キャッチコピーは、絞り込む必要があります! | 英語講師・英会話教室と学習塾の運営者向けブログ

英語講師・英会話教室と学習塾の運営者向けブログ

子供英会話講師として独立開業したいという夢を支援します。フリーランスで活躍、または教室を開設や塾の経営に役立つ情報をお伝えできればと思っています。


テーマ:

全然おいしそうじゃなくてごめんなさい。娘が作った初ハンバーグ。おいしかったです♪

 

※※※※※※※

このブログは英語の先生や英語教室・個人塾の運営者さんに役に立つ情報をお届けすべく、週2回のペースで記事をupしています。宜しければ読者登録もお待ちしています♪

※※※※※※※

 

皆さん、こんにちは。 アクティブの石田ですニコニコ


先々週「教室(先生)のコンセプト」について、

 

先週「特長=メリット=デメリット」という話をしましたが、

 

今日は、それらに関連した話題になります!

 

 

やりがちなミスとして、

 

宣伝文句を考えるときに、一生懸命集客を頑張りすぎて

 

両立しないキャッチコピー

 

を作ってしまう、ということについてお話します。

 

 

例えば、個人塾での以下のキャッチコピー。
  ↓ ↓
和気あいあいとにぎやかな教室、子供が笑顔で通える塾です♪
 
とっても好印象なキャッチコピーですよね。
 
 
でも、例えばついでによその教室で見かけたこんなキャッチも足そう!とかしてしまったらどうでしょう・・・?
  ↓  ↓
静かな自習室を毎日開放!集中して学習に取り組めます。
 
 
かなり大規模の塾で、にぎやかな教室から離れてしっかり防音されている自習室がある場合は別ですが、通常はこの2つって両立しにくいのかな、と。
 
しかも、親御さんにしてみても、にぎやかな塾に魅力を感じる人は、
 
「自習室でも、わいあい、気軽に先生や友達と質問しあって学べる」
 
ことを求めている方の方が多い気がしますし、
 
逆に静かな自習室を求めている方は、
 
「うちの子はおとなしいから、にぎやかな所では輪の中に入っていけないかも」
 
なんて思っているかもしれません。
 
 
 
次は、英語教室の例。
 ↓ ↓
一歩入るとそこは外国。オールイングリッシュで英語耳を育てよう!
 
オールイングリッシュって、特に幼児さんの保護者には人気あるフレーズですよね。
 
ですから、幼児さんが多く在籍している教室ではこのキャッチをつけることも多いかもしれません。
 
でも、小学生やもっと上の年齢のお子さんも新たに募集したいと思って、合わせてこんなキャッチをつけてしまったら・・・。

  ↓ ↓

中学準備もばっちり!日本人講師が指導する、英検にも強い教室です!

 
 
オールイングリッシュに惹かれて入会してきた新規生徒にしてみれば、

 

日本人講師による英検に強い教室=あれ?オールイングリッシュ、外国の雰囲気どこ行った?

 

ということになってしまいます。

 

もちろん、どちらの例も、両立が「絶対無理」ということではありませんが、
 
タイプの違った教室の特長を併記することによって、

 

デメリットで消し合ってしまい、両方がぼやける

 

というリスクがあります。

 

 

教室側にしてみれば、お問い合わせがあれば、オールイングリッシュが好きな幼児さんも、成績や試験合格を意識する小学校高学年性も、どちらにも対応できる自信があるし、どちらにも入会してほしい。

 

そんな気持ちは、重々分かるのですが、それでも、やっぱり教室の特長やキャッチコピーは絞り込む必要がある、と思うのです。

 

 

これは、フリーで活躍している先生方にも同じことが言えます。

 

ご自身のプロフィールや教室のキャッチコピー、もう一度確認してみてくださいね!

 

__________________

キャハハ☆副業にぴったりです!未経験者可!キャハハ☆ 

 英語の先生が足りませんびっくり! 
 

 英会話の家庭教師になりませんか。
 自教室との兼業も歓迎です!


*現在、特に江東区、文京区、の先生を急募しています!

 

家 在宅オンライン講師も同時募集中です。

__________________

アクティブ英語先生ネットワーク イシダ+αさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス