新しい扉

テーマ:
今日からほぼ毎月、関西に骨を矯正する松山先生の技術を学びに行きます。


これで、鍼灸やマッサージでは踏み込めない領域を改善できると思うと嬉しい限りです。


背骨や骨盤の歪みからくる痛みは今まで沢山みてきましたが、施術出来ずに断念して悔しい思いをしてきました。


少しでも楽に、快適に、毎日を過ごして頂くように施術者は努めなければなりません。



僕がみて、お客様の半数以上が背骨や骨盤の歪みがあるのでこの技術を習得すればかなりの人が楽になるはず。



カラダの不調は生活習慣、ストレス、歪み、カルマ、憑依など多数原因があると感じていますが、



僕が出来ることは、最大限に身につけていく事が一生を施術者として生きる道ではないかなぁと感じています。



今日からまた、新しい扉が開きます🚪











鍼灸の師匠

テーマ:
僕の鍼の技法をよく聞かれることがありますが、実は師匠がいます。



茨城県の水戸市で開業されている藤枝先生と言う素晴らしい方です。



藤枝先生は完全に盲目の方でいらして、奥様も同じ盲目ですが、技術とお人柄が大変素晴らしく、毎日お客様が途絶えません。




地域の方はまず具合が悪くなると、近くの病院には行かずに、藤枝先生のところに行くそうです。




『藤枝先生のところにいけばなんとかなる。』地域の方の合言葉で、とても信頼のおける頼りになる鍼の先生です。




またお子様お二人いらして、鍼一本で大学まで出して、しかもお子様おふたりとも現在は鍼灸院をかまえているそうです。



その藤枝先生から学んだ事は、技術もそうですがお客様に対する愛を学びました。




毎朝お店を開く前は必ず、床の雑巾がけやトイレ、玄関などすべての院内をどピカピカにしてお客様を迎えます。



そんな藤枝先生に出会うまで僕はかなり大変な時期でした。



また僕がまだ鍼師として駆け出しの頃は、沢山のセミナーや研修会に参加していましたが、これといって信頼のおける師匠が居なくまた、技術も素晴らしいと感じる方には中々出会えませんでした。



腕前が良い。



そんな噂を聞くとすぐに出向き勉強しに方々行く日々。



そんな時期を通り、ある鍼灸師会で藤枝先生に出会い、出会って直ぐに毎週末、東京から先生の院がある水戸まで通いつめて一生懸命に技術や心得を教えて頂きました。



先生からは『長島君、我々鍼灸師の仕事は、痛みやコリを改善するだけでなく、お客様に対して夢と希望を与える事をしなくてはいけないよ。施術後も笑顔でさよならしなくてはダメだし、また絶対に嘘をついてはいけないよ。
技術もそう、常に勉強して神仏を大事に敬う生活をする事で技術は上がっていくものだからね』



今でも毎日お客様のお身体を触るときは、藤枝先生の言葉が脳裏をかすめます。





まだまだ素晴らしい師匠がいますが、今回は鍼師の師匠のお話をさせて頂きました。