておきます。」

ぜひ、貼ってください。



「予備校講師としてお忙しい中、あんなに詳しいレジュメまでご用意下さるなんて感激致しました。
そして、「愛子節炸裂」のエキサイティングなトーク!
リピーターのお母様が多いのも頷けました。」


愛子節!笑
予備校でもよく言われます。笑

私はそんなに奇抜なことは言わないです。
当たり前のことを 当たり前に言っているつもり。


でも、受験ってさ、

当たり前のことを
当たり前にできる人が
勝つ

んですよね。



時間は有限です。
なるべく フルに有効活用できるよう
伴走 頑張りましょう!!