英語講師・英会話教室と学習塾の運営者向けブログ

英語講師・英会話教室と学習塾の運営者向けブログ

子供英会話講師として独立開業したいという夢を支援します。フリーランスで活躍、または教室を開設や塾の経営に役立つ情報をお伝えできればと思っています。

クローバー--- 求人情報 ---クローバー

アクティブ英語講師ネットワークは、子供に英語を教えたい!という方向けに、お仕事情報を発信しています。オンライン(在宅指導)や家庭教師タイプのお仕事を常時募集中です。

すでに英語の先生として活躍している方も、まだ未経験という方も歓迎です! ぜひ、ご応募をお待ちしています。


   ⇒ 英会話講師(オンライン講師)募集
   ⇒ 英会話講師(家庭教師タイプ)募集


現在、特に千葉県西部、埼玉県戸田市、江東区(豊洲地区)の先生が足りません!
オンライン講師は世界各国に在住の先生が活躍中です!

NEW !
テーマ:

 

皆様、こんにちはおねえさん

 

先々週のことになってしまうのですが、
アクティブ英語ネットワークでは
 
「フォニックス・ワークショップ」
 
を開催しました!
 
詳細は、近いうちに本サイトの方でアップしますが、
取り急ぎアンケートの内容をご紹介します。

 

ーーーーーーーーー

●良かった点
フォニックスの教え方がわかった。
 
ゲーム形式で発音を覚えられるのが楽しくてよかった。
 
フォニックスの指導を教えてくれるワークショップが少なく、楽しかった。
 
楽しく教える方法のヒントがたくさんあった。
 
先生のお手製の教材を見られたのが良かった。
 
name, sound, keywordの3つのセットで教える方法や、ゲームの紹介が役に立った。
 
 
●改善して欲しい点
フォニックスの絵や文字の紙が小さく、見えにくかった(A4の大きさだったので、確かに見にくいと感じました)。
 
ゲームは少し簡単すぎた。
 
フォニックスの初歩があっても良かった。知らない部分があったので、後半はわかりにくかった。

 
ーーーーーーーーーー
 
これ以外に
 
「このセミナーは、貴方にとって役に立ったと思いますか?」
 
をしたのですが、こちらの質問には、全員の方が
 
「役に立った!!」
 
とご回答頂きました爆笑
 
 
ではでは。取り急ぎのご報告でした~!
 
読者様のなかでも
「こんなワークショップ開催します!」とか
 
「こんなセミナーに出席しますよ!」
 
という情報があれば、ぜひシェアしてくださいね。

 

__________________

キャハハ☆副業にぴったりです!未経験者可!キャハハ☆ 

 英語の先生が足りませんびっくり! 
 ぜひご応募ください。

 英会話の家庭教師になりませんか。
 自教室との兼業も歓迎です!


*現在、特に横浜市港北区、鶴見区、品川区の先生を急募しています!

 

家 在宅オンライン講師も同時募集中です。

__________________


テーマ:

 

皆様、こんにちはおねえさん

 

アクティブスタッフのHさん担当のこの「基礎から考える」シリーズ、今回で5回目です!

 

英語の先生向けなので、少しハイレベルな内容ですが読み応えがあります!

 

その1 その2 その3 その4 はこちらからどうぞ!

 

ーーーーーーーーー

 

【英語を基礎から考える・In English!】

 

前回から助動詞についてお話をしています。

 

前回はcanとcouldについて英語で説明しました。

今回は助動詞のmayとmightについてお話をしたいと思います。



1.Expressing possibility

May and might express possibility in the present or future.  

The following sentences(1) and (2) have the same meaning.

(1)    It may snow tomorrow. 
(2)    It might snow tomorrow.

Why is your father angry?
(1)    I don’t know.  He may be hungry.
(2)    I don’ t know.  He might be hungry.
 

 


2.Expressing permission

May is also used to give permission.

ex: (1)You may have some chocolate after lunch.
     
  (2)You can have some chocolate after lunch.

Often can is used to give permission, too, and (1)and (2) have the same meaning, but may is more formal than can.
 

 

上の例のように、mayよりcanを使った方がくだけた言い方になる、といった事は、日本人にはなかなかつかみづらいところですよね。

Native Speakerの人たちは、英語の環境で育つ中で、自然にそうした感覚を身につけているんでしょうね。

 

私たち日本人が、敬語の使い方を自然に覚えるのと一緒ですね。

 


■おまけ■

 

May I ~?   Could I ~?    Can I ~? 

 

という丁寧な質問の形で、相手に「~してもいいですか?」と許可を求めることができますが、相手から許可を求められた時、どのように答えますか?

例えば、May I take off my jacket?と言われて、あなたはなんて答えますか?

ぶっきらぼうに Yes. とか Uh-huh. でも、もちろん良いんですよ。

 

でもね、Yes, of course.とか、Certainly.

って答えたら、どうぞ、どうぞって気持ちが伝わると思うんです。

もう少しくだけた言い方だと、Sure! ってのもありです!


ではまた読んで下さいね~!
 

__________________

キャハハ☆副業にぴったりです!未経験者可!キャハハ☆ 

 英語の先生が足りませんびっくり! 
 ぜひご応募ください。

 英会話の家庭教師になりませんか。
 自教室との兼業も歓迎です!


*現在、特に横浜市港北区、鶴見区、品川区の先生を急募しています!

 

家 在宅オンライン講師も同時募集中です。

__________________


テーマ:
(写真は本文とは関係ありません。10月に真夏日の横浜です!)
 
こんにちは! アクティブの石田です爆  笑
 
今日は連休明けでバタバタしており、アップが遅くなりました・・・・。
 
 
プロフェッショナルというNHKのロングラン番組はご存知でしょうか?
 
テレビをほとんど見ない私ですが、この番組は好きでたまに見るのですが、先日見たのが、
 
「遺品整理士」
 
というお仕事をされている男性に密着するという内容でした。
 
※ちなみに、過去に撮りためていた録画を観たのが先日で、放送自体は7月にあったようです。
  ↓
 遺品整理士協会ブログ

 

 

番組を見るまでは、

 

「てゆーか、結局、おうちのお片付けを代行します、っていうだけだよね。

核家族化で、そんなところにも商機があったってことよね。」

 

なーんて、不謹慎な思いを抱いていたのですが、番組の終わりごろには、

 

「遺品整理士、すごい!大切なお仕事だし、誇りを持ってお仕事をされていて、なんて格好良いの!」

 

と、感動してしまいました。

 

 

「いや、結局ぼくは、家の中の遺品を片づけしているだけなんですけどね」

 

とか言いながら、ご家族を亡くした依頼者さんの気持ちに寄りそい、その気持ちを軽くするお手伝いをするべく、懸命に汗を流して荷物を選別してパッキングしているのです。

 

なんだか、U-NEXTとかいうサービスで見逃し動画が見られるようですので、ご興味ある方はぜひ! → 

 

 

話はすごーーーく飛ぶようですが、最近、

 

「ブラック企業、ホワイト企業」

 

とかいう言葉をよく聞きます。
 
もちろん劣悪な労働条件の会社は論外ですが、そもそも仕事って、そういう労働条件云々だけじゃあないですよね。
 
きつい肉体労働かもしれないけれど、単に売上を伸ばすとかだけじゃなく、関わった人たちに感謝をされて、達成感を味わうことが出来る。
 
私自身も、今も、これからも、そんな仕事をしていきたいし、若い人たちにも、そういう仕事を探していってほしいです。
ホワイト企業とかいう指標だけではなくて。
 
 

 

__________________

キャハハ☆副業にぴったりです!未経験者可!キャハハ☆ 

 英語の先生が足りませんびっくり! 
 ぜひご応募ください。

 英会話の家庭教師になりませんか。
 自教室との兼業も歓迎です!


*現在、特に横浜市港北区、鶴見区、品川区の先生を急募しています!

 

家 在宅オンライン講師も同時募集中です。

__________________

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス