Martin 
近年の個体の呼び方
商品のタグも
カタログの表記も“Sunburst”となっています。



何処を見ても
“Shade”という言葉が見当たらない。

下の写真は
1930年頃のトップ

これを“Shade Top”と呼びます。


この色は
1932〜3年から少し濃くなります。

そして1935年年辺りを境に濃さが増してくる印象が有ります。


1935年 D-18

そして
1936年以降
さらに濃く

一番見慣れた色になって行きます。


この手の仕様の“Martin”だけは“Shaede Top”と呼び続けたい・・・。
と思うのは頑固者なのでしょうか?

Martin社にもGibson社にも
敬意を込めて!
“Shade Top”と“Sunburst”
使い分けたいと思うのは私だけでしょうか?
1920年に開始されたラジオ放送は爆発的に広がりを見せ1930年代にはコミュニティ(パーラー)で演奏されていた音楽が様々な形で紹介されアメリカ各地に広がって行きます。

その中においてさらにヴォーカルに負けない大きな音で演奏出来るギターが必要になって来ました。
(※時代の最先端はリボンマイクです。)
これは Martin の時にも触れましたが Gibson とて同様にそのテーマに試行錯誤をしていました。

そして奇しくも
1934年 Gibson Jumbo を発表します。
以下のリンクに写真と説明があります。

おそらく1932年に発表された Martin社のD-1やD-2 を強く意識したものだと考えられます。

このギターは
サイドバックにもサンバーストフィニッシュを取り入れヘッドにはスクリプトロゴをパールでインレイをしネックまでセルのバインディングを施し当時としてはとても手間をかけたギターでした。
当時の価格で 60ドルととても高価で世界大恐慌後の背景があるこの時代にはセールスとしては奮いませんでした。

そこでおよそその半分のコストでできるギター開発に挑みます。

1936年
J-35(当時 35ドル)
バインディングや塗装工程などを簡略化し、型番に価格を取り入れ安さを表現する方向にシフトします。
トップの仕上げはナチュラルにサンバーストが主でした。

下のYouTube は
1939年製のサンバーストです。



J-35の発売と同時に Jumbo はその姿を消します。
事実上、およそ3年という短命に終わります。

その後バージョンアップした機種を製作し市場に投入します。

1937年
Advanced Jumbo
を発表します。


このギターは対D-28対策として
サイドとバックはローズウッドで仕上げコストダウンを目指したJ-35とは一目で違いのわかるスタイルを取り入れ“jumbo”の後継機のポジションとしたのです。


このギターも1940年に製造を取りやめ4年という短命に終わります。
サウンドのバランスと押し出す様なメリハリのある音はしっかりとマイクに入って来ます。

※5th street 豊田渉平 マンスリーでの一コマ
使用マイク AKG 451 

その後
1942年に(第二次世界大戦・日本参戦の年)
10ドル値上げしたJ-45
に席を譲るまでの間
Gibson フラットトップアコースティックギターの“J”スタイルの起源としての役割を大いに果たしました。

J-35は近年モンタナ工場でナチュラルトップで再生産される様になりました。 
モンタナのカスタムショップではワンポイント再生産などにも取り組んで居ますね。
現状のJ-45とはブレイジングパターンを変えて30年代スタイルにする事でサウンドメイクを変えています。

※J-35 VINTAGE モンタナ製

様々な試行錯誤の上出来た“Gibson”フラットトップのサウンド
仕上げとサウンドのベースはマンドリンやアーチトップで培った技術が盛り込まれているのですね。


アメリカ合衆国及びカナダの国境付近に連なる5つの湖の名称を全て書きなさい。

「世界地理」の問題の定番かもしれませんね。

上流から順にスペリオル湖、ミシガン湖、ヒューロン湖、エリー湖、オンタリオ湖の5つ

そのミシガン湖を境に向かい合うミシガン州にあるのが Gibson社でカラマズーという所で会社を設立しました。

1933年イリノイ州のシカゴで市制100周年を記念して
33年と34年二期に分けて国際博覧会が開催されます。

そして“進歩の一世紀”としてテーマーを付けた初めての国際博覧会でも有りました。


Gibson社のカラマズーはミシガン湖を挟んでシカゴとは向かい合わせに有りその記念すべきアメリカ進歩の象徴として特別なギターを博覧会の記念として製作するプロジェクトを立てます。

Gibson社初の限定生産の記念モデル

その名も
L-Century

発売して人気を博していたL-00をベース作られたそのギターは当時考えられる素材でベストなもを選び、過去と現代の融合でシカゴ市政100周年と国際博覧会の記念のギターとして残る Gibson らしい一本でした。

その中で特筆すべき目を引くものは、1856年に発明され1870年に実用化されたセルロイドを取り入れた事です。
セルロイドは、1900年に入り様々な形で一般的な生活に色々な用途に使われるようになりました。

元々象牙の代用として考えられた素材アイボリーセルロイド(アイボロイド)から装飾として鼈甲やパールの代用も造られるようなりました。
天然素材の代用として人間が始めて作った人口素材でも有りました。

※Martin D-28のヒールやボディの周りに使われているアイボロイド(人造象牙)

それを指板やヘッドに取り入れる事は人類進歩の歴史の象徴でも有ったのでしょう。



美しく彩られたパーロイド(人造パール)は当時の人の心を奪ったに違いありませんね。

そしてこのモデルは Gibson 設立から100年後
の1994年に同じモデルが 100本限定生産されるのでした。

※ザビエル大村氏所有のL-Centuryモンタナスペシャル(1994年製)とL-Century(当時のモノ)
指板インレイパターンは数種類あった様です。

カラマズーからナッシュビルそしてモンタナと工場は移りますが Gibson のスピリッツは今も受け継がれているのですね。
Gibson社の歴史はアイデアと工夫に満ち溢れていた事は前に書いた通りですね。

1902年にStyle-0を発表した時にL-1 L-2 L-3 を同時に発表します。
これは、先に紹介したオーバルホールのアーチトップギターです。
そして其々が試行錯誤の中様々にスタイルを変えていきます。

Gibson は販売会社を設立した1908年に“The Gibson”のロゴをヘッドに付けることになります。


その中の機種である“L-1 ”は後にピックガードが付いたり外れたりサウンドホールのデザインが変わったりを繰り返し“ロアの退社”した翌年の1925年に製造を終了し1926年 フラットトップとして世に出てきます。

※写真は“Gibson's Fabulous Flat-Top Guitars”より

また、それと同時にL-0も発表します。
そのスタイリングは後の“L”シリーズの基本となるスタイリングになります。

これが Gibson FLAT TOPS の始まりになります。
が、まだネックのジョイントは12フレットでした。

そして、1932年にどちらも14フレットジョイントに変更されます。
そこで登場するのが L-00/Blues King になります。
そこからあのお馴染みのシェイプになって行きます。

※上の写真手前はブリッジはオーバーサイズ(リプレイス)に変わっています。
後ろにあるのは近年生産の L-00/Blues King です。

いまスモールボディとしてもてはやされているGibsonのボディのシルエットは楽器店でも何となく見たことのあると思います。


そしてロゴは“Gibson”となり、ヘッドの切れ込みが大きくなます。
ヘッドスタイルも少し馴染みのヘッドスタイルになります。

でも皆さんの知っている“Gibson”のロゴやヘッドスタイルとはまだまだ違いますね。

Lloyd Loar のマンドリン

それは前のブログにも書いた通り“ハ”の字形のトーンバー備えていました。


そしてサウンドホールを丸から“f”ホールに変えることで楽器の音に大きな変化をもたらします。


マスターF5

この写真は有名な

ブルーグラスの父“ビル・モンロー”が使用していたものです。


このスタイルは今も変わる事なくマンドリンスタイルのマストになっています。


でも、彼の仕事はそれだけには止まりませんでした。


F-5のスタイルはバイオリンからのイメージをマンドリンに取り入れたのです。

そこで彼はチェロをギターに置き換えたデザインを思いつくのです。


それまでのGibson社最高のギターはオービルギブソンによって設計さたスタイルOでした。

※スタイルO


ロアはボディのボトムラインの横幅を16インチになるよう設計し“f”のホールを取り入りれてネックのジョイントを14フレットに置く事でバランスの良いスタイルとサウンドを手に入れるのです。


※当時のGibson社カタログより

ここにGibsonのギタースタイルの基礎が確立するのです。
製作のノウハウはマンドリンから生まれたもので着色や仕上げも同様のもでした。

L-5は“Super 400”が発表されるまで、何年もの間ギブソンの最高峰のギターでした。


後にフラットトップの開発にもこの考え方とデザインは生かされることとなります。


そして1923年にロアは電化弦楽器の実験を始めました。

ロアはプロトタイプのエレクトリックGibsonハープギターをこの年に製作しています。


ところが残念ながら、ギブソンの首脳陣達はロアの方向を良しとしませんでした。

信念を貫くために翌年の1934年にロアーはGibson社を去ることになります。


彼は出資者を募り新たな様々な形の電気楽器の製作に取り組みますがそれも設立後間もなく“世界大恐慌”(1929年)により彼自身挫折することになります。


混沌とした時代に生まれた彼の残した仕事である“ViviToneエレクトリックギター”はロアのパートナーにより1940年まで販売を続けました。


1930年代のViviToneエレクトリックギター

※ネットより拝借いたしました。


歴史のイタズラが無ければ・・・。

世界は変わっていたのかもしれません。


ロアは晩年ノースウェスタン大学で音楽理論を教える仕事をし1943年に57歳でその生涯に幕を下ろします。

Gibson の運命を変えた・・・。

いや今のギターの歴史を大きく変えたと言っても言い過ぎでは無いかもしれない。


それを語り尽くすとキリがないのです。


その人の名前は

Lloyd Loar(ロイド・ロア)

 GibsonのMaster Luthierとして

1919〜1924年の間在籍していました。


彼は演奏家でもあり発明家でもありました。

彼のアイデアは今も多くのギターに生かされています。


ロアは様々なアイデアを持っていました。

ギブソンで働く前に既にマンドリンの中にトーンバーを入れて共鳴板を楽器の上から吊り下げる構造を発明していました。(Virzi Tone Producer)


そして彼は
「私は最も美しいサウンドとスタイルのマンドリンを作る事が出来る。」
と言ってGibson社に雇われたと言われています。
右手のタイプ4はそれまでのマンドリンのスタイルです。

その横に並ぶ2つのタイプ5はロアスタイルと呼ばれ“ハ”の字型のトーンバーの配置に加えてオーバルサウンドホールの代わりに“f
”スタイルのバイオリンの様なサウンドホールを取り入れています。
重要なのは、この時にネックのジョイント位置も変更されているのです。


ロアは新たなマンドリンやギターの為に多くの時間と研究を費やしました。

彼は“Stradivari”のチューニングプロセスを学び、トップとバックを削り出し楽器ごとにトップとバックのトーンコントロールをしたのです。(タッピング調整)


そして彼の手で一つ一つチェックされて合格した物にしか彼の署名がギャランティラベルに添付されることはなかったのです。



そのマンドリンは楽器としての素晴らしいだけでは無く歴史的価値も含めてとても大切にされています。


そしてそれがGibsonの新たなスタルのギター生かされて行くのです。



日本では彼の名前を知らない人は多いと思います。

彼はフィドラーとしてブルーグラスやカントリーで知らない人は無い重要なポジションに居る人です。

そして彼自身は、オクラホマ州で楽器店とLiveが出来るホールの運営をしています。

そのショップが今年の2月23日に火災に見舞われました。
Facebookでリアルに入って来る情報にハラハラしながら・・・。

その建物は歴史的にも価値のある建物です。
鎮火した時は既に躯体を残しての全焼状態。
貴重な楽器の多くが焼失又は大きな被害をうけました。

その絶望の中での救われたお話し。

焼け出された中に有った耐火金庫

貴重な楽器をしまっている金庫
鍵も効かなくなり重機を使いこじ開けます。

その中も見ての通り


火災恐ろしさを感じずにいられません。

その中から彼が一番最初に取り出したものは・・・。

1923年に作られた Gibson F-5
Gibsonの歴史を語るのには無くてはならない名機です。

マークリーフレットケースに収められたそのマンドリン

どうなったのか
一部始終をご覧頂けます。



本当に奇跡的な事かもしれません。
チューニングも変わらずにそのままに美しい音を出してくれてます。

このマンドリンこそ
Gibson の運命を大きく変えた1本なのです。
満面の笑みで抱きつく彼の姿を涙なしで見る事はでませんでした。

次回はそんなマンドリンのお話にお付き合いください。
Gibson が販売会社を作って本格的にマンドリンとギターを作り出すのが 1908年です。

Style-0 はとても先進的なデザインでした。
サウンドも気になる所です。

是非とも90年前のGibson社が作り出したサウンドをお楽しみください。



Gibson社 元々この様な革新的なギターを作っていてのではありません。

最初から作られていたのは普通の形をしているスロットテッドヘッドで12フレットジョイントのギターでした。
L-1 と名付けられたギターはGibsonによって販売された最初のアコースティックギターの一つでした。

最初にリリースされた資料を見ると、スロッテッドヘッド、シングルバインディングドネック・トップ、エボニー指板、ドット指板インレイ、スプルートップに薄いオレンジ色のトップフィニッシュでマホガニーのバック&wサイドでオーバル(ラウンド)サウンドホールのアーチトップでした。

そう!
やはり“アーチトップ”なのです。

これの写真がないので
L-1 のスタイル(シルエット)で有名な画像載せておきます。
少しお尻の方が大きくGibsonらしいスタイルです。
ロバートジョンソン

この写真のギターはフラットトップでラウンド(真円)ホールになったスタイルでネックにもバインディングがありません。
当然の事ながらこれはソリッドヘッドです。
(ジョイントは12フレット)

出た頃は
ブリッジも左右にピラミッド風のデザインがありピンでとめるオーソドックスなスタイルでした。


ヘッドにロゴはありませんでした。

この頃は試行錯誤の繰り返しで私の出会うギターそれぞれスペックやスタイルが変わります。

1908年会社創業の頃には
弦をブランコ(※)でとめてアーチスタイルのブリッジが付きます。

写真は  Styl-0 の写真のアップですがブランコテールピースについては創業して間もなく特許の申請をして1910年にパテントを取っています。
敢えて当時はこのスタイルに統一したのでしょうか?


※ブランコスタイルテールピース

このLシリーズは
1926年に正式にフラットトップスタイルになるのですがそれまでは様々なスタイルがあります。

よく迷走という人が居ますが・・・やはり“試行錯誤”の時代だったのでしょうね。

Martin社は1911年にボディの大型化を進め。“000”を発表しています。
そして1916年から始まる“DITSON”スタイル

世はまさに大型フラットトップの時代に入ろうとしていました。

1900年当初から世界大恐慌を挟み第二次世界大戦の始まる間に各社共に多くのスタイルが生まれては消えていくのです。

その間に起きた画期的な事象は1920年11月アメリカ・ペンシルベニア州のピッツバーグで“KDKA”が民間初で中波放送(AMラジオ)を始めた事でした。

その事がアメリカの音楽に大きな影響を与えた事は言うまでもありません。

Gibson 社の創業は 1894年
様々なデザインとアイデアをマンドリンとギターに残しています。

その中の多くは今もGibsonのスタイルに引き継がれています。

オーヴィルが残したデザインの中で美しいモノの一つにマンドンリのFタイプに採用されたスクロールと呼ばれる部分があります。


“スクロール”はスマートフォンの画面移動ではありませんよ。

元々“巻物”という意味で渦巻き状のスタイル。
マンドリンのネックジョイント左側にあります。
これはバイオリンのヘッド部分からのアイデアと言われています。

これが“オーヴィル”の一つのスタイルになります。
そしてそのマンドリンが元になったデザインから画期的なギターが登場します。
それは、アーチトップのアコースティックギターでした。

そのモデルは
1902年〜1923年の間に作られて
Style-0 と呼ばれています。

初期のギブソンはデザインにこの美しい“スクロール”形状を取り入れていました。

Gibson 1921年 のカタログ “Style-0”

サウンドホールもマンドリンと同じくオーバルホール(横長丸)でした。

このギターはギブソンの歴史の中で重要な役割を果たしていました。


そこで特筆する所はネックのジョイントにあります。

スクロール部分に当たるところは12フレットなのですがスクロールの下になる部分は今のギターで言う所の“カッタウェイ”状態になっており15フレットでジョイントされています。


改めてマンドリンのスタイルから考えると全く大胆!という感じででもありませんね。

しかし、そのスタイは今までのギターの形を大きく変えたものでした。

ここに革新的なデザインをする事件が起こるのです。その辺りはまた次に・・・。

あ!このギター実際に私も弾いたことがありますが・・・スクロール演奏にはとても邪魔です。(笑

オーヴィルは会社設立後に経営を離れて10年後にこの世を去ります。
1918年のお話。

当時のGibson社は社名の通りマンドリンを中心に製作していましたが当然のことながらギターも製作しています。

でも、それは皆さんが知っているギターの形では有りませんでした。
そのスタイルはマンドリンを大きくした様なスタイルでした。
ギターとマンドリン音楽が繁栄する様になり新たなスタイルのギターの製作に取り組む様になります。

その中で Gibson社 の試行錯誤が始まるのですがギター製作が本格的にスタートする頃に特筆するべき特許を出すことになります。
その特許は2点有ります。

それは、1920年に特許出願をした弦高調整可能なアジャスタブルサドル(1921年に取得)


アーチに対して自由に弦高を調整できるブリッジです。



このスタイルのブリッジはアーチトップ楽器(当時はマンドリン)にとってはとても便利なものになり、その構造による音の出方が今の音楽に大きく寄与しています。

アジャスタブルになる前のブリッジ

後々この発明はギターがエレクトリック化するのに大きな影響を与えます。

それに翌年の1921年におそらく弦楽器については世紀の発明になるアジャスタブルトラスロッド(1923年に取得)が登場します。


元々のスタイルはネックに素材の違う硬い木(エボニー)を加工してネック仕込んでネックを曲がらない様に加工していました。
※トラスト(信頼)+ロッド(杖・棒状のもの)

当時、ガット弦から鉄弦へ移行するにあたり楽器にかかる負担(テンション)は大きくなるばかりでした。

特に鉄弦をはり、アーチ状に造るマンドリンはテンションも高く従来のエボニーのトラストロッドでは剛性が弱く曲がってしまいます。

そこでより強度のある金属のバーにネジを切り曲がった場合にそのネジを回す事により曲がった鉄を引っ張る事によりネックの曲げを直すものをネックの中に仕込んだのです。

今の様に自由度のあるものではなかったのですが、この発想は現在の楽器作りには無くてはならないものになっている事は間違い無いのです。

トラストロッドはアジャスタブルになり本当に“信頼の魔法杖”になったのです。